Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2016-11-28 トランプ政権の政策、研究予算の議論

トランプ政権の政策は?

2016年11月21日〜11月28日

 少々遅くなりましたが、11月28日号を発行いたします。

平成28年第19回経済財政諮問会議

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1125/agenda.html

 にて、トランプ政権政策が分析されていました。

トランプ次期大統領政策

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1125/shiryo_01.pdf

トランプ次期政権 12分野の政策

3.エネルギー自給

●国内の伝統的/再生可能エネルギー資源を活用し、エネルギー自給国になる。

化石燃料の採掘を国内外に開放し、エネルギー関連プロジェクトの承認プロセスを合理化する等、エネルギー関連の規制を緩和する。

地球気候に何の測定可能な結果ももたらさない、片務的な気候変動対策政策は廃止する。

7.教育

●学習と就労の機会の拡大のため、質の高い早期教育、マグネットプログラム(注:広範な教育課程を提供し既存の学区にとらわれない公立学校)、STEAM教育(注:科学・技術・工学・数学の学問領域を一括して扱う教育手法)、テーマ別教育を推進する。

チャーター・スクール(注:親や教員、地域団体などが、州や学区の認可(チャーター)を受けて設ける初等中等学校)、バウチャー制度(注:私立学校の授業料の代わりに公的な支払証書を適用できる制度)、教師主導の学習モデル、革新を妨げる教育省の規制の緩和を通じて教育の選択肢を拡大する。

●技術を活用した教育モデルにより中等教育後の教育をより割安でアクセス可能なものにする。

10.ヘルスケア改革

医療保険制度改革法(Affordable Care Act(通称:オバマケア))を廃止し、以下の取組を推進する。

医療保険における個人自由を守る。

●脆弱な人々、障害者等、罪のない人命を誕生から自然死に至るまで守る。ヘルスケア分野における研究開発を推進する。

●新しく革新的な医薬品への患者のニーズに応えるため、食品医薬品局を改革する。

 また、同会議ではオプシーボの問題も議論

資料4−1 薬価制度の抜本改革等に向けて(有識者議員提出資料)(PDF形式:354KB)

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1125/shiryo_04-1.pdf

行政改革推進会議(第25回)

議事次第

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gskaigi/dai25/gijisidai.html

 文部科学省事業についても指摘があります。

資料1 平成28年秋の年次公開検証の取りまとめ(案)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gskaigi/dai25/siryou1.pdf

国立大学改革強化推進事業

国立大学改革基盤強化促進事業

資料2 行政改革推進会議による指摘(通告)(案)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gskaigi/dai25/siryou2.pdf

博士課程リーディングプログラム

データプラットフォーム拠点形成事業

★河野議員との議論

 河野太郎議員の質問に対し、研究者側からの意見がいくつか公開されています。

科学政策議論は、データに基づいた科学的アプローチで行うべき(河野太郎議員への公開討論記事・1)

http://www.sciencetalks.org/?p=5630

日本の科学技術研究費の執行状況に関する分析レポート Part 1 (Wordバージョン)

http://researchmap.jp/mupnnrpsy-48728/#_48728

★国立大の若手教員、任期つき雇用が急増 今年度は63%

http://www.asahi.com/articles/ASJCC7WLKJCCUTIL04X.html

★「優秀な人材が逃げる…」地方国立大、人件費削減に悲鳴

http://www.asahi.com/articles/ASJCL521RJCLUTIL03M.html

★「忙しさ」に自滅する日本の大学

アメリカの教員と、これほどの落差

http://webronza.asahi.com/science/articles/2016112400003.html

国立大学の現状についての基本的な4つの誤解について

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryosukenishida/20161127-00064861/

 大学をめぐる議論が加速しています。

★「今後の技術士制度の在り方について(案)」に関する意見募集の実施について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/11/1379855.htm

★「諸外国の教育統計」平成28(2016)年版

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/data/syogaikoku/1379305.htm

★人材委員会(第76回) 配付資料

http://melmaga.mext.go.jp/c/35q0186000Tg

議題

博士人材の社会の多様な場での活躍促進について

 文科省の様々な取り組みの成果をみることができます。

平成28年3月16日の成果発表会における池田修一氏の発表内容に関する厚生労働省の見解について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/tp161124.html

国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)、パリ協定第1回締約国会合(CMA1)及び京都議定書第12回締約国会合(CMP 12)の結果について

http://www.env.go.jp/press/103279.html

2020年愛知目標の達成を目指す関係省庁の「加速する施策」について

http://www.env.go.jp/press/103272.html

安全保障学術の協力 「自衛目的に限定」など条件

研究成果の公開も不可欠 大西隆 日本学術会議会長

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO09982830W6A121C1KE8000

日本学術会議会長の欺瞞と危機感の欠如

http://agora-web.jp/archives/2022893.html

★Peer-review 'heroes' do lion's share of the work

Imbalance exists even though supply of reviewers outstrips demand, study suggests.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21031

★NgAgo gene-editing controversy escalates in peer-reviewed papers

One paper describes surprising results in zebrafish embryos, another lists failed replication efforts.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21023

★Has your lab done the Mannequin Challenge yet?

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/has-your-lab-done-mannequin-challenge-yet

★【ニュース・アメリカ】大学生の約半数、過去30日間に食料不安を経験

http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%80%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%B4%84%E5%8D%8A%E6%95%B0%E3%80%81%E9%81%8E%E5%8E%BB30%E6%97%A5/

 これはかなり厳しい…

UK scientists excited by surprise £2-billion government windfall

Cash to include fund modelled on DARPA, the US defence department’s research arm — but how much will go to basic research is unclear.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21038

Cautious welcome for UK government's vague £2-billion research pledge

Questions remain around commitment to boost science investment.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21022

 EU離脱イギリスですが、予算増とのこと。

★Spanish military flies lab animals to Canary Islands after airlines refuse to take them on board

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/spanish-military-flies-lab-animals-canary-islands-after-airlines-refuse-take-them-board

★Family-friendly science

http://science.sciencemag.org/content/354/6315/1070

★第9回政策研究レビューセミナーの開催について

http://www.mext.go.jp/b_menu/gyouji/detail/1379829.htm

日時

平成28年12月5日(月曜日)14時〜18時(開場 13時30分)

場所

文部科学省 第1講堂

第9回政策研究レビューセミナーの開催(12月5日)について

http://www.nistep.go.jp/archives/30205

★第1回 FlowSTシンポジウム開催のご案内

http://irc3.aist.go.jp/flowst/2016/10/13/%E7%AC%AC1%E5%9B%9E-flowst%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/

2016-11-21 河野議員の動き、国立大学法人評価

河野議員の動き、国立大学法人評価

2016年11月14日〜11月21日

 自民党の河野議員の動きの続きです。

http://www.taro.org/category/blog

研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e7%b6%9a%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

続々々研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e7%b6%9a%e3%80%85%e3%80%85%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

ちょっと研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%a3%e3%81%a8%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

もうちよっと研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A8%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

また研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%E3%81%BE%E3%81%9F%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

 いろいろ動いているようです。

 JSPSには「科研費に関するご意見・ご要望受付窓口」ができました。

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=naqc-thqit-e7e835344d401a956f4c5cbe0485a65a

★科学技術政策担当大臣等政務三役と総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合 配付資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20161117.html

平成29年度科学技術関係予算の編成に向けて

http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20161117/siryo1.pdf

 という文章が公開されています。

★第3回 働き方改革実現会議

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai3/gijisidai.html

議 事 次 第

本日の議題

雇用吸収力・生産性の高い産業への転職再就職支援の在り方

格差を固定化させない教育(社会人学び直し、職業訓練給付型奨学金の在り方)の在り方

労働者人材育成の充実の在り方

春季労使交渉に向けた賃金引上げの方向性

議員からの意見表明

内閣総理大臣挨拶

閉 会

国立大学法人等の平成27年度に係る業務実績の評価結果

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/detail/1379043.htm

国立大学法人等の平成27年度に係る業務実績の評価結果について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/houkoku/1379522.htm

国立大学法人大学共同利用機関法人改革推進状況(平成27年度)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/houkoku/1379520.htm

 厳しい評価国立大学法人もあるようです。

★第4回産学官連携深化ワーキンググループ 配付資料

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/taiwa/1379567.htm

議題

1.ガイドライン策定に向け検討すべき論点、議題の進め方について

2.産学官連携による共同研究の強化に向けて

3.本格的な共同研究の拡大に向けて各大学等において進めるべき取組みについて

平成28年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/11/1379525.htm

平成28年度科学技術人材育成費補助事業「卓越研究員事業」における卓越研究員の決定(平成28年10月末現在)について

http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1378456.htm

文科省の若手研究者仲介、企業向け低調

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG19H17_Q6A121C1TJM000/

★研究力強化に向けた研究拠点の在り方に関する懇談会(第2回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/044/shiryo/1379322.htm

 なかなか興味深い資料が掲載されています。

大学間格差はべき乗則Power law)にしたがう

黒木登志夫(日本学術振興会

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/044/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2016/11/15/1379322_1.pdf

我が国における拠点形成事業の最適展開に向けて

〜組織の持続的な強みの形成とイノベーションの実現のために〜

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/044/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2016/11/15/1379322_2.pdf

★科学技術・学術審議会 学術分科会長声明について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1379568.htm

学術研究の持続的発展と卓越した成果の創出のために(声明)

ノーベル賞三年連続受賞を祝して−

産業構造審議会2020未来開拓部会 平成27年度報告書を取りまとめました

http://www.meti.go.jp/press/2016/11/20161115003/20161115003.html

平成27年国民健康・栄養調査」の結果〜社会環境整備へのニーズ高く、世代等の特徴にあわせた対策が必要〜

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000142359.html

国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22),京都議定書第12回締約国会合(CMP12),パリ協定第1回締約国会合(CMA1)等

http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page3_001886.html

★外国人材受入促進に向けた基本的考え方

http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/110.html

経団連が「日本版グリーンカード」創設を要望 外国人受け入れで

http://www.sankeibiz.jp/business/news/161121/bsg1611211653002-n1.htm

★「東大経団連ベンチャー協創会議」を発足

http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/109.html

NIHのホットな新指標が秘かに採用の動き(記事紹介)

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9148

Opinion: The Impact Factor, Re-envisioned

A combination of the traditional metric and the newer h5 index potentiates the scientific community toward more-balanced evaluation.

http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47550/title/Opinion--The-Impact-Factor--Re-envisioned/

 業績評価で新たな動きです。

子宮頸がんワクチンデータ捏造疑惑「科学的議論不足」…信大に研究再実験要求

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161116-OYTET50005/

収賄容疑

阪大教授を逮捕 210万円、共同研究で見返り

http://mainichi.jp/articles/20161116/k00/00m/040/135000c

 研究者逮捕は大きな事件です。

提言「環境教育の統合的推進に向けて」

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t234.pdf

 日本学術会議

★WHO ends Zika designation as international public health emergency

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/who-ends-zika-designation-international-public-health-emergency

ジカ熱「緊急事態」を解除…WHOが発表

http://www.yomiuri.co.jp/world/20161119-OYT1T50098.html

ジカ熱の「緊急事態」解除 WHO、依然重要と強調

http://www.asahi.com/articles/ASJCM2F55JCMUHBI006.html

 ジカウイルス感染症が「緊急事態」を脱したということですが、依然広がり続けており、取り組まなければならない課題です。

★「ゲノム編集」初の人体応用 中国肺がん患者に

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H3B_W6A111C1MM0000/

ゲノム編集で肺がん治療 中国のチーム

http://digital.asahi.com/articles/ASJCK00RPJCJUBQU00Q.html

CRISPR gene-editing tested in a person for the first time

The move by Chinese scientists could spark a biomedical duel between China and the United States.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20988

 急速に進んでいます。

Citizen science efforts should be scaled up

Study lists paths to wooing more volunteer citizen scientists to collect data on biodiversity.

http://www.scidev.net/global/biodiversity/news/citizen-science-efforts-should-be-scaled-up.html

★The mathematics of science's broken reward system

Theoretical models of how science works provide valuable insights, says Philip Ball.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20987

★AAAS Explores Science Policy in the Incoming Trump Administration

http://www.aaas.org/news/aaas-explores-science-policy-incoming-trump-administration

What now for science?

