Hatena::ブログ(Diary)

わんわんらっぱー このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

 

2016-09-25 トヨタが電通にデポられる このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 2016年9月23日電通トヨタ自動車からの指摘で、国内デジタル広告分野で広告が未掲載にもかかわらず請求を行うなど、不適切な事例があったと発表した。広告効果に疑問を持ったトヨタ自動車からの指摘で発覚した。

 不適切業務には、広告掲載期間のずれや未掲出、運用状況に関する虚偽の報告などがあり、広告主数は111社、案件数は633件、金額は約2億3000億円。

 デジタル広告分野の広告主は1810社、対象件数は約20万件あり、現在調査中であり、不正金額は増える見通しだ。

 電通の会見で謝罪した中本副社長、態度に誠意が感じられずワイシャツボタンが外れたままのだらしない格好だった。

 トヨタ自動車マーケティング活動に対しての効果測定を行っており、疑問があれば過去5年に渡って調査して広告代理店調査要求する。当然、トヨタのような大広告主でなければ電通に苦情を申し立てても、ごまかされて終わりだっただろう。

 安倍政権電通世論支配している。

政府広報室の巨額支出のうち5割は電通に渡っている。

https://twitter.com/kimuratomo/status/740108718897922049

【衝撃答弁速報?】「安倍政権における政府広報費に関する質問主意書」H26年度から激増、巨額支出のうち約5割は電通へ。政府広報室だけでこれだ。安倍政権税金をどんだけ電通に流しているんだ。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/190/syup/s190138.pdf

五輪から選挙まで…電通安倍政治への黒い関与

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11160944446

東京五輪招致収賄を行ったのも電通であるし、電通社員内部告発によれば政権を操っているのも電通である。

 今回のネット広告詐欺事件詐欺に該当するので刑事事件として処理されるべきである。私見では意図的ネット広告効果を落とすために出稿や表示を減らしたのではないかと勘ぐっている。すでにネット広告費のシェアトップになったと言われている。情報発信主体ネットへ移り、人民情報収集先がネットへ向かえば、自ずと人民派の意見が目に触れる。電通による情報支配に対する懐疑の念も生まれる。

 NHKまでも電通支配を受けている。NHKは解約、新聞も解約、ネットで持論を述べるという事を数百万人が営々と行えば、いずれ世の中も変わっていく。

2016-09-23 桜井誠がAbemaTVで公式チャンネルを開設した。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 人種差別扇動ヘイトスピーチを行っている桜井誠AbemaTV公式チャンネルを開設した。桜井誠は元在特会会長であり、現在日本第一党桜井誠党首である。桜井誠は元在特会会長で、在日外国人へのヘイトスピーチを街中で行い、虐殺扇動してきた反社会的人物である。人種差別扇動スピーチ自粛するよう法務省からの勧告書が桜井の元へきたが、桜井はそれを破り捨てた。

 上場企業人種差別煽動番組を儲けるのは、ニコニコ動画ドワンゴに続いて二度目である。ニコニコ動画在特会公式「有料」チャンネルが、かつて開設されていた。株式会社ドワンゴ代表取締役川上量生在特会擁護発言を行い物議を醸した。批判を受けて最終的に在特会のチャンネルは閉鎖されたが、桜井誠勢力拡大に寄与したニコニコ謝意を表している。

AbemaTVテレビ朝日サイバーエージェントが共同出資している。AbemaTVにはテレビ朝日資本が入り、役員テレビ朝日幹部兼務している。AbemaTVテレビ朝日サイバーエージェントドワンゴ未満の企業倫理レベルであると言える。

 映画ホテル・ルワンダ」では「千の丘ラジオ」が虐殺扇動するシーンが出て来る。「ホテル・ルワンダ」とは1994年フツ族ツチ族120万人を虐殺(ジェノサイド)する中、1200人以上の難民ホテルに匿ったホテルマンの話である。ネットでは桜井誠公的情報媒体を持つことにより、排外主義過激化を心配する声がある。桜井誠番組を持たせることは、人種差別扇動に加担すること以外の何物でもない。

メディアを使った差別扇動によって過去に何が起きたか、我々は知る立場にある。AbemaTVテレビ朝日サイバーエージェントは「ルワンダの千の丘ラジオ」の役割を担っている。

参考

AbemaTV人種差別扇動ヘイトスピーチ在特会会長桜井誠氏チャンネルを開設→批判殺到→削除?

http://matome.naver.jp/odai/2147444567871193401

2016-09-22 電離放射線による遺伝子への影響 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 人類は体内の安定した内部環境の下で体温を36℃何分に保ち、心臓一定リズムを刻む仕組みを作り上げてきた。内分泌系、自律神経系免疫系の3つが協力しながら、内部環境を良い状態保っている。電離放射線放射線が当たると外側に回っている電子原子から弾き飛ばし分子を切断する。遺伝子の切断が密に行われると、修復過程遺伝子の変成が行われる。1mSv/年という値は人体にある80兆個ある細胞一つずつに1個分子切断を与える非常に危険な線量である。

