Hatena Blog Tags

正岡子規

(読書)
まさおかしき

(1867-1902) 俳人・歌人。松山市生まれ。本名、常規。別号、獺祭(だつさい)書屋主人・竹の里人など。新聞「日本」・俳誌「ホトトギス」によって写生による新しい俳句を指導、「歌よみに与ふる書」を著して万葉調を重んじ、根岸短歌会を興す。また写生文による文章革新を試みるなど、近代文学史上に大きな足跡を残した。著「竹の里歌」「俳諧大要」「仰臥漫録」など。脊髄カリエスにより早世。

第一高等中学校で夏目漱石と同級生になり、子規の死まで友情が続いた。
野球を日本に紹介した人としても有名。*1

*1:2002年、新世紀特別表彰で野球殿堂入りした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

初夏/夏来(なつく)/夏さる(夏去る)/夏まく(夏設く)/夏立つ を詠んだ短歌2  鎌倉浄妙寺には,多種類のヤマアジサイが植えられています.訪れてみると,もうすぐ満開といった所で,元気な美しい花姿を見せてくれていました. 夏されば茨(いばら)花散り秋されば芙蓉花咲く家に書(ふみ)あり 正岡子規  夏まけて咲きたる唐棣(はねず)ひさかたの雨うち降らば移ろひなむか 大伴家持  日はかすめ清(さや)にこごしき妙義嶺(みょうぎね)の檜山(ひやま)のなだり夏立ちにけり 北原白秋  五月六日立夏(りっか)のゆふべ緑

今日は,鎌倉浄妙寺まで行って来ました. このお寺には,山紫陽花が沢山植えられていて,開花の様子を確かめるためです. 境内に入って,はじめに目に飛び込んできたのは,新芽の赤がとても美しいカエデ. お目当ての山あじさい.もうすぐ満開といった所で,元気な美しい花姿を見せてくれていました. アジサイの季節といえば梅雨が連想されるかと思いますが,山アジサイは一般のアジサイより早く咲くので,私は初夏を連想してしまいます.一般的な連想ではないと思いますが. 初夏/夏来(なつく)/夏さる(夏去る)/夏まく(夏設く)/夏立つ を詠んだ短歌2 (古今短歌歳時記より) 短歌の世界では,直接初夏という以外にも様々な表…