子宮内膜症

(サイエンス)
しきゅうないまくしょう

子宮内膜の組織が、卵巣内や子宮の壁など、子宮の内側以外にできる病気。

症状

鎮痛剤が必要なほどのひどい生理痛(年々増強する)、下腹部痛、排便時痛、性交痛、排卵痛、不妊症 等

治療

手術療法と、鎮痛剤やピルなどのホルモン剤を使った薬剤療法を併用して治療される。


子宮内膜症チェック(症状・前兆)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