 α線β線DNAの鎖を2本同時に切断する。すると異常再結合が起きる場合がある。切断が密に行われるほど、危険度が高く、すぐ近くに切断されたものが複数あるため、修復時に繋ぎ間違えDNAを変成する。人体中では40回も50回も変成が繰り返されて癌になる。強い免疫機能があれば、傷ついた細胞識別し、それを取り除くが、免疫機能が弱いとそれを判別できなくなり、取り除く力がなくなる。染色体破壊されたまま細胞が増殖することが癌の引き金になる。脳腫瘍では、症状がでるまで30年近くかかる。

 α線照射によって発生するバイスタンダー効果により、電離放射線を直接照射された細胞だけでなく、その周囲の直接照射されていない細胞バイスタンダー細胞)にも、遺伝不安定性、DNA損傷、染色体異常、細胞分裂・増殖阻害、アポトーシス細胞自殺)、突然変異の誘発などの放射線の影響がみられる。これにより細胞核の中にあるDNAに傷がつかなくても、近く、或いは隣の細胞放射線がヒットしても、生物化学的反応が起こってDNAに傷がつく。

 1972年アブラム・ペトカウは「長時間、低線量放射線照射する方が、高線量放射線を瞬間放射するよりたやすく細胞膜破壊する」ということを実証研究した。外部被曝35Svで起きる細胞膜破壊内部被曝7mSvで起きた。線量を単純に計算すれば、内部被曝外部被曝の5000倍も影響力が高いと言える。総じて、内部被曝外部被曝の600倍から900倍の影響があると言われている。

 人間細胞分子は最大10eV(エレクトロンボルト)、レントゲンで最大120KeV、γ核種微粒子で最大4MeV、β核種で最大4MeV、α核種で最大8MeVのエネルギーを持つ。天然のウラン238原子が一個一個バラバラに存在し、α線照射範囲の40μに比べて離れた所同士に存在するので、分子切断の場所相互作用をしない。人工的な放射性物質は必ずパーティクル(微粒子)になる。1μmの直径の微粒子の中に100万個の100万倍である約1兆個の原子がある。。これが体内に入った場合は、ひとつ場所から次々とα線放出される。α線の多くは4MeVという高エネルギーを持ち、10万個の分子切断を行う。塊になった放射性物質内部被曝するという事は、極めて確率の高い発がん様式になってしまう。β線は、体の中で大体距離で1cm位まで飛び1MeVのエネルギーを持ち、25000個の分子切断を行う。修復の過程で生まれた異常な再結合、その形質が次々に受け継がれていく。その結果、癌あるいは先天的障害とか免疫異常など様々な病気を生みだす。幹細胞自己複製により一生新しい細胞を生み出していくが、その幹細胞の一部に放射線被曝が及び、DNA最初の傷ができ、遅延性のゲノム不安定性を獲得し、染色体遺伝子不安定性、ミニサテライト突然変異遺伝不安定性の誘導遺伝的変化の蓄積)により、障害が受け継がれていく。最も深刻な電離放射線作用とは、被曝した両親の子孫に現れる遺伝的欠損である。遺伝性作用、出生異常、先天性形成異常、流産死産である。

 1927年米国人科学者ハーマンジョーゼフ・マラーはショウジョウバエX線照射し、X線量と突然変異の発生が正比例することを発見した。そして一度の照射でも分割した照射でも、突然変異の発生率は同じで総線量に正比例した。7世代にも渡って後続世代に、形成異常、その他の障害が発現することを発見した。この研究により、低線量被曝や天然バックグラウンド放射線でさえもが、変異を誘発し、遺伝作用、あるいは癌誘発性があり、無害の線量域がないと結論づけた。

 琉球大学准教授大瀧丈二が率いる研究チームがヤマトシジミ被曝の影響を調査し、その研究論文2012年2014年Nature系英科学誌で発表された。

研究チームは事故直後の2011年5月福島県などの10市町でヤマトシジミの成虫144匹を採集。その内、7地域総合12%に羽や目の異常が認められた。これらのチョウ同士を交配した子世代での異常率は18%に上昇した。同様の7地域9月採集を行ったところ、異常率は28%、その子世代では52%に達した。類似の異常は、沖縄個体を外部被爆・内部被爆させた実験でも認められた。」

福島原発周囲に生息している植物をチョウに与えてみたところ、体内の放射能蓄積量が1.9ベクレルに達すると死亡率が50%になることを発見した。また、チョウの体内に0.76ベクレルを超える放射能が蓄積されると、異常発生率が50%を超える事も判明した」

汚染葉を食べて育った親から生まれた第2世代の幼虫に、親と同じ汚染葉を与えたところ、親以上に生存率は低く、異常発生率は高かった。しかし、汚染されていない葉で育った第2世代は、死亡・異常発生率とも、ほぼ正常に近い水準に戻った。」

 この研究結果が衝撃的だったのは、極めて低い線量でも被曝の影響が出た事であり、被曝第二世代はより一層放射能汚染に敏感であると証明された事である。

 放射線遺伝子不安定にすることは明白である。屋内実験動物研究によって、放射線被曝がある種の遺伝スイッチを押し、それが全般的変異率の非特異的な上昇をもたらすことが示されている。

