意識

(一般)
いしき

仏教用語。六識及び八識の1つ。対象を総括して判断し分別する心の働きのこと。

意識

(一般)
いしき

何かに注意を当てること.反対語は無意識.
人間は無制限に何にでもいつでも注意を当てられるわけではない.一時に意識できることがらは限られている.より学問的に言えば、認知容量には限界があるという.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