E655系

(一般)
いーろっぴゃくごじゅうごけい

鉄道車両の形式


2007年に登場した、JR東日本所属の高級特別列車。「なごみ」の愛称がある。
平常時は後述の「特別車両」を抜いた5両編成で団体列車・臨時列車に運用でき(JR東日本「大人の休日倶楽部」の企画旅行に使用されたことがある)、また「お召し列車」として使用する際は特別車両(E655-1[TR])を連結して運用する。
特別車両は前代の「新1号編成」同様東京総合車両センター構内に厳重に配置される。残る5両は尾久車両センターに配置されている。
非電化区間での運用を考慮しディーゼル発電機を搭載しており、パンタグラフについても狭小トンネル対応形のシングルアーム式を載せている。これによりJR東日本管内のほとんどの区間はもちろんのこと、JR他社線でも運用が可能となっている。

20メートル級 特別車両 ステンレス製Aトレイン車体構造
VVVFインバータ制御

画像資料

 お召列車充当時 装飾取り付け状態
 E655系TR社 お召列車充当 天皇陛下乗車時

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