小覇王の徒然はてな別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-05-31

星の王子さま故郷に還る? ガーディアン・オブ・ギャラクシー リミックス

| 21:56 | 星の王子さま故郷に還る? ガーディアン・オブ・ギャラクシー リミックスを含むブックマーク

 早いもので2017年も、もう5月が終わり半分に達しようとしている。よく6月に入った途端に「もう今年も半分過ぎた!」って焦る人がいるけれど、焦りすぎ!6月が終わって半分経過ですよ!とはいえ夏に入ると今年は例年にも増してアメコミ、ヒーロー映画とでも言えるものが多く公開されて、明日、6月1日は20世紀FOXX-MENシリーズの最新作にてヒュー・ジャックマンの演じるウルヴァリン最後の作品「ローガン/LOGAN」が公開、7月は日本発のスーパーヒーロー「パワーレンジャー」の映画版最新作が公開、そして8月に至っては「スパイダーマン:ホーム・カミング」「トランスフォーマー最後の騎士王」「ワンダー・ウーマン」がほぼ一週おきに公開される!大体これらの作品はよほど出来が悪くない限りは複数回観ると思うので(可能なら字幕と吹き替えで一回づつ)財布的には嬉しい悲鳴ですね。他には日本の漫画の映画化では福田雄一監督の「銀魂」なんかは少し気になっていたりします*1

 さて、そんなアメコミ、ヒーロー映画を引っ張っているのはご存知「マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)」。去年は傑作「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」1作だけだったが、今年はその反動か一気に4作が公開(予定)。うち1作は1月公開の「ドクター・ストレンジ」で新しいヒーローの登場であったが、今回はあのお騒がせチームが再登場。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」を観賞。そういやちょっと福田雄一ぽい描写もあったよ。

f:id:susahadeth52623:20170525161810j:image

物語

 ロナンの野望を阻止し、ノヴァ軍から新しい宇宙船をもらったピーター・クイルたち「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の面々。それから少し後、今彼らはソヴリンから貴重なアニュラックス電池を警護する仕事を依頼されていた。迫り来る宇宙怪獣から見事電池を守ったGotGは報酬としてソヴリンの捕虜となっていたネビュラを貰い受ける。ガモーラの義理の妹で宇宙のお尋ね者だ。彼女をザンダー星に連れて帰ろうとしたその矢先、突然彼らはソヴリン軍の攻撃を受ける。実はロケットが(あまりに盗みやすいのでつい)電池を盗んでいたのがばれたのだ。ソヴリンの大軍勢にピンチに陥ったガーディアンズだが、そこに謎の宇宙船が現れソヴリン軍を一掃。近くの惑星に不時着したガーディアンズの前に現れたのはエゴとなのる男性で、彼はクイルの実の父親だという。かつてヨンドゥに地球から息子を連れてくるように依頼したがヨンドゥはクイルを拉致こそしたがエゴのところへは連れていかなかった。インフィニティ・ストーンである「オーブ」を素手で持っても耐えられた男スターロード=ピーター・クイルの噂を聞いて、自分の息子であると確信、探していたという。半信半疑ながら惑星宇宙船の修理を行うロケットとベビー・グルート、捕虜であるネビュラをおいてエゴの宇宙船で彼の惑星に向かう一同。

 エゴの惑星において、クイルはエゴが強大な力を持つ「セレスティアルズ=天人」であり惑星そのものでもある事を知る。彼は何万年もかけて宇宙を旅しその中でクイルの母親メレディスと出会い愛を交わしたという。その力はクイルにも受け継がれている…父親との出会いと自分の力に有頂天になるクイルだったが、エゴの従者でもあるマンティスはドラックスに恐ろしい秘密を打ち明けようとしていた。

 一方その頃、留守番のロケットたちの前に、ソヴリンの女帝アイーシャの依頼を受けてヨンドゥたちが現れた。しかし何かとクイルに甘いヨンドゥに業を煮やした部下たちが反乱を起こし、ロケットたちはヨンドゥとともに囚われの身になってしまう。そしてその反乱に手を貸したネビュラはラヴェジャーズから手に入れた宇宙船で一路エゴの惑星を目指す。姉であるガモーラを殺すために!宇宙のはぐれものたちの明日はどっちだ!?

 前作の感想はこちら。

 前作が1988年のクイル少年のアダプテーションから26年後(2014年)が舞台だが、今回は1980年地球から始まって34年後(2014年)が舞台なので前作からそう、間は開いていない設定の模様。少なくとも「シビル・ウォー」より以前の出来事という形になり、それでほんのちょっとだけ矛盾がある(がこの辺はスタッフの遊びなので特に問題はなし)。

 タイトルは原題が「GUARDIANS OF THE GALAXY VOL.2」で文字通り続編なのだが、邦題はVOL.2ではなくリミックス。安易に「2」を使いたくない(続編というのを前面に出すと前作見ていない客が敬遠する可能性があるからか?)のか分からないが、あまり良くない改題。というのも「リミックス」からは続編というより「元の作品を再編集したりVFXを補強したりした特別編」というイメージがあるからだ。音楽における「リミックス」はそんな感じだろう。続編につけるタイトルというよりはディレクターズ・カット版だったり、3D仕様にした特別編だったりに適した題。純然たる続編につけるタイトルではない、と思う。後はこの邦題をつけるにあたって、勝手に日本配給側が監督に「日本のファンにも好評なんですよ」みたいなこと言ってたらしいので(本当は好評も何もファンは関わってない)その辺もなんだかなあ、という感じ。MCUユニバーサルからディズニーに変わって以降、こういう「余計な一手間」が多くなって、あんまり良い印象はないですね*2

 個人的に文章みたいな長い原題だったり、社会派・恋愛映画とかは独自の日本語邦題もいいとは思うけれど、アクション映画だったりアメコミヒーロー映画の類は基本的に原題をカタカナにしただけの邦題で良いと思います。

 さて、本編。前作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はこれまで地球を主な舞台として展開してきたMCUの中では広大な宇宙そのものを舞台とし、またいわゆる「コスチュームを着たヒーロー」が登場しないことで、ずいぶん趣を変えた作品であった。それでもコレクター(「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のラストで登場)が出てきたり、サノスが出てきたり、キーアイテムである「オーブ」がこれまで語られてきた「インフィニティ・ストーン」の一つ(ほかは4次元キューブやエーテルなど)であることが明かされたりMCUの他の作品と地続きであることは示されてきた。最終的には地球のヒーローたちと合流もするはずで、今回は前作よりももっとMCUの他の要素との関連が強調されるかな?と思ったりしたのだが、結果としては前作以上に独立性の強い作品であった。それでは例によってキャラクターごとに。

f:id:susahadeth52623:20170326184343j:image

スターロード

 本名ピーター・クイル。1988年にヨンドゥ達によって地球から誘拐され、そのままラヴェジャーズの一員として育った宇宙の自称プレイボーイ。前作のラストで彼の父親が宇宙人で、どうもヨンドゥはその正体を知っている風であることが示されたが、本作で正体が明らかに。宇宙のはぐれもの集団の(一応)リーダーとして頑張るが、彼以上に個性的な仲間を統率するのはとても大変な模様。

 父親がエゴと判明し、それが神にも等しい存在で、しかも自分にもその力があると知って調子に乗るが最終的には真の家族=仲間の元へ帰る。今回の物語は血統上の家族か、それとも血は繋がっていなくとも絆によって結ばれた本当の家族か?みたいなのがテーマとしてあると思う。

 ガモーラとはほぼ相思相愛ながら決定打には至っていない模様。

 クイルは父なしの子どもとして過ごしたので、地球にいた頃は「オレの親父はデヴィッド・ハッセルホフだ」とホラを吹いていたらしい。それが実はカート・ラッセルだった!これは日本で言うと「オレの親父は千葉真一だ!」って言ってたら本当の父親は藤岡弘、だったみたいな感覚だろうか。そりゃカート・ラッセル父親として名乗りを上げたらクイルでなくとも有頂天になるよね。この二人は元々マーベルとは縁が深く、ハッセルホフはTVでシールド長官ニック・フューリーを演じたことがあるし、カート・ラッセルの代表的な役である「ニューヨーク1997」「エスケープ・フロム・LA」のスネーク・プリスケンの少なくとも外見のモデルの一つとしてニック・フューリーがあると思うのでカート・ラッセルとデヴィッド・ハッセルホフがマーベル映画に出てる、というだけでも感慨深い。

f:id:susahadeth52623:20170525161747j:image

 前作のラストの彼が特別な宇宙人の血をひいていた、それゆえにオーブのエネルギーに耐えることが出来た、という結末に対し、「なんだよ結局血統かよ」「仲間との絆で耐えられたんじゃないのかよ」みたいな不満が少しあって、今回はその辺に対するアンサーでもあるのかもしれない。結局クイルの持つ特別な力が、今回以降どうなるのか分からないが、決して彼の魅力はその力にあるわけではないのだなあ。

 演じるのはMCU三番目のクリスことクリス・プラット。キャラクターとしてはほぼ変化はなく飄々とした余裕ある様はあまり地球のヒーローたちには見れらないところ。はやく他のクリス(キャップ&ソー)達との共演が観たい!

 ちなみに今回も「スターロード」とはほとんど呼ばれません。

ガモーラ

 サノスの養女、ネビュラの姉。肌の色が緑で一応ヒロイン。姉御。肌の色なんかについてはこの映画、青かったり緑だったりピンクだったり金色だったりといわゆる地球人の肌の色をしている人種のほうが珍しいくらいなので全然気になりませんね。幼い頃からネビュラと戦わされてて、負けると罰を受けたり肉体改造されていたのだが、まったく空気を読まずネビュラに連勝を続けた人。その辺でネビュラの深い恨みを買っている。

 演じるのはゾーイ・サルダナ。「スター・トレック」の方ではウフーラを演じ、「アバター」では青い肌のネイティリを演じていたので、これで「スターウォーズ」なんかにも出た日にはもうスペースオペラ全制覇といってもいいのではないか。

ドラックス

 破壊王。前作では妻と子供をロナンに殺された男としてロナンへの復讐に取り憑かれていて、そんな彼が新たな家族=ガーディアンズを得る話でもあった。比喩表現が理解出来ない人、としてコメディリリーフでもあったが、今回は更に明るいキャラと変貌を遂げ、比喩表現ではなく、婉曲表現が出来ない人へと進化。結果としてマンティスと「お前は恐ろしいほどに醜い外見だがいい奴だ」みたいなことを言い合う仲に。後はマンティスがサイコセラピーとして触れた相手の感情を和らげたり、それを応用して睡眠導入の手助けをしたりしている、と聞けば「オレに試してみてくれ!」と率先して実験台になりたがる人でもある。

 というかですね。今回このドラックスのキャラクターはほぼヨシヒコなのですよ。福田雄一監督の「勇者ヨシヒコ」シリーズの主人公、山田孝之演じるヨシヒコそっくり。外見の美醜を全く悪気なく連呼したり、メレブ(ムロツヨシ演じる魔法使い)の新魔法に率先してかかりたがる。

 演じるデイヴ・バウティスタはご存知WWEの元スーパースターバティスタ。前作からの間には「007スペクター」の敵役も経てすっかり俳優業も板についてきた。まだロック様ほどの演技の幅はないけれど、今回は前作にも増してコメディリリーフとしての活躍度が高いので、今後はいわゆるアクションと関係ない映画とかでも重宝されそう。ガタイが良くて強面、でもよく見りゃ人懐っこい容姿というのは素晴らしい。

