ユネスコ無形文化遺産

社会

ユネスコ無形文化遺産

ゆねすこむけいぶんかいさん

【Intangible Cultural Heritage】

2006年に発効した国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産保護条約に基づき、人から人へと継承される芸能や祭礼、伝統工芸などを対象に登録される。日本では、文化審議会文化財分科会の特別委員会で調査、審議したうえで、ユネスコに提案する。

登録されている日本の無形文化遺産