ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

第八回翻訳ミステリー大賞 決定!!

■浜松読書会 5月27日 開催!■
■南東京読書会 5月27日 満席■
■徳島読書会 6月3日 開催!■
■弘前読書会 6月17日 開催!■
■千葉読書会 6月17日 開催!■
■名古屋読書会 7月15〜16日 開催!■

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)
16 NEW! 古屋美登里トークショー『穢れの町 アイアマンガー三部作2』(E・ケアリー)刊行記念 ゲスト:金原瑞人 (代官山蔦屋書店1号館2階イベントスペース)
10 【対談】翻訳家と編集者のしごと(朝日カルチャーセンター新宿教室) 講師:ドイツ文学翻訳家・酒寄進一 東京創元社編集者・佐々木日向子
27 翻訳ミステリーお料理の会、第8回調理実習 【満席】
21 翻訳百景 世界と読者をつなぐ夢先案内人の舞台裏翻訳ワークショップ 『ダ・ヴィンチ・コード』&『インフェルノ』北九州市立八幡図書館) 越前敏弥【残席わずか】


2017-05-22

最新海外ミステリーニュース20170522(執筆者・木村二郎)

2017 CWA DAGGER AWARD LONGLISTS

(CWA賞ロングリスト発表)

 

On March 19 at Crimefest Bristol, The Crime Writers Association of Britain (CWA) announced the longlists for the 2017 CWA Dagger Awards. as follows:

 

The CWA Gold Dagger:

The Beautiful Dead, by Belinda Bauer (Bantam Press)

Dead Man's Blues, by Ray Celestin (Mantle)

The Girl Before, by J P Delaney (Quercus)

Desperation Road, by Michael Farris Smith (No Exit Press)

Little Deaths, by Emma Flint (Picador)

The Dry, by Jane Harper (Little Brown)

Spook Street, by Mick Herron (John Murray Publishers)

Sirens, by Joseph Knox (Doubleday)

Ashes of Berlin, by Luke McCallin (No Exit Press)

The Girl in Green, by Derek B Miller (Faber & Faber)

The Rising Man, by Abir Muckerjee (Harvil Secker)

Darktown, by Thomas Mullen (Little Brown)

 

The Ian Fleming Steel Dagger:

You Will Know Me, by Megan Abbott (Picador)

Kill The Next One, by Frederico Axat (Text Publishing)

The Twenty Three, by Linwood Barclay (Orion Fiction)

The Killing Game, by J S Carol (Bookouture)

The Heat, by Gary Disher (Text Publishing)

A Hero in France, by Alan Furst (Weidenfeld & Nicolson)

We Go Around in the Night Consumed by Fire, by Jules Grant (Myriad Editions)

Moskva, by Jack Grimwood (Michael Joseph)

The One Man, by Andrew Gross (Macmillan)

Redemption Road, by John Hart (Hodder & Stoughton)

Spook Street, by Mick Herron (John Murray Publishers)

Dark Asset, by Adrian Magson (Severn House)

Police at the Station and They Don't Look Friendly, by Adrian McKinty (Serpent's Tail)

The Constant Soldier, by William Ryan (Mantle)

The Rules of Backyard Cricket by Jack Serong (Text Publishing)

Jericho's War, by Gerald Seymour (Hodder & Stoughton)

The Kept Woman, by Karin Slaughter (Century)

Broken Heart, by Tim Weaver (Penguin).

 

CWA International Dagger:

A Cold Death, by Antonio Manzini (Tr Anthony Shugaar) (4th Estate)

A Fine Line, by Gianrico Carofiglio (Tr by Howard Curtis) (Bitter Lemon Press)

A Voice in the Dark, by Andrea Camilleri (Tr Stephen Sartarelli) (Mantle)

Blackout, by Marc Elsberg (Tr Marshall Yarborough) (Black Swan)

Blood Wedding, by Pierre Lemaitre (Tr Frank Wynne) (Maclehose Press)

Climate of Fear, by Fred Vargas (Tr Sian Reynolds) (Harvill Secker)

Death in the Tuscan Hills, by Marco Vichi (Tr Stephen Sartarelli) (Hodder & Stoughton)

The Bastards of Pizzofalcone, by Maurizio De Giovanni (Tr Anthony Shugaar) (Europa Editions)

The Dying Detective, by Leif G W Persson (Tr Neil Smith) (Doubleday)

The Legacy of The Bones, by Dolores Redondo (Tr Nick Caister & Lorenza Garcia) (Harper Fiction)

