ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

翻訳ミステリー大賞シンジケート このページをアンテナに追加 Twitter

第七回翻訳ミステリー大賞決定!

■気仙沼特別読書会 5月28日 開催!■
■京都読書会 5月28日 開催!■
■東東京読書会 5月29日 開催!■
■札幌読書会 6月4日 開催!■
■西東京読書会 6月4日 満席■
■浜松読書会 6月11日 開催!■
■多摩南読書会 6月12日 満席■
■北東京読書会 6月18日 開催!■

■各地読書会カレンダー■

※イベントカレンダーに掲載ご希望の方は事務局までメールでお知らせください。
翻訳ミステリー・イベント・カレンダー
イベント内容(案内記事リンク/=関連書アマゾン)
30 NEW! 第18回翻訳百景ミニイベント 柳下恭平(校閲専門会社・鴎来堂代表&かもめブックス店主)×越前敏弥
25 NEW! ドイツ語圏文化セミナー95 文庫版発売&映画日本公開記念 帰ってきたヒトラー インサイダートーク(森内薫×吉川美奈子×マライ・メントライン)
25 残席わずか 翻訳ミステリーお料理の会、第6回調理実習
NEW! Live Wire 非英語圏ミステリ世界一周・中国語圏編 稲村文吾(『ぼくは漫画大王』訳者),荒俣勝利(文藝春秋・編集者)[司会]杉江松恋
31 NEW! 「パブ・シャーロック・ホームズの回想」日暮雅通氏:上映&トークイベント(早川書房1階「カフェクリスティ」)


2016-05-27

最新海外ミステリーニュース20160527(執筆者・木村二郎)

2016 Arthur Ellis Award Winners Announced

(アーサー・エリス賞受賞作発表)

 

The Crime Writers of Canada has announced the nominees for the 2016 Arthur Ellis Awards as follows:

 

Grand Master Award Recipient: Eric Wright (posthumously)

 

Best Novel: OPEN SEASON, by Peter Kirby (Linda Leith Publishing)

Open Season (Luc Vanier)

Open Season (Luc Vanier)

 

Best First Novel: THE UNQUIET DEAD, by Ausma Zehanat Khan (Minotaur)

 

Best Novella: "Black Canyon," by Jeremy Bates (in DARK HEARTS; Ghillinnein Books)

 

Best Short Story: "The Avocado Kid," by Scott Mackay (Ellery Queen's Mystery Magazine, June 2015)

 

Best Book in French: L'AFFAIRE MYOSOTIS, by Luc Chartrand (Quebec Amerique)

 

Best Juvenile/YA: TROUBLE IS A FRIEND OF MINE, by Stephanie Tromly (Kathy Dawson Books)

Trouble is a Friend of Mine

Trouble is a Friend of Mine

 

Best Nonfiction: EMPIRE OF DECEPTION, by Dean Jobb (HarperCollins)

 

Best Unpublished First Crime Novel: WHEN THE FLOOD FALLS, by Jayne Barnard

 

The winners were announced at The 2016 Arthur Ellis Awards Gala on May 26 at the Arts and Letters Club in Toronto, Canada.

 

●候補作一覧はこちら → 最新海外ミステリーニュース20160424

【再掲】第15回札幌読書会開催!

 

 第15回目にあたる6月の読書会。夏にかなり苦労しそうな課題本がひかえている(7/23に小栗虫太郎『黒死館殺人事件』読書会を行います!)ため、今回はボリュームの多くないものにしましょう、さらに、古い作品が続いたので比較的新しいものがいいのでは、と決まったところで世話人たちが選んだ課題本候補5作品がこちら。


『死体泥棒』パトリーシア・メロ/猪俣和夫(ハヤカワ・ミステリ文庫)

『ザ・ドロップ』デニス・ルヘイン/加賀山卓朗(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

『ブラックランズ』ベリンダ・バウアー/杉本葉子(小学館文庫)

『ムーンズエンド荘の殺人』エリック・キース/森沢くみ子(創元推理文庫)

『わたしはサムじゃない』ジャック・ケッチャム&ラッキー・マッキー/金子浩(扶桑社ミステリー)


