鹿島線

鹿島線

(地理)
かしません

JR東日本の路線(地方交通線)

この区間は成田・総武線系であるため、JR水戸支社ではなくJR千葉支社の管轄。
この地域は比較的長い間、鉄道や国道などが整備されず、鹿島周辺は「陸の孤島」と揶揄されたが、1970年の夏に開通した。

成田線の佐原と、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の鹿島サッカースタジアム(臨)間を結ぶ、全線単線電化の路線である。実際に線路が分岐しているのは香取だが、鹿島線としては佐原発着となっている。

建設・開通時期が比較的最近であったため、ほぼ全線に渡り高架線となっている。(しかし高速運行対応ではない)
通常運行時は、終点1つ手前の鹿島神宮までの運行であるが、「県立カシマサッカースタジアム*1」でイベントや試合があるときは、一部列車が鹿島サッカースタジアムまで延長運転される。元々、鹿島サッカースタジアム駅は大洗鹿島線の北鹿島(貨物駅)であったが、Jリーグ開幕及び県立カシマサッカースタジアムの完成に伴い、旅客取扱いを行なう臨時駅となった。それと同時に鹿島神宮〜鹿島サッカースタジアム間も電化されてJRの列車が乗り入れるようになった。(鹿島神宮〜鹿島サッカースタジアム間は鹿島臨海鉄道の所有だが、実質はJRと鹿島臨海鉄道の共用区間となっている。)

原則的には佐原〜鹿島神宮間のみの区間運行だが、成田線直通の成田方面、成田線・総武快速線・横須賀線経由で東京・横須賀・久里浜方面との直通列車も(一部)ある。(2004年10月のダイヤ改正で、特急あやめを除き、千葉・成田・佐原のいずれかの発着となった。)

開通年月日

1970年(昭和45年)8月20日

駅名 よみ
“えき”は略
所在地 接続路線
佐原駅 さわら 千葉県香取市 JR成田線
香取駅 かとり 千葉県香取市 JR成田線
十二橋駅 じゅうにきょう 千葉県香取市
潮来駅 いたこ 茨城県潮来市
延方駅 のぶかた 茨城県潮来市
鹿島神宮駅 かしまじんぐう 茨城県鹿嶋市 鹿島臨海鉄道
大洗鹿島線
鹿島サッカースタジアム駅(臨) かしまサッカースタジアム 茨城県鹿嶋市 鹿島臨海鉄道
大洗鹿島線


リスト::鉄道路線

*1:J1 鹿島アントラーズのホームグラウンドである

ネットの話題: 鹿島線

人気

新着

新着ブログ: 鹿島線