Rush Holt

http://science.sciencemag.org/content/early/2016/11/16/science.aal4180

学術団体がトランプ次期大統領政策に懸念

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010773691000.html

米誌サイエンス、トランプ氏に苦言「科学を尊重して」

http://www.asahi.com/articles/ASJCL54W2JCLUHBI025.html

 トランプ次期大統領に関する記事は多く出ていますが、AAASがホルト会長名で懸念を表明しました。

★United Kingdom should tell foreign scientists that it won’t force them to leave, report recommends

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/united-kingdom-should-tell-foreign-scientists-it-won-t-force-them-leave-report

★With Brexit pending, early-career researchers ponder their futures

http://www.sciencemag.org/careers/2016/11/brexit-pending-early-career-researchers-ponder-their-futures

 イギリスではBrexitの余波が続いています。

黄禹錫氏のES細胞 韓国で週内にも正式登録

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/15/2016111501191.html

黄禹錫氏のES細胞韓国で正式登録

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/16/2016111600673.html

 捏造事件の黄氏です。

フランスにおける研究雇用:その現状と展望

http://crds.jst.go.jp/dw/20161121/2016112110128/

★Argentina’s scientists engulfed in budget crisis

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/argentina-s-scientists-engulfed-budget-crisis

Argentina president's first budget angers scientists

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21013

★Brazil’s scientists battle to escape 20-year funding freeze

Cap at current spending levels could spell 'end of science in Brazil', researchers say.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.21014

Q&A: Risks of Brazil’s downturn in science funding

http://www.scidev.net/global/funding/feature/risk-brazil-science-funding.html

 南米が研究予算に苦しんでいます。

Education: The gamble of a PhD hiatus

Pressure to barrel through a PhD can make taking a break seem daunting - but there are ways to limit career damage.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7629-457a

AI研究者が問う ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20161114-00064079/

2016-11-14 トランプ大統領誕生、河野議員と研究者議論

トランプ大統領誕生、河野議員と研究者議論

2016年11月7日〜11月14日

 ご存知のとおり、ヒラリー・クリントン氏を破って、ドナルド・トランプ氏が次期アメリカ合衆国大統領になることが確実になりました。

 私もYahoo!ニュース個人に記事を書きましたが

トランプ大統領誕生で科学技術はどうなる?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161109-00064259/

 科学界と接点なく、あまり科学を重視していないと思われるトランプ氏に、アメリカ科学者は戦々恐々となっているようです。

ドナルド・トランプ大統領誕生でITや科学などの政策はどう変わるのか

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161111/Slashdot_16_11_11_0547236.html

https://it.srad.jp/story/16/11/11/0547236/

米国科学界のトランプに対する懸念

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nishikawashinichi/20161113-00064390/

【米大統領選】「安価医薬品の市場参入促進」「FDA改革」…トランプ氏の医薬品政策をあらためて振り返る

http://answers.ten-navi.com/pharmanews/8101/

トランプ次期大統領が引き起こす気候変動の危機

クリントン勝利に比べてCO2排出は16%増

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/111000429/

大統領選ドナルド・トランプ当選で今後の宇宙開発はどうなるの?

http://www.gizmodo.jp/2016/11/donald-trump-space-policy.html

トランプ次期大統領で 温暖化対策「けん引役不在になる」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161114/k10010767681000.html

コラム:米国民が不適格と思う「トランプ大統領」を選んだ訳

http://jp.reuters.com/article/column-us-voters-trump-idJPKBN1360AV

The ultimate experiment: How Trump will handle science

Climate-change and immigration policies raise alarm, but much of the incoming US president's agenda is simply unknown.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20971

What scientists should focus on - and fear - under Trump

Nine experts reflect on where researchers should direct their efforts during the next US administration.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20974

Pollsters struggle to explain failures of US presidential forecasts

Most surveys did not predict Donald Trump’s victory over Hillary Clinton.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20968

Donald Trump's US election win stuns scientists

Republicans sweep White House and US Congress, with uncertain implications for research.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20952

How scientists reacted to the US election results

Trump victory generates shock, disbelief and fear of funding cuts.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20965

What Trump win means for US science

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-37939588

Climate change: Nations will push ahead with plans despite Trump

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-37928593

Trump’s Climate Contrarian: Myron Ebell Takes On the E.P.A.

http://www.nytimes.com/2016/11/12/science/myron-ebell-trump-epa.html

Donald Trump Could Put Climate Change on Course for ‘Danger Zone

http://www.nytimes.com/2016/11/11/us/politics/donald-trump-climate-change.html

Embryonic stem cells and fetal tissue research-will Trump intervene?

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/embryonic-stem-cells-and-fetal-tissue-research-will-trump-intervene

Newt Gingrich, a major Trump ally, has a complicated love affair with science

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/newt-gingrich-major-trump-ally-has-complicated-love-affair-science

What Trump can-and can't-do all by himself on climate

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/what-trump-can-and-cant-do-all-himself-climate

Here’s some advice for you, President Trump, from scientists

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/here-s-some-advice-you-president-trump-scientists

The U.S. election is over. Who will hold key science leadership jobs?

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/us-election-over-who-will-hold-key-science-leadership-jobs

 ほか、同日に行われた上下院選を含め、科学に絡む投票にも話題が集まっています(日本ではそうでもありませんが)。

How states voted on science-related initiatives

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/how-states-voted-science-related-initiatives

Update: Florida voters split on releasing GM mosquitoes

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/florida-voters-weigh-gm-mosquito-releases-what-are-issues

On Election Day, science also on the ballot in some states

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/election-day-science-also-ballot-some-states

 選挙から数日たって思うのは、投票数ではクリントン氏が上回っていること、投票率などを考えれば、どちらに転んでもおかしくはなかったわけで、一部の識者が「私はトランプが勝つと思っていた」などと勝ち誇るのはどうかなと思ったりします。

 また、日本に与える影響は、もうちょっと真剣に考えたほうがよいように思います。

 Yahoo!ニュース個人の記事にも書きましたが、トランプ氏が日本により多くの軍事負担を要求するということになれば、軍事研究がより推進されるかもしれません。それは日本の研究者にも大きな影響を与えます。

 また、移民政策などの変更は、アメリカへのポスドク留学が難しくなったり、アメリカ在住の研究者帰国を余儀なくされるということにつながったりするかもしれません。

 さらに、中国などの諸外国の研究者がもうちょっと日本に来るようになるとか、様々な影響が考えられます。

 こうした事態をうけ、世界からの優れた人材を日本としてどう獲得するか、という問題にもつながります。

 トランプ氏の科学技術政策を担うのは誰か、分からない段階では、いろいろ考えても仕方ない面もありますが、様々なパターンを考えて準備しておくことは無駄ではないように思います。

★大学の基礎研究費に関する議論

http://next49.hatenadiary.jp/entry/20161111/1478834976

 自民党の河野議員が、ブログ研究者に様々な疑問をなげかけています。

http://www.taro.org/category/blog

研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e7%b6%9a%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

続々々研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e7%b6%9a%e3%80%85%e3%80%85%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

ちょっと研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2016/11/%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%a3%e3%81%a8%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

 next49さんのブログに関連リンクがまとまっているので引用させていただきました。

 これに対して、多くの意見が集まっているようです。

 サイエンストークスは、意見募集を行っています。

衆議院議員河野太郎氏への公開討論記事を募集します

http://www.sciencetalks.org/?p=5619

 河野議員の疑問は、先週出された財務省財政制度等審議会財政制度分科会の意見

財政制度分科会(平成28年11月4日開催)資料一覧

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281104.html

資料2 文教・科学技術

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281104/02.pdf

(参考資料1) 文教・科学技術(参考資料)

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281104/04.pdf

 に近い(ベースにしている?)ものがあり、文科省財務省に反論しています。

財政制度等審議会財政制度分科会資料における国立大学法人運営費交付金に関する主張に対する文部科学省としての考え方

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/1379230.htm

 政治家がオープンに意見を聴くことは重要だと思いますし、議論が深まればと思います。

 財務省の意見は以前から同じで、端的に言えば「こんなに優遇して金かけているのに、成果が出ていないなら予算減らしてもいいよね?」です。

 財務省の代表的な意見は、神田眞人氏が様々な場で述べられています。

財務省中の人神田眞人氏との対談(1)財務省の中から見た日本の国家予算の位置づけ

http://www.sciencetalks.org/?p=382

財務省中の人神田眞人氏との対話(2)日本は研究で中国の勢いにどう立ち向かう?

http://www.sciencetalks.org/?p=390

財務省中の人神田眞人氏との対談(3)国に頼らない、外部研究資金の動員について

http://www.sciencetalks.org/?p=393

ニッポンの研究力を納税者の立場から考える:神田眞人氏(財務省 国際局開発政策課長 )

http://www.sciencetalks.org/?p=397

ファイナンス 2016年1月号

http://www.mof.go.jp/public_relations/finance/201601f.pdf

異見交論「今のままの大学では生き残れない」 神田眞人・金融庁参事官

http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/jitsuryoku/iken/contents/post-488.php

 鈴鹿医療科学大学豊田長康学長などがこうした意見に対してデータをもとに反論しています。

選択と集中やりすぎると論文の質低下

鈴鹿医療科学大学学長 豊田長康 氏

http://scienceportal.jst.go.jp/columns/highlight/20151125_01.html

運営費交付金削減による国立大学への

影響・評価に関する研究

〜国際学術論文データベースによる

論文数分析を中心として〜

http://www.janu.jp/report/files/2014-seisakukenkyujo-uneihi-all.pdf#search=’%E9%81%8B%E5%96%B6%E8%B2%BB%E4%BA%A4%E4%BB%98%E9%87%91+%E8%AB%96%E6%96%87%E6%95%B0

 立場を超えて議論が深まり、国民のためになる科学技術の在り方を考える土台となればと思います…

 なお、河野太郎議員は、規制改革担当大臣の前には、自民党自民党無駄撲滅プロジェクトチーム

http://www.kosonippon.org/project/activitylist.php?city=116

 で事業仕分けを行い、

http://www.kosonippon.org/project/detail.php?id=665&city=116

 たとえば文科省キャリアパス多様化促進事業は不要であるとの結論を導いたりしているなど、相当きっちりとした意見を言わないと納得はしてくれないものと思います。

総理の一日平成28年11月10日 未来投資会議

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/10mirai_toshi.html

未来投資会議(第2回) 配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/index.html

優先的に取り組むべきアジェンダについて

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/siryou1.pdf

「産学協創」を第2ステージへ(東大五神総長の資料)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/siryou2.pdf

人工知能を活用した総合診療支援システムの開発

自治医科大学

永井良三

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/siryou4.pdf

第2回未来投資会議

医療介護分野におけるICT活用(厚労省資料)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai2/siryou8.pdf