When It Grows Dark, by Jorn Lier Horst (Tr Anne Bruce) (Sandstone Press)

 

Non-Fiction Dagger:

A Dangerous Place, by Simon Farquhar (The History Press Ltd)

Close But No Cigar: A True Story of Prison Life in Castro's Cuba, by Stephen Purvis (Weidenfeld & Nicolson)

The Scholl Case: The Deadly End of a Marriage, by Anja Reich-Osang (Text Publishing)

Arthur and Sherlock: Conan Doyle and the Creation of Holmes, by Michael Sims (Bloomsbury Publishing)

The Wicked Boy: The Mystery of a Victorian Child Murderer, by Kate Summerscale (Bloomsbury Publishing)

A Passing Fury: Searching for Justice at the End of World War II, by A. T. Williams (Jonathan Cape)

The Ice Age: A Journey into Crystal-Meth Addiction, by Luke Williams (Scribe Publications)

Another Day in the Death of America, by Gary Younge (Guardian Faber Publishing)

 

Short Story Dagger:

"The Assassination," by Leye Adenle (in Sunshine Noir, Edited by Anna Maria Alfieri & Michael Stanley; White Sun Books)

"Murder and its Motives," by Martin Edwards (in Motives for Murder, Edited by Martin Edwards; Sphere)

"Alive or Dead," by Michael Jecks (in Motives for Murder, Edited by Martin Edwards; Sphere)

"The Super Recogniser of Vik," by Michael Ridpath (in Motives for Murder, Edited by Martin Edwards; Sphere)

"What You Were Fighting For," by James Sallis (in The Highway Kind, Edited by Patrick Millikin; Mulholland Books)

"The Trials of Margaret," by LC Tyler (in Motives for Murder, Edited by Martin Edwards; Sphere)

"Snakeskin," by Ovidia Yu (in Sunshine Noir, Edited by AnnaMaria Alfieri & Michael Stanley; White Sun Books)

 

Debut Dagger:

Camera Obscur, by Richard McDowell

Strange Fire, by Sherry Larkin

The Reincarnation of Himmat Gupte, by Neeraj Shah

The Swankeeper's Wife, by Augusta Dwyer

Hardways, by Catherine Hendricks

Lost Boys, by Spike Dawkins

Victorianoir, by Kat Clay

Red Haven, by Mette McLeod

In the Shadow of the Tower, by Clive Edwards

Broken, by Victoria Slotover

 

Endeavour Historical Dagger:

The Devil's Feast, by M J Carter (Fig Tree)

The Coroner's Daughter, by Andrew Hughes (Doubleday Ireland)

The Black Friar, by S G MacLean (Quercus)

The Ashes of Berlin, by Luke McCallin (No Exit Press)

The Long Drop, by Denise Mina (Harvil Secker)

The Rising Man, by Abir Mukherjee (Harvil Secker)

Darktown, by Thomas Mullen (Little Brown)

By Gaslight,by Steven Price (Point Blank)

The City in Darkness, by Michael Russell (Constable)

Dark Asylum, by E S Thomson (Constable)

 

John Creasey (New Blood) Dagger:

The Watcher, by Ross Armstrong (Mira)

The Pictures, by Guy Bolton (Point Blank)

What You Don't Know, by JoAnn Chaney (Mantle)

Ragdoll, by Daniel Cole (Trapeze)

Sunset City, by Melissa Ginsburg (Faber & Faber)

Epiphany Jones, by Michael Grothaus (Orenda Books)

Distress Signals, by Catherine Ryan Howard (Corvus)

Himself, by Jess Kidd (Canongate)

Sirens, by Joseph Knox (Doubleday)

Good Me, Bad Me, by Ali Land (Michael Joseph)

The Possession, by Sara Flannery Murphy (Scribe)

Tall Oaks, by Chris Whitaker (Twenty 7)

 

Dagger in the Library (Shortlist):

Kate Ellis

Tana French

Mari Hannah

James Oswald

C J Sansom

 

The shortlists for the 2017 CWA Dagger Awards in all the categories will be announced shortly.

