ナイアシン

ナイアシン

(サイエンス)
ないあしん

ビタミンB3のこと。ニコチン酸ナイアシンアミドなどともいう*1
ヒトはトリプトファンからナイアシンを生合成できる。
神経系の健康に大切:不足すると人格に影響する
各種ホルモンの合成に不可欠:性ホルモン、コルチゾン、チロキシン、インスリン
コレステロール、中性脂肪を減らす。
消化系、皮膚の健康を保つ。片頭痛を緩和する。
血行を良くし血圧を下げる。
脂質の代謝を助ける。エネルギーを高める。


100mg/日以上の摂取は顔面紅潮などをまねく。
空腹時の摂取は胃腸の不快感をまねく。

*1:昔は単に「ニコチン」と言ってたが、煙草の葉に含まれる方と紛らわしいので、改名というか改表記された

ネットの話題: ナイアシン

人気

新着

新着ブログ: ナイアシン