 安倍政権は様々な会議を開催していますが、「未来投資会議」でも産学連携人工知能などについて議論されています。

総理の一日平成28年11月9日 国家戦略特別区域諮問会議

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/09senryaku_tokku.html

第25回 国家戦略特別区域諮問会議 配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai25/shiryou.html

平成27年度決算検査報告の概要

http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary27/index.html

 会計検査院です。すでに既報ですが、文科省関連では、国立大学法人の共同利用設備について厳しい目が…

意見を表示し又は処置を要求した事項

文部科学省

http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary27/iken06.html

国立大学法人保有する研究設備の共同利用について(文部科学大臣宛て)

http://www.jbaudit.go.jp/report/new/summary27/pdf/fy27_3436_070.pdf

平成27年度終了課題事後評価の結果 資料

http://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/space/jigyou/detail/1379162.htm

研究開発局宇宙開発利用課

★第3回産学官連携深化ワーキンググループ 配付資料

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/taiwa/1379133.htm

議題

1.ガイドライン策定に向け検討すべき論点、議題の進め方について

2.産学官連携による共同研究の強化に向けて

3.本格的な共同研究の拡大に向けて各大学等において進めるべき取組みについて

★研究力強化に向けた研究拠点の在り方に関する懇談会(第1回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/044/shiryo/1378883.htm

研究力強化に向けた研究拠点の在り方に関する懇談会の運営について

研究力強化に向けた研究拠点の在り方について

★ポストドクター等の雇用・進路に関する調査(2015年度実績)の実施について

http://www.nistep.go.jp/archives/30088

 関係機関のみなさま、ぜひよろしくお願いします。

日本学術振興会人材育成事業の充実方策について(第一提言

http://www.jsps.go.jp/data/jsps_jinzaiikusei.pdf

★『第4回 科学の甲子園ジュニア全国大会』出場チームが決定〜全国から25,000名を超える中学生がエントリー、科学の力を競う〜16の企業・団体が科学好きな生徒を育てる機会を支援

〜全国から25,000名を超える中学生がエントリー、科学の力を競う〜

16の企業・団体が科学好きな生徒を育てる機会を支援

http://www.jst.go.jp/pr/info/info1224/index.html

 中学生がんばれ。

★ご注意ください! 大麻栽培まちおこし!?〜大麻の正しい知識で正しい判断〜

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/

平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

★パリ協定の受諾書の寄託

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003904.html

国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)において日本が目指すもの

http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page24_000824.html

 パリ協定を遅れ遅れてようやく受諾。COP22では日本の評判は悪いようです…

★民間宇宙開発促す宇宙活動法など2法が成立

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/11/20161110_02.html

民間の宇宙開発促す関連2法成立

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/161110/cpc1611100500001-n1.htm

★生物医学分野の研究における実験再現性向上に関する国際共同声明への署名

http://www.scj.go.jp/ja/int/other/index.html

Improving the reproducibility of biomedical research: a call for action

http://www.iamp-online.org/improving-reproducibility-biomedical-research-call-action

 生命科学研究における再現性問題。日本学術会議が共同声明へ署名しました。実効性はわかりませんが、第一歩です。

★社会と科学をつなぐ多様な企画に多数来場「サイエンスアゴラ2016」

http://scienceportal.jst.go.jp/reports/other/20161107_01.html

 すでに遠い昔のような感じがします。

★Open peer review finds more takers

Journal experiments and surveys suggest scientists are coming round to the idea of publishing review reports.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20969

★Scientific language is becoming more informal

Biologists in particular are writing their papers in a less formal style.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/539140a

★Judge science on merit, not assumptions

Prejudices about research in particular countries harms the openness required for successful international relationships.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/539139b

★Science museums and UNESCO join to meet SDGs

An agreement promises to use science museums as platforms to communicate about STEM, including hands-on, interactive exhibits.

http://www.scidev.net/global/education/scidev-net-at-large/science-museums-unesco-sdgs.html

★I can haz more science emoji? Host of nerd icons proposed

At a conference in San Francisco, a group drafted proposals to add more planets, instruments and other science icons to the keyboard.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20960

★【ニュース・イギリス高等教育における社会流動性の改善に関する勧告

http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%80%91%E9%AB%98%E7%AD%89%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%B5%81/

★【ニュース・フランスフランスの科学における雇用現況2016年版刊行

http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%91%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B/

★Scientists step into dance world at The Royal Ballet

http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-37893972

 すごい転身です。

★Mental health: Caught in a trap

The pressures of a scientific career can take their toll on people's ability to cope.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7628-319a

京都賞

http://www.kyotoprize.org/

本庶氏ら3人に京都賞の授賞式 稲盛財団

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09411180Q6A111C1LDA000/

本庶さん「光栄」、第32回京都賞授賞式

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20161111-OYO1T50008.html

オプジーボ」で成果実用化、京大・本庶氏らに京都賞授与式 「大変感激…研究者の励みに」

http://www.sankei.com/west/news/161111/wst1611110012-n1.html

仁科記念賞

http://www.nishina-mf.or.jp/prize.html

今年度の仁科記念賞京大の高柳匡教授に

http://www.yomiuri.co.jp/science/20161110-OYT1T50090.html

仁科記念賞に高柳氏 「量子もつれ」を公式で説明

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/11/20161111_01.html

2016-11-07 サイエンスアゴラ2016閉幕、アメリカ大統領選投票間近

サイエンスアゴラ2016閉幕、アメリカ大統領選投票間近

2016年10月31日〜11月7日

 まずは、このメルマガ編集途中に飛び込んできた痛ましいニュースです。

★「責任はすべて大学にある」 神宮外苑の火災受け学長

http://digital.asahi.com/articles/ASJC7339PJC7UTIL009.html

閲覧時点(11月7日午後)、日本工業大学のトップページにはお詫びが掲載されています。

https://www.nit.ac.jp/

 亡くなられたお子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 まだ全容が明らかになっていないので、軽々しくは言えませんが、学生有志の出し物に白熱灯が使われたとのことです。

 スイスチーズのように、防ぎえた様々な段階に穴が開いて発生したこの事故。どうしたら防げたのか、大学の教育の責任とは何だったのか、徹底検証が必要です。

★「サイエンスアゴラ2016」が開幕 好天に恵まれ親子連れ学生ら来場

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/11/20161104_01.html

東京)「科学とともに」テーマに サイエンスアゴラ

http://www.asahi.com/articles/ASJC354JYJC3UTIL00J.html

サイエンスアゴラ2016」が3日開幕 大震災 5年の年は4日間に約210企画

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/11/20161102_01.html

 私も3日間、一部の企画に参加いたしました。

サイエンスアゴラ2016・本音で語る生命操作〜基礎と臨床の距離どうする?〜

http://togetter.com/li/1041031

 では主催者の一人に名を連ねさせていただきました。

 私個人としては、お台場まで来られなかった子供たちちのことを考えさせられました。

 あと、お台場にはたくさんのポケモンが出るので、ポケモンGOに絡んだ企画があったら、より集客が望めたのかなと思いました。ポケモンGOの発売は企画の締め切り後ではありましたが。

 また、まさに同じ期間に、科学技術社会論学会の第15回年次総会が開催されていました。

http://jssts.jp/content/view/270/33/

 たまたまバッティングしてしまったとのことですが、一部重なり合う領域だけに、残念ではあります(私はこの学会の会員でもあります)。

国立大学法人理学部長会議声明 −未来への投資

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/11/news20161101-03.html

http://www.pas.tsukuba.ac.jp/2016/11/02/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%B3%95%E4%BA%BA%E7%90%86%E5%AD%A6%E9%83%A8%E9%95%B7%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E5%A3%B0%E6%98%8E%E3%80%80%EF%BC%8D%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8A%95%E8%B3%87/

http://www.sci.osaka-u.ac.jp/ja/wp-content/uploads/2016/10/statement20161031.pdf

34国立大の理学部長ら資金と教員確保訴える 基礎科学推進で声明発表

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/11/20161101_01.html

基礎研究への支援訴え 国立大理学部長が声明

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31HAY_R31C16A0CR8000/

国立大の基礎研究費削減、全国の理学部長らが反対声明

http://www.asahi.com/articles/ASJB05HD1JB0ULBJ00R.html

国立大理学部長会議

基礎研究推進に「資金と教員を」声明

http://mainichi.jp/articles/20161101/k00/00m/040/028000c

 一部で話題になりました。

 いつも思うのですが、こうした声明はまさに同感で、私自身同様の意見を公表したこともあります。

 ただ、問題は、意見を実現するための方法として、記者会見等だけでは弱いということです。

 基礎研究は大切、しかし、その原資をどうするのか。多くの人たちに納得してもらわないといけないわけで、ただ声明を出しました、だけでは効果が少ないのではないかと思います。

★Beyond Trump vs Clinton: A scientist’s guide to the US election

The congressional races and state ballot measures that could shape US science.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20902

 いよいよ大統領選投票です。次期大統領政策は、科学にどのような変化をもたらすでしょうか。

★PIの姿勢も原因の一つ 日本の基礎研究力低下

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2016/11/20161102_01.html

 科学新聞中村直樹さんの記事。若手をこき使う指導者の姿勢について鋭く問うています。

★データとして役立たない「神エクセル」問題に解決の兆し 河野太郎議員文科省へ全廃を指示

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/04/news107.html

Excel方眼紙のように使ったドキュメント、まずは文科省で廃止を目指す

https://it.srad.jp/story/16/11/07/045237/

 河野太郎自民党衆議院議員ツイッターで対応。ちょっと批判的に見ていましたが、可能なものは何でも使いましょう。

★規制改革ホットライン「集中受付」について

平成28年11月1日(火)から11月30日(水)の間、集中受付を実施しております。

http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/hotline/theme1_index.html

 こういのもやっていますよ。

公立小中教員の定数削減を 財務省文科省要求

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H74_R01C16A1PP8000/

 財務省は、科学技術政策に関しても、これだけ金だして成果が出ていないので減らすべきと言っていますが…

★「博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2016」開催〜新しい価値と産業創生をリードする世界スケールの博士たちが東京に集結します〜

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/11/1378994.htm

2.日時

平成28年11月11日(金曜日)10時00分〜19時40分 /12日(土曜日) 9時30分〜13時00分

3.場所

ヒルトン東京お台場東京都港区台場1−9−1)

平成28年度 文化功労者及び文化勲章受章者について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/11/1379065.htm

★「国立大学附属病院施設の防災機能強化に関する報告書」の公表について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/039/toushin/1378593.htm

★第3期教育振興基本計画の策定について(諮問)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1378937.htm

★第2次学校安全の推進に関する計画の策定について(諮問)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1378967.htm

★「NISTEP大学・公的機関名辞書(Version2016.1)」及び「大学・公的機関名英語表記ゆれテーブル(Version2016.1)」の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/30132

