ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

artなfoodsのDiary RSSフィード

2018-01-21

三つ葉入りのチャーハン 05:51

昨日は「大寒」という二十四節気のひとつ、読んで字の如しで暦の上では一番寒いワンスパンなのよね。ところが寒さに多少は慣れてきたせいか一昨日昨日とそう寒くなかった…と言うよりも三月下旬かと思うような温暖さでちょっとビックリね、久々にシゴトで汗を意識しましたよ。

f:id:artfoods:20180117081754j:image:w500

LZOS  INDUSTAR-50 3.5/50  @ SONY α7

当家の庭に隣接する官地にはキンカンの木が一本あってたくさんの実をつけている。べつに収穫して食しても法的なモンダイはないのだろうけれど、なんとなく“ヒトに見られたら恥ずかしい”などヘンな見栄があってそれをジッコー出来ずにいる。

堂々と採ればいいじゃん…って思いますけどね、まあニッポン人ってのはこーゆー部分が奥ゆかしいのでありまして、いつまでも謝罪とか補償を求めてゴールを動かし続ける某民族国家とはDNAが基本的に違うのですよ。あぁそれにしても腹立たしいなあ、あの国。いっそのこと隣のチンピラ国家と合併して落ちぶれちまえ!ってね、いや本気でそう思いますよ。もう相手にしたくないな。

 ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

さてそんな冬の某日にお正月の残り物になっていた「三つ葉」をチャーハンに入れて食してみたのね、けっこー美味しかったというか…正直に申し上げますと“入れても入れなくてもたいして変わんない”みたいな結果でしたけどね、いちおー不良在庫の処分は成功したし青味としてチャーハンを飾ってくれたんだからヨシとしようではありませんか。

f:id:artfoods:20180104131418j:image:w500

Tokyo Kogaku  RE.Auto-Topcor 1.8/58  @ SONY α7

ところで先日某国営放送の教育チャンネル(近年はEテレって言うらしいですねえ)をナニゲに視ていたら「美味しいチャーハン、失敗しないチャーハンの作り方」ってのをやってましてね、いや〜その番組司会をやっていたねーちゃんが賢そうなうえにその可愛さったら…おいおい、カンケーないだろが!…はいはい元へ、どうやら家庭用の火力では半熟玉子状態になったら“火を止めて”そこにゴハンを投入し、よ〜く絡めてから再び着火加熱すると失敗しないばかりでなく、パラパラのプロ仕様になるらしいのですな。

う〜む、このチャーハンを作ったときはその方法を知らなかったのであって、従来通りの調理法で作ったわけなのよ。まあ失敗はしてはいないけれど、その方法だったらもっと美味しくできたかなあ…ってことでお試しは次回へ持ち越しなのだ。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image




これからですよ、寒さの本番は

でもねぇ鉢植えのデイジーが壁に影を落とすと

冬の陽だまりの暖かさみたいなものが感じられて

けっこーほっこりするもんですね


f:id:artfoods:20180117081720j:image:w500

LZOS  INDUSTAR-50 3.5/50  @ SONY α7

元ルー元ルー 2018/01/21 10:56 こんにちは。
チャーハンの写真見るだけで食べたいです。

サッポロモーターショーは今日で終わりです。
行きたかったなあ。

2018-01-17

ツウは『スジコ』で朝めしを喰う 05:15

海鮮の中でもイクラは不動の人気なんですってね。そりゃそうだよ、めっちゃ美味いんだもん。ゴーカ海鮮丼なんていうと必ずトッピングされているし、「こぼれ丼」なんていって客がストップをかけるまでイクラをかけ続ける汚らしくて下品なドンブリも「インスタ映え」するとかの理由で注文客が絶えないという。

f:id:artfoods:20180103142229j:image:w500

Nikon  NIKKOR-S・C Auto 1.4/50  @ SONY α7

確かにボクも好きですよ、イクラ。美しい色とツヤそしてキラキラとゴハンの上で輝く姿は宝石のようじゃんね、そして本当に美味しいんだからサイコーです。以前は北海道知床に住む親戚からイクラが送られてきたので、そりゃドバッとゴハンに乗せてゼイタクな丼をばっくり楽しんだこともありました。

