気管支炎

(サイエンス)
きかんしえん

病気 病名

概要
気管および気管支粘膜の急性炎症で、種々の細菌やウィルスの感染、科学性刺激性ガスの吸入など、様々な原因で起こる。かぜに伴うことが多く、かぜ症候群の気管および気管支への発症とみなされる。
症状
咳と痰が主症状で、時に発熱がみられる。
経過・予後
かぜで起こるものは、経過および予後ともに良好で、2〜4週間で治癒するが、刺激性ガスの吸入で起こるものは、慢性化することがある。
治療
まず第1に保温と安静である。頭痛や発熱、咳などに対しては薬が用いられるが、何よりも保温と安静を守り、ウィルスに対抗する体力を保持することが大切である

かぜの予防に確実な方法はないですが、人ごみを避ける、マスクをする、手洗い、うがいをするなどに努めましょう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