雪風

(一般)
ゆきかぜ

旧日本海軍の駆逐艦。
太平洋戦争の代表的なほとんどの海戦に投入されるも、ほとんど無傷で帰還したことで有名。
多くの艦の最後を見届け、幸運艦とも疫病神とも揶揄された。
戦後は賠償艦として中華民国に引き渡される。
戦後初の自国生産によるはるかぜ型護衛艦の二番艦「ゆきかぜ」に名前が引き継がれた。昭和31年就役。昭和60年除籍。
SF小説「戦闘妖精・雪風」で主人公が乗る戦闘偵察機に付けられた名前の由来でもある。

雪風

(読書)
ゆきかぜ

神林長平の小説【戦闘妖精・雪風】ならびにそのOVA版【戦闘妖精雪風】に搭乗する、戦術戦闘偵察機。主役の一人でもある。
FAF特殊戦所属の三番機。
戦闘データを持ち帰ることを主な任務としており、その為特殊戦の機体には大推力のエンジンと、自機を守るための強力な火器が搭載してある。
仲間を見殺しにしても帰投しなければならないという任務の性質上、そのパイロットには冷酷な人間が選ばれる。
高度な電子戦装備とコンピュータを搭載しており、JAMとの戦闘に置いて自らの意志で行動することも。

機体シリアルナンバー 79113
所属部隊別ナンバー SAF-V-05003
機種開発ナンバー FRX47
機種制式名称 FFR31-(MR)
機種呼称 シルフィード/スーパーシルフ
所属 フェアリイ空軍・戦術空軍団・フェアリイ基地戦術戦闘航空団・特殊戦第五飛行戦隊
パーソナルネーム 雪風

――『戦闘妖精・雪風』より

以下はOVA版【戦闘妖精雪風】に登場する、歴代〔雪風〕。
スーパーシルフ 雪風 FFR-31MR フライングタイプメイブ 雪風 FRX-00 ノーマルジェット フライングタイプメイブ 雪風 FRX-00 ラムジェット フライングタイプ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