 この中から読書会参加者の多数決によって決定した6月の課題本は……

『ブラックランズ』

ブラックランズ (小学館文庫)

ブラックランズ (小学館文庫)

 著者ベリンダ・バウアーのデビュー作にしてゴールド・ダガー賞受賞作。12歳の少年スティーヴンは家族を再生させるため獄中の連続児童殺害犯に接触する。危険な交流が行き着く思いもよらぬ結末とは……。

 本作は3部作の第1作。『ブラックランズ』がお気に召した方はぜひその後の『ダークサイド』『ハンティング』、そしてノンシリーズの『ラバーネッカー』『生と死にまつわるいくつかの現実』もお手に取ってみて下さい。ベリンダ・バウアーに外れなし!ですよ♪

 そういえば猫谷書店さんの絶賛レビューも熱かったなぁ。

 もちろん読書会は『ブラックランズ』のみ読了して下さればOKです。たくさんのご参加をお待ちしております!


 詳細及び申込方法は下記の通りです。


【日時】6月4日(土)16:00-18:30(予定)

【場所】ご参加の方に別途ご案内いたします(大通近辺です)

【課題図書】『ブラックランズ』ベリンダ・バウアー著 杉本葉子訳(小学館文庫)

【参加条件】課題本を読了していることのみ

【参加費】800円 

【定員】30名程度

【二次会】別会費にて行います。

【お申込み方法】

 札幌読書会専用アカウント sapporo.readingparty@gmail.com にメールでお申し込み下さい。

 件名を「札幌読書会 6/4」とし、メール本文に下記3点をお書き下さい。

・お名前(ハンドルネーム不可)

・ご連絡先電話番号

・二次会への参加/不参加 ※後日の回答も可

【お問い合わせ】

 その他ご不明な点があれば sapporo.readingparty@gmail.com までお気軽にお問い合わせ下さい。


各地読書会カレンダー

これまでの読書会ニュースはこちら


日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創元推理文庫)

日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創元推理文庫)

ダークサイド (小学館文庫)

ダークサイド (小学館文庫)

2016-05-26

第22回:現代に蘇る中国ミステリの祖 程小青と霍桑(執筆者・阿井幸作)

 

f:id:honyakumystery:20160522135959j:image:w300:left

 

 今回は帯文に『迷幻』(幻覚的)と『懸疑』(サスペンス)と『推理』(ミステリ)と『民国』(中華民国時代を舞台にしたストーリーのこと)の文字が並び、読書好きもドラマ好きも惹きつける要素が詰まったSFミステリ『愛因斯坦与上海神秘人(アインシュタインと上海のミステリアスな人物)(2016年。著者:床蝶庵)を紹介します。

 ただし実際のところミステリ成分は薄いのでジャンルとしてはミステリよりもSFに分類されますが、本書には中国ミステリを語る上では欠かせない人物が登場しますのでこれはここで取り上げなければと思いました。

 

 1922年の秋、アインシュタインの中国訪問を控えた上海で何の関係性もない十数人の人間が自宅の天井に首が同化してぶら下がっているという奇怪な事件が発生する。しかも彼らは首がないというのに死んではおらず体は依然温かいままなのである。だがそんな猟奇的な事件に取り組むことになった警察に更なる非現実的な事件が襲いかかる。彼らの前に事件を解決にしに来たと名乗るミステリアスな人物が現れるのだが、その人物とは上海で大人気のミステリ小説家・霍小青が創作した『遠東のホームズ』の異名を持つ名探偵・程桑その人だった。

 天井にめり込む生きた死体と小説のキャラクターが実体化した現実を目の当たりにした新聞記者の林子文はこれらの事件の真相を暴き大スクープを得ようとするがいつの間にか問題の渦中に巻き込まれる。程桑から自分はアインシュタインに会うために来たと伝えられた林子文は彼の生みの親である霍小青、警察庁庁長の徐国梁とともにアインシュタインの講演に行く。だが一その方でナチスによるアインシュタイン暗殺計画が進行していた。

 

 本書に登場するミステリ小説家・霍小青と名探偵・程桑の名前を見て、中国ミステリをかじったことのある人ならこの二人が『中国ミステリの父』と言われる程小青と彼が生み出した『東方のシャーロック・ホームズ』こと名探偵・霍桑をモチーフにしたキャラクターだということがわかるでしょう。(ワトソン役の包朗に当たるキャラクターは本書には出てきません)

