スマートフォン用の表示で見る

江藤淳

読書

江藤淳

えとうじゅん

文芸評論家

1933年生まれ。東京都出身。本名、江頭淳夫。皇太子妃雅子さまの祖父である元チッソ社長江頭豊氏のおいにあたる。東京都立第一中学校(現・日比谷高校)卒、慶應義塾大学文学部英文学科卒。1956年、「夏目漱石」により評論家デビュー。1962年プリンストン大留学。

1962年、「小林秀雄」により新潮社文学賞1970年、「漱石とその時代」により菊池寛賞野間文芸賞1975年「海は甦える」にて文芸春秋読者賞を、それぞれ受賞。東京工業大学慶應義塾大学大正大学の各大学の教授を歴任。1976年に日本芸術院賞を受賞。

1999年自殺により死去。遺書は名文であった。

心身の不自由が進み、病苦が堪え難し。去る六月十日、脳梗塞の発作に遭いし以来の江藤淳は、形骸に過ぎず、自ら処決して形骸を断ずる所以なり。乞う、諸君よ、これを諒とせられよ。平成十一年七月二十一日 江藤淳

その他の主な著作

  • 作家は行動する
  • アメリカと私
  • 一族再会
  • 夜の紅茶
  • 成熟と喪失
  • 自由と禁忌