yunioshiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなRSSに追加

2014-10-12 世界で活躍するギタリスト、HOTEI このエントリーを含むブックマーク

10月2日にNHK Eテレで放送された『亀田音楽専門学校』観ましたか?布袋寅泰がゲストで『キル・ビル』をスタジオ生演奏していました。いや〜格好いい!「世界のHOTEI」を実感しました。僕はあまり邦楽を聴かないのでBOØWY時代は実はあまり彼のことを知らなかったのですが、最近の彼の活躍ぶりには目を瞠るものがあります。今年の日本でのローリング・ストーンズのコンサートに飛び入りゲストで登場した時も大きな話題になりました。新作も出たことだし、今回の『ハーフマニア』完全版は布袋です!

渡辺孝行作↓

f:id:yunioshi:20141012132635j:image


世界で活躍するギタリストHOTEI

布袋寅泰

(ほてい・ともやす 1962年2月1日〜)

1981年、ロックバンドBOØWY でメジャーデビュー。

身長187センチの圧倒的な存在感シャープフレキシブルなギターワークでカリスマ的人気を誇る。BOØWY 解散後はソロとして活動。ソロ以外にも吉川晃司とのユニットCOMPLEX、後に妻となった今井美樹らへの楽曲提供・プロデュース、映画音楽、俳優としても特異な世界を醸し出している。

寅泰が生まれたのは群馬県高崎市の田舎町。「布袋」は母方の苗字で、母はサハリン生まれで開拓民の子だった。12歳で終戦を迎え、命からがら北海道に引き揚げ、余市で育った。高校を出るとすぐに上京。そこで留学生の男と恋に落ち、二人は高崎に新居を構えた。寅泰が小学校中学年の時、家は北欧風の洋館に建て替えられ、リビングにはドイツ製のピアノ、庭には高級外車、お手伝いさんが何人も通うセレブな生活をしていた。その大豪邸の門には「布袋」と「柳井」の表札が。「柳井」は韓国人だった父の姓だった。父は貿易商なのか職業不詳だが、1 年の大半を海外に飛び回るような生活をしていた。常に一流品を好むダンディな男だった。そして非常に厳格な男で、父が久しぶりに帰って家族で食事となると一家に緊張感が走ったという。母はそれに反して気さくで社交的な人で高崎駅前でクラブを経営していた。クラブは繁盛してしばらく一家は裕福で幸せな暮らしを続けていた。

ギターに夢中になった中学生の頃のことだ。父が久しぶりに日本に帰っていたある夜、寅泰の友人が夜中の2時に遊びにやって来た。父が不在の時はいつものことだったが、父は激怒しその友人と睨み合いの状態になった。それを見た寅泰はついカッとなり、「てめえ俺の友達に何を言っているんだ!」と父に灰皿を投げつけてしまった。灰皿は父の額を直撃。初めて寅泰が父に反抗した瞬間であった。父は唖然として立ちすくみ、寅泰の顔をじっと見つめた。寅泰はいたたまれずその場から逃げ出ししばらく家出をした。これが父の顔を見た最後になった。

その後すぐに母から離婚することを告げられた。寅泰はてっきり自分のせいだと思ったのだがそうではなかった。父は韓国にも妻がおり、寅泰と同世代の息子や娘もいるというのだ。さらにショッキングな事実が判明。父には日本に莫大な借金があり、どういう訳か母がその返済に当たらねばならず、結局寅泰は母と妹と豪邸を出てアパート暮らしを強いられた。寅泰は怒りに震えた。父を憎んだ。この時、「日本一ギタリストになって母を楽にしてやりたい」と思ったという。

それから数年、BOØWYで大成功を収め、経済的にも安定した寅泰はその夢を果たした。母と妹を東京に呼び、新居で生活を始めた。その頃、一本の国際電話が彼の元にかかってくる。それは父の秘書からだった。父は重い糖尿病失明の恐れがある。「光を失う前に寅泰と妹を一目見たい」という伝言だった。父を許さなかった寅泰は、「会いたい」という妹を説得して断った。