 これは重要です。

ノーベル賞研究支えた20年、自前の研究者持たない“JST”という存在

「おもしろい研究」と「役に立つ研究」 双発を長期的な視点で支援

http://newswitch.jp/p/6689

 JSTの解説記事。JSTとJSPSのすみわけというのも気になるところです。

★COP22 Marrakech 2016

http://www.cop22-morocco.com/

外務省 気候変動

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/index.html

パリ協定:日本、未批准で出席へ COP22、7日開幕

http://mainichi.jp/articles/20161105/ddm/002/030/081000c

パリ協定が発効、7日からのCOP22で実施ルールなど協議へ

http://jp.reuters.com/article/climatechange-accord-idJPKBN12Z05L

パリ協定が発効、7日からCOP22 実行に向けて協議へ

http://www.afpbb.com/articles/-/3106843

 日本は国会で批准できず、出遅れています…

阪大「世界適塾入試」参入…難関大逸材争奪戦

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161101-OYT1T50123.html

★科学研究における不正行為の定義にセクシャル・ハラスメントを含める提言

http://crds.jst.go.jp/dw/20161101/201611019923/

 今まで入っていなかったのが不思議なくらいです。

韓国特許庁黄禹錫教授の「ねつ造ES細胞技術に特許を付与

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/01/2016110100593.html

 なんと10年もたって特許が…うーむ。

ジカウイルス感染症に関する世論調査平成28年9月)

概略版 (PDF形式:151KB)

http://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/h28/h28-zika.pdf

ジカ熱「知っている」54%…内閣府世論調査

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161104-OYT1T50089.html

 多いとみるか、少ないとみるか…

★がんゲノムビッグデータから喫煙による遺伝子異常を同定

−1年間毎日1箱の喫煙によって肺では150個の突然変異が蓄積−

http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20161104.html

喫煙、がんにつながる遺伝子変異誘発 患者5千人を調査

http://www.asahi.com/articles/ASJC15JQLJC1ULBJ00N.html

毎日20本1年喫煙で遺伝子変異、肺などに蓄積

http://www.yomiuri.co.jp/science/20161105-OYT1T50068.html

 国立がん研究センター

千葉)空きアパートを「科学館」に 柏で来春完成目指す

http://digital.asahi.com/articles/ASJBN7DS4JBNUDCB01G.html

 これは応援したくなる取り組み。安全性には注意して進めてほしいです。

★Plant-genome hackers seek better ways to produce customized crops

As gene editing opens doors, plant researchers are hamstrung by the need for better ways to slip their molecular tools into cells.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/539016a

★Wildlife in decline: Earth's vertebrates fall 58% in past four decades

Living Planet Report predicts that by 2020, populations will have declined by two-thirds from 1970.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20898

 人類が生物多様性を減らしています…

★Big pharma: UK drugs outsourced

United Kingdom has cut drug-development research jobs over past decade.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7627-129b

 生命科学系には厳しい現実。

British aid to fund tech hub

UK aid agency identifies key technologies and calls companies to register for chance to get pilots funded.

http://www.scidev.net/global/technology/news/british-aid-to-fund-tech-hub.html

★Turkish government tightens grip on universities

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/turkish-government-tightens-grip-universities

 クーデター未遂以来、あまり好ましくない方向に向かっています。

★PICKUP

論文、ネットで無料閲覧を」 EU、公的資金の助成を受けた研究

http://mainichi.jp/articles/20161103/ddm/016/040/053000c

 EUオープンアクセス

★Hey scientists, how much of your publication success is due to dumb luck?

http://www.sciencemag.org/news/2016/11/hey-scientists-how-much-your-publication-success-due-dumb-luck

 成功というのは偶然に左右されるものですね…

★Hard work, little reward: Nature readers reveal working hours and research challenges

In an online poll, almost two-thirds of readers say they have considered quitting research.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20933

 厳しい現実です…

★Machine-learning algorithm quantifies gender bias in astronomy

Calculation suggests papers with women first-authors have citation rates pushed down by 10%.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20932

Gender balance: Culture clash

Stereotypes about scientific fields shape what women choose to study.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7627-129a

★Scientists can publish their best work at any age

New equation also suggests way to predict a researcher's potential to produce top work.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20926

●Postgraduate studies: Find the best fit

Choices for doctoral programmes can seem endless, so look for one that matches your interests and personality.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7627-127a

★Young scientists ditch postdocs for biotech start-ups

Many biologists are founding their own firms as venture capitalists show increased interest in science.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/539014a

★未来投資会議 構造改革徹底推進会合

「第4次産業革命(Society5.0)・イノベーション」会合(イノベーション

(第1回)配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/innovation_dai1/index.html

政府

高度な介護ロボ、30年以降実用 AI活用工程案

http://mainichi.jp/articles/20161103/ddm/008/020/091000c

AIの産業化へ政府工程表

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5R_R01C16A1PP8000/

2016-10-31 CO2濃度400ppm、Nature若手研究者特集号

CO2濃度400ppm、Nature若手研究者特集号

2016年10月24日〜10月31日

 Yahoo!ニュース個人に記事を書きました。

ノーベル賞小柴博士の財団解散〜非営利組織の運営の難しさ

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161027-00063745/

 記事に書いたとおり、非営利組織の経営の難しさはよくわかっているつもりです。

 10年以上やられたのだから十分だ、という声もありますが、ミッションコンプリートで終わるわけではないようなので、残念です。

 とはいえ、若手世代にも精神は引き継がれていると思います。バトンは次の世代に渡されたと思っています。

 今週木曜日からはじまるサイエンスアゴラ2016では、科学に関する活動を行う様々な団体が全国から集います。私も参加予定です。ぜひ皆さまもいらしてください。

===============

サイエンスアゴラは、市民参加の科学討論やトップ科学者との対話子ども向けの科学実験など、科学と社会の関係を深める日本最大級の科学フォーラムです。

 

期間中は、200以上の多様なプログラムで皆様の参加をお待ちしています。詳しくはWebをご覧ください。

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

会期:11月3日(木・祝)〜6日(日)10:00〜17:00

会場:東京お台場地域(日本科学未来館ほか)

入場無料(一部実費徴収あり)

★11/6(日)13:30-15:00  日本科学未来館7階 未来館ホール

震災から5年〜いのちを守るコミュニティ

(概要)

阪神・淡路大震災東日本大震災熊本地震において、被災地での支援、コミュニティ再生や防災教育など、さまざまな視点で取り組まれている「いのちを守る」活動について紹介します。

さらに、これからの社会を担う中高生からも現在行っている防災・減災の取り組み、思いを伝えてもらいます。 未来社会にどのようなくらし・コミュニティのかたちを求めるか、

どのような価値観で社会をつくるかという視点を基軸に、防災・減災に関する各地の活動・取り組みを振り返り、できたこと、できなかったことについて、対話を通して共有する場にしたい。

詳細はこちらです。↓ (事前参加登録受付中 )※参加をお待ちしております。

 http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/ab_121/

===============

★世界のCO2濃度危険水準の400ppmにWMOが2015年に過去最高と発表

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/10/20161025_01.html

★季節変動を取り除いた全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました!

温室効果ガス観測技術衛星いぶき」(GOSAT)による観測速報〜

http://www.env.go.jp/press/103159.html

世界の年平均二酸化炭素濃度が400ppmに到達(気象庁

http://www.jma.go.jp/jma/press/1610/24a/GHG_Bulletin_12.html

 これは大きなニュース。

★第172回総会配布資料一覧

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172.html

 日本学術会議の総会資料。報道は既にご紹介しました。

・資料1:日本学術会議第172回総会資料(PDF形式:1,028KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-1.pdf

・資料2:平成28年度年次報告 第一編総論(PDF形式:1,438KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-2.pdf

・資料3:安全保障学術に関する検討委員会報告資料(PDF形式:161KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-3.pdf

・資料4:オープンサイエンスの取組に関する検討委員会報告資料(PDF形式:637KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-4.pdf

・資料5:学術振興の観点から国立大学の教育研究と国による支援のあり方を考える検討委員会報告資料(PDF形式:149KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-5.pdf

・資料6:次期改選にかかる説明資料(PDF形式:668KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-6.pdf

・資料7:『学術の動向』報告資料(PDF形式:1,320KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/siryo172-7.pdf

 以下は奨学金関関係です。

★無利子奨学金追加募集のお知らせ〜低所得世帯の生徒に係る成績基準の実質的撤廃

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/10/1378960.htm

文科省、無利子奨学金の追加募集開始 低所得者向け

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H4O_Y6A021C1CR8000/

★無利子奨学金の成績基準を撤廃 文科省

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12633161.html


会計検査院法第36条の規定による意見表示

http://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/28/h281024_3.html

国立大学法人保有する研究設備の共同利用について

http://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/28/pdf/281024_zenbun_03.pdf

補助金により整備された前記の研究設備98件について、26国立大学法人において要求

概要に記載された趣旨に沿って共同利用の用に供されているか確認したところ、15国立

大学法人が23、25、26各年度に補助金により整備した研究設備19件(取得価格計12億20

37万余円)は、各国立大学法人が共同利用の用に供するための研究設備を登録して管理

することとしている共通機器センター等に登録されていないなど、要求概要に記載され

た趣旨に沿った共同利用の用に供されていない状況となっていた。

そして、これら19件のうち研究設備の利用実績の確認ができた7件について1週当たり

の平均利用回数をみたところ、1回当たりの利用時間が数日から数か月の長期にわたるこ

ととなる1件を除いて、他の6件はいずれも1週当たりの平均利用回数が2回未満と低調な

利用状況となっており、このうち3件は、1週当たりの平均利用回数が1回未満となってい

た。

 厳しい指摘です。研究設備が有効活用されることを願っています。

★第8期学術情報委員会(第8回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/036/shiryo/1378712.htm

議題

学術情報のオープン化の推進について(審議まとめ)」に係る施策の実施について

★大学分科会(第130回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/siryo/1378453.htm

議題

大学設置基準の改正について(諮問)

高等教育機関の教育研究の展開方策について

報告事項(給付型奨学金の検討状況について、国立教員養成大学・学部大学院、附属学校の改革に関する有識者会議について)

★ポストドクター等の雇用状況・進路動向調査(平成27年度)実施について

http://www.nistep.go.jp/archives/30088

 各研究機関のみなさま、よろしくお願いいたします。

★国際・国内会議録の簡易分析に基づく我が国の人工知能研究動向把握の試み [調査資料-253] の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/30120

★第10回科学技術予測にみる人工知能・情報技術が切り拓く未来 [調査資料-252] の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/30111

★予測オープンプラットフォーム開発に向けた取組 [NISTEP NOTE (政策のための科学) No.22] の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/30126

★「学術研究フォーラム 第8回学術シンポジウム」の開催について

http://www.jsps.go.jp/j-kousei/rinri.html

 JSPS。以下はページの記載から。

科学研究のよりよい発展と倫理の確立を目指し、現場の研究者や研究指導者の意識改革研究者養成の考え方等について提案ないし議論を行うシンポジウムを開催します。

参加申込を下記ウェブページで受け付けています。定員に達し次第締め切らせていただきます。

日時:平成28年11月29日(火)13:30〜16:30(開場13:00)

会場:ホテルエルセラーン大阪大阪府大阪市

主催:学術研究フォーラム、日本学術振興会

共催:科学技術振興機構日本医療研究開発機構

定員:300名(参加費無料)

参加申込方法:下記ウェブページよりお申し込みください。

・参加申込ページ http://mos-jp.com/sympo2016/

★第14回21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)及び第5回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/14/index.html

★新規学卒者の離職状況(平成25年3月卒業者の状況)を公表します

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000140526.html

★「国際捕鯨委員会IWC)第66回総会」の結果について

http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161029.html

IWC調査捕鯨阻止決議、日本反発「継続」貫く

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08937670Y6A021C1EE8000/

★「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書の責任及び救済に関する名古屋クアラルンプール補足議定書に対応した国内措置のあり方について(答申案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について

http://www.env.go.jp/press/103085.html

政策研究大学院大学SciREXセンター、論文特許および競争的資金に係るデータ解析結果を公表

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9103

★Asia-Pacific Analysis: R&D spending boosts development

While global R&D spending is at a new high, 80 per cent of that comes from only 10 countries, reports Crispin Maslog.

