スマートフォン用の表示で見る

低血糖症

サイエンス

低血糖症

ていけっとうしょう

低血糖症

機能性低血糖症のこと。

以下にタイプが分けられる

糖尿病、インスリノーマ、甲状腺下垂体・副腎の機能不全で起こる低血糖(症)ではなく、血糖値の調節異常で起こる病気で膵臓の機能失調が主な原因。

栄養療法食事療法などの治療により管理が可能である。


血糖値の変化により、分泌されるホルモン(アドレナリンノルアドレナリン=カテコラーミン、コルチゾールなど)により、心身面での不調が出る。


症状としては実に様々なものがあり、あまりの多さに『偉大なる物真似師』の別名があるほど。


体調不良(頭痛・疲労・めまい・ふらつき・動悸・手足の冷えや震え・不安定な呼吸・筋肉痛・関節痛・アレルギー・眼球の痛み・自律神経失調症・朝起きられない・不登校・食後の異常な眠気など)


精神疾患(うつ・統合失調症パニック障害摂食障害・自殺願望・精神不安定・イライラ感が強いなど)

注・低血糖症おいての精神疾患については、ホルモン分泌が深く関わっているので、すべて低血糖症の範疇にあるのではなく、場合によっては低血糖症の治療だけによって改善されるものではない。