スマートフォン用の表示で見る

ジャン・コクトー

アート

ジャン・コクトー

じゃんこくとー

Jean Cocteau(1889〜1963)

パリ郊外メゾン・ラフィット生まれ。

詩、絵画、小説、批評、シナリオ、バレエ、映画とあらゆる芸術分野で活躍したマルチ・タレント。

前衛の先端を行く多くの芸術家と親交を結んだ。

1917年 劇「パラード」(エリック・サティ音楽、ピカソ舞台装置)初演

1919年 詩集喜望峰」出版

1926年 劇「オルフェ」初演

1929年 小説「怖るべき子供たち

1938年 劇「恐るべき親たち」上演

1940年 小説「ポトマックの終り」出版

1942年 映画「永劫回帰

1946年 映画「美女と野獣

1947年 批評「存在の困難」映画「双頭の鷲」

1949年 映画「オルフェ」