http://www.scidev.net/global/r-d/analysis-blog/asia-pacific-research-boosts-development.html

平成28年度科学技術人材育成費補助事業シンポジウム「博士人材の社会の多様な場での活躍促進」を開催します

http://www.mext.go.jp/b_menu/gyouji/detail/1378836.htm

平成28年文部科学省科学技術人材育成費補助事業シンポジウム

http://www.jst.go.jp/shincho/sympo/2016/index.html

 12月1日、東京です。

男女共同参画社会に関する世論調査

http://survey.gov-online.go.jp/h28/h28-danjo/index.html

★2016.10.27 【ニュース・中国中国の女性科学者が2400万人を超える

http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%e3%80%90%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bb%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%80%91%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e5%a5%b3%e6%80%a7%e7%a7%91%e5%ad%a6%e8%80%85%e3%81%8c2400%e4%b8%87%e4%ba%ba%e3%82%92/

 人口が違うとはいえ、すごい数です。

★The Global Gender Gap Report 2016

https://www.weforum.org/reports/the-global-gender-gap-report-2016

 非常に恥ずかしい話ですが、日本はなんと111位。去年より順位を下げています。

http://reports.weforum.org/global-gender-gap-report-2016/economies/#economy=JPN

 Natureは若手研究者特集です。

★Early-career researchers need fewer burdens and more support

Academia is more difficult than ever for young scientists. That’s bad for them, and bad for science

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538427a

The plight of young scientists

A special issue explores how the research enterprise keeps early-career scientists from pursuing the most important work, and what can be done to help.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538443a

Young scientists under pressure: what the data show

Young researchers are having to fight harder than past generations for a smaller share of the academic pie.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538444a

Young, talented and fed-up: scientists tell their stories

Scientists starting labs say that they are under historically high pressure to publish, secure funding and earn permanent positions - leaving precious little time for actual research.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538446a

Let researchers try new paths

Demand for steady output stymies discovery. To pursue the most important research, scientists must be allowed to shift their focus, say Tolu Oni and colleagues.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538451a

Fewer numbers, better science

Scientific quality is hard to define, and numbers are easy to look at. But bibliometrics are warping science - encouraging quantity over quality. Leaders at two research institutions describe how they do things differently.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538453a

★And the winner of this year’s Dance Your Ph.D. contest is

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/and-winner-year-s-dance-your-phd-contest

 恒例ダンスコンテスト

★追試研究 をより高く評価しよう

https://www.enago.jp/academy/replication_research/

2016年10月24日〜10月31日 精神保健指定医大量処分

論文盗用や架空請求の教授を懲戒解雇 神戸国際大

http://www.sankei.com/west/news/161028/wst1610280044-n1.html

本学リハビリテーション学部教員による研究活動上の不正行為について

http://www.kobe-kiu.ac.jp/images/topics/1477528700/1477528700_3.pdf

精神保健指定医、異例の大量処分−厚労省、89人の資格取り消しを決定

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49892.html

精神保健指定医の資格不正取得か 89人の処分審査開始

http://www.asahi.com/articles/ASJBV31YTJBVULBJ002.html

精神保健指定医、89人資格取り消し 不正取得で厚労省

http://www.asahi.com/articles/ASJBV5HS7JBVULBJ00H.html

●「精神指定医」不正89人処分…厚労省諮問

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161026-OYT1T50087.html

●精神指定医、89人資格取り消し処分…厚労省

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161027-OYT1T50001.html

●精神指定医、指導医署名偽造…症例リポートで

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161030-OYT1T50036.html

精神保健指定医「審査確実に」 塩崎厚労相

http://www.asahi.com/articles/ASJBX30VVJBXULBJ002.html

●不正の背景、地域医療への影響懸念

http://digital.asahi.com/articles/ASJBV7JVJJBVUBQU00Q.html

論文不正疑惑で新たな告発

http://www.todaishimbun.org/accusation20161026/

★「学術研究フォーラム 第8回学術シンポジウム」の開催について

http://www.jsps.go.jp/j-kousei/rinri.html

科学研究のよりよい発展と倫理の確立を目指し、現場の研究者や研究指導者の意識改革研究者養成の考え方等について提案ないし議論を行うシンポジウムを開催します。

参加申込を下記ウェブページで受け付けています。定員に達し次第締め切らせていただきます。

日時:平成28年11月29日(火)13:30〜16:30(開場13:00)

会場:ホテルエルセラーン大阪大阪府大阪市

主催:学術研究フォーラム、日本学術振興会

共催:科学技術振興機構日本医療研究開発機構

定員:300名(参加費無料)

参加申込方法:下記ウェブページよりお申し込みください。

・参加申込ページ http://mos-jp.com/sympo2016/

2016年10月24日〜10月31日

★WHO

http://www.who.int/en/

【ジカ熱】

★ジカ熱に関する情報提供

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109908.html

WHO ジカウイルス

http://www.who.int/csr/disease/zika/en/

Latest Zika situation report

http://www.who.int/emergencies/zika-virus/situation-report/en/

ジカウイルス感染症に関する情報提供について

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000127536.html

ジカウイルス感染症に関するQ&Aについて

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html

ジカウイルス感染症の流行地域

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000113142.html

Rio fights Zika with biggest release yet of bacteria-infected mosquitoes

Wolbachia -infected mosquitoes will be widely deployed in two South American cities to combat viral infections.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20878

●Ecologists raise alarm over releases of mosquito-killing guppies

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/ecologists-raise-alarm-over-releases-mosquito-killing-guppies

【その他感染症

汚染水感染レプトスピラ症が過去最多−川や市場が疑われるケースも

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49873.html

マイコプラズマ肺炎が過去10年で最大の流行に

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161026-OYTET50045/

結核による死者180万人―WHO推計−【あなたの健康百科】

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49863.html

●ガの幼虫でインフルワクチン!? 2カ月でできる驚異の虫ワクチン

http://www.sankei.com/west/news/161026/wst1610260012-n1.html

●薬剤耐性菌、11月を対策推進月間に 新会議立ち上げも

http://www.asahi.com/articles/ASJBW4W9HJBWULBJ00K.html

●How researchers cleared the name of HIV Patient Zero

Genetic analysis of historical virus samples proves the epidemic arrived by another route.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538428a

●At gathering of HIV/AIDS pioneers, raw memories mix with current conflicts

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/gathering-hivaids-pioneers-raw-memories-mix-current-conflicts

2016-10-25 小柴博士の財団解散

「戦闘機技術の知財権活用を」、科学界はヒラリー支持だが

2016年10月17日〜10月24日

 Yahoo!ニュース個人にいくつか記事書きました。

研究者ツイッターで政治を動かす? 2016/10/24 12:00

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161024-00063620/

 科研費の罫線問題が自民党河野太郎議員によって解決。でもこれでいいの?というやや厳しめの内容です。

2019年AIが病理診断開始? 2016/10/23 09:00

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161023-00063553/

 こちらは私の本業の話。

岡山大学事件〜教授の解雇無効仮処分に対する異議申し立て棄却 2016/10/19 17:15

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161019-00063438/

 フォローしている岡山大学の事件。動きがありました。メディアでは報道が少ないですが。

 以下記事ピックアップ。

★「戦闘機技術の知財権活用を」 財務省、財政審で提案

http://www.sankei.com/economy/news/161020/ecn1610200037-n1.html

財政制度分科会(平成28年10月20日開催)資料一覧

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281020.html

資料3 防衛

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281020/03.pdf

(参考資料2) 防衛(参考資料)

http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia281020/05.pdf

★Hillary Clinton will make a fine US president

And not only because she is not Donald Trump.

http://www.nature.com/news/hillary-clinton-will-make-a-fine-us-president-1.20823

 Natureの社説科学者はたいていアンチトランプですが…

@ScientistTrump will make science great again

Florida ecologist uses a parody Twitter account as a way of highlighting issues in science and academia.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20830

The scientists who support Donald Trump

Science policy fades into background for many who back Republican candidate in US presidential race.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/538298a

 トランプ氏支持の科学者もいるようです。

★Biden’s moonshot cancer plan calls for more data sharing

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/biden-s-moonshot-cancer-plan-calls-more-data-sharing

★Pasteur Institutes acknowledge unauthorized import of MERS samples on a flight from Seoul to Paris

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/pasteur-institutes-acknowledge-unauthorized-import-mers-samples-flight-seoul-paris

★Reports of ‘three-parent babies’ multiply

Claims of infants created using mitochondrial-replacement techniques stir scientific and ethical debate.

http://www.nature.com/news/reports-of-three-parent-babies-multiply-1.20849

(いちからわかる!)3人の遺伝子を継ぐ子、生まれたんじゃな

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12623068.html

訂正-3人の遺伝子持つ子の誕生は「革命的」、米研究者が見解

http://jp.reuters.com/article/threeparents-idJPKCN12J0MA

★大学入試で“女子加算”に賛否 文科省「誤解ない方法で」

http://www.sanspo.com/geino/news/20161022/sot16102208360003-n1.html

★For your information

Sounding out people who are already working in a field that interests you is a great way to gain valuable inside knowledge during your job search, says Peter Fiske.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7625-417a

★Knocking on opportunity's door

http://science.sciencemag.org/content/354/6310/382

★Promoting alternative careers: An adviser's responsibility

http://www.sciencemag.org/careers/2016/10/promoting-alternative-careers-advisers-responsibility

★University of Hawaii fined for safety violations in lab explosion

http://www.sciencemag.org/careers/2016/10/university-hawaii-fined-safety-violations-lab-explosion

ノーベル賞・小柴氏設立の財団解散へ 財政・人事苦しく

http://digital.asahi.com/articles/ASJBS2VKMJBSULBJ001.html

小柴さんの財団3月解散へ 役員高齢化など理由に

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H5I_U6A021C1000000/

平成基礎科学財団解散のお知らせ

http://www.hfbs.or.jp/greeting-closing.htm

平成基礎科学財団

http://www.hfbs.or.jp/

 これは私たちのような、草の根で活動している人間にとっては大きなニュースです。

 私たちもNPO法人を立ち上げ、活動していましたが、資金や人材には苦労しました。

 自らの甘さと言えばそれまでですが、なかなか難しいのが現実です。

 あの小柴博士をしても無理なのか…残念に思います。

 しかし、あきらめてはいません。希望はあると思っています。実際力あるNPOも出てきています。

 平成基礎科学財団のケースを冷静に分析し、後続の活動を行う者の糧とできればと思います。

 小柴博士をはじめ、活動に関わられた皆様、本当にお疲れ様でした。

★速報 大学側「無期転換に関わる人事方針見直し」と表明

http://www.tohokudai-kumiai.org/docs16/skh161019.html

 東北大学のケースです。

★第2回産学官連携深化ワーキンググループ 配付資料

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/taiwa/1378223.htm

議題

1.本格的な共同研究の拡大に向けた産業界からの期待

2.本格的な共同研究の拡大に向けて進めるべき取組について

3.「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン(仮称)」の策定に向けて

平成29年度概算要求における政策評価調書

http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/nenji/1375265.htm

★「2020年を見据えた文化による国づくりを目指して」(京都宣言)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/10/1378498.htm

