ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

artなfoodsのDiary RSSフィード

2017-02-26

どうしても『五目ラーメン』@三芳食堂 05:29

そりゃ行くに決まってるでしょ…

そう、行こうと思ったらその日はオーマイガァの定休日だったから別のお店でヨクボー充当なんてさぁ寝起きが悪くてシカタがないってもんさ。

f:id:artfoods:20170225163648j:image:w320:left

そうなんだよ、どうしてもガマンできずに例のヒミツの食堂に行ってしまったのだな。もうハナっからボクは『五目ラーメン』って決めていたし、お誘いする母上には極上の『オムライス』を食していただこうと前日から綿密な計画をたてていたんだ。

蒲原は静岡市の最も東にある町なので哀愁のイナカ町からクルマで20分くらいで着いてしまうのであって、朝食をややゆっくり目に摂った後に昼めしどきが近くなってからヨユーで出発してもオッケーなのだな。JR蒲原駅の駐車場にキャプチャー君を停め歩いて3分程度か、以前にいちどお邪魔しているので何の不安もなく道を辿り暖簾をくぐることが出来る。

f:id:artfoods:20170225163646j:image:w240:right

店内に先客はいなかった。楚々としたその店内に流れるFM放送、そして壁にはグルメ番組出演タレントの色紙とか礼状やらがたくさん貼ってあるけれど、やっぱり“元ヲンナたらし”のおっさんは某国営放送だから別格のようで一番目立つ場所に陣取ってある。なんか悔しいなあ、ボクだってヲンナに於いてはいろいろナニだしさ、それにこと食に関しては彼以上のモノを持ってると自負してるんだけど…ってねえ、タマが違うんだよタマが。え?何のタマ?ってカン違いするなよ。

さて予定はカンペキにジッコーされるのである。先客はいないから売り切れの心配はなく注文も予定通りだ。母上と「ここはお食事全般が安いねえ」なんてメニューを眺めながら話をしていると料理が運ばれてきた。

f:id:artfoods:20170225163647j:image:w500

Olympus  PEN-F G.Zuiko Auto-S 1.4/40  @ SONY NEX-7

母上はこーゆー『オムライス』は初めてだったらしい。よく考えてみればそのお歳の方々ってのはそーゆーハイカラな洋食が一般食堂で食べられる時代になってもちょうど子育てが忙しくてチャンスがなかったのだ。そして本やテレビで知ったその料理をセッセと子供のために作っては食べさせ、自分が楽しむヨユーなんてなかったってのが現実だと思う。

バターの風味が豊かな薄焼き玉子に具だくさんのチキンライス…たいそう美味しいと仰っては召し上がる姿にバカ息子もなんとな〜く親孝行しているような晴れがましいキブンになってゆくのだな。

f:id:artfoods:20170225163649j:image:w500

Olympus  PEN-F G.Zuiko Auto-S 1.4/40  @ SONY NEX-7

そしてテメーが喰いたくて仕方のなかった『五目ラーメン』は予想ドンズバの秀作だった。ヤサイのダシが凝縮された塩味スープはやや濁ってはいるけれど、いや〜ジツにナチュラルなお味で曇りがない。

ディフェンダーはニンジン・モヤシ・白菜・ホウレン草・ネギといった野菜陣、フォワードはカマボコ&ナルトのツートップ、ミッドフィルダーのニク軍団はチャーシューに炒め豚バラと鶏ムネ肉という三位一体ロング攻撃体制、キーパーは味付けタマゴなんだけどスーパーサブのメンマが控えている…というエキスパート軍団なのよ、素晴らしいじゃないか!もうレアルマドリードでもマンチェスターユナイテッドでもかかってきやがれっ!ってなもんだい。

