デパス

デパス

(サイエンス)
でぱす

医薬品
吉富製薬(現・三菱ウェルファーマ→田辺三菱製薬)で開発されたチエノジアゼピン。成分名:エチゾラム。
抗不安作用は強く、ジアゼパムの3〜5倍。鎮静催眠作用や筋弛緩作用などはジアゼパムよりやや強い。ノルアドレナリン再取込阻害による抗うつ作用も認められている。作用時間は6時間程度の短時間型。
神経症に対する有用度はジアゼパムより全般的に優れている。うつ病に対しては、不安・緊張症状に対して有効で、抑うつ症状に対しては抗うつ薬との併用が有効。心身症(高血圧症、胃十二指腸潰瘍)に対する有効性も確認されている。
催眠作用があるために、抗不安剤としての用い方の他、眠剤として就寝前に1〜3mgを使用可能。
副作用の種類と程度はジアゼパムとほぼ同等と評価されている。
目や肩の疲れからくるような頭痛や肩こりなどにも高い改善率を示し、精神科・心療内科だけでなく他の診療科でも汎用的に使用されてきた経緯から「精神安定剤」のカテゴリーでありながら、長らく「向精神薬」には指定されていなかったが、2016年10月になってゾピクロン(アモバンなど)とともに向精神薬に指定され、翌11月から一回あたりの処方量の上限が30日分に制限された。
薬の評価は高く、同一成分で複数の製薬会社がいわゆる「ゾロ品(後発品)」を製造しており、これらはデパスより薬価が安い。

効能・効果

  • 神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
  • うつ病における不安・緊張・睡眠障害
  • 心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
  • 統合失調症における睡眠障害
  • 下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛

用法・用量

神経症、うつ病の場合、通常、成人にはエチゾラムとして1日3mgを3回に分けて経口投与する。
心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合、通常、成人にはエチゾラムとして1日1.5mgを3回に分けて経口投与する。
睡眠障害に用いる場合、通常、成人にはエチゾラムとして1日1〜3mgを就寝前に1回経口投与する。
なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。

使用上の注意

  1. 慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
    1. 心障害のある患者(血圧低下があらわれるおそれがあり、心障害のある患者では症状の悪化につながるおそれがある)
    2. 肝障害、腎障害のある患者(作用が強くあらわれるおそれがある)
    3. 脳に器質的障害のある患者(作用が強くあらわれるおそれがある)
    4. 小児
    5. 高齢者
    6. 衰弱患者(作用が強くあらわれるおそれがある)
    7. 中等度呼吸障害又は重篤な呼吸障害(呼吸不全)のある患者(呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがある)
  2. 重要な基本的注意
    • 眠気, 注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。
  3. 相互作用
    • 本剤は, 肝代謝酵素CYP2C9及びCYP3A4で代謝される。
    • 併用注意(併用に注意すること)
      • 中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体等)
        • 眠気、血圧低下、運動失調、意識障害などを起こすおそれがある。
        • 中枢神経抑制剤との併用で相加的な増強作用が考えられる。
      • MAO阻害剤
        • 過鎮静、昏睡、痙攣発作、興奮などを起こすおそれがある。
        • MAO阻害剤が本剤の肝での代謝を抑制し、半減期を延長し、血中濃度を上昇させるため作用が増強されることが考えられる。
      • マレイン酸フルボキサミン
        • 本剤の血中濃度を上昇させることがあるので、本剤の用量を減量するなど、注意して投与する。
        • マレイン酸フルボキサミンが本剤の肝での代謝を阻害し、血中濃度を上昇させるため本剤の作用が増強されることがある。
      • アルコール(飲酒)
        • 精神機能、知覚・運動機能の低下を起こすおそれがある。
        • エタノールと本剤は相加的な中枢抑制作用を示すことが考えられる。
  4. 副作用
    • 総症例数12,328例中866例(7.02%)1,133件の副作用が報告されている。主な副作用は眠気444件(3.60%)、ふらつき241件(1.95%)、倦怠感77件(0.62%)、脱力感46件(0.37%)等であった。(再審査終了時)
    1. 重大な副作用
      1. 依存性(頻度不明)
        • 薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。また、投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。
      2. 呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス(いずれも頻度不明)
        • 呼吸抑制があらわれることがある。また、呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがあるので、このような場合には気道を確保し、換気をはかるなど適切な処置を行うこと。
      3. 悪性症候群(頻度不明)
        • 本剤の投与、又は抗精神病薬等との併用、あるいは本剤の急激な減量・中止により悪性症候群があらわれることがある。発熱、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗、白血球の増加、血清CK(CPK)の上昇等があらわれた場合には、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。また、本症候群発症時にはミオグロビン尿を伴う腎機能の低下があらわれることがある。
      4. 横紋筋融解症(頻度不明)
        • 筋肉痛、脱力感、血清CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがあるので、このような場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
      5. 間質性肺炎(頻度不明)
        • 間質性肺炎があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等が認められた場合には投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。
      6. 肝機能障害, 黄疸(いずれも頻度不明)
        • 肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDH、Al-P、ビリルビン上昇等)、黄疸があらわれることがあるので, 観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

(2004年 2 月改訂 説明書より抜粋)

関連キーワード
抗不安薬、トランキライザー

ネットの話題: デパス

人気

新着

新着ブログ: デパス