だが…。BOØWYのラストコンサートの日。チケットが無かった父は東京ドームの壁に耳を寄せて息子のギターの音を聞いていたという。父の死後それを父の秘書から聞いた寅泰は初めて悔いた。1999年、寅泰は出演した映画のキャンペーンで初めて韓国を訪れた。マネージャーが知らない韓国人から手紙を預かったという。ホテルの部屋で一人その手紙を広げて読んだ。それは父のもう一つの家族、韓国の異母兄弟からの手紙だった。この義弟の家庭は彼が3歳の時にすでに崩壊していたという。そしてその彼もまた父を憎んでいた。寅泰は勝手に父は韓国の家族と幸せに暮らしていると思い込んでいたのだが、事実は違ったのだ。手紙はさらに続く。父は寅泰を愛していた。寅泰のCDやビデオや新聞記事を集め、周囲の人たちに息子の活躍を誇らしく語っていたという。寅泰は涙が止まらなかった。父もまた孤独だったのだ…。子供の頃、「寅泰君。男なら七つの海を越えなさい」と言った父の言葉を生涯忘れることがないと寅泰は著書『秘密』で語っている。

寅泰は1996年にアトランタ五輪の閉会式セレモニーに出演。究極の夢だったデビッド・ボウイとの共演を果たすなど、世界のミュージシャンとのセッションやコンサートへの出演が相次ぐ。また韓国人役で出演もした『新・仁義なき戦い』のテーマ曲クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』の挿入歌として採用され、以来、世界中から高い評価を受け様々な場面で採用されるなど、国際的な活躍を続けている。父の言葉どおり布袋寅泰は七つの海を越えたのだ。2012年、妻子とともに若い頃からの憧れのロンドンに移住。現在はロンドンを活動の中心にしている。

以上『ハーフマニア』P144より。

主な参考書は自伝↓より

秘密

秘密

書いたとおり布袋の代表曲ともいえる『新・仁義なき戦い』のテーマ曲『BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY』は『キル・ビル』に採用されたため、そっちのテーマ曲と勘違いしている人が多く、『亀田音楽専門学校』では、外国でこれを演奏すると「キル・ビルのテーマのカバー良かったよ」と言われるそうだ。布袋のオリジナル曲であることすら知らない人がいるんだと語っていた。因みに交通事故で亡くなった芸人・桜塚やっくんもこの曲を出囃子に使ってましたねえ。(なお『キル・ビル』に使われたいきさつは本サイトの『キル・ビル』特集をごらんください)

まそれはともかく。韓国人の父の話は非常に感動しました。東京ドームの外で漏れ聞こえる息子のギターの音に耳を傾ける姿、皆さん想像できますか?息子に会いたい一心で日本にやってきた孤独な韓国人の老人。おそらく彼も過去に苛まれ、悔いでいっぱいだったのだろうと思うと何ともやり切れないです。

親子の愛憎物語がぎっしり詰まった『ハーフマニア』の中でもひときわこの父子の話は寂しいものでした。

話は変わるけど、布袋が前妻の山下久美子と別れて今井美樹と結婚したその辺りの話は今紹介した自伝『秘密』に書いてあるのだが、山下久美子の自伝と微妙に食い違っていて、ああ結婚って本当にムズカシイものだと分かりました…。

両方を読み比べてみて↓

ある愛の詩 (幻冬舎文庫)

ある愛の詩 (幻冬舎文庫)

布袋在日韓国人の実業家を演じた↓は音楽だけでなく準主役の彼の演技も見ものでお薦めです。↓

最後に布袋の新作。イギー・ポップがゲスト参加!

New Beginnings

New Beginnings

『洋画・洋楽の中の変な日本・がんばる日本』の「世界で活躍する日本人音楽家」のコーナーもご参考ください。

2014-09-28 マッサン 「国際結婚した有名人たち」より。 このエントリーを含むブックマーク

この間、スットコランドが大英帝国から独立するだの何なのと世界中の注目を浴びて、日本でも普段関係ない&分からないって人達に、「スットコランドとは?」みたいなニュース番組、ワイドショー中の解説とかで詳しくやっていましたが、明日のNHK朝ドラマで始まる『マッサン』はモロ、スットコランドが舞台のひとつで、NHK朝ドラ史上初めて、スットコランド出身女性つまり外国人ヒロインの作品だ。主演のマッサン玉山鉄二。彼もこの作品で一躍年配の方々にも認知度が高まるでしょう!格好良いし演技はうまいし。(『ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!』P163)


実在のモデルはニッカウヰスキー創業者とその妻です。

というわけで今回の『ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!』から『国際結婚した有名人』P101で紹介した竹鶴政孝ジェシー・リタのお話を紹介します。


