スマートフォン用の表示で見る

長寿

一般

長寿

ちょうじゅ

寿命が長い

平均寿命は何千年も前には15、6才であったと考えられる。

これはうまれた人が平均何才まで生きられるかということを

計算したもので必ずしも個人個人の寿命とは対応しない。

すなわち幼い時に沢山死ねば当然平均は小さくなるわけで、

実際にそれが昔平均寿命が短かかった最大の理由である。

最近でも1998年の日本の男性の平均寿命が0.03才短くなった。

この原因はがんなどではなく、40、50才代の自殺の増加に

よるとされている。このように歴史的に見て平均寿命

変化しているが、最長寿命そのものは殆ど変わらず90才から

110才の間にあったと考えるのが多くの学者の一致した意見である。