久々にコーフンしたなあ、ホントに美味かったですよ〜ごちそうさまでした。


三芳食堂

静岡県静岡市清水区蒲原堰沢305番地

TEL=054-385-3040

ACT=11:-14:00 / 16:00-19:30 木曜定休



クリック↓↓↓で応援をお願いします


f:id:artfoods:20080716062643j:image


義理チョコとはいっても

なんかキレイなパッケージだもんでさ

食べてしまうのが惜しいような気もするんだよねえ


f:id:artfoods:20170225064536j:image:w240

INFOBAR A03   Processed by Roidizer

2017-02-25

リアル旬を捉える『真鯛の兜煮』 09:13

休日の楽しいドライブと違いシゴトちうはどんなにお天気が良くても会話はシゴトの話…って当たり前なんだけどね。それでも清水区の蒲原から東部の長泉町に向かうR1バイパスで富士川を渡る橋からは見事な富士山を望むことができたのであって、同僚とのそうした会話を無視してはスマホカメラのシャッター操作をするバカ者である。

f:id:artfoods:20170223145004j:image:w320:right

テメーで運転しながらだとこうした行為は非常にキケンなんだけど、助手席ってのは景色を眺めたり好き勝手が出来るのであってお気楽&結構なものなのよね。気温はぐんぐん上昇してポカポカな陽気に(あ〜もうじき春がやってくるんだなあ)などと思いながらついウトウトしてしまっても、クルマはヒトの運転で目的地まで安全に運んでくれるのであって、アイポイントの高いダンプトラックは観光バスみたいなもんでさ、一層心地よいのである。

ところで春の代表的な食材の中に真鯛というものがある。特に桜が咲くころから黄金週間くらいまでのものは“桜鯛”とか“のっこみ真鯛”と呼ばれ、産卵を前に栄養を蓄えるために所謂荒食いをするのであって、脂ものっていて美味しいと言われる。

だけどねえ、ソレってちょっと違うんじゃないの?ってエロおやぢは思うのよ、机の上で考えたことではなくってテメーの経験からもこの考えを譲る気持ちはないんだけどね。

f:id:artfoods:20170225063447j:image:w500

Tokyo Kogaku  RE.Auto-Topcor 1.8/58  @ SONY α7

だって食べたものの栄養はタマゴのほうに行ってしまうのであって、それより厳冬期のほうが秋から冬にかけて摂取した栄養分が脂肪としてカラダ全体に行き渡っているんじゃないかと考えるのよ。真鯛は年間を通じて釣れるので各シーズンお試ししているけれど、年末年始ごろに釣ってきた真鯛って実際いつも美味しいんだから。

この方程式は養殖の真鯛にも言えるんじゃないか…なんて都合の宜しい解釈の下に、スーパーの鮮魚コーナーにあった「真鯛のアラ」ってやつを購入してくるのである。アラと言っても王者のお頭に三枚おろし中骨とハラモがついたリッパな品である、しかも格安とくれば買わないテはない。

お頭がついていなければ単なる“アラ煮”だが、この場合は正々堂々と『真鯛の兜煮』だぞ〜っ!とイバっても文句は言われない。そしてそのお味は文句のつけようがないほど美味くてサイコーなのだ。うん、リアル旬の真鯛ね…タラやアンコウもいいけれど、こいつも忘れないで欲しいなあ。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image


軒先の鉢植えもだんだん活発になってきましたよ

「花かんざし」なんて和風なナマエなんだけど

オーストラリア原産なんて面白いじゃんね


f:id:artfoods:20170212143826j:image:w500

Carl Zeiss Jena  Tessar 2.8/50  @ SONY α7

2017-02-24

雨の日は『パイコーメン』 05:08

今年は庭の紅梅をよく撮った。今までこんなにたくさん撮影したことはなかった気がするけど、この日の雨でいよいよお終い…って感じかな。あとは実がなってからの収穫と、来春の開花までしばらく待機状態となるのである。

f:id:artfoods:20170223100052j:image:w500

Carl Zeiss Jena  Sonnar 3.5/135  @ SONY α7

そんな雨の休日、蒲原にあるヒミツの食堂で未だ食したことのないラーメンが食べたくなって出かけることにした。支度を始めてから(ちょっと待てよ…いちおー営業時間なんぞを確認しておかないと)とテメーのブログの過去記事を開けば…Oh My Goddes! なんてこったい今日は定休日じゃん!なのである。