竹鶴政孝(1894 〜 1979)&ジェシー・リタ

竹鶴はニッカウヰスキー創業者で「ウィスキーの父」などと称される人物。国産のウィスキー製造を目指し、本場のスコッチを学びにスコットランドグラスゴー大学に留学した。そこで医学部の女子学生から「弟に柔道を教えて」という依頼を受ける。この女性の姉がリタであった。

二人は急速に接近しやがて結婚を誓う仲に。だが、まだ国際結婚には偏見がある時代。双方の家族ともに大反対で、教会で結婚式を挙げることすら出来なかった。1920年、竹鶴は留学を終えるとリタとともに帰国した。リタは日本人になろうと決意し、日本語や日本の文化を無我夢中で学んだ。そして献身的に夫に尽くした。戦争中は敵国出身ということもあり特に厳しい生活を強いられたが耐え抜いた。子供には恵まれなかったが、竹鶴の甥・威たけしを養子に貰い、実の子のように可愛がった。この威がニッカの二代目社長である。


以上。『ハーフマニア』ではほんの数行、サラリと流した感じの項でしたが、じっさいはトンデモナイ波乱の物語がありました。できればもうちょっと書きたいところでしたが、それはちゃんとした本がありますのでそちらをご参考ください。

国際結婚は日本では今でもかなりなハンデがありますが、竹鶴の時代はもっと激しい、差別や偏見ひどければイジメや虐待まであったはず。特に当時欧米人に「辺境の地」と看做された日本にはるばるやって来た花嫁の苦労は相当あったろう。それでもリタはがんばってマッサン献身的に尽しました。その努力や波瀾万丈の物語はおおよそ想像できますが、それらはいろんな伝記にて明らかです。


あーもうドラマ始まる前に泣いてしまうわい。


あまちゃん』から『花子とアン」までNHK朝ドラ史上に残る高視聴率を誇った最近のシリーズの後番組だけに世間の期待が大変ですが、どこまで日本人の心をゆさぶってくれるものでしょうか?

余談ですが

僕は高校生のときに友人とニッカの宮城工場に見学に行ったことがあり、そこで竹鶴の伝記を知りました。その頃の国産ウイスキーといえばサントリーとニッカが主でしたが、ニッカといえばサントリーの数分の1の規模の「小会社」でした。竹鶴は本場スットコランドでスコッチ製法を学び、日本でサントリー(寿屋)からスカウトされてウヰスキー造りを伝授しています。つまり、竹鶴が日本の国産ウヰスキーの父でありますが、その後経営方針の違いから寿屋から別れニッカを創業します。以来「味のニッカ、売上げのサントリー」とずっと言われてましたね。今ライバルと称される会社が実は創業当時は一緒だったり枝分かれしたりというのは(例えばヤマハとカワイみたいに)、結構面白くて読むのですがこの2社は格別のような気がします。

で、僕はその工場の見学コースの最後の方で出来たてのウイスキーを試飲し(もちろん飲み放題だったのでしこたま飲んだ)、ニッカがいかに本格的なウヰスキーを作っているかを知って以来、すっかりニッカウヰスキーびいきになりました。

ともかく、マッサンのヒット、お祈りしています。

参考資料

ニッカ「日本のウイスキーの父 竹鶴政孝物語」

http://www.nikka.com/80th/story/index.html#story01


お詫びと訂正

ニッカを飲みながら書いたのでこの日記、間違いが続出してます。

(誤)スットコランド→スコットランド

申し訳ありませんでしたあ!!


あと

う〜ぷす!

高校生は酒飲んじゃダメだった!

上はデタラメです、嘘です、思い違いです。

だいたい高校生は酒蔵の見学コースに行くな。

ましてベロベロに酔っ払ったらダメだぞお。

良い子は20歳過ぎてからだぞ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yunioshi/20140928

2014-09-14

訃報・山口淑子 波乱の人生

19:31 | 訃報・山口淑子 波乱の人生を含むブックマーク

歌手、女優、ジャーナリスト政治家といくつもの肩書きを持っていた山口淑子が亡くなった。僕のサイト『「洋画・洋楽の中の変な日本・がんばる日本』でも世界で活躍する女優のページで紹介しています↓

http://www.yunioshi.com/japaneseinmovies2.html#Anchor330887

ハーフマニア 日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!』では「偽ハーフ」(P93)のコーナーで紹介しています。以下はその文です。


