Hatena Blog Tags

江藤淳

(読書)
えとうじゅん

文芸評論家。

1933年生まれ。東京都出身。本名、江頭淳夫。皇太子妃雅子さまの祖父である元チッソ社長江頭豊氏のおいにあたる。東京都立第一中学校(現・日比谷高校)卒、慶應義塾大学文学部英文学科卒。1956年、「夏目漱石」により評論家デビュー。1962年、プリンストン大留学。
1962年、「小林秀雄」により新潮社文学賞、1970年、「漱石とその時代」により菊池寛賞・野間文芸賞、1975年「海は甦える」にて文芸春秋読者賞を、それぞれ受賞。東京工業大学、慶應義塾大学、大正大学の各大学の教授を歴任。1976年に日本芸術院賞を受賞。

1999年自殺により死去。遺書は名文であった。

心身の不自由が進み、病苦が堪え難し。去る六月十日、脳梗塞の発作に遭いし以来の江藤淳は、形骸に過ぎず、自ら処決して形骸を断ずる所以なり。乞う、諸君よ、これを諒とせられよ。平成十一年七月二十一日 江藤淳

その他の主な著作

  • 作家は行動する
  • アメリカと私
  • 一族再会
  • 夜の紅茶
  • 成熟と喪失
  • 自由と禁忌
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

昨日、月刊誌『月刊日本』に連載中の『江藤淳とその時代 』(3)ー江藤淳と吉本隆明ーの原稿を書き終えました。Facebookに書いた下書き(メモ)を元に推敲し 、完成させました。今回は、江藤淳と吉本隆明が、「ひと回りして一致する」といった言葉について 書きました。二人は、「存在論的思考力」において「一致する」と私は理解します。詳しくは 『月刊日本』五月号でお読みください。 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 『月刊日本』は定期購読を募集中です。 発行所 株式会社K&Kプレス 〒102-0093 東京都 千代田

昨日、月刊誌『月刊日本』に連載中の『江藤淳とその時代 』(3)ー江藤淳と吉本隆明ーの原稿を書き終えました。Facebookに書いた下書き(メモ)を元に推敲し 、完成させました。今回は、江藤淳と吉本隆明が、「ひと回りして一致する」といった言葉について 書きました。二人は、「存在論的思考力」において「一致する」と私は理解します。詳しくは 『月刊日本』五月号でお読みください。〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 『月刊日本』は定期購読を募集中です。 発行所 株式会社K&Kプレス 〒102-0093 東京都 千代田区 平河町 2-13-1 相原ビル5F 電話: 03-5211-0096 FAX: 03-52…

『江藤淳とその時代 』(3)のためのメモ。 私は、私の言論表現活動の基本原理として、かねてから、「イデオロギーから存在論へ」をモットーにして、表現活動に従事してきたが、その原理・原則を、誰から学んだのかといえば、実は、江藤淳からであった。江藤淳の漱石論をよむと、それがよく分かる。江藤淳の漱石論の特徴は、漱石の思想や思考をあまり重視しないところにある。たとえば、江藤淳は、漱石の専売特許といってもいい「則天去私」の思想を重視しない。多くの漱石研究者が重視する「漱石神話」としての「則天去私」について、江藤淳は

『江藤淳とその時代 』(3)のためのメモ。私は、私の言論表現活動の基本原理として、かねてから、「イデオロギーから存在論へ」をモットーにして、表現活動に従事してきたが、その原理・原則を、誰から学んだのかといえば、実は、江藤淳からであった。江藤淳の漱石論をよむと、それがよく分かる。江藤淳の漱石論の特徴は、漱石の思想や思考をあまり重視しないところにある。たとえば、江藤淳は、漱石の専売特許といってもいい「則天去私」の思想を重視しない。多くの漱石研究者が重視する「漱石神話」としての「則天去私」について、江藤淳は、こう書いている。 《 最も熱心な「則天去私」の祖述者の一人である小宮豊隆氏の「夏目漱石」も、…

私が『呉座勇一問題 』に拘る個人的理由と思想的根拠(2)。 私は、呉座勇一をめぐる「呉座勇一●八幡和郎論争」や「呉座勇一●井沢元彦論争」をネット上で傍観しながら、「歴史問題」だけではなく、現在の日本が直面している多くの問題の根っこが、ここにあるのではないか、と考えた。それは、私が、日ごろから考えている日本人の「思考力の衰弱」「思考力の欠如」という問題であった。現在の日本では、「考えている人間」、あるいは「考えようとしている人間」を 、「考ええない人間」、あるいは「考える力のない人間」が、学歴や職歴、肩書

私が『呉座勇一問題 』に拘る個人的理由と思想的根拠(2)。 私は、呉座勇一をめぐる「呉座勇一●八幡和郎論争」や「呉座勇一●井沢元彦論争」をネット上で傍観しながら、「歴史問題」だけではなく、現在の日本が直面している多くの問題の根っこが、ここにあるのではないか、と考えた。それは、私が、日ごろから考えている日本人の「思考力の衰弱」「思考力の欠如」という問題であった。現在の日本では、「考えている人間」、あるいは「考えようとしている人間」を 、「考ええない人間」、あるいは「考える力のない人間」が、学歴や職歴、肩書きなどを武器にして、批判、攻撃し、バッシングしているという問題であった。受験馬鹿や受験秀才は…