スマートフォン用の表示で見る

関西本線

地理

関西本線

かんさいほんせん

関西線名古屋JR難波間174.9kmの鉄道路線。かつて、官鉄と名阪輸送の雄を賭けて争った関西鉄道の後身。この争いは走るほどに赤字を生むまでエスカレートし、結局経営体力を失って官鉄に編入される*1

路線

国鉄民営化により、亀山を境にして東側(名古屋亀山間)がJR東海、西側(亀山JR難波間)がJR西日本の営業路線となる。

JR西日本側のうち、特に加茂JR難波間には大和路線という愛称が設けられている。また、JR難波〜柘植間は大阪近郊区間に属し、休日ともなると大回り乗車に勤しむ乗り鉄の姿をちらほらと目にすることが出来る。

*1:全国一斉の鉄道国有化に伴う編入であり、経営体力との関係は直接的ではない。

*2:朝夕のみ運用されている

*3:現在は運用されていない

*4阪和線からの乗り入れ車両は割愛

*5:2006年に廃止