山口淑子(1920 〜)

両親ともに日本人で中国生まれる。戦前は中国娘「李香蘭(りこうらん、リシャンラン」の芸名で歌手として売り出し、戦後は山口淑子と名乗り日本映画に出演。またアメリカに渡ってシャーリー山口の芸名でも活躍した。後にアラファト議長へのインタビュー番組を手掛けるなどTV製作に手を広げて高い評価を得て、政治の世界へと転身した才女。ジャーナリストとしてパレスチナ問題に取り組み、ベイルートなどを何度か取材しているうちにパレスチナ人民戦線の幹部たちと仲良くなり、彼らからジャミーラ(美しい)と呼ばれるようになった。イサム・ノグチとの結婚でも知られる。この波瀾の人生は舞台化され、劇団四季のミュージカルにもされている。


以上。

日本人夫婦の間に中国で生まれた山口は、戦前は中国人、または日中のハーフというふれこみで、歌手デビュー。「夜来香」「蘇州夜曲」などが大ヒット、映画『支那の夜』なども興行記録を樹立し、満州国中国、もちろん日本本土でも今日のアイドル的扱いをされ大スターになった。当時最高の劇場といわれた銀座日劇公演では日劇のまわりを七回り半の行列ができたという伝説になっている。

東洋のマタハリと呼ばれた川島芳子(『ハーフマニア』の同じく偽ハーフのコーナー、P96)とも交流があったと生前語っていましたが、太平洋戦争が終わると日本に加担した(漢奸つまり裏切り者)中国人として捕らえられ、川島同様に処刑されるところを間一髪で日本人であることが証明されて帰国したという。

戦後は山口淑子として女優に復帰、黒澤明監督の『醜聞』で三船敏郎と共演するなど活躍した。日本語・中国語・英語が話せたのでハリウッドでも注目を浴びて『東京暗黒街竹の家』『東は東』『Navywife(Mother sir)』などハリウッド映画に主演。またブロードウエイミュージカル『シャングリア』、TVドラマ『津波』、人気バラエティ番組のエド・サリヴァン・ショーへの出演も果たし、アメリカでもよく知られる存在になった。中国復帰前の香港映画にも何本か出演してしていて香港台湾でもスターだった。

日米ハーフで世界的に知られた芸術家イサム・ノグチ(『ハーフマニア』P187・イサム・ノグチ)と結婚し話題を呼んだが、これは数年で破局し離婚。後に山口は日本の外交官と再婚した。


テレビの主婦向けワイドショーの司会者に抜擢された時は、「国際的女優」の顔を活かして「主婦向け」なんかじゃなく国際政治的に問題の多い地域を精力的に飛び回って取材をして、当時の皆を驚かせた。何しろ北朝鮮中東といった、当時としては並みのジャーナリストではとても出来ないような取材旅行をしてのけた。あの重信房子にもインタビューをしているのだ。だからパレスチナからも尊敬されて「ジャミーラ」の名前を貰っている。

それから政治家への華麗な変身。自民党参議院議員としていろいろな役職をこなした。女性議員としてもかなり有能だった。

…それにしても大変な才能と情熱の持ち主だと思いませんか?

日・米・中、中東のどこの国からも敬われる日本人って彼女以外にこれから現れるのでしょうか?

本当に世界に誇れる日本人の一人だったと思います。

94歳。大往生といえるかもしれません。合掌。



参考資料は以下。自伝を読むと、5人分の人生が味わえる!これが同じ人???って。

舞台にもなっているが、もはや大河ドラマ朝ドラ。いつかNHKで映像化されるだろう。

李香蘭 私の半生 (新潮文庫)

李香蘭 私の半生 (新潮文庫)

「李香蘭」を生きて (私の履歴書)

「李香蘭」を生きて (私の履歴書)

