スマートフォン用の表示で見る

ハンセン病

サイエンス

ハンセン病

はんせんびょう

らい菌(Mycobacterium leprae)によって起こる慢性の細菌感染症。かつては「ライ病」と呼ばれていたが、古くからの偏見に結びついた呼称であるため、菌を発見したハンセン氏にちなんで「ハンセン病」と呼ばれるようになった。

体の末梢神経が麻痺したり、皮膚がただれたような状態になるのが特徴。特にその外見から、患者やその家族は差別の対象となり続けた。

1907(明治40)年に公布された「癩予防ニ関スル件」が、患者の隔離政策の始まりであり、1931(昭和6)年には、全患者を隔離の対象とした「癩予防法」が成立した。

患者は、警察によって強制的に連行され、療養所に収容された。しかし、そこではろくな治療は行われず、患者同士での看護・作業など病人扱いされなかった。また、結婚の条件として非合法な断種・堕胎なども行われた。

1941(昭和16)年ハンセン病特効薬プロミンが開発され、完治する病気に。

しかし、1953(昭和28)年に「らい予防法」が、患者の強制隔離や外出制限規定など、それまでの基本原理を引き継いだまま成立。

1956(昭和31)年、ローマでの国際らい会議で、「すべての差別法は禁止されること」と、非難されたにもかかわらず、1996(平成8)年「らい予防法廃止法」の成立まで人権侵害を放置し続けた国の責任は重い。

もともとハンセン病感染力の低い病気であり、日常生活で感染する可能性はほとんどない。現在療養所に入所している人は、既に完治しているが、後遺症や高齢のため入所しているというのがほとんどである。また感染したとしても、早期発見早期治療すれば完治し、後遺症が残ることもない。

ハンセン病は隔離の必要はありません。

  • さわっただけでうつるなどということはありません
  • 患者の約半数は、おそらく感染者の近くで長期にわたって接触のあった人だと考えられます

万有製薬 メルクマニュアル家庭版

感染経路

ハンセン病感染経路ははっきりしていません(万有製薬 メルクマニュアル家庭版

人から人への感染経路

  • 鼻や口からまき散らされた飛沫
  • 接触

が、1つの経路として考えられています

万有製薬 メルクマニュアル家庭版

他から人への感染経路

などが考えられます

万有製薬 メルクマニュアル家庭版

ハンセン病をもとにした小説