ライ麦

(読書)
らいむぎ

J.D.サリンジャーの小説「ライ麦畑でつかまえて」(The Catcher in the Rye)の通称.

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

ライ麦

()
らいむぎ

:食材

小麦、大麦に次いで生産量の多い麦で、パン食文化圏の主要穀物のひとつ。小麦の栽培に適さない土質や気候、標高のところで育つので、北欧やロシア、ドイツやスイスの山岳地方で広く栽培され、各地で独特のパンを生み出した。いわゆる黒パンの中心材料となるライ麦には、グルテン成分のうち弾力性をつくるグルテニンが欠けているので、水をこねても粘つくだけで、ガスを包み込む膜ができない。そこで小麦粉と混ぜたり、グルテン 粉で補強したりしてパンをつくるのが一般的。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