スマートフォン用の表示で見る

江戸城

地理

江戸城

えどじょう

江戸幕府の中枢、現在の皇居

築城の名手、太田道灌によって築かれ、家康の関東入国後に徳川氏の居城となる。

徳川氏が天下人となったことで、威信を示すとともに政庁としての機能も果たすために大改築が行われた。

本丸の天守閣は明暦の大火によって焼失して再建されず。本丸自体は文久3年に焼失した状態で明治維新を迎えている。