Hatena Blog Tags

悲劇

(読書)
ひげき

主人公が困難を受け、不幸な結末に至るような演劇や映画の作品。またはそのような手法。

もともと古代ギリシアで生まれた演劇手法。当時のものは「ギリシア悲劇」と呼ばれる。『オイディプス王』(ソポクレス作)や『メディア』(エウリピデス作)、『オレスティア三部作』(アイスキュロス作)が代表的である。

悲劇と喜劇

劇を大きく2つに分け、悲惨な結末に終わる劇をtragedy(悲劇)、それとは対照的に明るい結末に終わる劇をcomedy(コメディ、喜劇)という*1

悲劇作家:僕は君の喜劇では、ちっとも笑えなかったよ。
喜劇作家:そうかい、僕は君の悲劇でさんざん笑ったけどね。
世界史こぼれ話』(三浦一郎)の記述より

さまざまな「悲劇」

作品タイトル

王舎城の悲劇Wの悲劇Mの悲劇

社会的事件

ビクトリア湖の悲劇、玄界灘の悲劇、東トルキスタンの悲劇、バイカル湖の悲劇

関連商品

オイディプス王 (岩波文庫) メディア(エウリピデスより) (笹部博司の演劇コレクション ギリシャ悲劇編) 悲劇の誕生 (岩波文庫) Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2) Wの悲劇 デジタル・リマスター版 [DVD] ラジオ・スターの悲劇+3

類義用語、関連用語

*1:この場合のcomedyは、現在の「喜劇」とは少々ニュアンスが異なる

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