Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2017-02-20 AAAS総会開催、科学雑誌ニュートン出版元民事再生手続開始の申立て

AAAS総会開催、科学雑誌ニュートン出版元民事再生手続開始の申立て

2017年2月14日〜2017年2月20日

 現在開催中の全米科学振興協会(AAAS)の年次総会は現地時間の本日(20日)までです。

http://meetings.aaas.org/?IntCmp=AM-17-AAAS-hp-learnmore-70

 現在我々のメンバーの春日匠をボストン派遣しています。

 現地からの報告をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=wGDPYRrdWrw

 春日はブログでも報告を書いていますので、こちらもご参照ください。

ジョン・ホルドレン(前大統領補佐官)の語る、トランプ政権への対処法

http://blog.talktank.net/2017/02/blog-post.html

 日本でも報道がちらほらされています。

科学者が抗議集会 “トランプ大統領は科学重視を”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170220/k10010882891000.html

「トランプ政権は科学尊重を」 米で科学者ら抗議集会

http://www.asahi.com/articles/ASK2N1PHJK2NUHBI001.html

米の科学者たちがトランプ政権への対応話し合う

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170219/k10010882261000.html

AAAS 年次総会 in ボストン on 2017

https://togetter.com/li/1082525

 春日帰国後報告会等も計画中です。

 さて、今週のビッグニュースは、科学雑誌ニュートンを発行していたニュートンプレス社が、前社長が逮捕されるという衝撃的なニュースののち、民事再生手続開始の申立てを行っていたことが明らかになりました。

 ニュートンプレスホームページ

http://save.cms2.jp/newtonpress/

 私は1982年以来の定期購読者ですので、ショックなニュースでした。また、生命科学を学んだことある方々にとっては、教科書「細胞分子生物学」の翻訳版はどうなるのか、気になると思います。どうやらニュートンは刊行継続のようですが、「細胞分子生物学」はどうなるでしょうか。

 時々iPADでの教材開発の出資金募集の手紙が来ていましたが、一口100万円などという高額のものでしたので、無視していました。それが前社長逮捕のきっかけになるとは…

 1980年代前半にビジュアル総合科学雑誌ブームがあったことを覚えている人はいらっしゃるでしょうか。そのきっかけはなんといってもニュートンでした。宇宙を中心とするカラフルなイラスト。故竹内均編集長のキャラクターも魅力的で、小学生の私は夢中になって読んだものです。

 同期時に刊行されていたクオーク、オムニ、ウータンなどはあっという間に廃刊、歴史ある科学朝日やその後続のサイアスもなくなって久しい今、生き残った科学雑誌のなかでもっとも元気がいいと思っていたのがニュートンでした。

我が国の科学雑誌に関する調査(2003年5月)

http://hdl.handle.net/11035/786

 を読むと科学雑誌の栄枯盛衰が分かりますのでご参照ください。

 岩波「科学」、日経サイエンスも読んでいますが、ビジュアルという面ではニュートンが抜きんでいるわけで、若者に科学への興味をもってもらう入口としては相当大きかったのではないかと思います。

 かつてはちょっと天文というか宇宙よりでしたが、最近では生命科学も充実してきたように思っていました。なんといってもコンビニで売っていたわけですから。今回の騒動の記事のなかでも4−5万部という数字が出ていました。

 でも実態は相当前から経営難だったようです。

 インターネットで様々な写真や動画が手に入る今、ビジュアルは売りにはならなかったのでしょうか?そもそも雑誌が売れない今の時代、純粋科学の記事を売って生計をたてることの難しさを感じてしまいます。

 科学記事を読むのは、たとえニュートンのような分かりやすい雑誌であっても、ネットの記事であっても根気がいります。スマホでサクサクと情報を消費していくのが主流の時代には、科学記事を売るのは相当に厳しいことなのかもしれません。

 そういう状態が、ポスト真実の時代を作ったのでしょうか。

 しかし、Yahoo!ニュース個人で私が書いたトランプ政権の動向の記事は100万ページビューを超えました。このYahoo!ニュース個人でも、時々科学の記事が多く読まれています。多少歯ごたえがあっても、科学に関心を持ってくれる層はいるわけです。

 雑誌という媒体に陰りがみえたことイコール科学への興味が失われたことではないと信じています。まだまだやれることはある。

 ニュートンも今回の危機を乗り越え、時代にあった姿に変わって生き残ることを願っています。

 その他記事。

★「活断層地震に備える」を文部科学省気象庁が共同で作成

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/02/1382242.htm

★大学等設置に係る寄附行為(変更)認可後の財政状況及び施設等整備状況調査結果について(平成28年度)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/02/1382146.htm

★設置計画履行状況等調査の結果等について(平成28年度)

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/1382264.htm

文科省、大学など237校に改善意見 専任教員配置など要求

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H5H_X10C17A2CR8000/

★第8期国際戦略委員会報告書 〜科学技術・学術協力強化に向けた国際展開について〜

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu24/houkoku/1382129.htm

★量子科学技術の新たな推進方策について 中間とりまとめ

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu17/010/houkoku/1382234.htm

★博士人材の社会の多様な場での活躍促進に向けて〜”共創”と”共育”による「知のプロフェッショナル」のキャリアパス拡大〜(これまでの検討の整理)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/toushin/1382233.htm

国立大学法人研究担当理事・副学長協議会(第10回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/025/gijiroku/1382206.htm

★「ニホンウナギの生息地保全の考え方(案)」に関する意見の募集(パブリックコメント)について

http://www.env.go.jp/press/103649.html

★入国禁止の米大統領令に懸念 学術会議会長が談話

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/02/20170217_02.html

会長談話「科学者の交流の自由と科学技術の発展について」

http://www.scj.go.jp/

日本学術会議 入国禁止の米大統領令に懸念表明

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170217/k10010879611000.html

★Society 5.0実現による日本再興

未来社会創造に向けた行動計画

http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/010.html

★Society 5.0に向けた電子政府の構築を求める

http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/011.html

 経団連

ゲイツ財団とAAAS、OA推進のため連携

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9430

Science journals permit open-access publishing for Gates Foundation scholars

The provisional agreement may set a precedent for other funders and journal publishers.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21486

Gates Foundation strikes deal to allow its researchers to publish in Science journals

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/gates-foundation-strikes-deal-allow-its-researchers-publish-science-journals

★「研究不正大国」からの脱却を

黒木 登志夫氏(日本学術振興会学術システム研究センター顧問/世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)プログラム・ディレクター/東京大学名誉教授)に聞く