ロケット

 凶暴アライグマ(に改造された人…らしい)。今回もトラブルメーカーとして大活躍?普通にいろんな面で優秀なところを見せるけれど、どうしても一波乱起こさずには要られない。今回も物語の発端となる電池を盗むのに始まり、クイルやヨンドゥと口喧嘩しながら物語をかき乱します。しかしその裏には異形ゆえに排他され、けど実は人一倍寂しがり屋でもあるという本音が存在する。わざと問題を起こしてそのことで起きる自分への対応で立ち位置を常に確認しているという感じか。

 声の演技はブラッドリー・クーパー。いずれご本人もなんらかの形で姿をあらわすと良いな。

ベビー・グルート

 私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。私はグルート。*3

ヨンドゥ

 ラヴェジャーズのリーダー、と前作ではなっていたが、ラヴェジャーズはもっと大きな組織で、その中でヨンドゥのグループは組織の掟を破ったことで爪弾きされていた模様。幼いピーター・クイルを拉致ったのはエゴの依頼を受けて、でもエゴの正体(というかそれ以前に連れて行ったエゴの子供たちの末路)を知ってクイルをエゴの元にやらず自力で育てた、育ての親。その口の悪さと相反してクイルに愛情は確か。荒くれ者揃いで更に嫉妬深いラヴェジャーズの面々からはあまりのクイルへの甘さについに反乱を起こされる。一時は絶体絶命の危機の陥るが新型フィン(頭のトサカ部分にあたるマシンでこれを装備することで口笛で矢を操る)を装着して裏切り者を一掃!前作でも見せたが口笛を吹いた時の彼は無類の強さを誇る。

 演じるのはマイケル・ルーカーである意味今作の主役。

 他のラヴェジャーズに反乱の首謀者テイザーフェイスやヨンドゥの忠実な部下ながらそれ故にクイルへの嫉妬で反乱に加担するクラグリンなどがいる。クラグリンは前作でも出てきたが演じているのはショーン・ガン。ジェームズ・ガン監督の弟です。

f:id:susahadeth52623:20170525161753j:image

エゴ

 カート・ラッセル父親だったらいいな、という人類誰もが持つ願望を叶えた存在。元々は巨大な脳みそだったが、長年宇宙をプカプカ漂っているうちに自身を核として惑星を形成。さらに自分の分身として人型のカート・ラッセルを創りだしいろんな星に子種(カート・ラッセルがその星の住人と作った子、及び惑星エゴの分身みたいなものをその星に植えつける)を蒔いてきたが、唯一父親の性質を受け継いだまま成長したのがクイルであった。惑星エゴの地下には父親の性質を受け継がなかったため栄養分となった幾多のエゴの子どもたちの死体が存在し、最終目的は宇宙自体をエゴそのもので満たすこと。しかしクイルのウォークマンを壊し、目的のためにわざとメレディス(ピーター・クイルの母親でエゴの恋人だった)を死なせたことが判明し、クイルの怒りを買ってしまうのだった。

 演じるのはカート・ラッセル(とデヴィッド・ハッセルホフ)。吹替だと一瞬のハッセルホフのセリフでちゃんとささきいさおになっているのが偉い(後述するスライの出番と一緒に収録したんだと思うけど)。

マンティス

 エゴの従者。見た目は触覚の生えた黒目の東洋人美人と言った感じだが、幼虫だった時期があるようで昆虫に近い生体をもつ宇宙人の模様。エンパスで触れた相手の感情を読み取ったり、その感情を変化させたりすることができる。その応用でエゴの睡眠を手助けする。ドラックスと意気投合するが互いにルックスは全然タイプでない(というか嫌悪感さえ覚える醜さであるらしい)。エゴのこれまでの悪行も知っていて最終的にエゴを裏切りガーディアンズに着く。

 演じているのはポム・クレメンティエフという人で韓国系の父とロシア系の母の間にフランス人としてケベック州カナダ)で生まれる、という経歴。ちょっとステレオタイプな東洋人女性の印象もある。

ネビュラ

 サノスの養女、ガモーラの義理の妹。幼い頃から姉と戦闘訓練では負け続け、結果として全身改造のサイボーグとなった。それ故姉と父に対する恨みは半端無く、執拗にガモーラを狙う。最終目的はサノスの死。しかし父親に対する恨みと姉に対する恨みは微妙に違い、姉に対してはもっとお姉ちゃんとして振る舞って欲しかった、という感じで最終的には仲直り。ガーディアンズとして仲間にこそならなかったが、今後も関わりあっていくのでしょう。

 演じるのは前作に引き続きカレン・ギラン。特殊メイクでよく分からないけれど普通に美人です。ちなみに今年のアカデミー賞を賑わせていた「ムーンライト」(観てない)のポスターを見ると、どうしてもネビュラを思い出してしまう。

アイーシャ

 全身金色のソヴリンの女帝。ソヴリン人は精神も肉体も完璧にデザインされ、生殖でなく人工的に生み出される種族、とのことなのだが、いやむしろかなり精神的には不安定じゃねえの?って感じ。無人戦闘機を操縦するのだけれど、その様子や先にやられた操縦者が生き残った操縦者の後ろに立って応援しているシーンとか完全にゲームセンター。精神が完璧どころかプライドだけは高いティーンエイジャーしかいない社会なんじゃねえか?

 その中でもアイーシャは執拗にクイルを狙いラヴェジャーズに依頼、後には自ら出張る。しかしそれにも失敗しソヴリンの指導者としての地位を危うくするのであった。

 演じるのは「華麗なるギャッツビー」「コードネームU.N.C.L.E.」の長身美女エリザベス・デビッキ。今回もその整えられた鉄面皮の中に時折見せる歪んだ感情が魅力です。クイーン・オブ・高飛車

f:id:susahadeth52623:20170525161801j:image

 今回は前作以上にギャグシーンが多く、ちょっと辟易した部分も。コメディ映画はその辺で客を選ぶ。ただ、より監督のジェームズ・ガンの個性は出ていると思う。後は先述した通りMCUとして他の作品とのつながりは前作以上に希薄。サノスがセリフの中に出てきて、ウォッチャーとかハワード・ザ・ダックが劇中の物語に影響ない部分で登場する程度。劇中時間経過は前作から一年も経っていないので「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」以降「シビル・ウォー」以前だと思われる。一応エゴが地球に植え込んでいた星の種子が成長し暴走するシーンで他の惑星と並んで現在(2014年現在)の地球も登場するのだけど、このブロブみたいなのが町を飲み込んいく事態においても特に他のヒーローが出動したということなく、MCUとしてはかなり独立した作品ではある。

 前作より順当にパワーアップした作品だけれど、前作を踏まえて、という描写も多く、その意味で邦題を「リミックス」にしてしまったのはやはり残念。

 音楽方面はスコアの他は相変わらず70年代音楽がメイン。しかし!本作ラストで古いウォークマンに替わり一台に1000曲ぐらい収録されてる携帯型デジタル・オーディオプレイヤーをクイルは手に入れたので今現在の地球のヒット曲も聴くことでしょう。これで地球に来る準備はバッチリだ!

f:id:susahadeth52623:20170429172659j:image

 ゲスト出演者は多く、ラヴェジャーズの真のリーダーとしてシルベスター・スタローンが登場。一緒に出てくる全身クリスタル状の男はマイケル・ローゼンバウム(アニメジャスティス・リーグ」のフラッシュや「ヤング・スーパーマン」のレックス)、分かんないよ!ラスト近くに出てくる女海賊といった感じのキャラはミシェル・ヨー。先述したハワード・ザ・ダックは声がセス・グリーン。彼らは続編でもまた出てくるかも。

 そして毎度おなじみスタン・リー御大も当然登場。今回は宇宙飛行士の格好でウォッチャー相手に話をしている老人、という形で何度か登場。このウォッチャーはマーベル宇宙の神様みたいなキャラの一人で(ギャラクタスなんかと同類)、宇宙のあらゆることを見届け記録する人。で、MCUで登場するスタン・リーは時代も場所も様々でとても同一人物とは思えない(というかその時々のゲスト出演だから、出てくるスタン・リーが同一人物である必要はないんだけど)。そんな次元を超えて存在できるキャラといえばウォッチャーであって、実はMCUに登場するスタン・リーウォッチャーなのではないか?というファンの間でまことしとやかに広まった都市伝説を逆手に取ったものが今回の登場シーン。ここでは「配達員をしていたこともある」と「シビル・ウォー」でのゲスト出演を話すが、先述した通り、今回の物語は時間軸上では「シビル・ウォー」より前の出来事なので、矛盾する。が、まあ誰も気にしちゃいないよね。

EXCELSIOR!

D

 エンドクレジット後のおまけはガーディアンズに敗れてすっかり意気消沈したと思われたアイーシャの姿。しかし彼女はまだ諦めておらず、新たな戦士を生み出そうとしている。その名はアダム。というわけでアダム・ウォーロックの誕生を匂わせて終了。アダム・ウォーロックは「インフィニティ・ガントレット」などで活躍するヒーロー。決して宇宙の敵になるキャラではないはずで「インフィニティ・ウォー」での活躍が期待される。個人的にはネイサン・フィリオンあたりに演じてもらいたいです*4

GUARDIANS OF THE GALAXY WILL RETURN.

 ラストは再び「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは帰ってくる」の字幕。一応今後予定のMCU作品は8月に「スパイダーマン:ホームカミング」11月に「マイティ・ソー バトルロイヤル」と続き、再び「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の面々が登場するのは2018年の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」二部作となる予定。今度こそMCUの他の面々との共演が待っている!(その後、「GUARDIANS OF THE GALAXY Vol.3」も予定されている、が2020年ぐらいの話なので当分先と思っておこう)。

 今回の物語は家族と仲間が前作以上に重要視されている。奇しくも「ワイルド・スピード ICE BREAK」とキャスト・テーマ的に共通する作品だった。特に実の父親が出てくるからこそ養父であるヨンドゥやガーディアンズの仲間たちとの絆が強調されていた。ギャグや世界観でついていきにくい部分はあるかもしれないけれど、テーマは普遍。是非劇場で観て欲しい一作。

*1アニメの「銀魂」が相変わらずの悪ノリで現在「よりぬき銀魂さん」を放送中なのだが、実写映画版もネタにしつつ、映画の情報番組としても成立している。どうせ「よりぬき」でやるなら、例えば実写版のキャストにアニメ版の過去のエピソードを吹替させて公開までの間に違和感を多少でも解消、逆に実写版アニメキャストによる吹替版も公開!とかなれば互いにWin-WInだと思う。銀魂なら行けそうな気もするのだが…

*2:11月公開の「THOR:RAGNAROK」が「マイティ・ソー バトルロイヤル」という荘厳さとはかけ離れた邦題になってしまって頭を抱えている。予告編を観るとそりゃ「移民の歌(ブルーザ・ブロディの入場テーマ)」をバックに最終的にはローマコロッセオ風の闘技場でソーとハルクが一騎打ち!というものなのでプロレス感というかバトルロイヤル感は確かにあるけれど、最終的にどうなるか分からないし、「ラグナロク=神々の黄昏」はそれほど日本人にも馴染み薄い言葉というわけでもないだろうし、変えるにしても何故そうダサい方へ変えてしまうのか日本の配給会社の考えることはよくわからない。

*3:最終兵木。前回仲間を助けるためにその身を犠牲にして、結果今回は残された若木からベビー・グルートとして登場。前作のエンドクレジット間のおまけではまだ鉢植えでジャクソン5に合わせて踊るフラワーロック状態だったが、今回は冒頭から動きまわっている。ベビーというのは単にまだ小さい状態の外見だけでなく、どちらかと言えば老成していたような前作のグルートに比べて精神的にも幼い。前作のグルートと今回のベビー・グルートが全く同じ人格かというと必ずしもそうではなくて、一応、人格、記憶などを受け継いでいるけれど微妙に別人なのかも(と僕は判断)。「ドラゴンボール」でいうピッコロ大魔王青野武)が死ぬ間際に自分の分身として卵を産んで、そこから産まれたピッコロ大魔王古川登志夫)がピッコロ大魔王青野武)の記憶・人格を受け継ぎながらも別人、というのに近いのかも。声は完全に子供の声に加工されているがヴィン・ディーゼル。セリフはお馴染み「I am GROOT.(私はグルート)」のみ!でも「スターウォーズEP7」のアストロメク・ドロイドBB-8がその子供さ故に感情が分かりやすかったのに似て、前作のグルートよりはどんな感情で「私はグルート」と言っているのか分かりやすかったように思います。マスコット的にガーディアンズからもラヴェジャーズからも可愛がられているベビー・グルートだが、ちょっとそのあざとさは鼻についた感じも。でも次はもうちょっと成長、反抗期のグルートが出てくるはずなので次の活躍にも期待だ!

