スマートフォン用の表示で見る

子宮

サイエンス

子宮

しきゅう

子宮の役目は「胎児を守り育てること」で、伸縮性のある平滑筋という筋肉でできた袋のような臓器。

ニワトリの卵ほどの大きさで、膀胱と直腸の間にあり、骨盤の底の部分に固定されている。

子宮の左右には親指ほどの卵巣が連結し、子宮と卵巣を結ぶ卵管が広がっている。

子宮の内側を覆っている粘膜が子宮内膜で、毎月一定の周期に合わせて厚みを増し、受精卵の着床がないときに剥がれ落ちて膣から排出される。

これが生理と呼ばれる現象。