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03212_01

 ゲノム編集で2つの大きな動きです。

生殖ゲノム編集「容認」 米機関、病気の予防限定

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14HF6_V10C17A2000000/

受精卵のゲノム編集、米で臨床容認へ 遺伝疾患予防のみ

http://www.asahi.com/articles/ASK2G5RS9K2GULBJ00X.html

ゲノム編集で出産、米で条件付き容認報告書

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170215-OYT1T50078.html

ゲノム編集のヒト受精卵応用を米学術2機関が条件付容認 道筋示し各国内議論に影響

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2017/02/20170216_01.html

US science advisers outline path to genetically modified babies

Modified human embryos should be allowed if researchers meet strict criteria, says long-awaited National Academies report.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21474

U.S. panel gives yellow light to human embryo editing

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/us-panel-gives-yellow-light-human-embryo-editing

ゲノム編集の特許ハーバード・MIT側に 米当局決定

http://www.asahi.com/articles/ASK2J52VZK2JUHBI013.html

ゲノム編集応用の特許、ヒト細胞に応用した研究者に(記事紹介)

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9435

Why the CRISPR patent verdict isn’t the end of the story

From legal challenges to ongoing experimentation, the story of who owns the rights to CRISPR-Cas9 gene editing is still being written.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21510

Broad Institute wins bitter battle over CRISPR patents

The US Patent and Trademark Office issues a verdict in legal tussle over rights to genome-editing technology.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21502

CRISPR, surrogate licensing, and scientific discovery

BY JORGE L. CONTRERAS, JACOB S. SHERKOW

http://science.sciencemag.org/content/355/6326/698

Round one of CRISPR patent legal battle goes to the Broad Institute

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/round-one-crispr-patent-legal-battle-goes-broad-institute

★がん10年生存率は58.5% 昨年比0.3ポイント上昇

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/02/20170217_01.html

がん10年生存率、わずかに改善−国がん・全がん協

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/50574.html

★研究評価にNIH新指標を取り入れる動き

http://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v14/n2/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%81%ABNIH%E6%96%B0%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%95%E3%81%8D/

★The dark side of social media

Psychologists find that Internet trolls seem impervious to any efforts to change their behaviour.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542272a

★Online university leads United States in awarding doctorates to blacks

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/online-university-leads-united-states-awarding-doctorates-blacks

★「社会科学」は崩壊した。米国の新たな指針は救いとなるか?

http://wired.jp/2017/02/20/nih-plan-social-science/

★The Turkish paradox: Can scientists thrive in a state of emergency?

Political upheaval threatens Turkey’s ambitious plans for research and development.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542286a

Steps to help Turkey build a future on research

The Turkish government must stop university dismissals and commit itself to creating a welcoming research environment if its grand plans for science are to succeed.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542271a

★Shout about the European Union’s success

As people in other nations watch the UK prepare to sever ties, Herman Goossens urges more scientists to stress what the EU does for them.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542273a

★エルゼビア社、ドイツ研究者のアクセスを復活、DEALとのライセンス交渉は継続(記事紹介)

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9431

German scientists regain access to Elsevier journals

Publisher restores access as negotiations for a nationwide licence continue.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21482

Elsevier journals are back online at 60 German institutions that had lost access

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/elsevier-journals-are-back-online-60-german-institutions-had-lost-access

高学歴ワーキングプアポスドク問題」は解決できたか!?

http://president.jp/articles/-/21367

★Online tool to track African women in STEM

Tool for tracking mentored students aims to boost girls and women in STEM, seen as key to Africa’s sustainable future.

http://www.scidev.net/global/capacity-building/scidev-net-at-large/online-tool-boost-african-women-in-stem.html

★Women miss out on authorship opportunities early on

http://www.sciencemag.org/careers/2017/02/women-miss-out-authorship-opportunities-early

★Action and data for women in science: A French example

http://www.sciencemag.org/careers/2017/02/action-and-data-women-science-french-example

産業構造審議会産業構造部会(第13回)‐配布資料

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/013_haifu.html

“シン・ニホン”

AI×データ時代における

日本の再生と人材育成

安宅 和人

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/013_06_00.pdf

2017-02-14 AAAS総会迫る、トランプ政権続報、小保方報道BPO

AAAS総会迫る、トランプ政権続報、小保方報道BPO

2017年2月7日〜2017年2月13日

 いよいよ今週、全米科学振興協会(AAAS)の年次総会が開かれます。

http://meetings.aaas.org/?IntCmp=AM-17-AAAS-hp-learnmore-70

 おかげさまで、当サイエンス・サポート・アソシエーションから、皆さまの支援を受け、メンバーを派遣いたします。YouTubeによる現地レポートも計画しています。

 また追ってURL等をお伝えいたします。

 寄付はまだ募集しています。

http://sci-support.org/2017/02/aaas%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%A8%E3%80%81%E7%A7%91%E5%AD%A6%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%94%BF%E7%AD%96%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%BB%E6%8F%90%E8%A8%80%E6%A9%9F%E8%83%BD/

 どうぞよろしくお願いいたします。

 そのAAASですが、ホルト代表がトランプ政権に対して科学者よ、行動せよ、と呼び掛けています。

AAAS CEO Rush Holt: Scientists Must Take a Stand

http://www.aaas.org/news/aaas-ceo-rush-holt-scientists-must-take-stand

★Act for science

Rush Holt

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/551

 このほか、トランプ政権がらみの記事。

★The marches for science, on one global interactive map

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/marches-science-one-global-interactive-map

From a tweet, a March for Science is born

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/556

★Grad students, postdocs with U.S. visas face uncertainty

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/grad-students-postdocs-us-visas-face-uncertainty

★Pardis Sabeti: An American Scientist Born in Iran

When she entered the U.S. shortly before the Iranian revolution of 1979, the now 41-year-old geneticist was a refugee toddler.

http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/48391/title/Pardis-Sabeti--An-American-Scientist-Born-in-Iran/

★Climate scientists wary of Trump: Please come to France, says presidental hopeful

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/climate-scientists-wary-trump-please-come-france-says-presidental-hopeful

 トランプ政権に代表されるポスト真実時代もふまえ、日米の科学雑誌が特集を組んでいます。

 まずAAAS発行のサイエンス誌。

★Science特集

FEATURES

A matter of fact

Does a postfactual era threaten evidence-based policymaking?

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/562

Rules of evidence

Are evidence standards used by chemical regulators excluding solid science?

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/564

Politics vs. data on needle swaps

Unfounded worries about promoting drug use undermine needle exchange.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/565

Clear findings, smoggy debate

Cleaner air healthier air, but debate continues over costs.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/567

No easy answers

What does it mean to ask whether a prekindergarten math program “works”?

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/568

Putting the brakes on highway deaths

The quiet rise of life-saving technologies.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/569

A simple recipe for saving lives

Oral rehydration therapy is a triumph for evidence.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/571

Genetic divide

Views on the evidence for the safety of genetically modified organisms remain split.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/572.1

How to be heard

Political scientist Paul Cairney offers some advice on helping make evidence-based policy.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/572.2

Data for all?