*4:ネイサン・フィリオンは今回もカメオ出演したようなのだがカット。これはより重要な役でMCUに登場させたい、という思惑なのだと好意的に解釈したい

2017-05-20

ファミリーの集結・散会・再集結! ワイルド・スピード ICE BREAK

| 21:37 | ファミリーの集結・散会・再集結! ワイルド・スピード ICE BREAKを含むブックマーク

 例によってお久しぶりでございます。まあこの間新作はほとんど観ず、ルーク・エヴァンスカート・ラッセルヴィン・ディーゼルの3人のうち誰かがで出てる作品しか観ていない、観る気がしない状態だったので仕方がないですね。ちょっとここ最近真面目な映画を見る気力が減退してて、ただただ楽しい映画にうつつを抜かしていたのです。

 というわけで、ルーク・エヴァンスカート・ラッセルヴィン・ディーゼルの3人が3人共出演している「ワイルド・スピード ICE BREAK」を観賞。

f:id:susahadeth52623:20170508095447j:image

物語

 キューバハネムーンを過ごすドムとレティ。そこへ謎の美女が現れ、ドムを自分の部下へ誘う。一方、ホブスは電磁パルス砲(EMP)がドイツ反体制派に奪われたため、それを取り返す任務を与えられ、ドムたちをを招集する。作戦は成功し、簡単に任務を終えたと思った矢先、ドムが突然裏切りEMPを略奪、ホブスも現地警察に捕まってしまう。

 刑務所に収監されるホブスにミスター・ノーバディが現れ取引を持ちかけられるがホブスはこれを拒否。地力で出ることを誓う。ホブスの独房の前にはかつての敵デッカード・ショウがいた。ホブスの独房の扉が開き、混乱に生じてショウが脱獄、ホブスもこれを追うが全てはノーバディの仕組んだことだった。

 ドムを裏切らせたのは国際的ハッカーであるサイファー。かつてデッカードの弟オーウェンにナイトシェードの奪取を命じて、そして見捨てた女でもある。ノーバディはドムのファミリーとホブス、そして自分の部下であるリトル・ノーバディを加えさらに宿敵であったはずのデッカードも加えたチームでドムとサイファーを追う。ゴッドアイを使いドムの居場所を探るとそこは今いる基地。直後、ドムとサイファーが襲撃を加えゴッドアイを略奪。果たしてサイファーの目的は?そしてなぜドムはファミリーを裏切って彼女に従っているのか?

 前作の記事はこちら。

 前作の時点ではシリーズをほぼ見ていない状態で挑み、結果として凄え楽しかった!という感じだったのだけど、今回はちゃんとシリーズ全部見てから行きましたよ。で、過去にTVでやっていた時にながら見、していた事もあって、見ていたもの、見ていなかったものあったのだけど、結果として全部面白かったです。一応、最初の3作と後半の4作ぐらいの感じで分けられて、劇場公開時にもエンドクレジットの後の次作への含み映像はあったそうなので、もう4作目の「ワイルド・スピードMAX」から「SKY MISSION」までは連作と言っていいのだろう。

 前作の感想で、「SKY MISSION」でシリーズ最後、みたいなことを書いていたけれど、これが何か映画の記事を読んだのか、それとも作品の終わり方を持って勝手に自分で総判断したのか、ちょっと思い出せないのだけど、元々シリーズは続く予定で、でも主演のポール・ウォーカーの不慮の死亡事故で、制作するかどうか一時停止状態だった、というのが真相らしい。結果としてポール・ウォーカーの意思を存続させる、ということもあってシリーズは続行。この「ICE BREAK」と始めとして新たに9、10作目を制作し、全10作で完結させる予定らしい。本作もこれまでの集大成であるとともに、続編への含みを残します。

 で、これまでシリーズを見てきた人には常識なんだろうけど、にわかファンとして、一応シリーズの時系列を整理しておきたい。というのも前作「SKY MISSION」はシリーズ初見の僕が観ても、特に困ること無く見れたが、逆に本作はある程度シリーズを俯瞰しておかないと理解が難しいところがあるからだ(もちろん観てなくても楽しめるとは思うけど物語、キャラクターの設定的に理解不足が起きると思う)。

 シリーズは順番に1から8まであるが(間に短編もあるようだが未見)、1→2→4→5→6→3→7→8(本作)という形で4〜6でファミリーとして活躍したハンが6で恋人(ガル・ガドット=ワンダーウーマン!)を失った後、東京に行き、そこでの物語がシリーズ外伝的な扱いの「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」。そして3本編中で事故死するが実はこれが事故ではなく弟の敵を討とうとするデッカード・ショウの仕業であったことが6のエンディング、7の冒頭などで明かされる。ちなみにハン(サン・カン)、シリーズ中で一番格好いいキャラクターだと思う。3のラストで主人公ショーンにドムが会うがこのシーンの続きも7の中に挿入されている。

 ドウェイン・ジョンソン(ロック様)の演じる外交保安部のホブスが出てくるのは5作目「MEGA MAX」で、今回重要な役割を果たすエレナもここで登場。前作ではカート・ラッセルミスター・ノーバディと凄腕ハッカーラムジーも加わり今回に続く。なおポール・ウォーカーのブライアンとその妻でドムの妹ミア(ジョーダナ・ブリュースター)は劇中では引退したということで名前は出てくるけれど、決してその平穏を壊してはいけない、ということで仕事には呼ばれない。劇中では亡くなってはいないけれど、演出的にはポールに捧げるような感じ感傷的な感じになっているし、シリーズが続くなら出てこないのは不自然なので死亡したことにしないときつそうではある。

f:id:susahadeth52623:20170508095445j:image

 さて、本作は邦題が「ICE BREAK」となっていて(原題は「The Fate of the Furious」と「Fast & Furious 8」の二種類あるようだが、本編で出てきたのは「Fast & Furious 8」の方)、これは後半のシベリアの氷原を舞台にしたシーンからとられている。ただ作品自体は常夏のキューバから始まり、ベルリンニューヨーク、と世界を股に掛ける物語である。ただその全てに自動車が深く関わっているのが本シリーズの特徴。今回も氷の上をスーパーカーが走ったりする非現実的なヴィジョンの他にも様々な自動車が活躍します。

 主人公ドムはヴィン・ディーゼル。今年は「トリプルX再起動」の他に「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス」もあり、本作含めいずれも血のつながりだけではない絆によって結ばれた擬似家族「ファミリー」もの、ってあたりヴィン・ディーゼルの天性のキャラクター性を感じさせる。本作では更に、わけあってファミリーを裏切ることで、リディック(「リディック」シリーズ)のような冷徹な凄腕の姿も垣間見せることでヴィン・ディーゼルの集大成ともなっているような気もする。公の法よりも自分ルールを優先し、しかしそれを厳格に守る、という意味でも、ザンダー、リディック、ドム(そしてグルート)は共通するものがあるしね。

 本作でドムがファミリー裏切る理由は、もうひとつのファミリー、エレナとその息子のため。この辺、シリーズを見ていないと分かりづらくて、エレナは「MEGA MAX」で初登場し、その時はホブスの部下だったが、ドムと付き合うようになる。ところが「MAX」で死んだと思われたドムの恋人レティが生きていたことが判明する(EURO MISSION)と自ら身を引く。「SKY MISSION」では再びホブズの部下として活躍したが、この時にはドムの子供を出産していたことに。そして今回息子と共にサイファーに拉致され、ドムを操るための人質とされる。ちなみに初登場時は武井咲の声でした。

 ロック様ことドウェイン・ジョンソン演じるホブスもシリーズを重ねるごとに主役に近い活躍を見せるようになっていくが、今回はそのセリフ回しから、過去に出演したどの作品よりも一番WWEのリングあるいはバックステージでのロック様に近い印象。最初の娘のサッカーチームのコーチの時から捕まってのデッカードとのやりとりとかほぼロック様って感じだった。ロック様はサモア系とアフリカ系のハーフだが、ホブスは娘のサッカーチームに試合前にハカをやらせているところをみるとマオリ系という設定なのかな。ちなみに左腕のサモア伝統の刺青はもちろん、右腕の眉を上げたブラマ・ブル(聖なる牡牛)の刺青もそのまま消すことなく(作品によっては当然消されることも多い)活躍。製作中にはヴィン・ディーゼルとの不仲も語られたりしたし、実際はどうなのか分からないが、少なくとも劇中そんな素振りは感じられず。あれかな、ドムが裏切ってホブスに冷たい視線を浴びせるシーンがあったりするのでその辺の役の関係性が誤解を生んだのかな、と良いように解釈したい。

 美人ハッカーラムジーをめぐる恋のライバルでもあるローマンとテズのやりとりも毎回楽しい。ローマンは毎回、「あれ?こいつムードメイカー以上の役にたってる?」って思ったりもするんだけど彼がいるといないとで作品の雰囲気もずいぶん変わるよね。ん?やっぱりムードメイカーか?とはいえ今回は囮になったり氷のしたの水に沈んだり活躍します。

 退場するメンバーも居る一方で毎回新しくファミリーに加わるキャラクターも。前回はハッカーラムジーが加わり、ファミリーという感じではないが謎の人物ミスター・ノーバディが登場した。今回はなんとデッカードがそこに加わる。一応ハンを殺した張本人なので、ドムたちにとっては不倶戴天の敵であるはずだが、弟のオーウェン・ショウと違って組織を組んで戦った感じでもないためか、どこかカラッとした関係ではあった。今回は復活したオーウェンの他に二人の母親も登場し、擬似ではない本当のファミリーとしての絆も見せる。ルーク・エヴァンスオーウェンはクライマックスで登場し、デッカードとともにサイファーの移動基地でもある飛行機を制圧するが、そこでの登場のみ。さすがに「EURO MISSION」観るとデッカードと違って犯罪組織の長としてレティ他に酷いことしているからちょっと顔をだすのは辛いかな。