あぁ事前に確認してよかったなぁなのよ。しかしいちどラーメン喰いたい魂に火がついてしまったエロおやぢに予定変更のヨユーはない。そうだ、哀愁のイナカ町で一番お気に入りの中華料理店に行ってラーメンを喰おう!となるのである。

f:id:artfoods:20170223143812j:image:w500

Olympus  PEN-F G.Zuiko Auto-S 1.4/40  @ SONY NEX-7

このお店のラーメンはごくフツーな無冠ラーメンがイケてんのよ。だけどそうしたコンサバティブなラーメンは約ひと月ほど前に蒲原のちゃん源さんで食したしなあ…と今回は変化球打ちに狙いを絞ったのね。

お店に到着してメニューを眺めれば、あるじゃないか『タンタンメン』や『牛バラ角煮麺』などがさ。その中でググッとココロに迫ってきたのがこの『パイコーメン』だ。

エスニックでスパイシイな香辛料で風味づけされカラッと揚げられた豚ロース肉がど〜んとメインになり、クリアで豊かなお味の醤油スープのラーメンの上で「まいったか〜」みたいに仁王立ちしているのである。美味い、ホントに美味い!付け合わせは油茹でしたホウレン草とネギのみってのも潔くてちょ〜ステキだ。問答無用な存在感が雨の日の鬱憤を晴らしてくれるのよ。


均元飯店

静岡県富士宮市万野原新田3342-6

TEL=0544-24-7033

ACT=11:30-14:00, 17:00-21:00

水曜定休、第三水木休業




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image


午前中は大雨だけど午後は雨もあがって晴れ間も出るし気温も上昇…

っていう気象予報は大ハズレ

いつまでも冷たい雨がしとしと降り続いてねぇ

まあ静かな休日ってことで悪くはないけど


f:id:artfoods:20170223100051j:image:w500

Carl Zeiss Jena  Sonnar 3.5/135  @ SONY α7

2017-02-22

地球のウラ側からやってきた『ムール貝のパスタ』 05:21

ムール貝ってなんとな〜く高級そうなイメージがあるのはニッポンだけで、実は世界中の海域に生息していてポピュラーな食材なのよね。以前に視聴したBS放送の番組で北海に面するオランダでは首都アムステルダムの名物料理になっていることを知った。オランダって農畜産業国のイメージが強いけど、やっぱり海があれば魚介だって食べるだろうし、それが名物になってもおかしくはない。

f:id:artfoods:20170219164502j:image:w240:right

じゃあ海産物ダイスキなわが国でムール貝が何故あまり食用にされてこなかったのかと言うと、その名称ね…カラス貝。真っ黒で風情がないし、港湾などのあまりキレイとは言えない水域で大量に繁殖しているので、実際食しても臭みがあって美味しくない(だろう)し、だいいちどんな有害物質が含まれているか判らないからキケンだとも言えるのよ。

ところが北海道でホタテのつるし養殖をしている副産物としてこのムール貝=イガイ類がけっこー大量に獲れるらしくて、そのうち国内産のムール貝が魚屋の店頭に並ぶ日が来るかも知れないのだな。まあそれまでは輸入モノのムール貝でガマンしようではないか、と購入してきたのは我が国から見れば地球の裏側にある南米チリからやってきたそれなのである。