New U.S. panel examines obstacles to using administrative data for policy.

http://science.sciencemag.org/content/355/6325/573

 そして、日本ではWIRED VOL.27。必ずしもポスト真実特集というわけではありませんが、興味深い記事が並んでいます。

Before and After Science

サイエンスのゆくえ

http://wired.jp/magazine/vol_27/

★「STAP細胞報道に対する申立て」に関する委員会決定

http://www.bpo.gr.jp/?p=8946&meta_key=2016

本件放送は、STAP細胞の正体はES細胞である可能性が高いこと、また、そのES細胞は、若山研究室の元留学生が作製し、申立人の研究室で使われる冷凍庫に保管されていたものであって、これを申立人が何らかの不正行為により入手し混入してSTAP細胞を作製した疑惑があるとする事実等を摘示するものとなっている。これについては真実性・相当性が認められず、名誉毀損人権侵害が認められる。

こうした判断に至った主な原因は、本件放送には場面転換のわかりやすさや場面ごとの趣旨の明確化などへの配慮を欠いたという編集上の問題があったことである。そのような編集の結果、一般視聴者に対して、単なるES細胞混入疑惑の指摘を超えて、元留学生作製の細胞を申立人が何らかの不正行為により入手し、これを混入してSTAP細胞を作製した疑惑があると指摘したと受け取られる内容となってしまっている。

 BPOです。大きな決定です。

 小保方氏の名誉は回復されなければなりません。ただ、「だからSTAP細胞はある」「研究不正はなかった」ということにならないことを願います。

 以下、記事ピックアップ。

★査読者が査読対象を盗用 - 「著者にとって最悪の悪夢」

https://www.enago.jp/academy/peer_reviewer_stole_paper/

★科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」アドバイザリー委員会(第5回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/025/shiryo/1381824.htm

議題

「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』推進事業」の事業全体の方向性について

★教科書の改善について(論点整理)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/tosho/toushin/1381783.htm

パブリック・コメント意見公募手続)の実施−「教科書の改善について(論点整理)」−

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/tosho/toushin/1382173.htm

★「今後の化学物質対策の在り方について(案)」に対する意見募集の結果及び中央環境審議会答申について

http://www.env.go.jp/press/103636.html

★第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2017)

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/kohyo-23-t241-1.html

★査読者が査読対象を盗用 - 「著者にとって最悪の悪夢」

https://www.enago.jp/academy/peer_reviewer_stole_paper/

★Do's and don'ts for scientists who want to shape policy

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/dos-and-donts-scientists-who-want-shape-policy

メトロポリタン美術館所蔵の画像37万5,000点がCC0で公開

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9415

 これはすごい。

★Amnesty calls for pressure campaign to help Iranian scientist who could face death penalty

http://www.sciencemag.org/news/2017/02/amnesty-calls-pressure-campaign-help-iranian-scientist-who-could-face-death-penalty

★Relationships: Sweethearts in science

When couples are colleagues, work-life balance is key.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7640-261a

★Salary: Postdoc penalty

Doing a US postdoc in the biomedical sciences can cost you future earnings.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7640-263b

★Jobs: Seeking STEM skills

UK report predicts huge job growth in STEM fields over next few years.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7640-263c

★When disease disrupts a degree

http://www.sciencemag.org/careers/2017/02/when-disease-disrupts-degree

孫社長、山中教授が檄「若者はすぐ渡米せよ」

異能の若者を支援、返済不要の奨学金が発足

http://toyokeizai.net/articles/-/158089

★日本のAIは周回遅れ…杉山将・東京大教授に聞く

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170210-OYT8T50014.html

 若手にポストを、との重要な指摘です。

科研費改革の成功のために研究者申請者、評価者として視野を広げよ

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2017/02/20170208_01.html

 科学新聞中村記者。

2017-02-07 学術会議シンポ軍事研究反対意見多数、トランプ政権の動向

学術会議シンポ軍事研究反対意見多数、トランプ政権の動向

2017年1月31日〜2017年2月6日

 まずはこちらのニュースから。日本学術会議軍事研究に関するシンポジウムを開催しました。

日本学術会議主催学術フォーラム

安全保障学術の関係:日本学術会議の立場

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/239-s-0204.pdf

 以下記事。

大学の軍事研究に慎重論強く 学術会議の議論ヤマ場

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12556110V00C17A2TJM000/

「大学の軍事研究」反対意見が相次ぐ 日本学術会議シンポ

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/04/military-research_n_14624808.html

「先人が猛反省の末に声明」 軍事研究、慎重意見相次ぐ 日本学術会議シンポジウム

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12782481.html

軍事研究 反対が圧倒/「哲学ない科学は凶器」/学術会議フォーラム 白熱の議論

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-05/2017020501_04_1.html

日本学術会議軍事研究めぐりシンポ 「世界中から不信感持たれる」「平和哲学ない科学技術は凶器だ」と反対意見が大勢占め…

http://www.sankei.com/life/news/170204/lif1702040034-n1.html

 研究者がこうした議論をしている間にも、政府が動いています。

★<総合科技会議>軍民両用研究を推進 政府、月内に検討会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000005-mai-pol

軍民両用研究を推進へ 宇宙・サイバー分野で政府検討

http://digital.asahi.com/articles/ASK233405K23UBQU008.html

 フェースブックをみていると、軍事研究(定義はあいまいですが)に賛成する意見もちらほら聞かれます。

 トランプ政権に関してはウォッチを続けていますが、先週号のメルマガの巻頭言を大幅に加筆し、Yahoo!ニュース個人に寄稿しました。

★トランプ政権、科学に牙を剥く

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20170131-00067182/

 多数のアクセス、2000を超えるシェアをいただきました。日本でもトランプ政権に対する関心が高いことがうかがわれます。

 毎日新聞社説がトランプ政権の科学に触れています。

視点・トランプ時代/9 政治と科学 ここでも事実の軽視か=論説委員・鴨志田公男

http://mainichi.jp/articles/20170205/ddm/005/070/003000c

 こんな中、様々な動きが。

★Welcome to the Journal of Alternative Facts. They’re the greatest! And winning!

http://retractionwatch.com/2017/01/31/welcome-journal-alternative-facts-theyre-greatest-winning/

 皮肉が効いています。

★Macron offers refuge in France to U.S. scientists, entrepreneurs

http://www.reuters.com/article/us-france-election-macron-idUSKBN15J0RQ

 フランス大統領候補は、アメリカからの科学者受け入れを表明。選挙戦に影響を与えるでしょうか。

★Mexican scientists feel the Trump effect

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/mexican-scientists-feel-trump-effect

Building a wall around Mexican science? The ScienceInsider briefing

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/building-wall-around-mexican-science-scienceinsider-briefing

 壁を作ると言われたメキシコにとってはたまったものではありません。

 先にお伝えしていたとおり、私たちサイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)では、メンバーの一人をアメリカ派遣することにしました。