(最優秀候補作は近日発表)

 

影の王国 (講談社文庫)

影の王国 (講談社文庫)

NY Timesベストセラー速報20170528(執筆者・中谷友紀子)

アメリカのベストセラー・ランキング

5月28日付 The New York Times紙(ハードカバー・フィクション部門)


1. INTO THE WATER    Up

Paula Hawkins ポーラ・ホーキンズ

Into the Water: From the bestselling author of The Girl on the Train

Into the Water: From the bestselling author of The Girl on the Train

イギリスの小さな町を流れる川の底から、ネルという名のシングルマザーの死体が発見される。そのあたりは地元では“溺死の淵”と呼ばれ、かつての魔女狩りで魔女とされた女たちが命を絶った場所として知られていた。ネルは魔女に強い興味を持ち、淵の歴史を書き綴った手稿を遺していた。


2. 16TH SEDUCTION    Down

James Patterson and Maxine Paetro ジェイムズ・パタースン、マクシーン・ペトロ

女性殺人捜査クラブ・シリーズ第16作。信じていた人物に裏切られ、心に深い傷を負ったリンジー・ボクサー。立ちなおろうともがいていたところへ、爆弾テロ事件が起こり、多数の死者が出る。リンジーは犯人の逮捕に成功するが、捜査の正当性に疑問を投げかけられてしまう。


3. AGAINST ALL ODDS    Stay

Danielle Steel ダニエル・スティール

Against All Odds

Against All Odds

ケイト・マディソンは夫が不慮の死を遂げるという不幸に見舞われながらも、事業に成功し、4人の子供を立派に育てあげた。だが、子供たちは安定した人生を歩もうとせず、茨の道を選ぼうとする。子供を愛する母親として、ケイトには何ができるのか。


4. THE FIX    Stay

David Baldacci デイヴィッド・バルダッチ

The Fix (Amos Decker series Book 3) (English Edition)

The Fix (Amos Decker series Book 3) (English Edition)

“完全記憶探偵”エイモス・デッカー・シリーズ第3弾。FBI本部近くの路上で男が女を射殺し、直後に自殺する場面を目撃したデッカー。捜査に乗りだしたところ、国防情報局に手を引けと警告される。この事件の背後には重大な国家機密がかかわっているというのだが……


5. GOLDEN PREY    Stay

John Sandford ジョン・サンドフォード

Golden Prey (A Prey Novel)

Golden Prey (A Prey Novel)

ルーカス・ダヴンポートの「獲物」シリーズ第27作。米国連邦保安局へ移ったルーカスは強盗事件を手がけることに。犯人は麻薬カルテルを襲って売人4人を殺し、居合わせた幼い少女の命まで奪って、大金を持ち去っていた。金を取りもどそうと麻薬組織が追手を差し向けるなか、ルーカスはいち早く犯人にたどりつこうと捜査を急ぐ。


6. THE THIRST    New!

Jo Nesbo ジョー・ネスボ

The Thirst: A Harry Hole Novel (Harry Hole Series)

The Thirst: A Harry Hole Novel (Harry Hole Series)

オスロの街で出会い系アプリを利用した連続女性殺人事件が発生。被害者の遺体には金属製の牙で噛まれたらしき傷が残されていた。警察学校の教官として穏やかに暮らしていたハリーは捜査への復帰を余儀なくされ……前作“POLICE”から4年ぶりに発表されたハリー・ホーレ・シリーズの第11作。


7. SINCE WE FELL    New!

Dennis Lehane デニス・ルヘイン

Since We Fell (English Edition)

Since We Fell (English Edition)

支配的な母親のもと、父親の名前を知らずに育ったレイチェル。報道記者として成功するものの、カメラの前でパニック発作を起こして職を失い、広場恐怖症に苦しむようになる。かつて父親の調査を依頼した探偵のブライアンと再会し、ようやく平穏な結婚生活を手にしたはずだったが……著者初となる、女性を主人公とした新作サイコスリラー。


8. MEN WITHOUT WOMEN    New!

Haruki Murakami 村上春樹

Men Without Women: Stories

Men Without Women: Stories

日本では2014年に出版された短篇集『女のいない男たち』の英訳版。原書に収録された「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」「女のいない男たち」の6篇に「恋するザムザ」が加えられている。


9. THE BLACK BOOK    Down

James Patterson and David Ellis ジェイムズ・パタースン、デイヴィッド・エリス

The Black Book

The Black Book

痴情絡みと思しき事件現場で警官パティが目にしたのは、女2人の死体とともに全裸で血を流した双子の兄ビリーだった。ビリーは一命をとりとめるが、過去2週間の記憶がもどらない。実直な同僚警官でもある彼の汚名を濯ごうとするパティらの捜査線上に、シカゴの高級娼館と黒表紙のアドレス帳の存在が浮かびあがる。


