過食症

(サイエンス)
かしょくしょう

病気 病名

摂食障害の様態の一つ。

自制困難な食べたいという欲求を生じて、ある一定の時間内に大量の食物を摂取する「気晴らし食い」と言う行動を繰り返す。

その後嘔吐したり、下剤を用いたり、または翌日食べるのを極端に制限したり、絶食をしたりして過食による体重増加を防ぐ浄化行動を伴う場合もある。→過食嘔吐

その後、自己嫌悪感、無力感、抑鬱気分などを伴い、日常生活に支障をきたすことが多い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