スマートフォン用の表示で見る

ヒルナミン

メジャートランキライザー

フェノチアジン系抗精神病薬。一般名レボメプロマジン。抗幻覚・妄想作用はあまり無いが強力な鎮静作用を持つ。

  • 主な作用:脳の中枢に直接作用して、神経症などに伴ういろいろな症状を改善します
  • 副作用など:血圧低下や頻脈がおこることがあります。また、光線過敏症、筋肉のこわばり、手のふるえ、発汗、めまいなどがおこることがあります。
  • 使い方と注意:症状をみて服用量を加減しながら治療がすすめられますので、医師精神科医)の指導を良く守って下さい。眠くなったり、注意力がなくなったりしますので、危険な作業や車の運転は避けましょう。また、酒類と一緒に飲むと作用が強く出過ぎることがありますので避けましょう。
  • 不安、緊張を取り除くことから、中時間型の睡眠剤としても用いられる。ロヒプノールなどが脳の半分を眠らせるのに対して、ヒルナミンは脳全体を眠らせるそうだ。


http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1172014.html

関連 医薬品