スマートフォン用の表示で見る

クジラ

動植物

クジラ

くじら

鯨。クジラ目に属する水生哺乳類の総称。いさな。

体長は2〜35メートルで、シロナガスクジラは体重150トンに及び、地球史上最大の重量をもつ動物。4メートル以下の小形種はイルカというが、その区別は明確でない。海洋に広く分布し、淡水にすむ種も少数ある。前肢はひれ状、後肢は退化し、尾部は発達して先端は水平な尾びれ状となる。体毛はなく、皮下に厚い脂肪層が発達して体温を保つ。肺で呼吸する。俗に「潮吹き」と呼ばれるのは鼻孔から吐き出された温かい呼気。一産一子で、子は水中で母乳を飲んで育つ。

歯をもつ歯クジラ亜目と、歯が退化して代わりに鯨鬚(くじらひげ)をもつヒゲクジラ亜目に大別される。前者にはマッコウクジラ科・イッカク?科・マイルカ科など、後者にはセミクジラ科・コククジラ科・ナガスクジラ科などがある。

かつては冬、日本近海にも現れた。肉は食用にするほか全身無駄なく利用できる。乱獲により激減した種もある。

冬の季語

関連語 リスト::動物