↓これは『ハーフマニア』の出版社、社会評論社の発行。

李香蘭というよりも筆者の満州国での体験が赤裸々に語られている。


世界のクロサワの作品だが、ちょっと地味な映画。

ただ、今日のマスコミの有りかたのようなものを予言したような感じで

う〜んと考えさせられる。この映画に登場する山口はいやらしい言い方をすると

とても「油がのった実にいい女」だ!↓

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yunioshi/20140914

2014-08-31

男気のあるサバイバル女優?土屋アンナ

11:58 | 男気のあるサバイバル女優?土屋アンナを含むブックマーク

8月の23、24日と2夜に渡ってテレビ朝日系で放送された『よゐこ無人島0円生活』、皆さんご覧になりましたか?芸人よゐこLilico土屋アンナという2大ハーフ?が無人島サバイバル生活対決!というこの企画、どこまで本当なのか疑問ですが、結構マジで危険なことをやっていました。

http://www.tv-asahi.co.jp/mujintou

Lilico土屋アンナは実生活でも親友だそうで、大分前になりますが『ウチくる!?』という番組でもこのふたりの仲良しぶりは紹介されていました。それにしてもこの超強力キャラの二人なら人類が滅亡しても生き残りそうな感じですなあ。二人ともかなりハードな人生を送っているので。

Lilicoポジティブ女王LiLIcoの巻 - yunioshiの日記

というわけで今回は土屋アンナです。

花木マロン作↓

f:id:yunioshi:20140831110940p:image


デキ婚元旦那が心不全で急死!波乱万丈シンガー&アクトレス

土屋アンナ(つちや・あんな 1984年3月11日 〜)

父はポーランドアイルランドの血を引くアメリカ人。

母・土屋眞弓はアンナも所属するモデルエージェンシーの代表を務める。姉アンジェリカがいる。アンナが小学校3年生の時、両親が離婚。父は家を出て行った。父のことが好きで好きでしょうがなかったのでショックだったと自著でアンナは述べている。小学生時代は友達に父がいないことを隠し、父の自慢話ばかりしていたという。ハーフということでイジメにあい、友達から「パシリ」をやらされたが、その頃はイジメとは思わず単にやさしさでやっていた。フィギュアスケートバレーボールバスケハンドボールなどスポーツが得意な活発な女の子だった。

14 歳の時、モデルをしていた姉の影響でモデルを始め、雑誌『Seventeen』でデビュー。すぐに専属モデルとしてカリスマ的な人気を呼び、トップモデルとして活躍した。

2004年、『茶の味』で映画デビュー。同年には『下妻物語』で深田恭子とのダブル主演に抜擢され、田舎のヤンキー娘白百合イチゴを熱演。高い評価を得てその年の映画賞新人賞を総ナメにした。この映画で一気に知名度を上げたアンナは女優として開花、数々の映画に出演。2005年には『バッシュメント』、2007年の『さくらん』でも主演。『さくらん』では何と江戸時代花魁を演じている。

2005年からはロックシンガーとしても活躍。

私生活ではモデル仲間のジョシュア(日本人とブラジル人のハーフ)と「デキ婚」をし、愛息澄海(スカイ)も生まれるがわずか2年で離婚。その後ジョシュアは2008年に心不全で亡くなるという不幸もあった。

すでに再婚し二人目の子がいるアンナは、結婚や子育てに対してまっすぐでしっかりとした信念を持っていて、何冊かの自伝やフォトエッセイなどでその考えを述べている。アメリカCNN の『Talkasia』のインタビューには「ハーフに生まれたことをいいことだと思う。日本の文化アメリカの文化を両方持ってることは他の人にはできない経験だから」などと語るアンナ。ストレートで、ピュア。ナチュラルな生き方・考え方は多くの女性ファンの心を掴んでいるようだ。

以上『ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!』より。



一番の参考書土屋アンナ本人の著

↑この本は2005年暮に出版されたもので、息子スカイが生まれたばかり、最初の夫故ジョシュアとも仲の良い時代に書かれたもの。夫や愛息との写真も盛り沢山なので、その後の展開を考えるとちょっと痛ましい気もする。ただ、アンナ本人の生い立ちや家族のことを赤裸々に寄せていて僕のようなおっさんでも非常に共感が持てる一冊でした。



モデル・女優というと女神のようにひたすらきれいで「生活感」のようなものがあまり感じられない人が多いような気がしますが、まったくそんな風でなく、彼女の他の著作を読むと、子育て本や料理本みたいなものから人生訓まであって、人情味にあふれ、とても真っ直ぐ・男気?のある人のようです。それが若い女性に人気のある証しですね。

2013年にアンナは舞台『誓い〜奇跡のシンガー』で主演を務める予定だったが稽古に参加せず、舞台中止になるという事態に陥った。脚本演出を巡って原作者と主催者・演出家とアンナ側の主張は皆マチマチだったためアンナが納得できず降りたとのことだが、訴訟になり今だ解決に至っていないようだ。まあ、あのアンナのことだから心配はいらんでしょう。