それはそれでいいのですけれども、イクラにまで熟していない鮭の卵を塩漬けにした『スジコ』ってやつね、これもまた別の旨味があって捨て難いのよ。

f:id:artfoods:20180103142220j:image:w500

Nikon  NIKKOR-S・C Auto 1.4/50  @ SONY α7

ハデハデなイクラとは違い、その美味しさを内面に秘めたような『スジコ』はツウ好みな食べ物と言えるのではないか。炊きたての白ゴハンに乗せて食せば凝縮された海の滋味と鮭のエネルギーが弾け、ねっとりとクチに拡がる旨味が永遠に喰い続けたくなる欲望を肥大させる。

そのままも美味いが手巻き寿司みたいに板海苔で巻いて食すのもたまらない。しょっぱいのにお醤油をちょこっと垂らすと旨味と風味がより増して無二の存在感を示してくる。

そして庶民が平素からテを出しやすい価格であることもいい。近年はアメリカ産やロシア産も多く流通していて、哀愁のイナカ町スーパーでも簡単に入手出来る。

こんな朝めしでちょっと元気つけて出勤だ、今日も頑張らないとさ…。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image




近所の車庫の壁に樹々の影絵

朝陽ってこんなロングな光だったんですねえ


f:id:artfoods:20180117064602j:image:w500

LZOS  INDUSTAR-50 3.5/50  @ SONY α7

2018-01-16

お刺身も貝がスキ 05:11

ロメオさんでパスタランチしたあと、清水のちょっとだけハイソ系スーパーでお買い物をして帰った。

サスガですねえ、フツーのお刺身もクオリティーが高いけれど、そこらのイナカ町スーパーじゃ絶対に売っていない“貝のお刺身盛り合わせ”なんてものもあって、貝好きなエロおやぢ…う〜ん、なんかこのフレーズってかなり怪しいけど…としてはイチもニもなく即お買い上げなのである。

f:id:artfoods:20180102162312j:image:w500

MINOLTA  M-ROKKOR 2/40  @ SONY α7

とり貝・赤貝・平貝、この時期の無敵トリオですな。同時に購入した本マグロ・ブリ・金目鯛のお刺身も超エクセレント、ここまでの品をお店で食すとなれば相当な出費を覚悟しなければならないけれど、家飲みだとその分お酒がたくさんいただけるのがいいねえ。

f:id:artfoods:20180102162220j:image:w240:right

そんなワケで日本酒も久しぶりに地元産でないものを相棒にしてみた。前回この酒をいただいたのはいつだっただろうか、もうすっかり忘れてしまっているくらい昔のことかも知れない。

しかし記憶にあるのは芳醇ででありながらキレのよい辛口という印象のお酒、石川県は白山市にある醸造元の「天狗舞」である。山廃仕込みという少しテマヒマのかかる製法から生まれるこのお酒は、日本酒ツウの間でもかなり評価は高いのよ。

純米酒なのに枯れた山吹色が美しく、熟成感もあって甘み酸味のバランスが非常に美しく響く。流行りのフルーティー系とは異次元の存在なのでヒトによっては敬遠するかもしれないな。特に若いねーちゃんには理解できないだろうね、そうオトナのお酒ってもんさ。百戦錬磨の熟女なら「あたし、こーゆーお酒で酔ってみたいの」なんて言っておかわりの酌を要求するもんでしょう、エロおやぢとしてはそこが狙いどころでしてね「お〜よしよし、好きなだけお飲み…」などと酔わせてはまた別な貝の…などと下品な想像ばかりしてないで、しっかり味わっていただきましょう。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image




昨日の夕方

日没の残照で紅富士

みるみる間に蒼白くそして暗く落ちてゆく山頂


f:id:artfoods:20180116042903j:image:w500

Olympus  PEN-F G.Zuiko Auto-S 1.4/40  @ SONY NEX-7

2018-01-15

十数年ぶりにロメオの『パスタランチ』 04:58

昨年末に恒例の墓参りに出かけた。自宅からクルマで45分程度、冬なのに穏やかな駿河湾を眺めながらのドライブである。

f:id:artfoods:20180102155619j:image:w200:right

お寺にお布施をし墓の清掃や供養のお花と線香を…と終わってみればハラもへっているのである。昼どきとなるのは判っていたので近くの和食のお店を目論んでいたのだけれど、あいにく当日は休業日なのであった。