 そこで、もし可能でしたら、ご援助いただけますと大変助かります。

AAAS参加と、科学技術政策に関する調査・提言機能の強化のためのご寄付をお願いします

http://sci-support.org/2017/02/aaas%E5%8F%82%E5%8A%A0%E3%81%A8%E3%80%81%E7%A7%91%E5%AD%A6%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%94%BF%E7%AD%96%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%BB%E6%8F%90%E8%A8%80%E6%A9%9F%E8%83%BD/

 Brexitで先行するイギリスは…

英国大学事情英国大学事情 2月1日

2017年2月号「英国における研究と欧州連合:国際研究連携と研究者流動性へのEUの役割」

フリーランスコンサルタント 山田 直 氏

http://scienceportal.jst.go.jp/reports/britain/20170201_01.html

現在のところ、英国2019年EUを正式に離脱する可能性が高い。離脱によって、EUの助成プログラムへの参加やEU諸国の研究者との共同研究にどのような影響が出るか不透明である。しかしながら、英国研究者EU諸国の研究者との共同研究が必要なように、EU研究者英国研究者を必要とするため、相互にメリットのある何らかの新たな協定が結ばれるであろう。

 とのことです。

財務省 第3次補正予算

平成29年1月31日

平成28年度第3次補正予算政府案どおり成立しました。

http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2016/index.htm#3hosei

★各府省の政策ごとの予算との対応について(公開ページへのリンク先一覧)

http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2017/h29yosan_seihyolink.htm

平成27年度 文部科学省 省庁別財務書類

http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zaimu/1381514.htm

私立大学等の振興に関する検討会議(第10回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/073/gijiroku/1381364.htm

議題

地方自治体における高等教育の振興について

学校法人の経営の改善について

地方私立大、進む公立への衣替え 少子化で経営厳しく

http://digital.asahi.com/articles/ASK24643KK24ULZU005.html

★独立行政法人日本学生支援機構法の一部を改正する法律

http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/1381682.htm

意欲と能力があるにもかかわらず、経済的事情により高等教育への進学を断念せざるを得ない者の進学を後押しするため、給付型奨学金制度の創設に係る所要の措置を講ずる。

★今後の北極域研究船の在り方の検討結果について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/021/houkoku/1381651.htm

★大学における工学系教育の在り方に関する検討委員会(第1回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/081/gijiroku/1381709.htm

★理工系人材育成に関する産学官円卓会議人材需給ワーキンググループ(第1回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/068/001/shiryo/1381705.htm

学術分科会(第65回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/siryo/1381679.htm

議題

科研費改革について

学術研究の最近の状況について

「第5期科学技術基本計画」及び「学術研究の総合的な推進方策について(最終報告)」の推進について

第8期学術分科会の審議経過報告について

パブリック・コメント意見公募手続き)の実施−「学術研究の大型プロジェクトの推進方策の改善の方向性(案)」−

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1381836.htm

★「第3期教育振興基本計画策定に向けた基本的な考え方」に関するパブリックコメント意見公募手続)の実施について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/02/1381786.htm

実施期間(予定)

平成29年2月4日(土曜日)〜平成29年3月5日(日曜日)

教育振興基本計画部会(第8期〜) 第3期教育振興基本計画の策定に向けた基本的な考え方について(報告)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo14/sonota/1381849.htm

河野太郎議員情報

天下り研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/02/%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E3%82%8A%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

 アカデミックハラスメントアカハラ)問題について触れられています。

おっと明治研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%A8%E6%98%8E%E6%B2%BB%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

★第7回(平成28年度)日本学術振興会 育志賞の受賞者決定について

http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/kettei_7_h28.html

★「研究倫理eラーニングコース」【英語版】のサービス提供を開始します。

http://www.jsps.go.jp/information/index4.html#20170201

★JSTnews 2017年2月号

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/index.html

科学技術の未来をも変える

ジェンダーサミット10」開催

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2017_02/2017_02_p3.pdf

科学技術の未来をも変える

ジェンダーサミット10」開催

ジェンダーこそ、イノベーションの切り札

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2017_02/2017_02_p4-6.pdf

科学技術の未来をも変える

ジェンダーサミット10」開催

障がい者の夢やニーズがイノベーションを生む

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2017_02/2017_02_p7-9.pdf

科学技術の未来をも変える

ジェンダーサミット10」開催

ダイバーシティカンボジア農業解決に挑む

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2017_02/2017_02_p10-11.pdf

★絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存につき講ずべき措置に関する中央環境審議会答申について

http://www.env.go.jp/press/103596.html

メディアは科学を検証できるのか『科学報道の真相』著者・瀬川至朗氏に聞く

https://thepage.jp/detail/20170202-00000002-wordleaf

★The developing world needs more than numbers

Policymakers should read the contents of published papers and not just count them, says Dyna Rochmyaningsih.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542007a

★The Internet of Things comes to the lab

The system of connecting machines and sensors is finally making its way into the laboratory, giving researchers peace of mind and restoring their work-life balance.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542125a

★Language a barrier to flow of scientific knowledge

Low visibility of non-English language papers blocks knowledge transfer and can cause biases, researchers say.

http://www.scidev.net/global/biodiversity/news/language-a-barrier-scientific-knowledge.html

★Private weather data should not replace basic research

Earth-monitoring research missions should go on, despite commercial ventures

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/542005b

韓国の博士号取得者、10人に4人が臨時職…平均賃金約370万円

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26399.html

 日本より厳しいでしょうか…

2017-01-30 トランプ政権、科学への締め付け強化、科学者は抵抗

トランプ政権、科学への締め付け強化、科学者は抵抗

2017年1月24日〜2017年1月30日

 トランプ政権が科学に対し牙をむき出しにしています。

★トランプ政権発足後1週間でアメリカサイエンスに起きたこと

http://www.geckoseyes.com/2017/01/28/first_week_in_science_under_president_trump/

★「トランプの科学」に懸念 実現性・証拠を無視

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12279430Z20C17A1TJM000/

グーグルアマゾンアップル…「移民」が支える米企業が大混乱

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170130/mcb1701301855021-n1.htm

★Meet the scientists affected by Trump’s immigration ban

http://www.nature.com/news/meet-the-scientists-affected-by-trump-s-immigration-ban-1.21389

★トランプ米政権vs米国立公園 ツイッターで抵抗

http://blogos.com/article/207445/

 トランプ氏が大統領当選確実になった直後に記事を書きましたが

トランプ大統領誕生で科学技術はどうなる?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/enokieisuke/20161109-00064259/

 予想を上回っています…

気になるのは移民政策で、留学の際に何らかの影響が出る可能性がある。

 と書きましたが、懸念は当たりつつあるようです。

 研究者も黙ってはおらず、デモが計画されています。

March for Science

https://www.marchforscience.com/

Are scientists going to march on Washington?