 程小青と霍桑の紹介は本コラム第1回目の『ミステリ教育者 程小青』で既に行いましたのでそれに目を通してもらえたらと思います。

 

 本書に登場するミステリアスな名探偵・程桑は、誰が見てもこいつは本人だと思うほど霍小青の小説に登場する程桑そっくりの風貌と言動をしていて、住所も小説世界と同様の現実には存在しない『愛文路77号』に住んでいると語ります(この住所は元ネタの霍桑と一緒です)。一見すると熱狂的なファンやコスプレイヤーにしか見えない彼ですが存在感や探偵としての優秀な能力に説得力があるため、警察も一般人も彼が小説の中から出てきたという非現実的な事実を受け入れ、彼を小説と同様の名探偵だと信頼している点が面白いです。そして天井に首なし死体がぶら下がっているという一見猟奇的な光景も、死体にはまだ体温があり芳香を発しているという不可思議な現象を描いているので死体を死体だと認識しづらくなり、被害者の正体を深く掘り下げていないこともありますが死体に対する嫌悪感を全く感じさせません。作品世界に超常的な力を徐々に蔓延させて、最終的には林子文たちが不思議な力でドイツ語が話せるようになってアインシュタインと喋れても批判されない空気が形成されています。

 このように本書は史実を基にしているにも関わらず何が起きても不思議ではないと読者に思わせる下地がありますので、天井と一体化している首なし死体がXファイルに出てくるような超常現象が原因であってもSF小説だから問題ありません。

 

 

■民国時代

 最近の中国では民国時代の話が映像化される傾向にあるようです。その風潮を如実に表したのが女性ミステリ小説家・鬼馬星『淑女之家』(2009年)です。2014年にドラマ化されたこの作品は原作では現代中国が舞台だったのにドラマでは何と時代背景を1930年代の中華民国に置き換えられました。とは言え原作も現代である必要性はさほど大きくないように感じます。この改変は時代設定が現代ではドラマを制作できないからという理由ではなく、他のドラマと同様に民国にした方が多くの視聴者を得られると判断されたからでしょう。

(参考:トリフィドの日が来ても二人だけは読み抜く 淑女之家

 

 本書が既に映画化を決定されている理由は民国を舞台にしているので一定の客数が見込めるということとが挙げられます。更にアインシュタインが上海に来たという実際の事件を背景に当時の警察庁庁長の徐国梁や民国四公子の袁寒雲(袁克文)など実在の人物が出てきて民国ファンの心理をくすぐることでしょう。

 

■程小青の復権はなるか

 中国において程小青は『中国ミステリの父』や『東方のコナン・ドイル』などの異名を持っていますが実はあまり有名ではありません。本屋では江戸川乱歩やコナン・ドイルの翻訳本は売られているというのに程小青は短編集すら並んでおらず、著書を探すとすれば小説コーナーではなく文献資料コーナーに行くことになります。それは同時代に活躍した『東方のアルセーヌ・ルパン』の生みの親・孫了紅らも同様で、過去に作品集が出たことはありますがそれが常に本屋に置かれていることは少ないです。本書のあるレビューで「程小青という作家が実際にいたんだ」というコメントが付くぐらい知名度が低く、彼の功績を称える『程小青推理小説賞』のような賞もありません。

 海外の古典ミステリにばかり目が向けられ自国の中国ミステリ黎明期を支えた作家たちが顧みられない今の中国ミステリの状況は一読者として悲しいので、本書の映画版がきっかけになり民国時代の中国ミステリの再評価に繋がればと思います。

  

阿井 幸作(あい こうさく)

f:id:honyakumystery:20131014093204j:image:small:left

中国ミステリ愛好家。北京在住。現地のミステリーを購読・研究し、日本へ紹介していく。

・ブログ http://yominuku.blog.shinobi.jp/

・Twitterアカウント http://twitter.com/ajing25

・マイクロブログアカウント http://weibo.com/u/1937491737

 

 

 

