スマートフォン用の表示で見る

プラセボ

偽薬。新薬などの医薬品に、本当に効果があるのかを実験する際に使う偽薬(コントロール、対照区)。

薬の効果には

の2つがある。大抵の場合測りたいのは前者の「真の薬の効果」だから、後者「プラシーボ効果」は排除しなければならない。

そこで、

  • 本物の薬を飲む人
  • プラセボ偽薬)を飲む人(被験者当人には本物の薬だと思わせる)

の2実験区を用意し、

本当の薬の方が偽薬よりも治れば
その薬には効果がある
同じ位しか効かない
その薬には効果がない

というように実験を組むのである。要は、「病は気から」の要素を排除するのだ。