スマートフォン用の表示で見る

写真

一般

写真

しゃしん

光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。

日本では1857年に島津斉彬を撮影したのが最初といわれる。