https://www.washingtonpost.com/news/speaking-of-science/wp/2017/01/24/are-scientists-going-to-march-on-washington/

研究者らのトランプ抗議デモScientists' March準備中。「科学無視の政府は世界を危険にする」と主張

http://japanese.engadget.com/2017/01/26/scientists-march/

★Science march planners, here’s some unsolicited advice

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/science-march-planners-here-s-some-unsolicited-advice

 署名運動も。

★ACADEMICS AGAINST IMMIGRATION EXECUTIVE ORDER

https://notoimmigrationban.com/

 上院議員に立候補する研究者も。

★Geneticist launches bid for US Senate

Michael Eisen hopes a victory in 2018 will bring a new scientific voice to the US legislature.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21381

Q&A: Michael Eisen bids to be first fly biologist in the U.S. Senate

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/qa-michael-eisen-wants-be-first-evolutionary-biologist-us-senate

 Eisen博士はPLoSジャーナルの創設者でもあります。

 AAASは連日のように文章を発表しています。

★AAAS CEO Responds to Trump Immigration and Visa Order

http://www.aaas.org/news/aaas-ceo-responds-trump-immigration-and-visa-order

★AAAS Responds to Moves to Halt EPA and USDA Public Communications

http://www.aaas.org/news/aaas-responds-moves-halt-epa-and-usda-public-communications

★Scientists Urged to Leverage Evidence to Support Facts and Advance Policy

http://www.aaas.org/news/scientists-urged-leverage-evidence-support-facts-and-advance-policy

 憂慮する科学者同盟は憂慮し続けています。

★Standing Up for Science during the Trump Administration

http://www.ucsusa.org/center-science-and-democracy/standing-up-for-science-in-trump-administration#.WI9sRfmLSCg

 混乱はしばらく続きそうですが、ここで、「無知なトランプと支持者たち」みたいな論の立て方をすると、ヒラリー・クリントン氏の二の舞になりかねないように思います。

 ポスト真実オルタナファクトは、研究者も含めた知識人が、いわば「大衆を小ばかにする」ことへの反発から出ている面も大きいように思います。研究に予算が投じられていても、自分たちの生活に何ら変わりなかった(むしろ悪化した)、知識人は自らの利益のために動いただけだった、という反発もあります。

 ヒラリー氏(や民主党のカルチャー)はそのあたりを嫌われたと言われており、上から目線でトランプ氏と支持者をたたいても、効果が乏しいどころか、逆にポスト真実で結束してしまうかもしれません。

 とはいえ、なかなかよい方法が見つかりません。上から目線ではない主張を続けていくしかないでしょう。

 来月早々、ボストンで全米科学振興協会(AAAS)の年次大会があります。

http://meetings.aaas.org/

 私たちも現地の動向をつかむために、メンバーを派遣できないか模索しています。

 あと、科学に国の競争を持ち込みたくはないのですが、日本としてはアメリカの動向をある種の機会として、優れた研究者に日本に来て研究してもらうなどの戦略を立てることができたら、日本の、そして何より世界の科学への貢献となるように思います。

 まあ、日本でもポスト真実が跋扈しているし、国内の研究者が苦境にあるので、望み薄ですが…カナダシンガポール中国中東あたりで、高額でスター研究者を引き抜く動きなどが出るかもしれませんね…

★「科研費改革の実施方針」の改定について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381529.htm

文科省科研費改革の基本指針を改訂

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG27H02_X20C17A1EAF000/

科研費の抜本改革を実施 多様で独創的な学術振興目指し文科省

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/01/20170130_01.html

 先週から科研費改革の文章を紹介していますが、動き始めるようです。注目です。

★人材委員会(第77回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/siryo/1381555.htm

議題

博士人材の社会の多様な場での活躍促進について

 議論がまとまりつつあるようです。

博士人材の社会の多様な場での活躍促進に向けて(これまでの検討の整理)(概要案)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/siryo/__icsFiles/afieldfile/2017/01/30/1381555_04.pdf

★第25回総合科学技術・イノベーション会議(1月26日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui025/haihu-025.html

資料1科学技術イノベーション官民投資拡大推進費ターゲット領域検討委員会の設置等について(案)

http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui025/siryo1.pdf

★第6回 科学技術イノベーションの基盤的な力に関するワーキンググループ(1月23日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/wg/6kai/6kai.html

議題

(1)研究費の使いやすさ、効果的な使用

★「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方」(平成27年諮問第23号)に関する情報通信審議会からの第三次中間答申総務省

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin01_02000216.html

★未来投資会議(第4回) 配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai4/index.html

資料4 : 日本再興戦略、実行計画、報告書の関係について

資料5−1 : 平成28年度産業競争力強化のための重点施策等に関する報告書(案) 概要

資料5−2 : KPIの主な状況

資料5−3 : 平成28年度産業競争力強化のための重点施策等に関する報告書(案)

資料6−1 : 産業競争力の強化に関する実行計画(2017 年版)(案)概要

資料6−2 : 産業競争力の強化に関する実行計画(2017 年版)(案)

資料7−1 : これまでの議論の経緯と今後の検討の方向性 概要

資料7−2 : これまでの議論の経緯と今後の検討の方向性

★第1回オープンイノベーション共創会議配布資料

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/open/1381485.htm

議題

1.オープンイノベーション共創会議の検討項目

2.大学発ベンチャー創出支援のための機能強化

総合政策特別委員会(第17回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/1381540.htm

議題

総合政策特別委員会における第5期科学技術基本計画の実施状況のフォローアップ等に関する審議のとりまとめ(案)について

★民間企業の研究活動に関する調査2016 速報の公開について

http://www.nistep.go.jp/archives/31418

★「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成28年10月末現在)〜外国人労働者数は約108万人。届出義務化以来、過去最高を更新〜

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000148933.html

外国人労働者2016年に初の100万人超え

技能実習留学生が増加

http://toyokeizai.net/articles/-/155815

外国人労働者、初の100万人超 留学生の増加目立つ

http://digital.asahi.com/articles/ASK1W5G47K1WULFA02D.html

河野太郎議員情報

帰ってきた研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

予算委員会の質問を解説します

http://www.taro.org/2017/01/6929.php

 河野議員文科省天下り与党を厳しく追及

「国立大は文科省植民地」 83校に241人出向

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017012790070125.html

衆院予算委 与党天下り追及…政府の本気度疑問視

http://mainichi.jp/articles/20170127/k00/00m/010/089000c

★Japanese military entices academics to break taboo

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/japanese-military-entices-academics-break-taboo

軍事研究、大学はどう向き合うか 学術会議が4月結論

http://digital.asahi.com/articles/ASK1V6Q7FK1VULBJ013.html

★若くして逝った宇宙科学の研究者名が小惑星名に

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/01/20170125_01.html

Amazon、科学おもちゃの定期購入サービスを開始

http://jp.techcrunch.com/2017/01/25/20170124amazon-launches-a-subscription-service-for-stem-toys/