現代華文推理系列 第二集●

(冷言「風に吹かれた死体」、鶏丁「憎悪の鎚」、江離「愚者たちの盛宴」、陳浩基「見えないX」の合本版)

 

現代華文推理系列 第一集

(御手洗熊猫「人体博物館殺人事件」、水天一色「おれみたいな奴が」、林斯諺「バドミントンコートの亡霊」、寵物先生「犯罪の赤い糸」の合本版)

 

ぼくは漫画大王

ぼくは漫画大王

世界を売った男

世界を売った男

虚擬街頭漂流記

虚擬街頭漂流記

 

【毎月更新】中国ミステリの煮込み(阿井幸作)バックナンバー

 

【毎月更新】非英語圏ミステリー賞あ・ら・かると(松川良宏)バックナンバー

2016-05-25

最新海外ミステリーニュース20160525(執筆者・木村二郎)

Strand Critics Award Nominees Announced

(ストランド・マガジン批評家賞候補作発表)

 

The Strand Magazine has announced its nominees for the 2015 Strand Magazine Critics Awards as follows:

 

Best Novel:

  • CAREER OF EVEL, by Robert Galbraith (Mulholland Books)
  • A BANQUET OF CONSEQUENCES, by Elizabeth George (Viking)
  • THE LADY FROM ZAGREB, by Phillip Kerr (Putnam)
  • FORTY THIEVES, by Thomas Perry (Mysterious Press)
  • THE WHITES, by Richard Price (Henry Holt)
  • THE CARTEL, by Don Winslow (Knopf)

 

Best First Novel:

  • THE TRUTH AND OTHER LIES, by Sascha Arango (Atria) (※創元推理文庫より7月刊行予定)
  • NORMAL, by Graeme Cameron (Mira)
  • THE MARAUDERS, by Tom Cooper (Crown)
  • PAST CRIMES, by Glen Erik Hamilton (HarperCollins)
  • THE GIRL ON THE TRAIN, by Paula Hawkins (Riverhead)
  • DISCLAIMER, by Renee Knight (Harper)
夏の沈黙

夏の沈黙

 

Lifetime Achievement Award Recepients:

  • Jeffery Deaver
  • Colin Dexter

 

The awards will be announced and presented at an invitation-only cocktail party in New York on July 5.

(受賞作の発表は7月5日、ニューヨークにて)

 

限界点

限界点

彼女の闘争の書〜フェラーズ『灯火が消える前に』他(執筆者:ストラングル・成田)

 

 この3月の「玉手箱」でも、エリザベス・フェラーズ『カクテルパーティー』を「新たなる代表作」と持ち上げたところだが、またしても彼女の代表作といっていいような作品が紹介された。二次大戦終了直後に出版された『灯火が消える前に』(1946) だ。

 物語の骨格は、『カクテルパーティー』(1955)と同様ノン・シリーズ物で、小集団内で起きた殺人事件の真相を素人が探っていくストーリーになっている。Murder Among Friends という原題が端的に内容を言い表している。

 刺繍作家セシリーが自宅で主宰したパーティに現れるはずだった劇作家リッターがパーティに現れず、自室内で撲殺されていた。劇作家の自室は同じ建物の最上階であり、第三者の目撃情報などから、犯人はパーティの出席者で劇作家の著作権代理人であるジャネットとみなされ逮捕される。パーティの客だった主婦アリスは初対面であったにもかかわらず、ジャネットが犯人であることに納得できず、周辺の調査をはじめる。

 読み進めるうちに、読者には、本書が『舞踏会の手帖』的な巡礼形式の物語であることが判ってくる。ジャネットは平凡な主婦であり、捜査当局とのコネもない。できることといえば、パーティの出席者と次々と会って、被害者や容疑者ジャネットを取り巻く人間模様に耳を傾けるだけ。しかし、関係者の話を積み重ねていくうちに、これまで表面には現れなかった関係者の肖像や「フレンズ」たちの間の意外な人間関係が浮かび上がってくる。被害者、容疑者の違いはあるものの、関係者のインタビューを重ねるうちに、意外な悪女の素顔が浮上する、ガーヴ『ヒルダよ眠れ』(1950)を思い出した。かつて女学生として友人同士だった女性三人の対照的な性格と三者三様の人生模様も奥行きがある。