★新たな所得連動返還奨学金制度の創設について(審議まとめ)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/069/gaiyou/1378312.htm

★科学技術・学術審議会(第55回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu0/shiryo/1377665.htm

議題

各分科会等からの報告について

平成29年度概算要求について

最近の科学技術・学術の動向について

★保健医療分野におけるICT活用推進懇談会 提言

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000140201.html

ゲノム医療等の実現・発展のための具体的方策について(意見とりまとめ)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000140441.html

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)ロードマップの策定について

http://www.env.go.jp/press/103121.html

"国連生物多様性の10 年"の普及啓発を目指す「生物多様性アクション大賞 2016」の部門ごとの優秀賞の決定について

http://www.env.go.jp/press/103123.html

気候変動に関する政府間パネルIPCC)第44回総会の結果について

http://www.env.go.jp/press/103157.html

国連気候変動枠組条約第22回締約国会議閣僚級準備会合(プレCOP)の結果について

http://www.env.go.jp/press/103127.html

★過去の災害事例、一目で 防災科研がウェブに約1600年分

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18HE5_Z11C16A0CR0000/

防災科学技術研究所

http://www.bosai.go.jp/

日本全国で発生した約1600年分の災害事例を可視化〜「災害年表マップ」の公開〜

http://www.bosai.go.jp/press/2016/pdf/20160831_01_press.pdf

災害年表マップ

http://dil-db.bosai.go.jp/saigai/

給付型奨学金の財源探し難航 財務省、重複事業の廃止検討

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H4A_Z11C16A0EE8000/

★第4回 科学技術系専門職男女共同参画実態調査

締め切り:10月28日(金)

https://wss2.5star.jp/survey/index/n3dd5zyv/9390/

★「学術研究フォーラム 第8回学術シンポジウム 科学研究のよりよき発展と倫理の確立を目指して」(平成28年11月29日(火))の申込受付を開始します。

http://www.jsps.go.jp/j-kousei/rinri.html

以下ページより

http://mos-jp.com/sympo2016/

★11月3日(木・祝)〜6日(日)「サイエンスアゴラ2016」開催 初日11月3日に日本科学未来館にて、メディアセッションを開催米国科学振興協会(AAAS)のラッシュ・ホルト氏と被災地福島熊本の高校生との3者対談による記者会見が決定

http://www.jst.go.jp/pr/info/info1220/index.html

これからの社会と科学のあり方をともに考え、よりよい未来社会へ「サイエンスアゴラ2016」がいよいよ開催

http://www.jst.go.jp/report/2016/161021.html

★米政府AIの今後に関する報告書を公開

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9069

AIの未来に関する報告書

http://crds.jst.go.jp/dw/20161020/201610209873/

ノーベル財団

http://www.nobelprize.org/

大隅良典 氏ハイライト 10月18日

基礎科学の重要性もう一度強調したい

東京大学栄誉教授 大隅良典 氏

http://scienceportal.jst.go.jp/columns/highlight/20161018_01.html

●オートファジーの詳細解明に大きな手掛り 大隅さんの弟子の水島東大教授らが解明

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/10/20161024_03.html

●研究費供給問題を解決しなければ、日本人のノーベル賞受賞は打ち止めになる

http://hbol.jp/113394

●日本人のノーベル賞受賞ラッシュに見る中日両国の大学英語教育

http://j.people.com.cn/n3/2016/1012/c94473-9125895.html

ノーベル賞大隅教授、特技は「四つ葉のクローバー探し」本人語る

http://news.ameba.jp/20161022-78/

大隅さん、オートファジーの研究「まだまだ発展途上」

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08670030R21C16A0CR8000/

●今年は医学生理学賞のイメージ曲

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/event_calture/107369.html

●みんなの広場

若者たちに科学への興味を=塾講師・矢野哲郎・25

http://mainichi.jp/articles/20161023/ddm/005/070/010000c

2016年10月17日〜10月24日

★速報 大学側「無期転換に関わる人事方針見直し」と表明

http://www.tohokudai-kumiai.org/docs16/skh161019.html

★「学術研究フォーラム 第8回学術シンポジウム 科学研究のよりよき発展と倫理の確立を目指して」(平成28年11月29日(火))の申込受付を開始します。

http://www.jsps.go.jp/j-kousei/rinri.html

以下ページより

http://mos-jp.com/sympo2016/

●授業補助の学生にお小遣い? 元京大准教授不正経理で130万円

http://www.sankei.com/west/news/161021/wst1610210099-n1.html

阪大教授が答案紛失 授業の出欠表も

http://www.sankei.com/west/news/161018/wst1610180069-n1.html

個人情報

教授が48人分紛失 大阪大 /大阪

http://mainichi.jp/articles/20161019/ddl/k27/040/353000c

富山大で核関連情報流出、露呈した国の「不作為

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08532320Z11C16A0000000/

●まだニセ科学で消耗してるの?大炎上ホメオパシー科学者が斬る

http://www.mag2.com/p/news/224003

科学史上最悪の捏造事件、真犯人は… 英博物館が特定

http://digital.asahi.com/articles/ASJBM23NWJBMULBJ001.html

★Pasteur Institutes acknowledge unauthorized import of MERS samples on a flight from Seoul to Paris

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/pasteur-institutes-acknowledge-unauthorized-import-mers-samples-flight-seoul-paris

●Review finds misconduct in events surrounding WHO fetal growth study

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/review-finds-misconduct-events-surrounding-who-fetal-growth-study

ワクチン業界再編を 化血研問題受け、厚労省チーム提言

http://www.asahi.com/articles/ASJBL6GV5JBLULBJ01D.html

化血研、不正製造を否定 厚労省に報告・弁明書提出

http://www.sankei.com/affairs/news/161019/afr1610190006-n1.html

日本脳炎ワクチン「不正製造」、化血研が否定

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161019-OYTET50007/

化血研事業譲渡交渉が決裂…自主再建模索も

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161019-OYT1T50167.html

●「精神指定医」不正取得で数十人処分へ…厚労省

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161022-OYTET50002/

2016年10月17日〜10月24日

★WHO

http://www.who.int/en/

【ジカ熱】

★ジカ熱に関する情報提供

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109908.html

WHO ジカウイルス

http://www.who.int/csr/disease/zika/en/

Latest Zika situation report

http://www.who.int/emergencies/zika-virus/situation-report/en/

ジカウイルス感染症に関する情報提供について

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000127536.html

ジカウイルス感染症に関するQ&Aについて

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html

ジカウイルス感染症の流行地域

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000113142.html

●ジカウィルス新生児小頭症 北東部で新たな増加の懸念

http://saopauloshimbun.com/%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%A8%E6%96%B0%E7%94%9F%E5%85%90%E3%81%AE%E5%B0%8F%E9%A0%AD%E7%97%87%E3%80%80%E5%8C%97%E6%9D%B1%E9%83%A8%E3%81%A7%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA/

【その他感染症

デング熱、媒介する蚊の生息域北上 青森で今夏確認

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H6X_Q6A021C1CC0000/

マイコプラズマ流行拡大、過去最多レベルに−集団感染学級閉鎖

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49828.html

●日本でも薬用せっけん規制へ

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161013-OYTET50028/

老人ホームのO157食中毒、死者5人に 東京羽村

http://www.asahi.com/articles/ASJBK5T25JBKUTIL05B.html

●B型肝炎ワクチン 1歳までに3回 今月から定期接種に

http://www.asahi.com/articles/ASJBL5QVVJBLUBQU019.html

●宮崎)鳥インフルに備え 県が家畜防疫演習

http://www.asahi.com/articles/ASJBN3QBVJBNTNAB007.html

宮崎県鳥インフル演習、15万羽殺処分を想定

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161023-OYT1T50104.html

2016-10-17 サイエンスアゴラ2016、軍事研究、ノーベル賞ほか

今年もサイエンスアゴラがやってくる

文責:横山 雅俊

 科学と社会のより良い関係を考え、科学そのものの魅力や意義、負の側面や陰

の部分、科学を支える人たちの思いを多くの人たちと共にする夢舞台。、科学に

関わるあらゆる人が、垣根を超えて集う“ひろば”。毎年 11 月に東京お台場

開催される、科学コミュニケーションの祭典兼総合見本市「サイエンスアゴラ

が今年もやって来ます。

 会場は、いつも通りの国際研究交流大学村(日本科学未来館東京国際交流館

プラザ平成、産業技術総合研究所臨海副都心センター、都立産業技術研究セン

ター)とフジテレビ湾岸スタジオプロムナード公園の一帯です。会期は、

11/3(木・祝)〜11/6(日)と、2009 年の第4回以来久々に4日間の長丁場に

なりました。

 サイエンスアゴラも今年で 11 回目。議論は多々ありますし、筆者も若干の違

和感を持ちつつも、去年からイベントそのものを“年次総会”と称し、参加する

個々の企画と共に、サイエンスアゴラそのものも通年性の広がりを持たせるよう

なブランド化を図るように変容してきました。前々から課題とされてきた出展

や企画参加者同士の相互交流や連携の推進も、少しずつ着実に形になってきた感

もあります。主催者の科学技術振興機構による大型の企画が目立つ一方で、担い

手の変遷や盛衰はありつつも、その舞台に立つ活動の担い手の幅は徐々に広がり

を見せています。

 毎年恒例にはなりますが、今年も筆者が関わる企画と併せて(宣伝がてら...

であることは否定しません)、関連する企画を幾つかご紹介します。

 1つめ。

 今や各地で開催されるようになった、町ぐるみで科学を楽しむお祭り、科学

祭。日本全国に、その数がいくつあり、どのような方々が関わって、どのような

成果を上げてきたのでしょうか? そろそろその全貌を整理して把握すると共

に、その意義や魅力、問題点を一通りまとめるべき時期に来ています(とは言

え、それが難しい事情があることも、一面において事実です)。

 東京三鷹国立天文台が取り敢えずのハブとなって始めた東京国際科学フェ

ティバル(TISF)もその一つ。その TISF のプロジェクトとして始めた科学祭

ネットワークの細々とした活動を、今年は JST アゴラネットワークの皆さん、

日本サイエンスコミュニケーション協会JASC)の地域連携委員会静岡科学館

る・く・る名古屋大学産学連携推進本部の皆さんの大規模な連携により引き継

いでいただき、本格的なプロジェクトとして走るようになりました。

 その取りまとめの企画がこの2つになります。

Aa-031(ブース出展

広がりゆく科学のひろば

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/aa_031/

Ab-108(ステージ企画)

サイエンスフェスティバルの担い手たちをつなぐ対話集会

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/ab_108/

 ブース出展のコーナーでは、各地の科学祭の様子を一覧出来るような展示を展

開し、時間帯によってはその当事者の方が会場でお待ちしています。ステージ企

画では、TISF を含めて7ヶ所(函館仙台千葉東京静岡愛知、山口)

の事例と、海外の科学祭の事情を併せてご紹介し、科学祭の現状と魅力、意義、

課題について多くの方々と共に考えます。

 ブース出展は 11/4〜6、ステージは 11/4 の 13:30 から、皆さんをお待ちし

ております。

 全国各地での草の根や有志、各地の教育機関や研究機関、博物館などでの取り

組みは、随分と豊かなものになってきました。そこに一般の市民の方が担い手と

して関わる機会も、多少の盛衰はありつつも、増加傾向ではあるようです。各地

の担い手の方々も、このサイエンスアゴラには毎年数多く登場し、その豊かな中

身を作っています。今年の出展例を一部だけ挙げると、例えば以下のような感じ

です。

Aa-019(ブース出展;11/5〜6)