ガーリックとバターでソテーしてワインで蒸して仕上げればけっこーな肴になるのだけれど、ちょっとソースが多めになるように調理して茹で上げパスタを絡めればリッパなひと品に変身する。以前に懸賞で当選した“小豆島手作りパスタ”のオリーブ練り込みタイプがちょうどあったので今回はそいつを使って作ってみたのよ。

f:id:artfoods:20170219163137j:image:w500

Tokyo Kogaku  RE.Auto-Topcor 1.8/58  @ SONY α7

あ〜美味しい!めっちゃ美味いじゃん!ムール貝の濃厚すぎない旨味がつるっともちもちな手作りパスタに上手くマッチして素晴らしい組み合わせだ。

うどんや蕎麦に合うように和風な仕上げにしても美味しいのだろうけれど、この黒とオレンジのコントラストが強い貝のヴィジュアルからは見た目にも上質な和食が思い浮かばない。やはりパエリヤなどの欧風料理が似合う貝なのよね、ガイジンがキモノ着ても(なんとな〜く浮いてるカンジねぇ)な印象を持ってしまうのと一緒かな。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image


庭の紅梅は散り始めなんだけど

満開になるまで気温が低かったせいか

例年より花持ちがいいみたい

今年は梅の実の収穫量、どうなんでしょうね


f:id:artfoods:20170219163135j:image:w500


先日Y奥!でゲットしたオールドレンズを使い撮影してみた。銘玉の誉れ高き“東京光学製REトプコール58mmF1.4”の兄弟で解放F値を1.8に抑えた“RE.Auto-Topcor 1:1.8 f=5.8cm”ってものね。

偉大なF1.4の存在のために有名ではないけれど隠れ秀作と言われる。1960年代当時の某カメラ雑誌テストレポートでは驚異の解像力を発揮して、マニアの間ではちょっと伝説テキな存在なのよね。当然タマ数も少ないし状態の良いものはさらに稀少だ、そしてプチ高価なのである。

f:id:artfoods:20170219163136j:image:w500

ボケ味がちょっとウルサいという評価もあるけれど、ボクは意外にイケるんじゃないかなって思う。それより肝心の解像力は評判程でもなくて、これはデジタル画像処理がそのよい所もそーでないところもモロ赤裸にしてしまうってカンジなのだろうな。

しかしこのレンズには実際の解像力や数値とは違う“解像感”が存在するのも事実なのであって、合焦点と収差を残したアウトフォーカス部の物理的な距離がそう感じさせる要因になっているのではないか…などとトーシロー分析してみたりもするのである。

f:id:artfoods:20170219163134j:image:w500

Tokyo Kogaku  RE.Auto-Topcor 1.8/58  @ SONY α7

まあそんなゴタクはどっちでもいーのであって、問題はナニをどーやって撮り、どんな表現がしたいのか…なのである。とにかくいい感じに撮れるのは間違いないようだから、これからとっくりと使ってみよう…みたいな気持ちにさせてくれる人生初エキザクタマウントのレンズなのよ。

調子に乗ってかなり珍品な当時の純正専用フードも落札しちまってねぇ、バカだとは思うんだけど。「まあとにかくカッコいいからいいんだよ!」と開き直る例の沼住民はハンセーのかけらもない。

2017-02-20

スーパーの『ローストビーフ』ってどうなのよ 04:57

デフレ脱却に躍起になっている我が国を取り巻く海外環境は相変わらずキビシいものだけど、とりわけこのところお騒がせな国家やヒトがバンバン登場してきていつまでたっても不安要素が除去されないのは困ったものだ。

特に大陸側に隣接するアジア系三国は何処もサイテー野郎ばかりだし、同盟国の大統領さんもなんだかワケが解らなくて本当に読めない。まあこの先どうかなっちまったとしてもどうせエロおやぢはそのころ天国か地獄かのどちらかに出張してるはずだからいいんだけど…って無責任かなあ。