 そういう意味では、現代的なリアリティのある人間像を描くことにじっくり取り組んだ作なのだが、とはいえ、名手フェラーズ。最後まで読むと、意外性を備えた本格ミステリにしてしまう。用いられる手品のタネは小粒だが、伏線が巧妙に張られているし、白刃一閃、それまでの構図をひっくり返してしまうシンプルさは、人間の性格を丹念に掘り下げた本作にはふさわしいものだ。真相の直前に披露されるアクロバティックな推理も捨てがたいし、「灯火管制」という戦時下の特殊状況を素材にしている点で、同じく戦時下でしかなしえないトリックを用いた、ディクスン(カー)『爬虫類館の殺人』と並ぶものだろう。灯火は暗く、主要人物の一人は従軍している。ほの暗いトーンで戦時下の生活と人間の心理を描いた戦時下ミステリとしても出色。

 ところで、『海外ミステリ名作100選』(早川書房)で本書を選定したH・R・F・キーティングによれば、それまでフェラーズの作品を手がけてきた出版社が「探偵小説はこのような汚いものであってはならない」と本書の出版を拒否したという。登場人物の性的奔放さがその理由らしいが、現在の眼からみればどうということないレベルである。そうしたことは見えなくなっている。キーティングは、フェラーズは、1946年という時点で、「ディテクティヴストーリー」から「ディテクティヴノヴェル」というまったく新しいタイプのミステリを提供しはじめたという。

 トビー・ダイク&ジョージの名探偵システムを放擲し、探偵小説のお上品さをかなぐり捨てて、リアリティある人間像を描きつつ、なおかつ謎解き小説であることを志向した本書は、自分なりのミステリを追い求めたフェラーズの闘いの書のようにも読めるのである。

 

『厚かましいアリバイ』(1938) は、コアな本格ミステリファンには、待望の一冊。〈オべリスト〉3部作、不可能犯罪てんこもりの短編集『タラント氏の事件簿』などの著者として、C・デイリー・キングの名には、やはりときめいてしまう。

 本書は、〈オべリスト3部作〉に続く、〈ABC三部作〉のうち、さきに紹介された『いい加減な遺骸』(原題 Careless Corpse )に続く第二弾(原題 Arrogant Alibi )。

 前作『いい加減な遺骸』では、「仕掛けのある屋敷」や「音楽殺人」論議など、まるで日本の一部の新本格作品を思わせるような突き抜けた人工性を感じさせたが、本書ではやや控えめなものの、洪水で孤立した集落、奇妙な館で起きる連続殺人(密室殺人含む)、エジプト文明に関するペダントリー、神秘めかした章立てや邸内見取り図などのギミックなどをふんだんに盛り込みケレン味あふれる謎解きが展開する。

 前作の事件で疲弊したマイケル・ロード警視とポンズ博士は静養のため、コネティカット州の友人宅へ向かう。春からの洪水が最高潮に達し一帯は周囲から孤立、ロード警視らは、かろうじて水につかっていない邸宅〈パーケット邸〉での音楽会に臨む。屋敷には、女主人の亡き夫が蒐集した古代エジプトの遺品の数々、ミイラさえも収めるエジプト博物館が併設され、謎めいた雰囲気を醸し出している。この音楽会のさなか、女主人が古代エジプトの短剣で首元を刺され殺されてしまう。併設したエジプト博物館の短刀が宙を飛んで女主人を刺したとしか思えない状況で。しかも、発見者である若い魅力的な女性チャーミオン以外には、皆、完璧なアリバイがあった。

 ケレン味ある道具立てと並んで、本書に特徴的なのは、地元の警察とロードの軋轢が物語の縦糸になっているところ。地元警察は、ニューヨーク市警のロードに敬意を払わず、捜査も独走し、チャーミオンを逮捕する。背景には、地元警察をも牛耳る街の政治ボスの存在がある。この辺の現実性は、キングにしては珍しい。チャーミオンに心惹かれたロードがいかに地元警察を出し抜くかという興味の導入は、作者がある程度大衆性を意識した現れかもしれないが、物語の進行への期待を高める。