山に登って宇宙へ行こう〜宇宙を調べるって何だろう?(山に登って宇宙へ行こ

う実行委)

Aa-045(ブース出展;11/4〜6)

名古屋大学発、科学と市民をつなぐ科学コミュニケーション(名大学術研究・産

学官連携推進本部)

Aa-053(ブース出展;11/3〜6)

まちなかで科学体験コロンブスの卵プロジェクト(八戸高専

Aa-062(ブース出展;11/5〜6)

スロットカーを走らせてエネルギー変換を学ぼう(香川高専技術教育支援センター)

Aa-073(ブース出展;11/3〜4)

ぐんま☆じゅとく☆kawaii スライム×生糸をつくろう☆(樹徳高校理科部)

Aa-082(ブース出展;11/3〜6)

玉高生の科学研究活動〜地域の水族館を題材として〜(岡山県立玉野高校)

Aa-084(ブース出展;11/3〜6)

低気圧の名付け親になろう(文京区立茗台中学校)

Aa-085(ブース出展;11/5〜6)

美しい星空を取り戻そう!〜伝統的七夕ライトダウン〜(群馬県立前橋女子高校

理科部)

Da-407(ブース出展;11/5〜6)

学生の科学の伝え方とそのネットワークサイエンスリンク)

Da-433(ブース出展;11/5〜6)

ちば生き物科学クラブ2016-サルの仲間と私たち-活動報告(ちば生き物科学クラブ)

Da-436(ブース出展;11/5〜6)

富山きときとサイエンスサイエンスカフェとやま)

 2つめ。

 サイエンスアゴラと共に、今年で 11 回目を迎える、科学研究の負の側面や陰

の部分に向き合う研究問題ワークショップ「本音で語る」。手を変え品を変え毎

年細々と続けながら、多くの方々のご協力とご来場を頂いてきました。

 今年のテーマは生命操作。特に医療との接点における基礎科学、技術開発とそ

の担い手、技術を運用する医療従事者、技術を適用される存在としての患者のそ

れぞれが、最先端医療技術やその基盤となる生命科学とその使われ方に関して

どのような思いを抱くのか。また、そうしたそれぞれの思いを踏まえながら、今

後の医療や医科学をどのように作っていけば、よりよい社会につながるのかを、

本音で考えます。

Cb-351(時間枠)

第 11 回研究問題ワークショップ

本音で語る生命操作〜基礎と臨床の距離どうする?〜

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/cb_351/

http://stsfwgjp.seesaa.net/article/442249907.html

 この話題を展開する上で、今年も最強の布陣が揃いました。

 例年通り、前半がサイエンスカフェ形式のトークセッション、後半が全員参加

のワークセッションという、二部構成で行います。前半のトークでは医科学研究

の担い手として京都大学再生医科学研究所・教授の河本 宏さん、患者団体のと

りまとめを担う患医ねっと株式会社の鈴木 信行さん、問題の全体像を俯瞰する

科学社会学の立場から科学ライターの粥川 準二さんをお迎えします。そして、

それぞれの立場から思うところをお話しいただき、出てきた問題を皆で直視し、

共有します。その内容を踏まえて、後半のトークセッションでは、来場者の気付

きやひらめきを重視する手法を用いて、問題群の本質を貫く何かを見出し、その

解決に向けたイメージ作りをします。

 11/5 の 13:00 から、産総研臨海副都心センター別館 11 階の多目的室にて、

皆さんをお待ちしております。

 なお、去年出来なかったプレイベントを、今年は東京で開催します。

東京国際科学フェスティバル登録企画

あなたは、最先端医療を受けたいですか?(10/19 開催)

https://tokyo.sci-fest.net/2016/ja/event/event.php?eid=954

 根津の小さなカフェを会場に、直前のご案内で恐縮ですが、10/19(水)の

19:00〜 にて、筆者と今回のゲストの1人・鈴木さんが、皆さんをお待ちしてお

ります。

 科学技術と社会のより良い関係を考える取り組みは、絶対数としては例年少な

いながらも、流れとして脈々と続いています。早いもので5年前、あの東日本大

震災のあと、サイエンスアゴラの主催者としても科学と社会の関係のありようを

どう考えるかは議論になりました。筆者自身も、その当年(2011 年)のサイエ

ンスアゴラ企画委員を務め、事前の議論や運営には微力を注ぎました。研究機関

学会の主催になると、どうしてもアウトリーチ的な側面が強くなり、それ自体

の意義や必要性も大いにありはします(筆者自身も複数の学会に所属し、その構

成員と交流しながら、頑張っている同世代の仲間や先輩、後輩の皆さんを応援

たいと思っています)。なのですが、その一方で、市民目線や当事者目線での、

問題告発から解決に向けての価値協創に向けて変容しつつある、当事者側からの

地道な取り組みが、社会的には徐々に増えています。その流れはサイエンスアゴ

ラの場にも現れており、今年の参加企画でも以下のようなものがあります。

Aa-087(ブース出展;11/5)

震災5年目:若者が描く復興後の福島の未来と科学・技術(ふくしまサイエンス

プラットフォーム

Ab-128(時間枠;11/5)

違和感が世界を変える〜科学におけるマイノリティのススメ(JST ダイバーシ

ティ推進室)

Ab-129(時間枠;11/5)

ヒト受精卵へのゲノム編集を皆で考えていくために(JST、日本科学未来館

Ab-137(時間枠;11/5)

SSH 高校生ディベート遺伝子組み替え食品は安全か」(岐阜県立岐阜農林高校)

Cb-354(時間枠;11/5)

南相馬市の科学教育による震災復興への取り組み(南相馬サイエンスラボ)

Cb-357(時間枠;11/6)

機能性表示色品性度が始まって1年半(くらしとバイオプラザ21)

Da-424(ブース出展;11/5〜6)

想いを結ぶ意思表示(同志社大 Share Your Value Project)

Fb-658(時間枠;11/5)

未来へのメッセージ〜震災遺構とともに生きる社会(きせきのせき坊メッセ

ジャー)

Fb-664(時間枠;11/5)

対話で作る、明るく豊かな低炭素社会シナリオ(JST-LCS)

 他にも、今年のサイエンスアゴラには、ある視点で切り込むと、それなりに企

画群の繋がりを見出すことが出来る作りに仕上がっていそうです。

 担い手の幅も広がっています。数年前からの国際化路線に伴い、諸外国の関係

機関の出展も増えています。出展者名の一部を挙げると、欧州製薬団体連合会

(EFPIA)、欧州連合(EU)、南アフリカ共和国大使館、Science in

Public(オーストラリア科学コミュニケーション関連団体)、南アフリカ科学

技術振興機構(SAASTA)、韓国科学創意振興財団(KOFAC)など。変わり種で

は、国際協力機構JICA)の青年海外協力隊による、感染症対策の取り組みの紹

介もあります。

 サイエンスアゴラの今年のメインテーマは、「つくろう、科学とともにある社

会」。主催者メッセージを見る限り、科学が社会のために変わるべきと云う主意

が鮮明ですが、科学を担うのも動かすのも使うのも、同じ人間。ある同じ個人

が、科学の恩恵を受ける側にも、科学に由来する害悪を受ける側にも立つ場合が

あれば、その同じ個人が恩恵や害悪の基になる知の生成に関わったり、或いは恩

恵の増大や害悪の克服に関わったりする場合もあります。そうした個々人のつな

がりが社会を作り、動かしていく上で、科学がどのように力になっていけるの

か。科学と社会が、共進化的、ないしは相互触媒的にどのように良い関係を作り

ながら発展できるのか。それを考える場が、本当のサイエンスアゴラだと筆者は

考えます。

 そのための仕掛けが、秋深まりゆく東京お台場の片隅に、4日間現れます。

 その特別な舞台で、多くの皆さんとご一緒できることを、長年末席を汚してい

る一参加者として楽しみにしております。

______________________________________________________________________________

サイエンスアゴラ2016 開催のご案内 ■

サイエンスアゴラは、市民参加の科学討論やトップ科学者との対話子ども向けの科学実験など、科学と社会の関係を深める日本最大級の科学フォーラムです。

3日(木・祝)の開幕セッションでは、南場智子氏(DeNA創業者、取締役会長)、ラッシュ・ホルト氏(米国科学振興協会(AAAS) CEO)の基調講演のほか、震災経験を持つ高校生と科学者が「震災復興5年」をテーマに語り合う特別パネル討論を開催。

また、同日午前には、世界の科学技術関係者が集まるサイエンスアゴラで、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)について議論する「いま世界が直面するSDGs等の課題解決イノベーションは何ができるか?」と題したセッションを行い、アジア・欧・米・アフリカ等の登壇者、また参加者が様々な観点や取り組みを持ち寄り、国際的議論につなげます。

期間中は、200以上の多様なプログラムで皆様をお待ちしています。

会 期:11月3日(木・祝)〜6日(日)

時 間:10時〜17時(最終日は一部を除き16時まで)

会 場:東京お台場地域(日本科学未来館ほか)

費 用:入場無料(一部、実費徴収あり)

主 催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

  

プログラムなど、詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/fb_652/(開幕セッション

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/ab_143/ (SDGsセッション

ご来場に際しては、当日受付がスムーズな事前登録をおすすめします。https://form.jst.go.jp/enquetes/scienceagora2016(事前登録サイト)

<お問い合わせ>

JST科学コミュニケーションセンター

TEL:03-5214-7493   E-mail:agora@jst.go.jp

■ JST20周年記念フォーラム 開催のご案内 ■

2016 年 10 月に設立 20 年を迎えたJST が、国内外の気鋭のリーダーを招いて“未来共創イノベーションを目指して〜とてもよい世界の作り方〜”と題したフォーラムを開催します。

梶田隆章氏(東京大学特別栄誉教授・宇宙線研究所長・教授/2015ノーベル物理学賞受賞者)、浅川智恵子氏(日本IBM株式会社 東京基礎研究所 IBMフェロー)の基調講演のほか、山根一眞氏(ノンフィクション作家)をモデレーターに、北川拓也氏(楽天株式会社 執行役員)やヌウォン・チョラクープ氏(タイ国立金属・材料技術センター(MTEC)再生可能エネルギー研究所 所長)を始めとした若手科学研究者によるパネルディスカッションを通じて、これからの 20 年の未来社会における社会と科学技術のあるべき関係を考えます。

日 時:11月4日(金)13時〜16時半

会 場:東京国際フォーラム B7ホール

費 用:入場無料

主 催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

プログラムなど、詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.jst.go.jp/20th/forum.html

ご参加に際しては、こちらから事前登録をお願いします。

https://form.jst.go.jp/enquetes/jst20thforum

<お問い合わせ>

20周年記念フォーラム運営事務局株式会社プライムインターナショナル内)

TEL:03-6277-0117   E-mail:jst20thforum_sec@pco-prime.com

軍学連携、ノーベル賞、東大医学部研究不正ほか

2016年10月11日〜10月16日

【お詫びと訂正】

 先週号の巻頭言で、大隅良典博士の奥様を「研究を断念した」と書いたのは誤りで、奥様は帝京科学大学の教授を務められた研究者でした。

大隅萬里子教授の共同研究がノーベル医学生理学賞として選定されました

http://www.ntu.ac.jp/topics/news/2016/10/05201411.html

 先週の巻頭言をかなり改変のうえ、Yahoo!ニュース個人に寄稿いたしました。

★金をかけずにノーベル賞受賞者は出るか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161011-00063128/