 そして二人の母親がヘレン・ミレンで、もう出てくるだけでこの母親にして息子あり、という説得力。どうやら裏社会(登場したのはNYだがイギリスの裏社会?)の実力者でもあるようで犯罪一家の肝っ玉母ちゃんである。スピンオフとしてこの家族の物語も観たい!もうなんとなく二人の父親も妄想してしまう。候補は二人いて、一人はアンソニー・ホプキンスでこの場合、英国政府の大物。もう一人はブライアン・コックス。こっちの場合はともに別の犯罪組織のボスで今も昔も敵だったっリ味方だったり、みたいな。

f:id:susahadeth52623:20170508095446j:image 

 カート・ラッセルが出てる映画に外れなし!というわけで本作にも出ているカート・ラッセルミスター・ノーバディ。彼自身は前作で少しあったアクションも今回は無く、代わりに加わるのが彼の部下であるリトル・ノーバディ。このリトル・ノーバディってのはローマン(タイリース・ギブスン)がバカにした言い方が定着役名になったもので正式な本名は不明だが、やる気も能力もあるがまだまだ青二才である、ッて感じ。ポール・ウォーカーが退場して、ファミリーにほぼ白人がいない状態で若い白人担当といったところだろうか。ローマンと口喧嘩シーンが多いのもポール=ブライアンの代理ぽくもある。演じているのはスコット・イーストウッドで名前で分かる通りクリント・イーストウッドの息子。ちょっとした表情は父親によく似た精悍さだが、どこかお坊ちゃんっぽい甘さが見えるのも2世ならではか。クリント・イーストウッドの息子をカート・ラッセルが鍛えているってのも愉快な構図で映画という虚構を越えた面白さ。アクションもしっかりこなした上、ローマンとの漫才ではコメディ演技も魅せてくれたのでシリーズ次作でも活躍するだろうし、他の映画でも今回のリトル・ノーバディ役が活きるだろう。

 今回の敵はシャーリーズ・セロンサイファー。一応5以降の敵の黒幕だったということになっている。彼女自身はアクションはしないが、本作でも生き残り次作でもまた出てくるろうことが示唆される。「ワイルド・スピード」といえば自動車、そしてシャーリーズ・セロンといえば「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」。ウォータンクを運転していたフュリオサである。なので今回は黒幕にとどまって彼女が運転する、アクションするシーンが無かったのは残念。その辺は次への楽しみとしていこう。

f:id:susahadeth52623:20170508095444j:image

 アクションとしてはもうシリーズ最初の頃のカーアクション、という趣とは完全に別物で潜水艦に追われたり、NYではゾンビカー(運転手のいない、あるいは運転手の意思と関係なく自動車サイファーハッキングで勝手に文字通り「自動車」となり役目を果たす)とかほぼSFなんだけどあんまり作品の雰囲気と離れていないというか、一応このシリーズSFではなく現代アクションに分類されるけど、マイケル・ベイ版の「トランスフォーマー」とか「TMNT」とかあるいはスティーブン・ソマーズの「G.I.ジョー」とかとクロスオーバーさせても違和感がない感じはしますな。

 他にも冒頭キューバでやりあった相手が密かにドムの手助けしたり、6、7では出てこなかったテゴとリコがちょっとだけ出てきたり、キャスト的にも集大成。最初のほうでも書いたけれど、今回はシリーズを見てから観たほうが良いと思う。ミシェル・ロドリゲスが冒頭でドムとの子供を欲しがるが、ラストでは新たにドムの子供をレティに紹介し、新たなファミリー(その席にはホブス親子やミスター&リトル・ノーバディ、デッカードもいる)と食事をするいつものラストシーン。息子に付けられたファーストネームは「ブライアン」(エレナが付けたミドルネームはマルコス)。

D

 今回はエンドクレジット後などに直接続編に続くオマケ映像はなし。ただ9,10作目の製作はもうアナウンスされているようだし、先述した通り、黒幕サイファーは逃げおおせた。「X3 TOKYO DRIFT」の主人公ショーンルーカス・ブラック)なんかもファミリーに加わるはず。より一層のパワーアップした活躍をきたいしたい。

FAST & FURIOUS 8: THE ALBUM

FAST & FURIOUS 8: THE ALBUM

2017-04-30

当世風昔からの物語 美女と野獣

| 22:11 | 当世風昔からの物語 美女と野獣を含むブックマーク

f:id:susahadeth52623:20170430214827j:image

美女と…

f:id:susahadeth52623:20170430154749j:image

野獣。

f:id:susahadeth52623:20170430192752j:image

そして…

f:id:susahadeth52623:20170430154752j:image

美女で野獣

 4月は結局1日に「キングコング」と「レゴバットマン」を観たっきり劇場での映画鑑賞が出来なかったのだが、終盤になって何とか新たに1作だけ観賞できた。それがディズニー1991年の名作アニメの実写リメイク作品。ビル・コンドン監督作品、「美女と野獣」を観賞。

f:id:susahadeth52623:20170430154754j:image

物語

 むかしむかしのフランス。森の奥深くにある城には若く美しい王子が住んでいましたが、この王子はとてもわがままで傲慢でした。毎晩のように繰り広げられる宴の最中、一人の老婆が城を訪れ一輪の薔薇と引き換えに一晩の宿を求めましたが王子はこれを無碍に断りました。すると老婆は美しい魔女に変わり王子と城の住人たち、そして城全体に呪いをかけてしまいます。王子は醜い野獣に、召使いたちは家財道具へと姿を変えられました。魔女は言います。赤い薔薇の花びらが全て落ちて枯れ果てるその日までに王子が人を愛し愛されなければ野獣のまま二度と人には戻れないと。またお城の記憶も人々から消してしまいました。

 城の近くにある村に住むベルは村一番の美しい娘でしたが読書が好きなため変わり者扱いされていました。村で一番ハンサムででも乱暴者のガストンはベルト結婚しようとちょっかいをかけてきますがベルにそのつもりはありません。ある時ベルの父モーリスが時計を納品に家を開けますが途中で道に迷い、狼から逃れてお城にたどり着きました。モーリスは城に入り暖を取ろうとして、テーブルにあった食事を勝手に取りますが、その時ティーカップが動き彼に声をかけてきた事に驚いて急いで城を後にしようとします。入り口で薔薇を見かけたモーリスはベルからのおみやげが薔薇だったことを思い出して一輪摘んだその時、恐ろしい野獣にとらわれてしまうのでした。

 馬のフィリップが主人を置いて帰ってきたことに心配したベルはフィリップに乗ってお城へ向かいます。そこには囚われの身となったモーリスがいました。ベルは父親の代わりに自分が囚われとなることを申し出ます。動く家財道具たちに世話されながらベルと野獣の生活が始まり…

 とまあ、あらすじをつらつら書いたけれど、もう元の作品も含め有名な物語。数年前には本家フランスの映画としてクリストフ・ガンズ監督、レア・セドゥ&ヴァンサン・カッセルによる「美女と野獣」もあったりしたけれど、本作は同名のディズニー作品の実写リメイク作品。ディズニー作品の実写リメイクというと1996年に「101匹わんちゃん」の実写リメイク「101」があったりしたけれど、現在の流れにつながるのは2014年の「眠れる森の美女」を悪役視点で描いた「マレフィセント」、2015年の「シンデレラ」、昨年の「ジャングル・ブック」などだろう。他にも「スプラッターハウス」とか「パイレーツ・オブ・カリビアン」とか「トゥモローランド」みたいなディズニーランドのアトラクションの映画化なんてのもあるんだよね。

 ただ、「マレフィセント」「シンデレラ」「美女と野獣」(ちょっと話がぶれるので「ジャングル・ブック」は除外)にはそれぞれ明確な製作意図の違いもあって、「マレフィセント」は自ら製作総指揮・主演したアンジェリーナ・ジョリーの強い意図が働いてかなり独自視点のリメイクと言う感じだし、「シンデレラ」は一部楽曲はそのままアニメ映画の方から使用しているものの、別物となっている部分も多く、1950年作品という古い時代の価値観から上手く21世紀の現代的視点の作品になっていた。それに比べると今回の「美女と野獣」はオリジナルが1991年という割と最近の作品というだけあって(それでも25年も前だ)、物語や設定面で特に大きく変えることなく、そのアニメ的表現をどこまで実写でバージョンアップして表現できるか、がポイントとなっていると思った。

 もっとも僕は今回この実写版公開にあたって、オリジナル作品を見返すことはしなかったのだが、元々アニメの方は70年代80年代の割りとディズニー長編アニメ映画不遇の時代が続いていて、1989年の「リトル・マーメイド」とともにディズニー復活の旗印になった作品。劇場公開時こそ見ていないがTVなどで放送されればそれなりに見ていた記憶。ただ、個人的にはそんなに好きじゃなかった。でもこの実写版はすごく好きです。

f:id:susahadeth52623:20170430154745p:image

 ベル役はエマ・ワトソンアニメのベルは確かいわゆるディズニープリンセスでは初の平民出身だっただろうか。そのデザインはお姫様というより活発で利発な少女、という感じで好みだった記憶(自分の一番好きなディズニーヒロインのデザインは「ヘラクレス」のメグです)。ベルと言う名前は劇中でも「美しい人」という意味と言及される通り「美女と野獣フランス語原題La Belle et la Bête)」の美女担当。元々の童話ではそもそもこの「ベル」という名前は本名ではなく「名無しの"美女=ベル"」という感じだったそうだ。

 家族構成などはディズニーオリジナル設定でレア・セドゥのベル(6人兄弟の末っ子)の方がオリジナルに近いようだが、単に心が清いというだけでなく進取の気性に富む女性として1991年の時点でも新しいタイプだったが、更にエマ・ワトソンという血肉を得たことで現代的な女性に近づいたと思う。

 父親モーリスケビン・クラインでこれがなかなかの曲者。城に勝手に入って暖を取るまではいいが(僕だったら扉の前で開けてくれるの待ってしまうと思う)、何の躊躇もなくテーブルの料理に手を付けたり、ビビって逃げるのに薔薇をもぎるのは忘れなかったりする。この親にして娘あり、という感じ。元々はパリに住んでいてペストから逃れて村に来たという設定。野獣が魔女から送られた本でベルをパリに連れて行き、母親の死の真相を知るシーンも今回のオリジナルなのかな?映画の時代設定としてはすでにシェイクスピアが読まれているので17世紀以降フランス革命前ぐらい(ブルボン朝全盛期)の約150年ぐらいの間か。

 ベルが野獣の蔵書に驚愕して「これを全部読んだの?」と尋ねて、野獣が「ギリシア語の本もあるから全部ではない」と返すのをベルがジョークとと捉えて笑うシーンがあって最初は意味不明だったんだけど、これはシェークスピア由来の「It's all Greeek to me.」という言い回しがあって、英語では「ちんぷんかんぷん」みたいな意味なんだそうです。ただ、僕個人の感じ方としては野獣は文字通りの意味で言ったのに対して、ベルが勝手に「洒落たジョーク言ってる」って好意的に捉えたような感じに見えた。

f:id:susahadeth52623:20170430154753j:image

 この映画の悪役はガストン。村一番のハンサムで暴れん坊、ベルには嫌われているがその他の村娘には好かれているようなキャラクター。戦争や暴力をこよなく愛する男。アニメでもそんなに魅力的には思えない。魔法を使うわけでもそれほど邪悪というわけでもないが、マレフィセントなどと並んでいわゆるディズニーヴィランとしても名を連ねる。演じているのはルーク・エヴァンスで、もうこれは役というより役者自身の魅力でかなり格好良くなっている。もちろん後半は悪役としてかなり厭らしい役柄なのだけど、前半は初登場のシーンから、酒場での踊りからかなり魅力的である。やはりアニメと違ってピタッと当てはまる役者に恵まれると実写はそれで魅力が倍増するなあ。ルーク・エヴァンス、以前は「美男子だとは思うけど、僕個人はそれほど魅力は感じない」枠の役者だったのだが、ここ数年でその魅力が分かってきた。このつぎに劇場鑑賞予定作品は「ワイルド・スピードICE BREAK」でまたルーク・エヴァンスですよ。