 学研の科学の現代版という感じでしょうか。

サイエンス・コミュニケーションを促進する方法

http://crds.jst.go.jp/dw/20170127/2017012710509/

★科学を最も蝕んでいるのは「科学的詐欺」ではない!?

https://www.enago.jp/academy/category/academic-society/

捏造改竄・盗用だけじゃない!227人の研究者が答えた不正の現実

https://medley.life/news/item/585b38d0cc995ce9078b456f

 Questionable research practicesの問題を取り上げています。

★科学の公正性に関するピエール・コルヴォル報告の提言の実施

http://crds.jst.go.jp/dw/20170127/2017012710591/

★実験できない研究室【調査報道:ブラックラボとは何か1】

http://www.todaishimbun.org/investigative_report_bl0126/

 東大。こういう話はよく聞きます。残念ながら…

★がん対策に関する世論調査

http://survey.gov-online.go.jp/h28/h28-gantaisaku/index.html

がん治療と仕事両立 6割困難

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6228511

がん治療と仕事両立「難しい」6割超 内閣府世論調査

http://www.asahi.com/articles/ASK1X3SFJK1XULFA004.html

★World’s foremost institute on death and disease metrics gets massive cash boost

Centre evaluates how public-health spending can improve mortality rates and disease burden, but many countries still do not record how people die.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21373

★How to find the right answer when the 'wisdom of the crowd' fails

A new algorithm succeeds by asking members of large groups how they think others will respond.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21370

★Big science has a buzzword problem

Moonshots, road maps, frameworks and more are proliferating, but few can agree on what these names even mean.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541450a

AIの健全な利用のために倫理的など6論点から検討求める 内閣府懇談会が報告書

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/01/20170126_01.html

★We must urgently clarify data-sharing rules

Scientists have worked hard to ensure that Europe’s new data laws do not harm science, but one last push is needed, says Jan-Eric Litton.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541437a

★Addressing Biomedical Science’s PhD Problem

Researchers and institutions seek to bridge the gap between emerging life science professionals and available positions.

http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/47732/title/Addressing-Biomedical-Science-s-PhD-Problem/

Gender imbalance in science journals is still pervasive

The latest update on Nature’s sexism shows an increase in female contributors and referees since 2012, but there is a long way to go.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541435b

Journals invite too few women to referee

Jory Lerback and Brooks Hanson present an analysis that reveals evidence of gender bias in peer review for scholarly publications.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541455a

2017-01-24 文科省天下り、トランプ政権発足、軍事研究、科研費改革

文科省天下り、トランプ政権発足、軍事研究、科研費改革

2017年1月9日〜2017年1月16日

 やはりこれに触れざるを得ません。

文部科学省における再就職等規制違反について

http://www.mext.go.jp/a_menu/other/1381438.htm

 言い訳はできない違反です。一部に文科省のなかにも専門性のある人がいるのだから、それを生かすのが何が悪い、という声が聴かれますが、監督官庁出身者を受け入れるのは利益相反でしかありません。

 受け入れる大学の思惑も、なんとも情けないものです。

 「学の独立」をどう保つのか…重い課題です。

★いよいよトランプ政権発足です。

★Scientists join massive protest against Trump

Researchers at Women's March in Washington DC defend their work as US president takes office.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21345

Scientists on their hopes and fears for Trump administration

Comments about the new US president and the importance of science flowed under the #USofScience and #SciTrump hashtags.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21344

Trump’s next move? Scientists struggle with foggy future

The US president reiterated his promise to roll back climate regulations on his first day in office.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21339

 不安と懸念が広がりますが…NIHのコリンズ長官はとどまるように言われているとのこと。

Trump asks NIH Director Francis Collins to stay on

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/trump-asks-nih-director-francis-collins-stay

NIH director Francis Collins staying on - for now

President-elect Donald Trump’s team has asked Collins to remain in his job for an unknown period.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.19081

 サイエンスアドバイザー含め、科学人事がどうなっていくのか、戦々恐々です。

軍事目的の研究、是非を両論併記 学術会議が中間まとめ

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H8Z_T20C17A1CR8000/

防衛省委託 「研究に政府介入大」/学術会議検討委 中間まとめ案

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-18/2017011816_01_1.html

安全保障学術に関する検討委員会

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/anzenhosyo.html

資料1改訂版:審議経過の中間とりまとめ(PDF:198KB)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/pdf23/anzenhosyo-siryo8-kaitei1.pdf

 日本学術会議議論中間まとめが出ました。

科研費改革について(科学技術・学術審議会学術分科会提言

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/01/1381276.htm

科研費による挑戦的な研究に対する支援強化について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/037/houkoku/1381248.htm

科学研究費助成事業の審査システム改革について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1381320.htm

Q&A「科学研究費補助金」制度 どう変わる?

実績よりアイデア重視

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO11988940S7A120C1TJM000

科学研究助成で若手に配慮 文科省、アイデア重視で応募促す

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HBM_X10C17A1CR8000/

科学技術・学術審議会が科学研究費見直し提言

http://univ-journal.jp/11508/

科学研究費補助金科研費)とは

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO11811740X10C17A1CR8000

 科研費が大きく変わります。

平成29年国立大学入学定員(予定)について

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/1379684.htm

★第百九十三回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement2/20170120siseihousin.html

★「知的財産推進計画2017」の策定に向けた意見募集

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/ikenbosyu/2017keikaku/bosyu.html

募集期間

平成29年1月19日(木)〜2月17日(金)

★河野議員

ちょっと昭和な研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A8%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

★「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について

http://www.env.go.jp/press/103502.html

★エコアクション21ガイドライン2017年版(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について

http://www.env.go.jp/press/103544.html

★Give the public the tools to trust scientists

Anita Makri argues that the form of science communicated in popular media leaves the public vulnerable to false certainty.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541261a

★‘You never said my peer review was confidential’ - scientist challenges publisher

Open-science advocate says journals should be clearer to peer-reviewers about terms and conditions.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21342

★Rigorous replication effort succeeds for just two of five cancer papers

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/rigorous-replication-effort-succeeds-just-two-five-cancer-papers

Cancer reproducibility project releases first results

An open-science effort to replicate dozens of cancer-biology studies is off to a confusing start.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541269a

Replication studies offer much more than technical details

They demonstrate the practice of science at its best.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541259b

★Mystery as controversial list of predatory publishers disappears

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/mystery-controversial-list-predatory-publishers-disappears

Controversial website that lists ‘predatory’ publishers shuts down

Librarian Jeffrey Beall won’t say why he has unpublished his widely read blog.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21328

Beall氏の「金儲け」出版社リストが削除される

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9341

★来れ博士課程 広がる経済支援 東京理科大同志社大無償化 研究力を底上げ

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11791430X10C17A1TCN000/

優れた学生確保 教員負担軽減も 東京理科大副学長に聞く

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO11791480X10C17A1TCN000

★India’s first GM food crop held up by lawsuit

Scientists accused of deceiving the public about benefits of transgenic mustard.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541267a

★Communication: Post-truth predicaments

How can scientists get through to a public that's seemingly indifferent to objective facts?

