アフリカ

(地理)
あふりか

Africa

二番目に大きな大陸。ヨーロッパの南方、大西洋とインド洋の間に位置する。アフリカは大量の鉱物資源を持ち、その大部分は依然未開発の状態にある。

http://dictionary.reference.com/browse/africa

大陸のひとつ。人類発祥の地と言われる。

語源について

ラテン語のAfrica(もしくは terra Africa)に由来。本来はチュニジア(というかカルタゴ)及びその周辺地域を指す語だったとされる。ローマ帝国時代にはカルタゴ旧領(の一部)に属州アフリカが設置されていた。その後次第に意味が拡大され、大陸全体を指す語とされた。

地理区分について

アフリカ大陸には世界最大といわれるサハラ砂漠が存在しており、これより北はイスラーム化されたので、サハラ以北を「北アフリカ」と呼び、サハラ以南アフリカ(サブサハラ、南アフリカ)と区別する。
その他、歴史の長さなどに鑑み、エジプトを「アフリカ」に入れない場合もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