 ルーク・エヴァンスはそのキャリアの最初の方から同性愛者であることをカミング・アウトしていて、かと言って、それで演じる役が制限されたりしたことはないそうなのだが、面白いのはこのルーク・エヴァンス演じるガストン腰巾着としてル・フウというキャラクターがいる。これが明らかに同性愛者として描かれていて、ガストンに恋い焦がれているが相手にはされていない(友人としてそれなりに重宝されてはいる)。これはおそらくアニメではなく今回新しく設定された描写だと思うが、このル・フウのキャラクターがいることで同時にガストンにも深みが出ている。ル・フウはガストンの最も近くにいるため、同時にその心の醜さに最初に気付く。

 先述した通りベルは元々「美女」という意味だし、城の召使い家財道具たちの名前も「ルミエール=光」であったり、「ポット夫人」であったり多分に駄洒落ネーミングなんだけど、「ル・フウ=LeFou」もフランス語で「愚か者」とかそんな意味である。有名なところではフランスヌーヴェルヴァーグ作品「気狂いピエロ」の原題が「Pierrot Le Fou」で日本語の「気狂い」の部分にあたるのですな*1。いわゆる道化師でありこのル・フウも笑いの多くの部分を担当していたりするが、それ故時に冷徹に作品世界を俯瞰するキャラクターともいえよう。最後は報われるので良かったです。

f:id:susahadeth52623:20170103000000j:image

 僕は初回を日本語吹替で観て、それはそれで十分満足だったのだけど(錚々たる実力者が歌の部分も吹き替えている)、エマ・ワトソン以外の出演者を特に知らずに観た。で、驚いたのですよ。プロローグ部分のお城のシーンでスタンリー・トゥッチがいるなあ、というのはなんとなく気づいたのだけど、この家財道具に変えられた召使たちがそうそうたる面々。ポット夫人エマ・トンプソン。時計に変えられたコグスワースはイアン・マッケランピアノクラヴィコードオルガン)のマエストロカデンツァスタンリー・トゥッチ。そして、燭台のルミエールがなんとユアン・マクレガー!もうユアン出てるなら出てるって言ってよ!特にユアンエマ・トンプソンはメインもサブも含めたくさん歌う楽曲があるのですよ。

 というわけで作品そのものは吹替版で十分満足だったのだけど、今度は最初からユアンが歌っているんだ、という認識を持って字幕版に挑戦。もうね、ユアンの歌が魅力的なのは「ムーラン・ルージュ」はじめとするいくつかの作品で十分証明されているので、それを堪能するために二回目を観た。観てない作品いっぱいあるのに。

 いややっぱり、ユアンの歌声は魅力的。歌のアルバムとか出してくれれば絶対買うのに。ユアンはじめ役者本人が顔を出すのは最後の最後なのだけど、声だけで十分ユアンと認識できる。もちろんその他のキャストも素晴らしかったです(特にエマ・トンプソン)。一番歌声が不安定だったのは主演のエマ・ワトソンだったかもしれないけれど、これは若さの証明でもありむしろその不安定さがキャラクターの新鮮さを表現している。

 で、僕はこの作品で初めて知ったのだけど、ルミエールの恋人であるプリュメット役のググ・バサ=ローも、マダム・ド・ガルドローブ役のオードラ・マクドナルドも黒人。またベルの村で役人(図書館司書?)も黒人。比較的社会的上位階層のキャラクターとして黒人が配役されていて、この辺は多分リアルな史劇であれば通常ありえない配役。実際「ポリコレに配慮したのか」とか文句を言っている意見も見受けられた。ただ、これは舞台の配役だと思うと全然変な感じはしない。作品そのものがファンタジーであるし、ミュージカルという特性上、舞台的配役を映画でもしたものと思えて僕は全然不自然には感じなかった

f:id:susahadeth52623:20161113113310j:image

 あ、肝心の野獣を忘れていた。「美女と野獣」の映像化における「呪いが解けた王子様より野獣の姿のほうが格好良いじゃん!」の法則は今回も健在。演じているのはイギリス出身のダン・スティーヴンスで、僕が過去に観た中では「ナイト・ミュージアム3」の蝋人形ランスロット役で出ていた。もちろんいかにも王子様と言った感じのハンサムだが、野獣の渋く低く響く声、ライオンとビッグホーンを足したような精悍なルックスに比べると物足りなくなってしまう。特に変哲のない特徴のないハンサム、に落ち着いていしまうのだなあ。これは野獣姿が格好良すぎるのも問題かも。若くて特徴のないハンサムではあかんと、ガンズ版では爬虫類顔でキャリアも十分なヴァンサン・カッセルが野獣役だったが、それでもなお「野獣のほうが格好いい」って感じになってしまったし。この辺は永遠の課題か。

D

 とにかく真正面からアニメをそのまま実写に置き換えることに挑んだ作品で、かつこの25年の間のアップデートも(技術や見せ方だけではなく人物演出でも)きちんとされているので割りと万人におすすめです。ディズニーアニメそのものは苦手って人でも、コレは大丈夫なんじゃないかな。

関連記事

 クリストフ・ガンズ監督版。スペクタクル映像というならこちらもオススメ。

ディズニーの古典的アニメ作品の実写化作品。

 楽曲は元々良かったのだけれど、更に良くなっています。ミュージックステーションでは野獣役の山崎育三郎とベル役の昆夏美がメイン主題歌の「美女と野獣」をデュエットしていたけれど、劇中ではこの曲はこの二人じゃなくポット夫人エマ・トンプソン)とルミエールユアン・マクレガー)によって歌われるのである。後はやっぱガストン役のルーク・エヴァンスが素敵です。ユアンとルークを愛でるだけでも劇場に行くのだ!

*1:ちなみに「気狂いピエロ」はタイトルの「気狂い」が現在の放送上だとダメなのか原題をそのまま音読みした「ピエロ・ル・フ」で放送されたこともありました

2017-04-24

龍争虎闘 小覇王の選ぶ対決映画ベストテン!

| 22:43 | 龍争虎闘 小覇王の選ぶ対決映画ベストテン!を含むブックマーク

f:id:susahadeth52623:20170424223723j:image

 またちょっと間が開いてしまいました(4月全然映画観てないんだよ〜。新作観てないなら観て感想書いてない奴書けやって話ですが追々)。そして間が開いた時はそうです。わっしゅさんのベストテン企画で再開です。今年の前半企画は「対決映画」!(タイトルは「燃えよドラゴン」からだけど「燃えよドラゴンはランクインしてません)

対決映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <対決映画ベストテン受付中> 対決映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <対決映画ベストテン受付中>

 対決というと蘇我馬子物部守屋とか、平清盛源義朝とか、武田信玄上杉謙信とか、柏戸大鵬とか、長嶋と王とか、馬場と猪木とか。時代を彩るライバル関係が思い出されます。映画でもアクション映画の類は大抵主人公だけでなく悪役も魅力的でなければ作品自体が面白くはならず、その意味でほとんどの映画は「対決映画」と言えないこともないのですが、ただ今年はわっしゅさんの定めたルールがちとキツい。

  • 今回は、タイトルを重視します。タイトルに、対決する両者の名前が明記されているものが対象となります。
  • ゴジラ対メカゴジラ』は入りますが『メカゴジラの逆襲』は入らない、というのを基準にしてください。
  • 洋画/邦画、実写/アニメ劇映画ドキュメンタリーなどの区別は問いません。
  • ただし、あくまで「映画」に限ります。テレビドラマ、テレビアニメ、ネット動画などは対象外となります。
  • タイトルで謳われているキャラクターたちが、作中で実際に戦っていなくてもかまいません。
  • 実際に観た内容がスットコドッコイだったとしても、タイトルを見た瞬間のときめきが印象的であれば、選んでOKです。
  • 迷ったときには当ベストテンの大原則である「迷ったら入れる」を採用してください。

 この「タイトル重視」というのがネックになってなかなか決まりませんでした。もちろん例えばその気になれば東宝怪獣映画の中から10作、とかスーパー戦隊VSシリーズだけで選ぶ、とかも全然可能なんですが、さすがにそれでは面白みがありません。なので試行錯誤しながら選んでみました(それでもだいぶ偏りあるけどね)。

  1. ゴジラVSメカゴジラ1993年 大河原孝夫監督 日本)
  2. フレディVSジェイソン(2003年 ロニー・ユー監督 アメリカ
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー2014年 アンソニー&ジョー・ルッソ監督 アメリカ
  4. 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(2010年 中澤祥次郎監督 日本)
  5. 続・夕陽のガンマン(1966年 セルジオ・レオーネ監督 イタリア
  6. スター・トレック カーンの逆襲(1982年 ニコラス・メイヤー監督 アメリカ
  7. キングコング対ゴジラ1962年 本多猪四郎監督 日本)
  8. フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年 本多猪四郎監督 日本)
  9. ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年 湯浅憲明監督 日本)
  10. 北国の帝王1973年 ロバート・アルドリッチ監督 アメリカ

 先述した通りアクション映画なら大抵は主人公と敵役の対決映画といえるんですが、ここではあくまで「主人公格」同士による対決を重視(そうは言えないのもありますが)。例によって一シリーズ一タイトルとしましたが、ゴジラに関しては昭和ゴジラと平成VSシリーズで別枠ということに。タイトルにそれぞれのキャラの名前が入っているというタイトル縛りが今回のルールですが、スイマセン、最後の「北国の帝王」だけはどうしても入れたくて10位という形で特別エントリーさせました。もしルール違反ということであれば9位までで計算して頂いて結構です。

 特徴としては今回はタイトル縛りのせいもあって邦画が多いですね。それとやはり怪獣映画。それではそれぞれの作品を簡単に解説。独立した感想記事がある場合はそちらへのリンクも。

ゴジラVSメカゴジラ1993年 大河原孝夫監督 日本)

f:id:susahadeth52623:20170423084923p:image

 平成VSシリーズ第5弾。本来は一応シリーズ最終作として制作されていて、この後、シリーズはアメリカトライスター版(エメゴジ)へ引き継がれるはずでした。結果としてトライスター版の製作が延期され、じゃあその間にシリーズ延長しよう、となってこの作品が最終作とはならなかったのだけれど、そんなわけでシリーズ最終作として気合の入った出来栄え。

 メカゴジラは昭和シリーズのものと違って流線型となり、また宇宙人の地球侵略兵器からゴジラを模した人類の対ゴジラ兵器へ(「ゴジラVSキングギドラ」で出てきたメカキングギドラの残骸が基になっている設定)。デザインの好みはあれど新しいメカゴジラを創りだしました。ちなみに生頼範義によるイラストのポスターはまだメカゴジラのデザインが決定する前に描かれたもので、昭和メカゴジラとも本編に登場したメカゴジラともまた違った格好良さがあります。