女優としては2004年に出演したこの2本。

↓こちらは主演ではないが強烈な印象を残した。

茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]

浅野忠信2014-03-23 - yunioshiの日記)が主役



↓何と言ってもこちらのアンナは他の女優が考えられないほどハマリ役。

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

まだ観ていない人はぜひ!イチゴの頭突き最高っす!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yunioshi/20140831

2014-08-03

3オクターブの声域を持つ世界的ロックシンガー

13:23 | 3オクターブの声域を持つ世界的ロックシンガーを含むブックマーク

今回は松田優作に続き『人間の証明』つながりでジョー山中です。

花木マロン

f:id:yunioshi:20140803114719j:image



ジョー山中(ジョーやまなか、本名:山中明 1946年9月2日 - 2011年8月7日)

横浜生まれ。自伝『証(あかし)―永遠のシャウト』の中で「本当の父親は顔も名前も知らない。日本に進駐していたアメリカ軍の兵隊だったらしい」と、アフリカ系アメリカ人の米兵と日本人女性との間に生まれたことを明かしている。

7人兄弟の中で唯一のハーフだった。小学生の時母が他界。また火事で家を失い、ジョーは神奈川県内の養護施設を転々として育った。少年時代は差別と戦い喧嘩三昧の毎日。その腕っぷしの強さを聞いた金平ジムからスカウトされて、プロボクサーとしてデビュー。だが、これも長続きせず、すぐに引退。シンガーを目指し、いくつかのバンドを経て1966年グループサウンズGS)ブームの中、491(フォー・ナイン・エース)のボーカル「城アキラ」としてデビューした。1968年内田裕也率いるフラワーズのライブ会場で、観客として来ていたジョーのルックス内田が一目惚れ。内田の強い勧めでバンドに加入。こうして3オクターブもの驚異の音域と、ハーフならではの抜群のリズム感とパワーを持ったジョー山中の才能が一気に開花。バンドは本格的なロックバンド、フラワー・トラヴェリン・バンドに昇華した。バンドは1970年カナダに渡り、長期に渡るツアーで人気をものにした。北米でリリースしたアルバム『SATORI』はカナダのヒットチャート1位を獲得。ジョーの卓越したボーカルとテクニシャン揃いのミュージシャンが奏でる、ダイナミックかつ日本テイストを加味した繊細な作風が「ロックの本場」のリスナーたちを唸らせた。世界に進出する日本のロックバンドの先駆となった。だが1973年にバンドは解散、ジョー山中はソロ歌手となる。

そんな彼に新たなチャンスが巡って来る。1977年、超大作映画『人間の証明』への出演を果たしたのだ。ジョーはNYの黒人街「ハーレム」から東京にやって来て何者かに殺されてしまうハーフ青年を演じた。映画のモチーフとなる重要な役で、彼の生い立ちを再現したかのようなまさにハマリ役であり、生涯の当たり役となった。同時に主題歌を熱唱し、これが英語の歌としては50万枚を超える異例の大ヒット。映画も大入りで一大ブームを巻き起こした。

ところが、この絶頂期に大麻取締法で逮捕され、しばらく芸能界を干されるという挫折を経験した。だが、彼のあふれる才能はその後も絶えることはなく、その後も武道館でのライブ、映画音楽、ロックミュージカルへの出演、映画やテレビドラマへの出演など活躍の場を広げた。音楽のジャンルも、ソウルファンクAORと次々とスタイルを変えていった。‘70年代終わりにはジャマイカに渡って本格的にレゲエに取り組み、レゲエの神様・故ボブ・マーリィのバンドだったザ・ウェイラーズと活動を共にし、数枚のアルバムを残して日本のレゲエ界の第一人者になった。「ジョーの父はジャマイカ人」という噂が囁かれたのはこの頃だ。‘90年代にはボランティア活動も精力的に開始。この活動は生涯に渡るライフワークになった。そして2008年、フラワー・トラヴェリン・バンドが夢の復活。再び北米ツアーを行うなど大きな話題となった。しかしこの活動は長続きしなかった。2010年、ジョーに肺ガンが見つかり、やむなく闘病生活に入った。2011年3月、東日本大震災が起きた時には、病をおして内田裕也とともに被災者支援募金活動に従事し、しばし元気な姿をファンやマスコミに見せた。

