月見

一般

月見

つきみ

月を様子を眺め楽しむこと。観月と呼ばれることも。

十五夜、十三夜の月見

一年のうち最も空が澄み渡り、月が明るく美しいとされる 十五夜旧暦で8月15日)と十三夜旧暦で9月13日)に月見をし、その年の収穫を月に感謝する慣習がある。十三夜は、十五夜に対して「後(のち)の月見」とも呼ばれる。また、月見にちなんだ行事が全国で開催されている。

供え物

団子・サトイモ、枝豆、栗などの丸いもの、ススキ、秋の七草などを東に向けて供える。秋の収穫物を備えて実りに感謝する意味を持つ。

月見団子

収穫された作物の代用品として供える。十五夜では15個、十三夜では13個を積み上げる。関東では丸型の白い団子、関西では細長い餅のまわりに餡を巻いた団子が主流。おはぎやきなこ餅を供える地方もある。