基礎代謝

(サイエンス)
きそたいしゃ

生命維持のために消費する必要最小限のエネルギーのこと。
心身ともに安静にしている状態でも、内臓を動かしたり体温を維持したりするために消費される。

空腹時(食後12〜15時間経過後)に20℃の室温で静かに横になり目覚めている(目を開いている)状態のエネルギー代謝。
骨格筋、22% 肝臓、21% 脳、20% 心臓、9% 腎臓、8% 脂肪組織、4% その他、16%

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