てなワケでクリスマスでもないのにローストビーフのスライスなんぞを購入してきてはワインの肴にとシャレ込むのよね、あ〜ぜーんぜんカンケーありませんな。でも何でローストビーフかと云うと、哀愁のイナカ町スーパーのくせにヤケに上質なそいつを売っていたからなのよ。そりゃデパ地下などで買ってくるものは間違いなく美味いんだけど、いくらスーパーだからって言ってもそう安いものではないし、ちょっとバクチなお買い物なのである。

f:id:artfoods:20170219054654j:image:w500

Tokyo Kogaku  RE.Auto-Topcor 1.8/58  @ SONY α7

で、食してみれば「おぉっ!ヤルじゃん!」みたいなカンジでジツにいい買い物をしたヨロコビに満たされる。スーパーの『ローストビーフ』ってどうなのよ…と問われれば、まあお店にもよるかも知れないけれど概ねコストパフォーマンスは他界…違う、高いんでないかいと孟子揚げて…う〜ん、今日はなんだか誤変換が多いな…申し上げていいと思うのね。

f:id:artfoods:20170219054653j:image:w240:left

メインの『ローストビーフ』は言わずと知れた美味しさで予定調和というか王道の美食なのであって何の問題もない。近所に引っ越してきた人気ベーカリーのパンをかじりながらワインをいただけば、質素なはずの平日がまるで何かのアニヴァーサリみたいに華やいでしまって(いいのかい、バチあたんねーだろうな…)なんてボンビなエロおやぢは要らぬ心配までしてしまうのよ。

パンにワインとくればあとはチーズだ。それこそ平素は六甲山麓の赤ん坊乾酪などでそこそこ楽しんでいるのだけれど、この日は何のハズミかフランス産ブリーチーズのスライスパックなんてものが一緒に盛り付けられて、こいつが美味いったらありゃしない。

ホントは全部喰っちまいたかったんだけどね、次の休日の朝食に“チーズトースト”にして楽しんでみたくなってしまってねえ、なんだかいそいそと残りをしまい込んでしまったケチ野郎なのだな。



クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image


リビングのデンドロビウムが見事に咲きそろいましたよ

って、お手入れしてるのは母上なんだけどね

もう何年も前に友人からいただいたものらしい

こうして毎年咲いては楽しませてくれるのだな

有難いことです


f:id:artfoods:20170212143825j:image:w500

Asahi Opt.  Super-Takumar 1.4/50 (8-elements)  @ SONY α7




f:id:artfoods:20081202141605j:image


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

ムー吉殿

おはようございます!

コメ六連発!漲るご精力はサスガ殿にござりまする、六人ものお世継ぎ様ご落胤で貴家もご安泰かと(´▽`*)アハハ

しかし政権が関与する暗殺とか今時の話じゃありませんねえ、まるで戦前のニュースを聞いているようで、そんな国家とまともな付き合いなんてできるはずないじゃんねえ…

そんな中、神戸の正男氏はお元気に過ごしているのでしょうか\(≧▽≦)丿


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

元ルーさん

おはようございます!

タクマーの中でもこの8枚玉は特別ですね、逆光には弱いんですけど非常にリッチな画像を形成してくれて、こーゆー製品は国内外を問わず存在しないので貴重なものですよ。

貴殿のブログを拝見すると、いつも釧路の水産物販売店の広告が表示されましてね…いや〜カニやシシャモなど、たまんないやつばっかりでしてねぇ、なんかポチっとしてしまいそうで怖いんです(´▽`*)アハハ

ムー吉ムー吉 2017/02/21 19:05 こんばんはー
日本のソーリが暗殺されてもこんなに騒がないかも〜、代わりはいくらでもいるし・・
しかしわけのわからぬ世の中になりました。もう先のこと心配するのはやめよう!
どうせ予定どおりにはいかないから〜

元ルー元ルー 2017/02/22 06:38 おはようございます。
ローストビーフ美味しそうですね。
田舎なんで我が町のスーパーではあまり見かけません。
ムー吉さんPCの直し方間違ったから、いっぱいコメが?
スーパータクマーお気に入りのようですね。