 僕の個人的な思い出としては、公開時お子様たちがいっぱいいる劇場で観たのですが、メカゴジラが圧倒的な力でゴジラを痛めつけているシーン、すでにその時点でお子様たち(ゴジララドンに肩入れ中)が泣いたり応援したりしていたのですが、途中で機材トラブルでフィルムが停止、今まさにゴジラが殺される!というシーンでスクリーンが真っ黒になったため、劇場は子供たちの泣き叫ぶ声で阿鼻叫喚の地獄と化したのでした。そんな部分も含めて思い入れ深い作品。

 シリーズはこの後、トライスター版の製作延期を受けて2作作られましたが、もうなんかやる気があんまり感じられない出来となってしまいました(特に「VSスペースゴジラ」)。なので個人的シリーズ最終作はやはり本作なのです。

フレディVSジェイソン(2003年 ロニー・ユー監督 アメリカ

f:id:susahadeth52623:20170423084915j:image

 多分明確に今回の趣旨に合致している作品。それぞれ独立したホラー映画の主人公を対決させる企画。比較的監督の個性が強くでて快作の多い「エルム街の悪夢」シリーズに対して凡作も多くなった「13日の金曜日」シリーズを「エルム街の悪夢」のニューラインシネマが権利獲得。すぐに共演ではなくきちんと「13金」シリーズを立ち直らせてからの満を持しての対決。フレディとジェイソン、それぞれの出自と個性をきちんと活かした上で最後は肉弾戦、という黄金の構成。どちらかと言うとジェイソンをヒーローに、フレディの悪巧みを打ち破るという感じか。「貞子VS伽椰子」はこの作品を反面教師にした、と監督は言っていたようだけど、個人的にはこの「フレディVSジェイソン」の足元にも及ばない出来だと思います。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー2014年 アンソニー&ジョー・ルッソ監督 アメリカ

f:id:susahadeth52623:20170424223400j:image

 MCUの対決映画というと「シビル・ウォー」のほうが相応しいとは思うんですが(なんたってアベンジャーズを二分しての全面対決)、タイトルの関係で「ウィンター・ソルジャー」の方を。いや、でもキャプテンアメリカスティーブ・ロジャース)とウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)の戦争中からの互いの関係など対比も見事で立派な対決映画だと思います。「ウィンター・ソルジャー」はサブタイトルではなくキャップと並ぶもう一つのタイトルロールと言えるし。

侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(2010年 中澤祥次郎監督 日本)

f:id:susahadeth52623:20170424223401j:image

 スーパー戦隊VSシリーズはオリジナルビデオとして始まったのだけれど、この1作前「劇場版炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」から劇場版となり現在に続いています。基本はその年放送中、現役の戦隊と前年の戦隊が共演するこのシリーズ。シリーズの中では「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャーTHE MOVIE」が一番出来がいいとは思うのだけれど、個人的にはこの「シンケンジャー」と「ゴーオンジャー」の共演作が好きです。というか「シンケンジャー」が非常に評判良く、そのせいか対象年齢低めに作られた「ゴーオンジャー」は逆に不当に低い評価を受けていたと思うのだけれど、この共演作では見事に両作の個性がスイング。「ゴーオンジャー」が決して駄作ではなかったと証明した部分でも高く評価したい作品です。敵役の害統領バッチードやガイアーク三大臣のその後、とかゴーオンジャー側のキャラが光る。

 死んだら終わりなのではない。辞めたら終わりなのである!ジ・ニ・ン!

続・夕陽のガンマン(1966年 セルジオ・レオーネ監督 イタリア

 邦題は特に「対決映画」と言う感じではないですが原題は「Il buono,il brutto,il cattivo(イタリア語)」「The Good,the Bad and the Ugly(英語)」で「良い奴、悪い奴、醜い奴」と登場する三人のアウトローの属性を表しているので良しとしましょう。何度かこのブログでもエントリを書いていますが、やはりクリント・イーストウッドリー・ヴァン・クリーフイーライ・ウォラックの3人の個性が最高で、特にラストの三つ巴は映画史に残る名シーン。エンリオ・モリコーネスコアも最高!

スター・トレック カーンの逆襲(1982年 ニコラス・メイヤー監督 アメリカ

f:id:susahadeth52623:20100926114724j:image

 スペースオペラシリーズ「スタートレック」からは2作目のこちら。哲学的に過ぎ、あまりヒットしなかった前作「TMP」から一転、TVシリーズからの人気悪役優生人類カーンを登場させた娯楽大作。カーンはのちにケルヴィンタイムラインの「スター・トレック イントゥ・ダークネス」でも出てきましたが、ベネディクト・カンバーバッチ演じるカーンと比べてリカルド・モンタルバン演じるカーンは情熱の男。カークへの復讐心も露わにエンタープライズを追い詰めます。宇宙船同士による戦闘も見どころ。物語は3作目「ミスター・スポックを探せ!」4作目「故郷への長い道」へと続く形を取るけれど、単独でも十分楽しめる作品です。

こちらは別のカーンが登場する「イントゥ・ダークネス」の記事。

キングコング対ゴジラ1962年 本多猪四郎監督 日本)

f:id:susahadeth52623:20170423084921j:image

 以前の「筋肉映画」でもランクインした怪獣映画金字塔アメリカキングコング、日本のゴジラの堂々たる対決。前作「ゴジラの逆襲」にもアンギラスが登場してゴジラと戦うわけですが、この時点ではまだ「怪獣プロレス」と言われるような(ともすれば揶揄される)感じではありません。ここからゴジラに人気怪獣をぶつけるという路線が確立されます。元々はウィリス・オブライエンの企画がまわりまわって日本で映画化された作品でタイトルもキングコングが先に来ているようにどちらかと言えばキングコング主演といえるかもしれません。今後はモンスターバースの中で「Godzilla VS Kong」が予定されています。

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年 本多猪四郎監督 日本)

f:id:susahadeth52623:20170423084920j:image

 僕はツイッターのプロフィールに「フランケンシュタイン大好き」と書いているぐらい(といっても好きなのは主にメアリ・シェリーの原作のほうなんだけど)なので「フランケンシュタインもの」も大好きです。前作「フランケンシュタイン対地底怪獣」の続編(といっても直接続編というよりは一応関連あるよってぐらい)。双子の巨人怪獣サンダとガイラが戦う。見た目はほぼ一緒ながら山の怪獣で人間に育てられた心優しいサンダと、海の怪獣で人間を食らうガイラの対決。東宝自衛隊といえばこれ!というメーサー殺獣光線車もこの映画がデビュー。

ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年 湯浅憲明監督 日本)

f:id:susahadeth52623:20170423084914j:image

 ガメラシリーズからは過去に「続編映画」として「大怪獣空中戦ガメラギャオス」を選んだけれど、好きなのはむしろこっちかな。日本人と外国人の子供のコンビ、東宝怪獣とは一味違ったデザインの宇宙怪獣バイラス、勧善懲悪のストーリー、そしてガメラマーチ!と昭和ガメラの定番が揃った作品。個人的に平成3部作の出来の良さは認めつつ、好きなガメラ作品といえば圧倒的に昭和ガメラです!

北国の帝王1973年 ロバート・アルドリッチ監督 アメリカ

f:id:susahadeth52623:20170423090616j:image

 今回唯一タイトル縛りのルールから外れた作品。邦題原題をそのまま訳したものなので、あくまでタイトルロールリー・マーヴィンのA・ナンバーワンを指します。でも敵役となるアーネスト・ボーグナインのシャックの存在感も半端無く、言ってみれば互いに特にメリットもデメリットもないけどプライドだけの問題で相手を出し抜く物語ですからやはり主役二人の対決映画といっていいでしょう。

 惜しくも選外、という感じなのは「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と「マジンガーZ対暗黒大将軍」あたりでしょうか。「VS複製人間」は「カリオストロの城」より好きな「ルパン三世」なんですが今回は入らず。一方「マジンガーZ対暗黒大将軍」は作品自体は大好きなんですが、タイトル重視で言った場合本当の主役剣鉄也とグレートマジンガーがないがしろっぽい気がして選びませんでした。

 というか「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」がもっと文句なしの傑作だったらこんなに悩むことなかったんだよ!(それなりに好きな作品です)

関連記事

昨年の。

2017-04-10

地獄の創世記! キングコング:髑髏島の巨神

| 22:40 | 地獄の創世記! キングコング:髑髏島の巨神を含むブックマーク

 さて、キングコングである。僕的には怪獣と言った場合ゴジラに勝るとも劣らない存在。大好きなキャラクターで、やはりオリジナルの1933年版「キング・コング」は今でもそれこそ過去に何回も当ブログで取り上げた「荒野の七人」「大脱走」などと並んでよく見る映画の一つ。そんなキングコングが装いも新たに再登場。それも最初から2014年の「GODZILLA ゴジラ」と同じ世界観であり、将来的にゴジラと戦うことを決定づけられた通称「モンスターバース(MonsterVerse)」作品の一つとして。必然的にオリジナルに比べ変更点も多く、オリジナルをこよなく愛する僕としては期待半分不安半分で観に行ったのだった。「キングコング 髑髏島の巨神」を観賞。

f:id:susahadeth52623:20170409032456j:image

物語

 1944年南太平洋。とある島に不時着した日本軍アメリカ軍のパイロット。出会った途端に激しい殺し合いをする二人であったが、その前に巨大な手が襲いかかる…

 1973年アメリカベトナムからの完全撤退を決定したその頃、地球観測衛星ランドサットが謎の島を発見する。その島は巨大な暴風圏に囲まれていたため漂流や不時着以外ではこれまで辿りつけなかった未知の島。政府の特務機関モナーク。その一人ランダはこの島の探索のための許可を上院議員に取り付ける。遅かれ早かれソ連もこの島の存在に気付くだろう。そこに何があるかは分からないがソ連に後れを取ってはいけない…

 その島〜髑髏島の探索隊にはランドサットとモナークのメンバーの他にパッカード大佐率いる米陸軍ヘリ部隊が輸送を命じられた。ランダは島の探索のために元SASサバイバルの達人コンラッドを雇い入れる。また民間人カメラマンとして女性カメラマンウィーバーがいた。

 島を取り囲む嵐を乗り越えるとそこは手付かずの自然が残る風光明媚な美しい島が。早速サイズミックという地質調査のための爆弾を投下。その振動で地層密度を調べるのだ。モナークブルックスが島の地下に広大な空間が広がっていることを認めたその時、巨大な猿が現れ、次々とヘリを攻撃していくのだった。この島はまだ人類が挑戦するには早すぎた…

 原題は「KONG:SKULL ISLAND」で邦題もほぼそれに準じているが原題にない「キング」の称号をすでに付けてしまっている(巨神というのも盛りすぎとは思う)。僕がこの作品を観る前に知っていたのは

  • 舞台が1970年代であること
  • コングの設定がおよそ30mでしかし、まだまだ成長中の若者であるということ
  • コングはほぼ直立で動き、ナックルウォークはしないこと
  • 将来的にコングとゴジラは対決するすること(ただゴジラと対決する個体が今回出てくるコングかは不明

