XAI このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-13 頑張れ!って 感じでなんか好きだ。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

時々思うんだけど、ヒットする映画小説漫画ってさ、そのときの監督や作者の精神状態が、「気持ちがいい奴」でいられるときに、ヒットしていくんじゃないかって思うわけ。


ヒットさせたいだとか、誰かに負けない!じゃなく、誰かの代弁だったり、読者のためにって感じでね。それが、こいつの書いたものを読んでて気持ちがいいなっていうのが、登場人物投影されるんだよね。あー、ストレスたまってる、傲慢になってきたっ!となると、読んでてもハナにつく。


f:id:xai:20141213144407j:image
オールマイトの「私が来た!」


漫画にたとえると特に少年ジャンプの作者コメントって、お前だけの話だろうっていう種類の中で、自己中ありありで、よく編集が黙って載せるわけ。


だから初心に戻るって本当に大切な格言だ。


いま、ヒーローアカデミア、火の丸、ソーマ、ワートリは初心を忘れてないでしょ。


あと国内海外文学コミックを読んでいたり、絵画芸術文学音楽、その他の諸知識を身につけながら努力が見られる作家っていい。それがいつのまにか、知識人文化人の仲間入りさっていう奴になると、もう用済みさ。


ヒーローアカデミアの作者、いいねネズミなのか犬なのか熊なのか。かくしてその正体は・・・。校長さ!と紹介されたその校長のセリフというと。「・・・云々、君の糧としたまえ。」なんてさ、さりげなく使ってる。そしてこの校長ったら悪にでもなれるようなキャラクター人気投票するなら主人公緑谷少年オールマイトより1位に校長を推薦するね。


僕が本や、映画漫画をみるのはストレス解消がいちばん理由。ただし僕はTVもDVDでも映画でもアニメは見ない。

Connection: close