松茸

松茸

まつたけ

キシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。日本の秋の味覚の1つとしても人気が高く、食用キノコの中で最高級品に位置している。

主にアカマツ、コメツガ、ツガ、ハイマツ、エゾマツ林に生えている。茎の長さは約10〜20cm。

「匂い松茸味しめじ」という諺もあるように、香りの豊かさが最大の特徴といえる。

香りの原因は、不飽和アルコール(1-オクテン-3-オール)と呼ばれる成分を多く含んでいるからとされており、このことからこの成分はマツタケアルコールまたはオクテンマツタケとよばれている。

収穫時期

国内では通常、8 月下旬に東北・北陸、 9 月に長野、 10 月初旬に京都近郊、中旬に山陰、下旬に四国九州と旬がくる。

表面が湿っており、軸の部分が固いものがおいしい松茸といわれている。松茸は、かさが開いてから 2日ほどで香りが飛んでしまう。

料理

土瓶蒸し

  1. 白身の魚やささみと松茸を一口大に切る。
  2. 切った材料と、ぎんなんなどを土瓶に入れる。
  3. だし汁+醤油+塩+みりんを土瓶に張って蒸す。

松茸ご飯

  1. 米2合をといで水を切る。
  2. 炊飯器に水を切った米を入れ、通常と同量のだし汁を入れる。
  3. 網や魚焼きグリルを使って炙った松茸を細かく割いて炊飯器に入れておく。
  4. 30 分たったら、松茸を取り出し、炊飯器に醤油大さじ 2 杯を加えて軽く混ぜて炊く。
  5. 炊き上がったら、全体を軽く混ぜて松茸をのせ、炊飯器の蓋をして 20 分ほど蒸らして完成。
マツタケの丸かじり (丸かじりシリーズ)

マツタケの丸かじり (丸かじりシリーズ)

からだにおいしいきのこ料理115

からだにおいしいきのこ料理115