スマートフォン用の表示で見る

阿倍仲麻呂

一般

阿倍仲麻呂

あべのなかまろ

阿倍仲麻呂と安南都護府〉 阿倍仲麻呂は7世紀末か8世紀初めに生まれ、遣唐使の一員として唐に留学。科挙に合格し、玄宗の信頼を得て高官になった。日本に帰ることを望みながら長安で没した。帰国をめざしたものの遭難した船旅に出発した際に「天の原 ふりさけみれば 春日なる みかさの山に いでし月かも」と詠んだ。

中国名は朝衡、中国詩人李白・魏萬・王維・儲光羲・趙驊・包佶たちとの親交がある。