スマートフォン用の表示で見る

自己批判

一般

自己批判

じこひはん

過去の自分の言動の誤りを、自分で批判すること。

思想・言論の統制ないし抑圧の手法として、共産主義国家及び左翼集団において多用された。

一部企業および新興宗教においても多用される手法である(JR福知山線脱線事故当時まで施された日勤教育など)。