金縛り

一般

金縛り

かなしばり

金鎖で縛ったように体が動かなくなること。


寝ているときに金縛りに遭うと、意識はあるのに体は動かせず幻覚のようなものを見ることもある。心霊現象として考えられることもあるが、体が動かないのは睡眠中の骨格筋の弛緩のせいで、幻覚は脳がまだ夢を見ているためという。レム睡眠(浅い眠り)中に起こりやすい。