う〜む残念、しかし清水にはまだまだ引き出しはたくさんあるのだよ。そうね、しばらく行っていない「ロメオ」さんってのもいいじゃないか、お寺からクルマで5分もかからない場所に在るんだしさ。

考えてもみればここ十数年の間おじゃましていなかった。初めて行ったときは母上も一緒で、以来母はとっても気に入ってしまって妹と何度か行って食事をしたらしいけれど、そのうちについ足が遠のいていたらしい。だから「久しぶりにロメオさんはどお?」と問えばイチもニもなくオッケーなのであった。

大きな幹線道路沿いでもないし目立つ看板も備えていないのでジミだけれど、こうして何十年も営業されているのは根強い人気と信頼があるからなのでしょうな。

f:id:artfoods:20180102155607j:image:w240:left

店内はまるでヨーロッパのビストロのようで気取ってはおらず、さりとて雑然として無節操なものでもなく、センスのよい調度品や絵画にクラシカルでスタンダードなテーブルや椅子がアンダーな照明に落ち着いた雰囲気を醸し出している。好きだなあ、こーゆーお店って。

お願いしたのはランチの「お選びパスタコース」というもので、本日の一皿にチョイスしたパスタとデザート&カフェがプレフィックスになっているものだ。

ステキな感じのカメリエーレが先ず運んできてくれたものは本日の一皿、パプリカの肉詰め・ガーリックシュリンプ・キャロットサラダ・マッシュルームのマリネの盛り合わせだ。どれもめっちゃ美味い、どうしても白ワインが欲しくなるけれど、ご法度はいけませんよ。

メインは『海の幸いろいろ入りトマトソーススパゲティ』、あぁカメラなんかイジってないで早く食べたい。

f:id:artfoods:20180102155755j:image:w500

SIGMA  A013 2.8/30 DN  @ SONY NEX-7

サスガにこのパスタには+¥430の追加料金が必要だけれども、まあいいじゃないか。ワタリガニ・ムール貝・ヤリイカ・アサリ・手長海老などがたっぷり入っていて本当に美味しい。

トッピングにチーズではなくガーリック風味のパン粉ってのが新鮮だし、パセリはフレッシュをコンカッセしたものであるところが信頼される証しだろう、いい仕事してますね。

f:id:artfoods:20180102155740j:image:w320:right

デザートは何種類かの中からチョイスできるようになっていたけれどボクは「洋梨のショートケーキ」をお願いした。ヨーロピアンな深煎りコーヒーと共にいただくそれは素晴らしいお味で、流行り廃れとカンケーのないレシピで作られるホンモノである。

そうね、昨今はやれ甘さ控えめだ低カロリーだことの低糖質などとヘルシー気取りなスイーツが多いけれど、真の美味しさは伝統のレシピをきっちりと守ることだけにある、と断言していいだろうな。流されず溺れずそうしたことを実践し続けているこのお店のオーナーシェフ殿はとても精神力の強い御方だと推測する。

そして使う食材も契約農家の完全無農薬有機野菜や静岡魚市場から直送された最上級のものだけで構成されているようで、シェフ殿が掲げる「伝統」と「生きる喜び」に感謝したお料理という信念がしっかりと生きているようだ。素晴らしい!

出来ればワインと一緒にその愉しみを味わいたいものだけれど、さてお宿の予約や同行者へのお誘いや都合などしっかり調整しなければならないものがたくさんあって、つまりエロおやぢは非常に困っているのだよ。




リストランテ ロメオ

http://www3.tokai.or.jp/romeo/

静岡県静岡市清水区江尻台町1-26

TEL=054-365-6792

ACT=11:30-14:00 / 18:00-20:30 月曜定休



クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image




庭の萬両

睦月寒の入り

雪でも積もればもっと素敵なんでしょうけど


f:id:artfoods:20180104163224j:image:w500

Tokyo Optical  Topcor 3.5/50 (Retractable type)  @ SONY α7

2018-01-14

渋滞のち『ミル貝の握り寿司』 09:56

県東部のマンション建設現場シゴトがようやく一段落した。あの混乱錯綜する状況でよくぞここまでやったもんだぜい…と満足したいところなのだけれど、実情は「な〜んかいーかげんなシゴトやってゴマ化しちゃったよねえ」みたいな部分も多々あって全く以って納得できない。あと少しばかり残っている予定はタッグを組んでいた協力会社にお任せして、ボクは来週からまた別の現場に逃げる向かうのだ。

