源義家

一般

源義家

みなもとのよしいえ

平安時代の武士。源頼義の長男。母は平直方の娘。

石清水八幡宮元服したので八幡太郎と称す。

前九年の役では父に従って参戦して武功を挙げ、戦後は出羽守に任ぜられる。

陸奥守に就任すると後三年の役が起こり、清原氏の内紛に介入し、平定するが朝廷には私闘と見なされ恩賞はなかった。そのため部下へは私財を投じて恩賞を与えたという。