 といったあたりの情報。原題で「キング」をつけていないのはなにか意味があるのかな?と思ったのでいくら「コング」だけでは物足りないとはいえこの時点で「キングコング」としてしまうには勇み足過ぎないか?などと思ったのだった。個人的には怪獣王であるゴジラとの対決に際して「キング」の称号が付いてどちらが怪獣王に相応しいか争う、という意味もあるのではないかと思った*1。まあ結果として劇中で何度も「髑髏島の王、神」という触れ方はされるので現時点での「キング」付きの邦題も特に問題はないだろう(あるいは予定されている「GODZILLA VS KONG」でもコングとだけタイトルになっているのでこの「モンスターバース」ではあえてキング抜きのコングが正式名称なのかもしれない)。

 僕はこの作品を2回観て、一回目は割りと1933年のオリジナル「キング・コング」の新しいリメイク、コング主演単独作品として観た。その点で言うと正直イマイチである。ただ二回目はモンスターバースの中の一作、すでに「GODZILLA」が前作として在り、さらに後続の作品も複数控えているという視点で見直した。やはりこの2つのどちらの視点で観るかで感想も変わってくると思う。

f:id:susahadeth52623:20170409032452j:image

 僕が最初に劇場で観た実写映画が1984年の「ゴジラ」である、というのは何度か書いたと思うのだが、それ以前にまだ小学校に入る前だと思ったが、親戚の家で見たのが1933年の「キング・コング」だった。小さなテレビ(持ち運べるようなやつだったので10インチもなかったと思う)で、しかも白黒の作品。子供が見て退屈しないはずがないのだが、僕はその面白さにやられてしまった。この記憶の中の面白さは割りと盛られていて、後年改めて「キング・コング」を見なおした時に、もちろん面白いけれど、あれ?こんな感じだっけ?という部分もあったりしたのだが、それ以来キングコングに関してはオリジナル原理主義者である。というかいま見ても屈指の面白さで戦前の映画とは思えないテンポの良さ。きちんとキャラクターとして確立されたコングの造形や動き。ティラノサウルスとの死闘、ラストのエンパイアステートビルでの戦闘機との対決と見せ場だらけだといっても過言ではない。

 なので僕の中では1933年の「キング・コング」とその忠実なリメイクである2005年のピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」は自分の映画史のなかでも不動の地位を占めている。

 今回の「髑髏島の巨神」の解説や感想を読むと、「ただのゴリラじゃないのが良かった」とか「きちんと怪獣映画になっている」といった意見が多く見受けられて、要するに「人類の兵器なんか効きやしねえぜ!」という感じのもの。1998年のエメリッヒ版「GODZILLA」があっさり通常兵器で倒されてしまったことに対する批判にも似ているのだが、僕としてはその部分でゴジラとコングは明確に違うのだ、と言いたい。

 ゴジラのデビューは1954年、コングは1933年とおよそ20年の開きがあるが、この間に第2次世界大戦という人類が見た地獄があり、さらに原爆水爆といった核兵器の脅威が存在することでゴジラとコングが同じ怪獣と言ってもその存在価値は大きく違う。水爆によって目覚め、人類の通常兵器はほぼ通用せず、大都市東京焼け野原にする怪獣ゴジラはいわば黙示録の怪獣」。人類が自分の手に負えない、自ら自分たちを滅ぼしてしまいかねない科学力を手に入れたことに対する警句みたいなものがある。

 コングは違う。手付かずの大自然で王として君臨していた巨大猿はやがて外部からやってきた人間に捕らえられて大都会に連れてこられる。暴れだして都会をパニックに陥れるものの、最後は人類の科学力(戦闘機)の前に敗れる。キングコングはいわば創世記の怪獣」。まだこの時期は怪獣(大自然)と人類が対等に戦える存在であった。

 だから、ゴジラ文脈での「怪獣」の意味合いで、それ以前の「怪獣」のパイオニアであるコングを語り、そうじゃないから良かった、悪かったというのはちょっとコングに酷ではないか、と思うのだ。

 単なる巨大ゴリラじゃないのが良かった、というのも理解はできるものの個人的(ゴリラ大好き)にはゴリラであることと怪獣として格好いいことは矛盾しないので、この意見にもちょっと与し難い。もちろんオリジナルもまたそれよりずっとゴリラに近い描写であったPJ版にしても単なる巨大ゴリラではないのだが、そのゴリラっぽさはコングの重要なファクターだ。今回のコングは全体的なフォルムは足が短く腕が長いというゴリラやオリジナルのコングに近いものなのだが、全く直立二足歩行をし、ナックルウォークはせず、前かがみになることも殆ど無い。ほとんど前かがみ状態でナックルウォークで移動していたPJ版とは大きな違いだ(オリジナルはその中間ぐらい。前かがみの二足歩行だが急ぎの時はナックルウォークになる)。あの体型なら時と場合によってはナックルウォークしたほうがいいと思うのだがなあ。ナックルウォークによって怪獣としての威厳が損なわれるみたいなことも個人的には全く思わないです。むしろ格好良さが増す!(ただPJ版はその点で確かにゴリラに寄り過ぎたと言えるし、設定はそのままに常に前かがみになった結果、全体としてオリジナルより小さく感じてしまうという欠点はあった)

 これらの見解の相違はおそらく最初に触れたキングコングがオリジナルの「キング・コング」か、ゴジラと戦った「キングコング対ゴジラ」か、という違いも大きいのではないかと思う。これまで正式なライセンスのもと作られたキングコング映画は1933年のオリジナル「キング・コング」とその続編の「コングの復讐」、その次が東宝1962年の「キングコング対ゴジラ」と67年「キングコングの逆襲」(この2つは正続の関係なし)。そして76年にディノ・デ・ラウレンティスが製作した「キングコング」とその続編でメスのレディコングが登場する「キングコング2」。2005年のPJ版「キング・コング」と今回のレジェンダリー版「キングコング 髑髏島の巨神」の計8本となる。意外と少ないし、いずれも2本以上シリーズが続かない。もちろんその影に膨大な類似作品が存在し(「クイーン・コング」劇場で観たな)、あるいは「猿人ジョー・ヤング」やそのリメイク「マイティ・ジョー」のようなコングの遺伝子を受け継ぐ巨大ゴリラ映画もあったりするのだが。

 東宝制作による「キングコング対ゴジラ」は僕も大好きな作品だが(以前筋肉映画ベストテンでランクインさせた)、ここでのコングはゴジラ(体長50m)と戦う都合上45mという巨体(現時点で最大のコング)になり、ゴジラの放射熱線もへっちゃら、更に劇中で帯電して電撃を放つなど「対ゴジラ」仕様になっている。今回(というかモンスターバースのコング)の作品にも強い影響を与えているであろう「キングコング対ゴジラ」、ちなみに日本版では引き分けとされることが多いが海外版では明確にコングが勝った!という風になっているらしいです。

f:id:susahadeth52623:20161117115843j:image  

 本作はメイン舞台が1973年だが、1944年の南太平洋における日本とアメリカの空戦から幕を開ける。ここで共に墜落したパイロット同士が無言で殺し合うのは「太平洋の地獄」。ただ、日本兵が腰に日本刀をぶら下げ、それをスクっと抜いて立ち向かってくるさまは割りとトンデモ日本描写の一つ、という感じがしてスタート時点から良い意味で「あ、この映画はまともじゃないな」と思わせてくれる。もちろんコングはじめ怪獣が出てくるわけだから、まともじゃないのはわかっているのだけれど、いわゆる人間ドラマの部分でもどちらかと言うと「キル・ビル」に近い世界観じゃないのかと思ったりしたのだった(そういやあの映画も「サンダ対ガイラ」の影響受けてるんだっけ?)。実際の戦闘機乗りが日本刀所持して戦闘機に乗ったりしたのかは分からないけれど、刀の銘なんかから支給された物と言うよりは結構な業物という感じだった。

 1973年が舞台ということで時期的には1976年版の「キングコング」を彷彿とさせる。ベトナム戦争が終わり、パッカード大佐(サミュエル・L.ジャクソン)はその憤懣やるかたない想いをこの髑髏島にぶつけている。ヘリの船隊が髑髏島に辿り着き、サイズミックを落とし、髑髏島を爆撃していくさまはまさに「地獄の黙示録」(コンラッドマーロウの名は「地獄の黙示録」の原作「闇の奥」を書いたジョセフ・コンラッドと登場人物マーロウからの引用だろう。ちなみにPJ版でも船員のジミーが読んでいる本が「闇の奥」である)。ちなみに今回ギラーミン版の2作に関しては見返していないので、もしかしたら本作と強く関連ある部分もあるかもしれないけれど、確認できないのであまり触れません。

 主人公であるコングの造形に関しては個人的にはPJ版のほうが好きです。今回はどちらかと言えば粗暴・粗野な印象が強い。ただ、初登場(ヘリ撃滅大作戦)の時はかなり人相が悪いのだが、物語の進行とともに徐々に魅力的になってくる。これは最初は観客がどちらかと言えばパッカードやコンラッドと言った人間側の視点でコングを観るのに対して中盤以降はコングに肩入れした状態で映画を観るからではないかと思う。具体的に造形も演出として最初と後半では違うような気もするんだけれど、気のせいかどうか。直立でのっしのっし歩くのは個人的にあまり好きではないというのは先に書いた通り。ゴリラというよりはイエティビッグフット(有名なパターソン・ギムリン・フィルム)などの雪男を彷彿とさせる動き。ただスカルクローラー他相手の格闘シーンは良かったです。大蛸リバーデビルとのシーンは官能的ですらある。コングのゴジラにはない動きとしてそこは巨大とはいえ類人猿なので賢くて道具を使うところである。クライマックスでは漂流船の鎖のついたスクリューを武器として使う。おお!片腕カンフーと空とぶギロチン

 オリジナルでのティランノサウルスとの死闘はクライマックスのスカイクローラーとの死闘である程度再現されていて顎をガクガクいわせる描写も健在。ただ、オリジナルは殺した後で生死を確認するためにガクガクさせるのに対してPJ版は倒してと思ったら実は生きててしょうがなくとどめを刺すために顎をガクガクさせる。今回は中盤でガクガクさせるも最終的には口の中に手を突っ込んで内臓ごと引き釣り出すというブルータルな倒しっぷり。スカルクローラーがティランノサウルスと違って大自然の中で生きるための競争相手と言うよりは、より邪悪な意志を体現するモンスターとして設定されているので、この倒し方もコングが残酷!という印象にはならない。

 コングとゴジラの大きな違いのもう一つは、コングは人間と交流できるキャラクターということである。ゴジラもいくつかの作品でそれっぽい描写がないでもないが(個人的に好きなのは「ゴジラVSキングギドラ」で戦争中にゴジラの前身ゴジラザウルスに偶然救われた土屋嘉男がゴジラと見つめ合うが、ゴジラは一瞬にやっとし(たように見える)、その直後放射熱線で土屋嘉男をビルごとふっとばすシーン)、そこはコングにはかなわない。きちんと人類の一人一人を区別する。オリジナルのコングとアン、ドリスコルの三角関係は設定としても見事だと思う。本作ではオリジナルのように特定の女性に惚れたがためにどうにかなる物語ではないが、ウィーバーがスケル・バッファロー(巨大な水牛)を助けようとしたため、コングがそれに報いようとする感じ。一方で部下をコングに殺されたパッカードはコングを殺すことを邁進し突き進む。いくらマーロウコンラッドに「コングを殺したらスカルクローラーに立ち向かう者がいなくなる」と言われても聞く耳を持たない。パッカードの中ではコングとベトナムが一体となっていて、これを討ち果たさないと全てが無駄になる、と言う思いでもあるのだろう。パッカードは最初の方は割りと理解のある軍人という感じだが、徐々にコングに固執する凶気を覗かせる。コングの方もそれを察しているようで不倶戴天の敵となる。

f:id:susahadeth52623:20170409032913j:image

 それに比べるとオリジナルではドリスコルにあたるのであろうがコンラッドは割りと陰が薄い。トム・ヒドルストンが演じているから訳ありっぽい格好良さではあるのだが、あくまで物語を順調に進めるための都合の良いコマという感じはする。

