Hatena::ブログ(Diary)

ヨーグルトの蓋のウラのびみ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-01

9月に読んだ本

先月に読んだ本は5冊、「経済ってそうだったのか会議」など再読系の本が多かったような気がします。

あと、先々月ぐらいから「ONE PIECE熱」が再熱したようで、少しづつ追っかけながら読破中。(ブルックがルンバー海賊団と最後の演奏をするシーン感動的でした♪)

来月はもう少し冊数を増やして、新しいジャンルの本も読んでみょうかと思います。

2009年9月の読書メーター

読んだ本の数:5冊

読んだページ数:1139ページ

国家の品格 (新潮新書)

藤原氏は言う、日本が本来持っていた「もののあわれ」や「美しい情緒」が、グルーバル化の並に失われつつあると。瞬く間に散ってしまう桜に美を感じる日本人。川に飛び込む蛙に思いを馳せる日本人。今の日本人は藤原氏が言う「武士道」の時代から比べると日本人は大切は何かを失っているのかもしれません。ただ現代を生きる身として、それは実感として無いのも事実なんですよね。それを知ったからといって即効性のある対策を打つわけじゃない。でも、外国人が質問する日本語のように、外から他人から知って気付く事は多いと思うのです。この「国家の

読了日:09月30日 著者:藤原 正彦

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3286207

■経済ってそういうことだったのか会議

読了日:09月23日 著者:佐藤 雅彦,竹中 平蔵

http://book.akahoshitakuya.com/b/4532148243

ONE PIECE (巻50) (ジャンプ・コミックス)

ブルックの仲間が演奏中に病で倒れていく時の演出は感動的でしたね。「四重奏、三重奏、二重奏、独奏(ソロ)。皆さんどうしたんですか、伴奏だけを残して・・。(涙)」骨だけ人間の(喜怒哀楽)を見事に描写する尾田っちの画力もさすがです。

読了日:09月17日 著者:尾田 栄一郎

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3144973

■影をなくした男 (岩波文庫)

お伽でもありお伽でない物語。「影」と金袋を交換した事で狂いだした人生の歯車、お金があっても「影」の無い人間は避けられる社会、人生で最も大切な物を手に入れた時、そして、もっとも役に立たない物を失った時に始めて気付く価値。ドラえもんっぽい道具が幾つか登場するのがニヤリポイントですが、改めて意味の無い物の意味を考えさせられる作品だと思います。

読了日:09月17日 著者:シャミッソー

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3144907

■思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)

20年近く経っても色あせない内容には驚かされるばかり。特に、コンピューター(言い方は20年前)の箇所についてはハッとされられたと同時に、2009年の現在よりも一歩進んで、機械の善悪、人間との関わりについて指摘してる。「新しい機械の出現によって、機械的な性格をあらわにする人間の負けに終わるのである。」・・たぶん、自分の中でまだ答えは出せない本です。

読了日:09月06日 著者:外山 滋比古

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3021888


読書メーター

http://book.akahoshitakuya.com/

2009-09-01

8月に読んだ本

本の管理には「読書メーター」を利用しておりますが、新たに1ヶ月に読了した本と感想をまとめてブログに貼れる機能が追加されてましたので、8月の本履歴(?)を紹介してみようかと思います。

前もって言っておくと、頭カタ〜イ♪な知的本は読んでません。(笑)

先月は、私的に「養老孟司 月間」で↓にある本以外にも何冊か養老さんの本を読みました。後、藤子大全集の「ドラえもん」・・辞書と見間違うばかりの厚さで、単行本未収録の作品も含めて、とても読み応えのある1冊でした。

2009年8月の読書メーター

読んだ本の数:5冊

読んだページ数:1754ページ

■さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白

読了日:08月08日 著者:高橋 洋一

http://book.akahoshitakuya.com/b/4062145944

■人生ピロピロ (角川文庫)

ディズニーランドでの3段オチがよかったです。

読了日:08月08日 著者:さとなお

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2727818

■使える!『徒然草

読了日:08月08日 著者:齋藤 孝

http://book.akahoshitakuya.com/b/4569640397

ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)

F先生の子供たちへの愛情を改めて感じさせてくれる1冊です。低学年には難しい表現や怖い未来は見せず暖かいドラえもん。高学年にはF先生の短編時代の流れを汲む、ちょっと怖いダークな話を含んだドラえもん。F先生の描くドラえもんはテレビ版のそれとは違ったダークな話も多いけど、最後には暖かい気分にさせてくれる。「かげがり」「のぞきオハゲ」怖い作品もあるけど、最後の最後はユーモアたっぷのなオチ。40年経っても色あせないF先生のSF作品集です。

読了日:08月08日 著者:藤子・F・不二雄

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2727735

養老孟司の“逆さメガネ” (PHP新書)

養老さんは一貫して「自分は自分で変わらない。現代人は情報が変わると思ってるけど、NHKのニュースは100年経っても同じもの。違くみえるのは、人間が変わっているからだ。今の人はそれを勘違いしている。」と書いていますが、確かに、現代社会を生きていて「自分が変わる」そう意識する瞬間って無いのかもしれない。養老さんの本は1度ではなく、2度.3度と読むと、また違った自分の視点から読めていいのかも知れないですね。

読了日:08月08日 著者:養老 孟司

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2727695


読書メーター

http://book.akahoshitakuya.com/