スマートフォン用の表示で見る

神仏習合

一般

神仏習合

しんぶつしゅうごう

日本古来の神と外来宗教である仏教とを結びつけた信仰のこと。すでに奈良時代から寺院に神がまつられたり、神社に神宮寺が建てられたりした。平安時代頃からは本格的な本地垂迹(すいじやく)説が流行し、両部神道などが成立した。神仏混淆(こんこう)。

三省堂提供「大辞林 第二版」より