10. A DOG'S WAY HOME    New!

W. Bruce Cameron W・ブルース・キャメロン

A Dog's Way Home

A Dog's Way Home

心やさしい青年ルーカスに拾われた子犬のベラ。だがデンバーではピットブルの飼育が禁止されているため、600キロ離れた別の町へ送られてしまう。ルーカスの元へ戻るため、ベラはロッキー山脈を越え、はるかなデンバーを目指す――『野良犬トビーの愛すべき転生』の作者が送る、犬と人間との絆の物語。


【まとめ】

ポーラ・ホーキンズの新作“INTO THE WATER”が1位に浮上。新たに4作がベストテン入りしました。6位に入ったのは『その雪と血を』(早川書房)で翻訳ミステリー大賞受賞のジョー・ネスボ。ハリー・ホーレ・シリーズも第5作の邦訳『悪魔の星』(集英社)が2月に刊行され、第7作『スノーマン』の映画版(マイケル・ファスベンダー主演)が10月に全米公開予定と、今年は話題つづきです。7位のルヘインは『夜に生きる』(早川書房)の映画版(ベン・アフレック監督・主演)が先週末に日本で封切られたところ。今作“SINCE WE FELL”もドリームワークスが映画化権を取得しているとのことです。ベストテン外では、15位にファンタジー作家ロビン・ホブの新作“ASSASSIN'S FATE”がランクインしています。


中谷友紀子(なかたに ゆきこ)

訳書にサムエル・ビョルク『オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン』など。ミシェル・ペイヴァー「神々と戦士たち」シリーズの第4巻『聖なるワニの棺』が今週25日に刊行予定です。


Assassin’s Fate (Fitz and the Fool, Book 3)

Assassin’s Fate (Fitz and the Fool, Book 3)

2017-05-21

第31回(シンジケート後援第14回)せんだい探偵小説お茶会レポート(執筆者:蒔野正徳)

 

 3月18日にせんだい探偵小説お茶会にて、第31回の読書会を開催いたしました。


 今回の課題図書はパーシヴァル・ワイルド『検死審問』

 既に絶版になっていることを知らずに告知を出してしまった世話人……。

 周りから指摘されて初めて既に絶版であることを知り、青くなりつつもAmazonをポチり。

 な〜んだ、マーケットプレイスで200円とか300円で買えるじゃん。大丈夫大丈夫♪……と思いつつも参加申し込みが来るまでは安心できないぞ、と。


 告知時に訳者である越前先生も参加を表明。

 お、ということは越前先生が何冊か提供してくれたりなんて……と他力本願なことを思っていたら、手元に1冊しかないことを告げられ、あえなく撃沈。


 不安いっぱいで読書会当日を迎えるわけですが、結局はホスト、越前先生を含めて過去最多の16人に参加頂けました。

 ありがたやありがたや。


 しかも、参加された中で図書館から借りての参加者はおらず、皆さんが何らかの方法にて課題本を入手しての参加で、これには越前先生も私もびっ くりでした。


 みなさんからのお菓子の差し入れに手をのばしつつ、読書会が開始となりました。

(みなさん、毎度毎度のお菓子の差し入れ、ありがとうございます)


 みなさんからの感想としては、好意的な意見が多く、

「ベネットが探偵小説について語っている部分がおもしろかった。特に、『腕利きの探偵が……』の部分」

「ベネットの小説があったら、好きになりそう。ベネットの作品はハーレクイン作品かも」

「〇〇が嫌いで、死ねばいいのに。と思ってたら、ホントに死んだ」

「最初に芝刈り人が語っているので、家主であるベネットが殺されたと思って、読み進めていたので、中盤でベネットが生きていることが分かって驚いた」

「三谷幸喜作品のように思えた」

「ベネットが推理小説に関してけちょんけちょんに言っているが実は好きなんじゃないかな、と思われた」

「この作品については、批判めいたことは一切言わない。それぐらい好き」

「ユーモアミステリであり、謎解きはどうでもよい」

「証言者ひとりひとりが個性的」


 中でも、

「ベネットが殺されていたと思ってた」

という意見が多く聞かれました。

 確かに、使用人が証言している段階で、家主やお金持ちが殺される、というのは定番の1つですからね。


 読書会後は懇親会へと流れるのが通例ですが、今回はもうひとつイベントを設けてみました。


 当読書会の発起人が作成したミステリーカルタでのカルタ大会です。


 取り札がミステリー小説の装丁、読み札が裏表紙の解説という作り。

 登場する作品は、過去に当読書会で課題本となったミステリー+α。

 これがかなりのクオリティー!