だが、この年の8月、64歳でついにこの世を去った。37歳の妻と5人の子が残された。葬儀では弔辞内田裕也が読んだ。何度も嗚咽を抑えながら8分以上に渡って悼んでいる。

デビッド・ボウイが最も興味のあるシンガーを『ジョー山中だ』と答えた英誌を読んだ時、興奮した。それまでの苦労が吹っ飛んだ」とジョーの才能と思い出を多く語った。ジョーの生い立ちにも触れ、「(ロックンローラーの)俺たちの中にはどこで生まれたとか、どこで育ったとか、何人(なにじん)だとか、そういう国境は本当になかったと思います。…海外ボランティアで、悲惨な戦場にも行った。そこでジョーは子供たちを前にアカペラで歌った。子供たちが国境を超えて手拍子で答えてくれました。決して忘れることのない、そのシーンで、僕はこの男と会ってよかったと、心から痛感いたしました」。

そして「もっと君を大切にすればよかった…」と最後に悔いた。

ジョーのいないフラワー・トラヴェリン・バンドは今も存続している。ジョーも目指した「国境も国籍も超越した世界」を音楽で表現し続けている。


以上

ハーフマニア―日本の有名人の混血をカリカチュアで大紹介!』より。

ジョー山中っていうとまず『人間の証明テーマ曲』!っていうイメージですが、確かに彼の最高の持ち味である幅広い声域を活かした名曲でしたね。でも僕はフラワー・トラベリン・バンド在籍時の、あの「日本人離れ」したロックボーカル、完璧に近いシャウト唱法に痺れたもので、彼が俳優として映画に出るというのが、意外だったものです。それほどフラワー・トラベリンのインパクトは強かった。当時はまだ日本のロックといえば「グループサウンズに毛が生えた」程度のものが多かったが、フライドエッグ沖縄の紫、クリエーションなど高度なテクニシャンが揃った本格的なバンドがようやく生まれだした時代で、フラワーは頭ひとつ抜き出ていた存在だった。「世界で通用する日本のバンド」はこの後、サディスティック・ミカ・バンド、BOWWOWラウドネスなど次々と生まれますが、そのパイオニアであり、ミュージシャンの誰もが憧れたバンドだったと思う。

(「海外で活躍する日本人ミュージシャン」もご参考ください。

http://www.yunioshi.com/japanesemusician.html

この頃のジョーは内田裕也が惚れ込むほどのかなりなハンサムだった。苦労してようやくソロアーティスト、俳優としても活躍が期待された矢先に大麻所持で逮捕され、しばらく芸能界から干されてしまい、この時、僕は子供心に「もったいない!」って思ったもんでした。

復帰後はクリームのプロデューサーだったフェリックス・パパラルディと仕事をしたり、日本で第一人者といっていいほどのレゲエミュージシャンとなり、また内田裕也の推薦もあって俳優としても主演ではないが何本か映画に出演したが、『人間の証明』ほどの活躍には至らなかった。ジョーが亡くなった時の内田弔辞で「もっと大切にしてやれば」と言ったのには、フラワー時代から知っている僕も大いに共感できる言葉で本当に残念でした。

なお、ジョーとスウェーデン人モデルとの間に生まれた娘・山中マイも芸能界に入り、モデルなどで活躍していたが、歌手を目指すようになったという。なるほど彼女も超美女で、しかも抜群の歌唱力ですね。父の遺志を継いで世界でがんばって欲しいものですね!

山中マイ





メイク・アップ

メイク・アップ

↑フラワートラベリンバンドの代表作といえば『SATORI』だろうが、僕は敢えてこちらを推薦します。

若い人にはなじみが薄いかもしれないが、この『MAKE UP』には本当にぶっ飛んだ。日本のバンドというのが信じられないほどの完成度だった。




参考資料:ジョー山中著:『証(あかし)―永遠のシャウト』(徳間書店

鳥井賀句監修:『ザ・ロッカーズ』日本ロック・バンド完全カタログ』(JICC出版局

映画『人間の証明』劇場パンフレット角川春樹事務所

ジョー山中公式サイト

http://www.joe-yamanaka.com/bio.html

フラワー・トラヴェリン・バンド公式サイト

http://www.flowertravellingband.com/jp/index.html

内田裕也オフィシャルサイトジョー山中葬儀)

http://www.uchidayuya.com/special/joe/index.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yunioshi/20140803