 本書のメインになるのは、タイトルのとおり「アリバイ」。謎の核になる部分に、書かれた当時ですら専門的知識に乏しい読者には、そうですか、というしかない技術的なトリックが用いられているのは、かなり残念。

 とはいえ、冒頭で「特異で驚くべき特徴を一つどころか、少なくとも四つか五つは備えた事件」と宣言されるように、「全員に完璧なアリバイがある状況」を核に、エジプト学のペダントリーと神秘、不可能犯罪、幾つもの仮説、意外な犯人、ダイイング・メッセージなどなど本格ミステリ特有の要素を分厚く貪欲に組み合わせ、それを試練にさらされたロード警視という柱で支えた本書は堂々たるバロック建築物であり、黄金期晩年からのうれしい贈り物だろう。

 

 バート・スパイサーは、多くの読者には耳慣れない作家だが、それもそのはず、『ダークライト』(1949)は著者の長編の本邦初訳。1950年度のエドガー賞最優秀処女長編賞候補であり、名作表であるW・B・スティーヴンスン編ナショナル・ブック・リーグ読書案内の探偵小説部門にも選定されている。

 最近ではめっきり紹介されることもなくなった、ハメット‐チャンドラー・スクールといわれるオーソドックスなハードボイルド。

 主人公は、私立探偵カーニー・ワイルド。ニュージャージー州の港町で事務所を構えており、探偵稼業でまあまあしのいでいる。軍の捜査部で5年間働いたのち、開業。事件の捜査中に29歳の誕生日を独り迎える。

 事件は、黒人の男が事務所のドアにもたれて座っているところから始まる。貧しそうな黒人の依頼は、自らが帰属する新興宗教団体の伝道師が失踪してしまったというもの。古く擦り切れた43ドルを差し出され、「金はしまってくれ」と言いつつ、ワイルドは仕事を引き受ける。

 失踪人探しの依頼から始まる――といえば、これぞハードボイルドの王道。ワイルドの台詞や態度は固ゆでだが、貧しい黒人を気遣い、相応の敬意を表するこの探偵に、冒頭の章から好感がもてる。 

 ワイルドは、新興宗教のスポンサーになっていた未亡人の邸に向かい、そこで夫人の娘アリシアと知り合う。アリシアは大学卒業したてで美貌のじゃじゃ馬だが、捜査の同行をワイルドにねだり、二人はニューヨーク行きをともにする。彼女がワイルドを「シャーロック」と呼び、ワイルドがそれを嫌がる、という繰り返しの中で二人の仲は深まっていき、それが物語に彩りを添えている。

 ふとした手がかりから、伝道師は失踪したのではない可能性が浮上する辺りから、物語は急展開し、再び殺人が発生。警察と反目しつつも、ワイルドは、登場人物たちの暗部を明るみに出し、別に進行する事件との関連も明らかにして、関係者が一堂に会する絵解きとなる。謎解きは派手なものではないが、納得のいくものであり、登場人物の光と闇の部分を照らし出す。

 終幕を除き殴り殴られといった暴力はないし、ムダな感傷もない。簡潔な比喩と会話に精彩があり、文章は引き締まっている。キリリと冷えたマティーニの味わいのような佳品。

 

 意欲的に古典ミステリを紹介している電子書籍のヒラヤマ探偵文庫。今回はそのうちの2冊を。先月には、「訳者自身による新刊紹介」に、平山雄一氏か登場し、抱負や今後の予定を語られている。

 アメリカの作家ロドリゲス・オットレンギ 『決定的証拠』(1898)は、「クイーンの定員」の一冊に選定されている歴史的価値ある短編集。12編収録。

 本書で眼を惹くのは、ダブル探偵の趣向だ。主として活躍するのは私立探偵のバーンズだが、もう一人大資産家で素人探偵のミッチェルが登場する。二人は親友でもあるが、ライヴァル関係にもあって、ミッチェルはバーンズの鼻を明かすのが生きがい。ホームズ/ワトソンの関係ではなく、トムとジェリー的な競い合いが作品の華となっている。(ミッチェルがバーンズをからかうために仕組んだ事件まである)