 量産して販売したら……と下世話なことも思いつつ。


 さて、参加者全員でのカルタ大会となり、みなさんかなり白熱した戦いを繰り広げていました。

 自分の好きな作品はどうしても取りたい! との思いから身を投げ出して取りに行く人も。


 当然、自分の好きな作品はよく知っているから、取りやすいはず。

 しかし、そこはこのカルタ 、一筋縄ではいかないのです。

 エラリー・クイーンを題材にすることが多いことから、全取り札の4分の1程度がクイーン作品という始末。

 さらには、『Xの悲劇』『Yの悲劇』については、出版社違いで同一作品が複数枚存在するというマニア仕様。

 普通、出版社毎の裏表紙の解説の違いなんて覚えてませんから……。


 最終的には、当読書会の重鎮2名が同数の取り札でトップとなりました。

 うちの1名はお手付き回数でもトップでしたが。


 白熱したカルタ大会の後は懇親会。

 ミステリー小説とカルタ大会の感想を肴においしいビールをいただきました。


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


検死審問ふたたび (創元推理文庫)

検死審問ふたたび (創元推理文庫)

Xの悲劇 (角川文庫)

Xの悲劇 (角川文庫)

Xの悲劇 (創元推理文庫)

Xの悲劇 (創元推理文庫)

Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)

Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)

Yの悲劇

Yの悲劇

2017-05-20

名古屋読書会第20回記念「そして誰も日間賀島合宿」開催!

 小さなタコさんが10匹、島に渡ろうとしたら

 1匹が海に落ちて、残りは9匹


 小さなタコさんが9匹、宿に行こうとしたら

 1匹が道に迷って、残りは8匹


 小さなタコさんが8匹、日間賀島を旅したら

 1匹がそこに住むって言って、残りは7匹


 …………

 …………


 さあ、いよいよ正式告知だ合宿だ。第20回名古屋読書会は記念イベント。三河湾に浮かぶ日間賀島(タコが名物)でホテルを借り切っての読書会合宿ですよ!

 互いに面識もない(こともない)、職業や年齢もさまざまな男女が島に集ってのイベントとなれば、もちろん課題図書はこれしかない。


 アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』(版元自由)

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった


 その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!  強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! (ハヤカワ・クリスティー文庫内容紹介より)


 「東西ミステリーベスト100」(文藝春秋)で見事オールタイムベストワンに輝いた名作中の名作。実際に島の中で、打ち寄せる波の音と磯の香りに抱かれながら『そして誰もいなくなった』について語り合いましょう。今入手しやすいのはハヤカワ文庫(クリスティー文庫)の青木久恵さんによる新訳版ですが、時代と訳によっていろいろ違いがあるのが本書の面白いところ。別の版をお持ちの方、大歓迎です。


 なお、名古屋読書会には毎回一定数の初参加の方がいます。マニアもいますが(いたっけ?)、「登場人物名がカタカナで覚えられません」というビギナーもいます。初めての方でもどうぞお気軽に。一緒に孤島でいなくなりましょう。


日程:2017年7月15(土)〜16(日)

場所:日間賀島(愛知県知多郡)西港近くのホテル

  (参加者には詳細な場所とルートをご案内します)

   名古屋読書会貸切。目の前はビーチ、大浴場は24時間利用可。

予定:午後2時集合&チェックイン

   開会のオリエンテーション後、3チームに分かれて読書会。

   休憩を挟んで全体での討論会を行います。

   午後6時頃 宴会 のちフリータイム

   翌朝、朝食後に自由解散とします。

参加費:13,000円(一泊二食付宿泊費、宴会酒代、諸経費、保険)

定員:35名(男女の部屋割り次第で変動あり)


備考:

(1)熱海合宿ではいろんなイベントを行いましたが、今回は読書会のみ。宴会後はフリーです。ですが、当然、全員とはいかないまでも10人くらいはいなくなってもらう予定です。いなくなる人はその都度ダイイングメッセージを残しますので、犯人を見つけてください。賞品あり。いなくなるのは、あなたかもしれません。


(2)当然、人数分のアレが用意されています。いなくなるごとに数が減るアレです。参加記念品としてお持ち帰りいただけます。いらないかもしれないけど。


申し込み方法:名古屋読書会専用アカウント nagomys@gmail.com にメールでお申し込み下さい。件名に【日間賀島合宿】、メール本文に(1)本名フルネーム(2)生年月日(3)性別(4)電話番号を必ずお書きください(行事保険加入に必要なため)。


◎課題作品は各自ご用意の上、当日までにお読み下さい。

◎ご不明な点は上記の nagomys@gmail.com までお問い合わせ下さい。


さあ、受付開始だ! クローズド・サークルとタコが君を待ってるぞ!


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら