スマートフォン用の表示で見る

エリック・ホッファー

読書

エリック・ホッファー

えりっくほっふぁー

アメリカの社会哲学者・港湾労働者

1902年7月25日、ニューヨークブロンクスドイツ移民の子として生まれる。7歳のとき失明し、15歳のとき突然視力が回復。正規の学校教育を一切受けていない。

18歳で天涯孤独になった後、ロサンゼルスに渡り、さまざまな職を転々とする。28歳のとき自殺未遂を機に季節労働者となり、10年間カリフォルニア州各地を渡り歩く。41年から67年までサンフランシスコで港湾労働者として働きながら、51年にThe True Believerを発表し、著作活動に入る。この間、64年から72年までカリフォルニア大学バークレー校政治学を講じる。つねに社会の底辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独自の思想を築き上げた“沖仲仕哲学者”として知られている。

83年5月21日、死去。アメリカ大統領自由勲章受章。