フレックスタイム制

(一般)
ふれっくすたいむせい

1日の所定労働時間の長さを決めないで、あらかじめ定めた一定期間(1ヶ月以内)における総労働時間の範囲内で、労働者は各日の始業時刻・終業時刻を自主的に決めて働く制度。自由勤務時間制。変動労働時間制。フレックス。
1987年の労働基準法改正で法制化された。
必ず出勤していなければならない時間帯(コアタイム)と、その時間帯の中であればいつ出社または退社してもよい時間帯(フレキシブルタイム)を設けている場合が多い。コアタイムがない場合もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