 オリジナルのカール・デナムにあたるのが、ジョン・グッドマン演じるランダで、彼はいろいろ謎を引っ張りつつあっさり亡くなってしまったのは残念。またモナークからはランダの他に地質学者のブルックスと生物学者のサンが同行するが、一部で話題になっていたのがサン。中国出身の女優ジン・ティエンが演じているが、見事なまでに何もしない。役に立たない代わりに足も引っ張らない。最後まで死なない。徹頭徹尾お人形さん。一説には中国共産党幹部の令嬢でそれ故にコネで出演したのだとか*2の噂も耳に挟んだけれどどうなのかしら?死なないのはまだいいんだけど、劇中全然汚れないのよね。元々色白の美人なんだろうけど、ウィーバー役のブリー・ラーソンがそれなりにジャングルで汚れて、でもそこが魅力となっているのに比べると、最初から最後までビシッと美貌を維持。添え物なら添え物でいいんだけど、妙に気になる女性ではありました。

f:id:susahadeth52623:20151124114844j:image

髑髏島とスカルアイランド

 オリジナルのスカルアイランド(以降、髑髏島と言ったら本作の舞台を指し、オリジナル版及びPJ版の髑髏島を指す場合はスカルアイランドと書く)はインドネシアの領域に在り、島民の原語もニアス島(インドネシアの実在の島)のものに近いとされ、実際船長がある程度会話に成功している。つまり島そのものは完全に孤立していたわけではなかった(島の中にある壁によってコングや恐竜がいる世界とは隔絶していたが)。PJ版では壁を築いた民族と1933年当時島に住んでいる民族は別という設定。尚PJ版のスカルアイランドは映画の後、数度の探索が行われたが、発見から15年後海に沈むこととなる(この設定は「コングの復讐」を受け継いでいるのだろう)。インドネシア類人猿といえばゴリラでなくオランウータンなのだが、巨大なオランウータンといえば「ジャングル・ブック」のキングルーイである。コングとルーイを結びつけたSF考証みたいなのって何かないのかな?

 本作の髑髏島はこれまでとかなり設定を変更していて、場所もインドネシアでなく南太平洋。島の住民は海岸近くの僅かな部分に生活していたスカルアイランドと違ってどちらかと言えば島の中央部の開けたところに居住地を作っている。攻撃的だった島民もどちらかと言えば親切になりマーロウによれば言語を介さず会話する人たちということとなる。コングの脅威から生贄を捧げることで村を守っていたオリジナル版と違って、スカル・クローラーの魔の手から守ってくれるコングを神として崇めているという設定。住民が温和になり、生贄とかもなくなっているので従来のスカルアイランドのイメージとは大分違う。

 続編で登場する予定のモスラにそれと関連してインファント島が登場するかはまだ分からないのだけれど、本作の髑髏島にはインファント島のイメージもあるのではないか?と思ったりした。本作では地球の地下に巨大な空間がある「地球空洞説」が採用されていて、髑髏島にはその出入口となっている穴がある。スカルクローラーはそこから出てくる。ランダたちモナークの目的もそこに住んでいるであろう古代の支配者たち(ゴジラ)なのだが、その辺は本作ではまだ詳細は明かされない。

 この髑髏島に1944年に不時着したのがマーロウグンペイで敵対していた者同士最初は殺しあうが、自分たちがちっぽけと思える存在=コングの出現によって争いを止め親友となる。本編はそこから30年後のことであり、すでにグンペイは死亡。マーロウが島にやってきたコンラッドたちと出会い、島について詳細を語る。マーロウ役はジョン・C・ライリー。1944年の時にはまだ美青年と言っていい容姿だったが(二回目観たら鼻のあたりがライリーによく似てる)、30年で容姿はワイルドに。人は魔境で30年間サバイバルすると美青年でもジョン・C・ライリーになる!*3

 登場するモンスターは巨大ナナフシ竹林擬態する巨大蜘蛛、翼竜系のサイコ・バルチャーなどが登場。普通に通常の大きさの鹿なども出てくるが生態系はどうなっているのだろう?コングの最大の敵となるのがスカルクローラーでオリジナルでドリスコルがコングから逃れて崖の穴に逃れた時に襲いかかってくる前足しかないトカゲが元になっている。顔のデザインは「エヴァンゲリオン」の第3使徒サキエルなども参考にされているのだそう。複数匹登場し、クライマックスはその中でもとびきり大きい個体と対決。これまでのティランノサウルスやV-レックスと違って生存競争というよりは明確にコングや島の住人を狙っている邪悪な存在として描かれているのが特色。このスカルクローラーは地底に棲む怪獣でコングたち髑髏島の他の巨大生物とも出自が異なるようだ。「GODZILLA」のムートー(M.U.T.O.)と近い存在。「M.U.T.O.(未確認巨大陸生生命体)」という単語は巨大生物全体を指す単語として今回も登場する。

f:id:susahadeth52623:20170409032455j:image

軍平とオマージュ

 今回はまず日本語吹替版を観て、二度目を字幕版で観賞。コンラッドGacktウィーバー佐々木希、パッカードの部隊の一人に真壁刀義、と言ったあたりがいわゆるタレント吹替。佐々木希(結婚おめでとうございます)が下手じゃないけどなんか癖があるな、ッて感じではあったけど、特に文句を言うほどダメではなかったです。

 冒頭登場するMIYAVI演じる日本兵の名はグンペイ・イカリ(碇軍平)。吹替では「グンペイ」だが字幕では「ガンペイ」となっている(ノベライズでは漢字で「軍平」)。確かにジョン・C・ライリーのマーロウ発音は「ガンペイ」に近い感じではあったのだが、日本人の名前をローマ字で書いた「Gunpei(クレジット表記)」なら表記は「グンペイ」だろう。「gun」は確かに英語発音だと「ガン」だけどこれは固有名詞だし。またこの名前は日本のゲームクリエイターで「ゲーム&ウォッチ」や「ゲームボーイ」を開発した横井軍平氏にちなんだものだという(碇はエヴァンゲリオン碇シンジから)。遺作がそのものずばり「グンペイ」と言うタイトルのゲームであるし、その辺を考えたらこれは「グンペイ」としなければ間違いなのではないか?

 と言うかですね。観る側にとっちゃオマージュとかはとりあえずどうでもいいのだけれど、グンペイならグンペイで、ガンペイならガンペイで、字幕と吹替、更にはパンフなどの表記を統一してもらわないと困るのですよ(少なくともオフィシャルのものは)。もちろんツイッター上で、軍平が自分の名前をローマ字で教えたけれど、結局マーロウはガンペイで覚えてしまってそれが直ることはなかった、みたいな考察をしている人がいたみたいにそういう裏設定があったりするのかもしれないが少なくとも劇中ではあんまり関係なかったしなあ。ちなみに字幕版の翻訳はアンゼたかし氏で監修が町山智浩氏。

 オマージュといえば、この映画いわゆるオマージュ・引用が多い。それは観ている側としては楽しい部分でもあったりもするのだけれど、なんかこの映画では消化(昇華)しきれていないというか、まんまそのものを出してしまうものが多くてちょっと食傷気味ではあった。映像なら「地獄の黙示録」や「太平洋の地獄」「片腕カンフーと空とぶギロチン」といった具合。もちろん「キング・コング」からも引用されている。また登場人物の名前もコンラッドマーロウ、碇軍平と言った感じでそのものをまんま持ってきてしまうのはちょっと気恥ずかしい。モンスターバースでは先の「GODZILLA」も渡辺謙演じる芹沢猪四郎博士(「ゴジラ」の登場人物芹沢大助博士と監督の本多猪四郎から)とか出てきてそのあからさま具合が妙に恥ずかしかったのだが、このあからさまさこそがモンスターバースの特徴なのだろうか。

 監督はジョーダン・ヴォート・ロヴァーツと言う人でヒゲを蓄えたワイルドな容貌の御仁だが本作が初のメジャー大作。

D

KONG Will return.

 二回目はリメイクではなく「GODZILLA」から続くモンスターバースの一作として観て、その点ではとても面白かったです。本編で世界観として語られたのは、モナークが「M.U.T.O.」探索のための組織であり、54年に核実験に偽装して怪獣(ゴジラ)を殺す作戦が立てられたが上手くいかなかったことぐらい。どちらも「GODZILLA」で説明されたものから特に進展はない。ただ、全て(エンドクレジット)が終わった後にコンラッドウィーバーブルックスとサンから語られるのが古代に実在した怪獣たち。背びれのある直立するトカゲのようなもの、巨大な蝶、巨大な翼竜、そして三つ首の龍…「元々地上は彼らの物。問題は彼らが奪い返すまでどのくらいの猶予があるか」

 というわけで、モンスターバースの次回作は「GODZILLA:KING OF MONSTERS」でずばり「怪獣王ゴジラ」これは最初の「ゴジラ」の海外公開版タイトルですね。そしてモスララドンキングギドラが登場する。前作の時点で次はモスララドンキングギドラが出てくる、とは言われていたのだけれど、実際のものとして見ると格別。この3体が登場するということは実質的に「三大怪獣地球最大の決戦」のリメイクともいえるわけで、例えば金星人だとか小美人だとかの要素が引き継がれるのかも興味深いところ。その後で「GODZILLA VS KONG」が控えている。

 予定されている続編には本作の登場人物も再び登場するとも言われているが、時代は再び現代になるはずで40年以上経っていることになるからどうなるのか。その辺も愉しみだ。

関連記事

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

モンスターバース第一作!

キング・コング [Blu-ray]

キング・コング [Blu-ray]

 ちなみにノベライズには映画では出てこないマーロウグンペイの凄い良いシーンが書かれている。このシーンが実際に撮影されたのかどうかは分からない(脚本にはあるのだろうか?)。でももし撮影済みなら是非ソフト発売の際に特典映像として収録して欲しいし、なんならこのシーンを組み込んだスペシャルエディションとかで発売して欲しい。

 

髑髏島でともに暮らすようになって7年目。スカルクローラーによって島民に甚大な被害が出たその夜グンペイノベライズでは軍平)がマーロウに尋ねる。

「一番おそろしい瞬間ってなんだった?」

「今日は相当やばかったな。お前は?」

沈黙。

「ここではじめて俺たちが会った日だ」

「はじめてコングを見たときか」

「違う。俺が一番怖かった瞬間は、やつが現れる直前、危うく親友を殺しかけたときだ」

*1:ちなみに「GODZILLA」の次回作で登場予定のキングギドラ一般にはアメリカではギドラとだけ呼ばれていて、これは「キングコング」に配慮した(王といえばキングコングただ一人!)ものとも言われている

*2:製作したレジェンダリーピクチャーズは現在中国大連万龍グループの傘下

*3:ラスト彼は30年ぶりに妻のもとに帰るのだが、奥さんよく分かったなと思わないでもない