 久々に多くの人たちに読まれたようです。

 ノーベル賞を一過性のものにしないようにとは毎回言っていることではありますが…

 10月16日のNHK日曜討論でも、ノーベル賞を契機に日本の科学技術政策議論されました。

http://www4.nhk.or.jp/touron/x/2016-10-16/05/67685/3824385/

 ポスドク問題から予算問題まで、かなり議論は発散していましたが、それでもこうした問題が議論されるのはよいことだと思います。


 ノーベル賞といえば、文学賞ボブ・ディラン氏が選ばれたのは驚きでした。

Bob Dylan, the songwriter scientists love to quote, just won a Nobel Prize

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/bob-dylan-songwriter-scientists-love-quote-just-won-nobel-prize

 ノーベル賞に届かなかった優れた研究も多々あります。そうした研究にも光をあてたいです。

★Close but no Nobel: the scientists who never won

Archives reveal the most-nominated researchers who missed out on a Nobel Prize.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20781

平成28年度科学研究費助成事業の配分について

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1377914.htm

大学からの研究費「100万円未満」8割

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161014/mca1610140500004-n1.htm

H28年度の科研費配分、採択件数トップ機関は東京大学

http://resemom.jp/article/2016/10/14/34312.html

★「博士人材追跡調査」の実施について

http://www.nistep.go.jp/archives/29390

 これらも今後の科学技術政策を考えるうえで重要なニュースだと思います。

 軍学連携については、先週日本学術会議のニュースを紹介いたしました。

日本学術会議

総会 「軍事研究容認できぬ」 会員から声相次ぐ

http://mainichi.jp/articles/20161008/ddm/012/040/039000c

 まだ総会の資料は公表されていないようです。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/sokai/index.html

 検討委員会の資料は公表されていました。

安全保障学術に関する検討委員会

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/anzenhosyo.html

第4回(平成28年 9月30日)

安全保障学術に関する検討委員会(第 4 回)の資料

2016 年 9 月 30 日

杉山滋郎

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo4-3.pdf

安全保障にかかわる研究が、学術の公開性・透明性に及ぼす影響

山極寿一

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo4-4.pdf

 以下のようなシンポジウムも行われるようです。

公開シンポジウム科学者技術者軍事研究

――科学・技術と研究者倫理にかかわる諸問題の科学史的検討――」

□ 日 時 : 2016 年 12 月 11 日(日) 開場 12:30 13:00 開始 ~ 17:00 終了予定

□ 会 場 : 明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント1F 多目的室

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/234-s-1-1.pdf

★科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」アドバイザリー委員会(第4回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/025/shiryo/1377850.htm

平成28年第16回経済財政諮問会議

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1014/agenda.html

議事

(1)経済社会・科学技術イノベーションの創造に向けた制度改革

(2)メリハリを効かせた歳出改革の推進

資料1−1 科学技術イノベーション官民投資拡大イニシアティブ(仮称)<中間報告>(概要)(経済社会・科学技術イノベーション活性化委員会)(PDF形式:417KB)

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1014/shiryo_01-1.pdf

資料1−2 科学技術イノベーション官民投資拡大イニシアティブ(仮称)<中間報告>(経済社会・科学技術イノベーション活性化委員会)(PDF形式:409KB)

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1014/shiryo_01-2.pdf

資料2−1 官民研究開発投資の拡大に向けて(有識者議員提出資料)(PDF形式:250KB)

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1014/shiryo_02-1.pdf

資料2−2 官民研究開発投資の拡大に向けて(参考資料)(有識者議員提出資料)(PDF形式:476KB)

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1014/shiryo_02-2.pdf

総理の一日平成28年10月14日 経済財政諮問会議

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201610/14keizai.html

高額薬価下げ、首相が指示…経済財政諮問会議

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161015-OYTET50004/

★-産婦人科医師減少に転じるー

産婦人科医師の動向

日本産婦人科医会施設情報調査(2006年-2016年

日本産科婦人科学会会員の勤務実態調査(2014年)より

日本産婦人科医会

勤務医部会

日本医科大学

中井章人

http://www.jaog.or.jp/all/102_161012.pdf

産科医、7年ぶり減少…産婦人科医会「危機的」

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161013-OYT1T50054.html

産婦人科医師数、7年ぶり減少−臨床研修制度の見直し影響か

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49809.html

 産婦人科医の不足は科学技術政策とはそれほど関係ありませんが、非常に重要なニュースです。

代替フロン、段階的に削減…締約国が実質合意

http://www.yomiuri.co.jp/eco/20161015-OYT1T50045.html

Nations sign major deal to curb warming chemicals used for air conditioning

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/nations-sign-major-deal-curb-warming-chemicals-used-air-conditioning

Nations agree to ban refrigerants that worsen climate change

Use of heat-trapping hydrofluorocarbons to be cut sharply under ozone treaty.

http://www.nature.com/news/nations-agree-to-ban-refrigerants-that-worsen-climate-change-1.20810

論文不正の告発を受けた東京大学(1) どこまで調査をするのか?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takumamasako/20161015-00063292/

論文不正の告発を受けた東京大学(2) その解析方法の衝撃

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takumamasako/20161015-00063292/

 詫摩雅子氏の記事。東大の問題はその重要性の割にはあまり報道されていません。

 注視していく必要があります。

東大、また論文不正を告発

http://www.asahi.com/articles/ASJBG75Y6JBGUBQU010.html

★幼児薬「ホメオパシー」で10人死亡か 米FDAが調査を開始

http://www.sankei.com/life/news/161015/lif1610150026-n1.html

幼児薬

米で10人死亡か ホメオパシーでFDA調査

http://mainichi.jp/articles/20161016/k00/00m/040/032000c

Homeopathic teething products are being investigated in the deaths of 10 babies

http://www.sciencealert.com/a-homeopathic-teething-product-is-being-investigated-in-the-deaths-of-10-babies

 これも非常に深刻なニュースだと思います。

★U.S. and Cuban biomedical researchers are free to collaborate

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/us-and-cuban-biomedical-researchers-are-free-collaborate

 国交正常化がもたらした変化です。

学術研究界の厳しい現実 多すぎる博士 少ないポスト

http://digital.asahi.com/articles/ASJ9W3JJFJ9WULPT002.html

 ニューヨークタイムズの記事。アメリカでも。元記事

LOST IN ACADEMIA

So Many Research Scientists, So Few Openings as Professors

http://www.nytimes.com/2016/07/14/upshot/so-many-research-scientists-so-few-openings-as-professors.html

 執筆はジーナ・コラータ記者。邦訳された著書も多い方です。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=dp_byline_sr_book_1?ie=UTF8&text=%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8A+%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF&search-alias=books-jp&field-author=%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8A+%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF&sort=relevancerank

 自然科学系各賞発表

ノーベル財団

http://www.nobelprize.org/

●「私の研究は科研費に支えられた」(大隅氏) ノーベル賞に導いた総額18億円

全面改革へ注目度高まる。研究者の一世一代の挑戦を支援へ

http://newswitch.jp/p/6415

●日本が続々とノーベル賞を受賞できるのはなぜ?中国との違いはこんなに―中国メディア

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-152319/

NHK ノーベル賞の陰で、日本の科学の衰退

http://blogos.com/article/194228/

大隅氏 日本からノーベル賞受賞者出なくなる

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161012/k10010727171000.html

自然科学ノーベル賞BBC「老人優位」の指摘 日本人最年少、今も湯川秀樹氏の42歳

http://www.j-cast.com/2016/10/11280317.html

ノーベル医学賞、上昇したのはどんな銘柄?

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20161011/zuuonline_123836.html

●科学の森

基礎研究にスポット 今年のノーベル賞自然科学

http://mainichi.jp/articles/20161013/ddm/016/040/009000c

Bob Dylan, the songwriter scientists love to quote, just won a Nobel Prize

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/bob-dylan-songwriter-scientists-love-quote-just-won-nobel-prize

★Close but no Nobel: the scientists who never won

Archives reveal the most-nominated researchers who missed out on a Nobel Prize.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20781

●「契約理論」にノーベル経済学賞 企業統治論議に一石

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF11H0H_R11C16A0EE8000/

2016年10月11日〜10月16日

論文不正の告発を受けた東京大学(1) どこまで調査をするのか?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takumamasako/20161015-00063292/

論文不正の告発を受けた東京大学(2) その解析方法の衝撃

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takumamasako/20161015-00063292/

東大、また論文不正を告発

http://www.asahi.com/articles/ASJBG75Y6JBGUBQU010.html

●「世紀の捏造」犯人、発見者の一人とほぼ断定

http://www.yomiuri.co.jp/science/20161013-OYT1T50047.html

●蔓延する「エセ科学」商法の正体…水素水、コンビニ弁当危険説、マイナスイオン

http://biz-journal.jp/2016/10/post_16896.html

●大学の防衛急務〜核融合関連研究に標的型攻撃

http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO017291/20161013-OYT8T50041.html

富山大、放射性物質のデータ流出か サイバー攻撃

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11H2H_R11C16A0CR0000/

群馬大教授の指導医資格不正取得、新たな防止策取らず…肝胆膵外科学会

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161014-OYTET50007/

安保法廃止へ連帯さらに/学者の会と大学「有志の会」意見交換

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-17/2016101701_03_1.html

★幼児薬「ホメオパシー」で10人死亡か 米FDAが調査を開始

http://www.sankei.com/life/news/161015/lif1610150026-n1.html

●Arecibo Observatory hit with discrimination lawsuit

Two former workers say that they were treated unfairly on the basis of age and disability.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2016.20778

2016年10月11日〜10月16日

★WHO

http://www.who.int/en/

【ジカ熱】

★ジカ熱に関する情報提供

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109908.html

WHO ジカウイルス

http://www.who.int/csr/disease/zika/en/

Latest Zika situation report

http://www.who.int/emergencies/zika-virus/situation-report/en/

ジカウイルス感染症に関する情報提供について

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000127536.html

ジカウイルス感染症に関するQ&Aについて

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html

ジカウイルス感染症の流行地域

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000113142.html

●ジカウイルスは非ヒト霊長類に長く残る

http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/11022/

【その他感染症

米国抗菌せっけん販売禁止 有効性疑問、日本も対処

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO08360470U6A011C1TZT000

子宮頸がんワクチン報道、2013年を機にネガティブに 医師が米学会誌で発表

https://thepage.jp/detail/20161015-00000002-wordleaf

●RSウイルス、流行期入り 患者報告数、関東で目立つ

http://www.asahi.com/articles/ASJB76SQTJB7ULBJ01P.html

RSウイルス流行拡大、41都府県で患者増−過去10年同期で最多

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49781.html

●水痘ワクチン子どもの定期接種になって2年…患者大幅減

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161012-OYTET50019/

●今村先生の感染症塾:スマホ世代のあなたへ 梅毒が流行中です

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161012-OYTET50032/

●宮崎)マダニ感染症 今年初の死者

http://www.asahi.com/articles/ASJBG3F28JBGTNAB004.html

インフルエンザワクチンは効果がない?

http://www.asahi.com/articles/SDI201610139904.html

●<結核沖縄本島中部で集団感染 今年3例目

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/66172

●Latent TB high in India's healthcare workers

http://www.scidev.net/global/tb/news/LTBI-latent-tb-india-healthcare-workers.html

●New global tuberculosis numbers paint troubling picture

http://www.sciencemag.org/news/2016/10/new-global-tuberculosis-numbers-paint-troubling-picture