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7637-425a

★Turning point: Advocacy ambassador

A social-media professional calls on researchers to speak out for their science.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7637-427a

京大名誉教授・岡田節人さん死去 発生生物学の第一人者

http://digital.asahi.com/articles/ASK156HWVK15PLBJ001.html

 大学時代学園祭に来ていたいたことがあります。数回しかお会いしていませんが、いまでも思い出に残っています。合掌。

2017-01-16 トランプ政権直前、軍事研究など

トランプ政権発足直前、学術会議 軍事研究に慎重姿勢、ゲイツ財団、Nature等での研究発表を認めずほか

2017年1月9日〜2017年1月16日

 いよいよアメリカ政権の交代が迫ってきました。

 いったいNIHの長官は誰になるのか、科学アドバイザーはどうなるか…アメリカの科学コミュニティは戦々恐々のようです。

Update: What Trump's nominees said Thursday about science and climate at their Senate hearings

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/tracker-we-re-letting-you-know-when-trump-s-cabinet-nominees-talk-about-science-and

Surprising contenders emerge for Trump's NIH chief

Reproducibility guru, former defence-research official and controversial entrepreneur rumoured to be on list, along with current NIH leader and a congressman.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21295

 オバマ大統領は退任演説を行っています。

https://www.whitehouse.gov/farewell

 オバマ政権の科学技術政策をいずれ振り返らなければと思いますが、今は新政権の発足を見守るしかありません…

学術会議 軍事研究に慎重姿勢 検討委が中間

http://mainichi.jp/articles/20170117/k00/00m/040/049000c

 日本学術会議安全保障学術に関する検討委員会

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/anzenhosyo.html

 で検討中の軍事研究の問題。まだ上記サイトには中間案は出ていませんが、毎日新聞の記事によれば、2月4日のフォーラム(すでに定員オーバー)で市民からの意見を聴いたうえで、総会でまとめていくとのことです。

 軍事研究議論にも、トランプ政権の発足が少なからぬ影響を与える可能性があります。議論の行方を見守るしかありません。

★科学技術関係予算平成29年度当初予算案及び平成28年度補正予算について

http://www8.cao.go.jp/cstp/budget/yosanan.html

17年度の科学技術関係予算0.9%増 3兆4868億円に

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG13H02_T10C17A1EAF000/

★科学技術研究費3年ぶり減少 15年度、政府予算減で

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11525160Q7A110C1EE8000/

平成29年文部科学省 予算(案)の発表資料一覧(1月)

http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h29/1381130.htm

 予算の記事もいろいろ出るようになってきました。

平成29年国立大学法人運営費交付金の重点支援の評価結果の公表について(大学共同利用機関法人

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/028/houkoku/1381058.htm

国立大41校で交付金増額 17年度分、海外留学増など評価

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H7M_S7A110C1CR8000/

京大↑、一橋大↓ 国立大の交付金再配分、評価結果公表

http://digital.asahi.com/articles/ASK1D55TNK1DUTIL023.html

 大学により明暗が分かれた感じです。

★Gates Foundation research can’t be published in top journals

Publications such as Nature and Science have policies that clash with the global health charity's open-access mandate.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21299

 Bill & Melinda Gates Foundationからの助成を受けた研究は、Nature、Science、NEJM、PNASに出すな、と…オープンアクセス体制が整っていないからとのことです。

★Spinning toy reinvented as low-tech centrifuge

Hand-powered device can process blood samples and separate out parasites such as those that cause malaria.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21273

 いや、これはナイスアイディア!というか、こういうところに「博士の力」が発揮されたらなあと思ったりしました。

 博士の力といえば、こんなエッセイが。

研究者エッセイ

キャリアの変化を前向きに

博士人材のキャリア開発支援を受けて産業界へ

https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2017/01/articles/1701-07/1701-07_article.html

 北海道大のポスドクの方です。文科省の博士人材のキャリア開発支援事業により開催された行事などの参加し、新たな道を見つけたとのこと。

 私はこの事業の評価委員でしたので、これはうれしく思います。

河野太郎議員が年始も引き続き発信しています。

もう一度研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E3%82%82%E3%81%86%E4%B8%80%E5%BA%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

 これには隠岐さや香氏が意見を述べています。

河野太郎氏の2017年1月14日のブログエントリとWoSの問題について

http://researchmap.jp/jowrykkpu-44242/

フラスカティーな研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%AA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

さてと研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E3%81%95%E3%81%A6%E3%81%A8%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

謹賀新年研究者の皆様へ

http://www.taro.org/2017/01/%E8%AC%B9%E8%B3%80%E6%96%B0%E5%B9%B4%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8.php

 このでは、「科学技術振興予算は今後、増えません。」と断言し、研究者に動揺が走りました。

平成28年度科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型))に係る中間・事後評価について

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1381025.htm

平成27年度 大学等における産学連携等実施状況について

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1380184.htm

★第1回 保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 資料

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148680.html

 私が関係する病理診断も、AIが役に立つ分野として名前が挙がっています。

★データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会 報告書

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148301.html

★第1回 データヘルス改革推進本部 資料

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148424.html

医療介護ビッグデータ活用 厚労省、予防法など分析へ

http://www.asahi.com/articles/ASK164VLWK16UTFK00B.html

★「働き方改革」の実現に向けて、国民の皆さまからのご意見を募集します

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000148414.html

★「平成27年遺伝子組換え植物実態調査」の結果について

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/170110.html

★Clarivate Analytics社、Top 100 グローバル・イノベーター 2016を発表

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9318

「世界で最も革新的な企業」に日本の34社

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/01/20170112_01.html

 Clarivate Analytics社はかつてのトムソンロイターです。

★科学技術コミュニケーション活動に関する相談窓口を設けました

http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/costep/contents/article/1572/

 北海道大学CoSTEP。注目です。

2016年ランキング

http://haklak.com/page_ranking_2016.html

 白楽ロックビル氏の研究ネカト記事。2016年のネカトランキングは…

★Superbug Resistant to Every Antibiotic in the U.S. Killed Nevada Woman

http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/48001/title/Superbug-Resistant-to-Every-Antibiotic-in-the-U-S--Killed-Nevada-Woman/

 耐性菌との闘いは人類の生存に関わる大きな課題です。

★False health news more popular on Facebook

Public posts with false information about Zika shared via the social media site were more popular than real news.

