スマートフォン用の表示で見る

カテキン

緑茶に含まれる渋みの成分でタンニンの一種。様々な生理作用が確認されている。

茶のカテキンは構造の違いによってエピカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレートの4つに分かれ、水分を除く総重量の10〜30%を占める。

  1. 抗酸化作用
  2. 抗菌作用、腸内細菌の改善
  3. 抗う蝕作用
  4. 消臭作用
  5. 活性酸素消去作用
  6. コレステロール上昇抑制作用
  7. 血糖上昇抑制作用
  8. 血圧上昇抑制作用
  9. 腫瘍作用
  10. アレルギー作用
  11. 血小板凝集抑制作用
  12. 紫外線吸収作用
  13. 器にこびりつく茶渋の元