スマートフォン用の表示で見る

おせち

おせち

おせち

御節料理、お節料理。

正月や節句に用いる料理。

おせち料理が重箱で出される理由は「めでたさを重ねる」という意味で縁起をかついでいるため。

神様がお越しになる三ヶ日には、静かに、音を立てないために、家事を控える。

そのため、大晦日のうちにおせち料理を作り置きして、三ヶ日はこれを食べて過ごす、保存食の役割を担うとも言われている。

重箱

基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼ぶ。

四段目のお重を「四の重」と言わないのは「四」が「死」を連想させ縁起が悪いためである。

詰め方や料理などは地域やしきたりによって様々であるが、おせちに詰められる料理にはそれぞれ意味がある。

代表的な料理

  • 黒豆:一年中「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせるようにとの願いが込められている。
  • 数の子:たくさんの卵があるというところから、子孫繁栄の願いが込められている。
  • 田作り:稲の豊作を願う気持ち、五穀豊穣の願いが込められている。
  • 海老:腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ、海老の赤色は魔よけの色とも言われている。
  • 昆布巻き:「よろこぶ」 の語呂合わせから祝いの儀には欠かせない食材。
  • きんとん:「金団」と書き、その色から財産、富を得る縁起物とされている。
  • 紅白なます:紅白のおめでたい色は水引を表し、紅白の組み合わせは平和を願う縁起物
基本とコツがきちんとわかる おせち料理とほめられレシピ

基本とコツがきちんとわかる おせち料理とほめられレシピ