狩野探幽

狩野探幽

(アート)
かのうたんゆう

1602年3月7日〜1674年11月4日
日本の江戸時代前期の絵師。法号は探幽斎、諱は守信。
狩野派を代表する絵師の一人である。江戸城、二条城、名古屋城などの絵画制作に携わり、大徳寺、妙心寺などの有力寺院の障壁画なども制作した。

新着ブログ: 狩野探幽