 冒頭の中編「不死鳥殺人」は、衆人環視の下で火葬されたはずの死体が、イースト川から水死体で発見されるという飛び切り魅力的な謎が提示される。水死体には非常に稀な皮膚病の痕跡があり、それは火葬された死体の特徴とも一致している。捜査が進むに連れ、死体の正体も事件の構図も二転三転していく。作者自身が歯科医であり、医学的知見によって解決がつくのだが、この時代としてはあまり例をみないような充実した謎解きが展開されており、これも探偵の競い合いというフォーマットから生まれた成果だろう。

 この競い合いの構図から生まれた何とも奇妙な作品が二編目の「ミッシング・リンク」。頭部、両手足が切断された女性の死体をめぐる謎解き編。ホームズ譚によくある事件の解決プラス事件に至る因果話といった趣の作だが、意外な犯人と真相には絶句してしまう。まるでパースの狂った謎解き小説とでもいおうか。少し内容に踏み込みたいのだが、それでは面白さが減じてしまうので、変なミステリ好きはぜひご一読を、とだけ。

 最初の二編でやられてしまったが、続く短編も二人のライヴァル関係を軸にして展開し、宝石の盗難事件が多く扱われているのが特徴的。最初の二編ほどのインパクトのある短編は見当たらない。解決の部分で初めて手がかりを示すようなアラも目立ってくるが、19世紀末に書かれたことを考えればやむを得ないだろう。

 本書は、ホームズ譚の影響下で書かれたことは明らかだが、オリジナルな変奏がされた例として記憶にとどめたい作品集。当時の精妙な挿絵が収録されているのも楽しい。

 アーサー・B・リーヴ『エレインの災難』は、『無音の弾丸』に続く、クレイグ・ケネディ教授物の紹介第二弾。前作は短編集だったが、今回は、連作短編というか全体として長編として読める仕立てになっている。

 訳者解説によれば、本作は、アーサー・B・リーヴ脚本の1914年の映画としてまず世に出、それを小説化して、翌年の1915年に単行本になったものだという。(映画の邦題名は『拳骨(エレーヌの勲功)』) その翌年1916年(大正5年)には、『探偵小説 拳骨』などとして3種類もの邦訳が出ているというのだから、いかに映画がわが国でも大当たりしたのかを物語る。

 数回にわたって同じ登場人物が登場し危機また危機のストーリーが展開していくものをシリアル(連続活劇)というが、当時シリアルの女王といわれたパール・ホワイト主演の本編などのシリアルは今でも語り草となっている。映画『拳骨』は、各編の結末に、大きく「?」が浮かび出て、謎の解決は次週となったという(児玉数夫『それはホームズから始まった』(フィルムアート社))

 本作は、ニューヨークの謎の犯罪王「拳骨」と科学探偵クレイグ・ケネディとその恋人エレインの闘争を描く。各編、エレインとケネディに押し寄せる危機また危機。ケネディは新型の科学装置を駆使して危機を乗り越える。(ケネディは死に至ったエレインを「電気蘇生術」で蘇らせたりもする) 『無音の弾丸』では、ホームズのライヴァルらしかったケネディも、本作ではすっかりアクティヴなヒーローだ。「拳骨が繰り出す一癖も二癖もある手下たちにエレインは必ず捕らえられ、ケネディはそれを救出していくという筋が続くとさすがに単調だが、後の特撮ヒーロー物の原型といえないこともない。映画の小説化ということから、カットバックの手法や矢継ぎ早のアクションが盛り込まれ、後のエンターテインメントに与えた影響も大きかったのではないかと思われる。

   

ストラングル・成田(すとらんぐる・なりた)

f:id:honyakumystery:20130314093021j:image:small:left

 ミステリ読者。北海道在住。

 ツイッターアカウントは @stranglenarita

  

爬虫類館の殺人 (創元推理文庫 119-2)

爬虫類館の殺人 (創元推理文庫 119-2)

舞踏会の手帖 [DVD]

舞踏会の手帖 [DVD]

 

【毎月更新】クラシック・ミステリ玉手箱 バックナンバー

 

【毎月更新】書評七福神の今月の一冊【新刊書評】

 

【毎月更新】金の女子ミス・銀の女子ミス(大矢博子)