シゴトもイヤなものが多かったけれど、それにも増して嫌悪していたのは帰路の渋滞ね。イナカのくせに何で渋滞なんかするんだよ!と怒りを覚えるのだけれど、なんとかならないんですかねぇコレってさ。

f:id:artfoods:20180102144254j:image:w500

早朝に自宅を出るのは出勤時の渋滞を避けるため、ところが帰宅時はその時刻を選べないところが辛いよね。疲れてるのにまたここでソレが追い打ちをかけるように背中に乗ってきてホントにやり場のない精神テキ肉体テキ苦痛だ。

f:id:artfoods:20180102144458j:image:w240:right

そんなワケでズボラなエロおやぢはついついその帰路のスーパーに立ち寄っては握り寿司なんぞを購入してしまうのだな。

お家に帰ってその日の片付けや風呂に入ったりしたらスグに晩めしにありつけるところが真に宜しい。夕食の支度のことを気兼ねせずに冷たいビールをぐびぐび飲れるところもまた非常に結構である。

平素は某ホームセンターのオリジナルブランド・ベトナム製なんちゃってビール(それでもヘタなメイドインジャパンより美味いと思うけどね)でけっこーコト足りてはいるんだけど、週末はハイクラスの国産ビールを“ご褒美ビール”と称していただくことにしているし、合間合間でテキトーに選んできた変わりダネも楽しんでみたりもするのだよ。

今回はルビーベルグという、まあ言ってみればビアカクテルみたいなものですな。大いなるカン違いはこいつがフレーバー・ビールだと思い込んでいたことね。

f:id:artfoods:20180102144443j:image:w320:left

なんでも醸造時にチェリー果汁をプラスして作るらしく、そのアワ立ちまでが淡いピンク色をしていてなかなかにキレイ。女性ウケを狙っての限定発売だったらしいけれど、ボクはこいつはダメでした。

ビールに似合わない香りはもちろんなんだけど、決定テキなのは甘いこと。この甘いってのがズバリいけない。世の中はチューハイも含め“甘くない”お酒が主流となりつつあるのに、今更こうしたコンセプトってないでしょ…今や女性ほど甘みを遠ざけているってのにねえ。こーゆー見誤りがサッポロビールのシェア回復を阻害してると思うんですよ…おっと、ケチばかりつけてないで男は黙ってフツーのビールを飲まんかい!

さあ、気をとりなおしてお寿司をいただきましょうか。

f:id:artfoods:20180102144545j:image:w500

Nikon  Ai-S Micro-NIKKOR 3.5/55  @ SONY α7

この日はいつもの最廉価版握り寿司ではなく、ちょっとだけいーやつね…昨年末のシゴト納めでしたから…まあ一年間よくがんばりました〜ご苦労様ってことで、好物の貝がフィーチャーされたセットを購入してきたのよ。

うんうん美味いねえ『ミル貝の握り寿司』、たまんねーぜっ!ホントはもっと喰いたいんだけど、まあ控えめにひとカンにしておくってところがオトナかも…なんちゃってさ、結局はハメ外してコップ酒おかわりしたくせにねえ。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



f:id:artfoods:20080716062643j:image




今朝の富士山

日本海側や北国は大雪らしいけど

温暖な静岡は厳しい冷え込み程度で済んでおります

昨日ウクライナから国際郵便で届いたレンズで撮影

1966年に旧ソ連で製造されたものだけどけっこーイケるじゃん


f:id:artfoods:20180114090707j:image:w500

LZOS  INDUSTAR-50 3.5/50  @ SONY α7




f:id:artfoods:20081202141605j:image


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

元ルーさん

おはようございます!

こんな渋滞じゃどんなクルマに乗っていても一緒ですね。

パリジェンヌ?確かにステキなトゥインゴですけど、女のコ専用みたいなフンイキですねえ。おっさんが乗っていたら「キモい!」って言われそう(´▽`*)アハハ

元ルー元ルー 2018/01/14 13:42 こんにちは、写真を見ると絶望的な渋滞ですね。逃げ道もなさそうですし。

生寿司だあ!食べたいなあ。目に毒でした。
なんで魚とブロッコリーばっかりなんだ。(笑)

トゥインゴのパリジェンヌが出てきて、がっかりです。