http://www.scidev.net/global/networks/news/false-health-news-facebook.html

 どの国も、という感じですが…

★Article 15 - Global Questionnaire

http://www.surveygizmo.com/s3/3036095/Article-15-Global-Questionnaire

AAASからの質問。ぜひお答えください。

★Cleveland Clinic will discipline doctor who wrote antivaccination column

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/cleveland-clinic-will-discipline-doctor-who-wrote-antivaccination-column

 日本でも必要か…

★Turning point: Uncertain future

How Brexit could affect cancer research.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7636-249a

 Brexitに対する研究者の生の声。

2017-01-09 卓越研究員候補の苦悩、さきがけは「先崖」アルゼンチン研究者の行動

卓越研究員候補の苦悩、さきがけは「先崖」アルゼンチン研究者の行動

2017年1月3日〜2017年1月9日

 先週もニュースは控えめでした。

 気になった話題はこれ。

★卓越研究員候補者リスト

http://komodak.wixsite.com/takuetsukouho

開始初年度(平成28年度)は、849名の申請者(研究者)の内176名が卓越研究員候補者として認定されましたが、各研究機関との雇用調整が完了し、安定した研究環境を得た卓越研究員は83名に留まりました(平成28年10月末現在、下記のサイトより引用)。残りの93名については、今もなお来年度以降の職を得るために雇用調整を続けている状態ですが、未だ状況は不透明です。

 卓越研究員の候補になった方々が、不安定な立場に置かれているという状況。

 この状況に対し、こんなツイート

https://twitter.com/EnoRyo/status/816841872643526656

最近卓越研究員の就職難でツイートが盛り上がってますが、さきがけ採択者でも次の職がない「先崖」の人たちが結構います。採択率5%以下の領域でも「次どうしよう」なんて話題がが飛び交う時代です。

 これは私の弟のツイートなのですが、本当に厳しい状況です。単純に厳しいだけではなく、若手研究者向けの研究費の次の段階の制度があまり機能していない、という問題でもあります。

 昨年は大隅良典博士のノーベル賞受賞でこの問題に光があたりました(いったい何度目?)しかし、ではどうすればよいか、というのは難しい問題です。

★The new face of US science

Gary McDowell, Misty Heggeness and colleagues present census data showing how the biomedical workforce is fundamentally different to those of past generations - academia should study the trends, and adapt.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541021a

 は、アメリカの医科学研究者がおかれた状況がデータで示されています。日本だけの問題ではなく(日本特有の事業もありますが)、世界的な問題であり、解決策はまだどの国も見いだせていません。

 しかし、ちょっとずつでも何かをやって前進するしかないわけです。

 私は文科省ポスドク・キャリア事業の評価委員を務めた経験がありますが、ポスドクや博士のキャリアの問題を阻害している最大の要因は、教員の旧態依然とした意識であることを痛感しています。

 ポスドク問題を他人事のように語る教員にいらだつことは数知れず。のみならず、若手の行動を阻害する教員も存在しています。

PIの姿勢も原因の一つ 日本の基礎研究力低下

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2016/11/20161102_01.html

実験系の研究室では、大学院生ポスドクをこき使って働かせ、学内で行われるポスドクや博士課程学生を対象にしたキャリア支援セミナー(企業への就職を促す)へは参加させていないという。

 政府がなっていないと声高に批判する人は多いですが、アカデミア内部にも課題は多いわけで、根は深いです…

★Argentina’s researchers occupy science ministry

Young scientists angry at budget cuts say they have been denied permanent jobs.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21242

 アルゼンチン研究者は大胆なことをするなあと思うかもしれませんが、様々な国の研究者がデモくらいはしています。日本の研究者がおとなしいだけないのかもしれません。

★【ニュース・アメリカ人文科学専攻博士号保有者、他分野の博士号保有者と比較して大学教官となる確率は高い

http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%80%91%E4%BA%BA%E6%96%87%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%B0%82%E6%94%BB%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E5%8F%B7%E4%BF%9D%E6%9C%89/

★【ニュース・アメリカ科学者のキャリアの成功、無作為的要因によるところが大きいことが判明

http://www-overseas-news.jsps.go.jp/%E3%80%90%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%80%91%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%88%90%E5%8A%9F/

★By students, for students

Events at which PhD students share experiences can pay dividends.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7635-125a

 日本では若手の会の運営経験が役に立つかもしれません。

★Why researchers should resolve to engage in 2017

Debates over climate change and genome editing present the need for researchers to venture beyond their comfort zones to engage with citizens - and they should receive credit for doing so.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541005a

 Nature社説

★NY州が公立大無償化へ 全米初、最大100万世帯に恩恵

http://www.afpbb.com/articles/-/3113038

 大きなニュースです。

★The irreversible momentum of clean energy

Barack Obama

http://science.sciencemag.org/content/early/2017/01/06/science.aam6284.full

 オバマ大統領サイエンス誌に寄稿。トランプ政権発足にあたり…

★第8期研究費部会(第9回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/037/shiryo/1380967.htm

議題

科学研究費助成事業科研費)改革の推進について

サイエンスアゴラ2016が米国科学誌サイエンスにて紹介

http://www.jst.go.jp/report/2016/170106.html

危機に立つ日本の科学力(4)実は「研究不正大国不安定雇用資金 背景

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO11461240Y7A100C1TJM000

 榎木のコメントが出ています。

小保方晴子氏 出来事と心情を書き留めた日記を「婦人公論」で連載開始

http://news.livedoor.com/article/detail/12508689/

 小保方氏が何をしようと自由だと思います。そこまで阻害される理由はないわけです。ライターは適した職業かもしれません。

★薬剤耐性(AMR)対策推進月間における普及啓発の取組について

http://www.cas.go.jp/jp/houdou/161228amr.html

★US scientists fear new restrictions on fetal-tissue research

House Republicans conclude that tissue from aborted fetuses is of limited value for research and seek to reduce funding.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21254

Fact-checking Congress’s fetal tissue report

http://www.sciencemag.org/news/2017/01/fact-checking-congress-s-fetal-tissue-report

 議会で多数派の共和党意向が反映されつつあります…

Brexit vote drives UK academics to think about leaving

Many researchers also object to proposed higher-education reforms, says survey.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2017.21259

Scientists should not resign themselves to Brexit

Leaving the European Union is not yet a done deal, and UK researchers must look past a pay-off and take a stand, says Colin Macilwain.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/541006a

英国大学事情英国大学事情 1月4日

2017年1月号「英国における研究と欧州連合 : 英国の研究助成に対するEUの役割」

フリーランスコンサルタント 山田 直 氏

http://scienceportal.jst.go.jp/reports/britain/20170104_01.html

EU学生に対する資金援助

http://crds.jst.go.jp/dw/20170106/2017010610375/

 Brexitの影響。