 「放射線市民健康プロジェクト」ローレン・モレットによると、アメリカにおける小児の歯中のストロンチウム90含有量原子力発電所年間稼働率上昇とともに直線的に増加を示している。原発の通常運転でも様々な形の有害放射性物質環境に出ていて、それによって昆虫植物とかにも障害が出てくる。また、近くに住んでいる5km圏のみならず、原発から50km圏内に住んでいる人たちの健康障害問題もある。子供白血病の発病率が高いとされる。

2016-09-21 人工放射能の対人影響 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 埼玉大学名誉教授市川定夫によると、人工放射能は生体内、人体内に異様に高く濃縮され蓄積されていくものがあると指摘している。人体は自然放射能とは適応してきた歴史があり、天然の放射性物質であるカリウム40は人体から適時排出する機能がある。カリウム元素表で同族であるセシウムカリウムよりも排出速度が遅く人体に蓄積する。放射性セシウムカリウムとして認識され腎臓から排出されるが、時間をかけて体内に徐々に蓄積されていく。

 今まで放射性がなかった元素に放射性のものを作ったときには体内で濃縮が行われる。人体はカリウムについては排出能力を有するが、天然のヨウ素は全て非放射性であるので、人体は放射性ヨウ素を天然ヨウ素と同じく濃縮蓄積する。カルシウムに近い性質を持つストロンチウム90も同じである。ストロンチウムは骨に集まり代謝されにくい。

 元ゴメリ医大学長ユーリバンダジェフスキーは、放射性セシウム(Cs)の継続的摂取により、子ども白内障奇形出産不妊、若年者の突然死(心臓疾患)、肝硬変赤血球の減少、腎不全といったさまざまな疾患が現れる事をチェルノブイリ事故を通じて証明した。Cs137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力過程が歪められ、体内器官(心臓肝臓腎臓)の不調の原因になる。大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。Cs137は血管壁の抗血栓活性を減弱させ、血管中の血液凝固過程を亢進させて血栓ができやすくなり、心筋梗塞脳梗塞など起こしやすくなる。Csによる持続的放射線の影響で2-3年すると腎臓が損傷して、慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症を進展させる。

 平均40-60Bq/kgのCsは、心筋の微細な構造変化をもたらすことができ、全細胞の10-40%が代謝不全となり、規則的収縮ができなくなる。体内Cs100bqで、100%心臓に異常が起きる。突然死する心筋Cs閾値個人差があり、1bqでも10bpでも起きうる。

 ベラルーシ、ベトカ地区での調査では子供達に白内障が増加。体内汚染が50bq/kgの子供の30%が白内障になり、白内障を患った子供達で現在生きている子は殆どいない。被曝により栄養摂取が阻害されることにより体内の老化が急激に進むことが原因とされる。

 α線核種が皮膚に付着した場合、皮下奥までα線が届かず、α線が届く範囲細胞を全部殺す。よって、丸くエッジが明瞭な穴が開き、時に出血し、あまり痛まない。β線核種場合は、1粒子の大きさが大きい場合、皮下深くまで届き、神経を傷つけ、痛みを伴い、エッジが不明瞭な発赤ができ発赤の範囲も広くなる。さらに大きな粒子の場合、手や指が丸ごと腫れ、回復が遅く、しばらく腫れて激しく痛む。福島第一原発に近い地域ではAmアメリシウム)などの短寿命α線源によって鼻血や皮膚の穴が開く症状が起きた。現在起きている鼻血β線源の付着が主要因であり、内部被曝が進行して、粘膜に炎症を起こしやすくなっている。

 ICRP放射線被曝による病気と認めてるのは甲状腺癌白血病奇形児であるが、放射線は人体に万病をもたらす。放射線被曝による身体的影響は、最初に増殖性の強い細胞に出る。リンパ細胞白血球、腸上皮細胞、血管内皮細胞である。つまり、内部被曝最初リンパ細胞破壊され白血球が減少、免疫力低下による感染症増加、既存化膿病巣悪化が発生し、虫歯による歯痛や水虫悪化下痢、血管疾患、心筋梗塞脳卒中脳梗塞糖尿病肝臓障害腎臓病、甲状腺疾患が起きることにになる。そして、生殖腺精原細胞卵母細胞、骨髄などの遺伝子破壊し異常増殖が起きれば癌になる。白血病脊柱や肺への癌、膀胱癌腎臓癌甲状腺癌乳癌肺癌悪性リンパ腫精巣腫瘍、多発性骨髄腫、骨肉腫などが若年層を中心に発生する。また、母親の子宮の中にいるうちに被曝を受けて生まれてきた子供たちの中には、脳の発達停止、白内障遺伝子突然変異、先天性の奇形神経系異常や水頭症などの疾患が発生する。

 チェルノブイリ事故後、6年経ってから様々な疾病が激増した。汚染地域での循環器系(心筋梗塞や血管内膜炎)の疾病率は100%近い。毛細血管の血流抵抗増加と血流量の減少が起きる。一方、癌というのは発症数からすると極わずかであって、内部被曝による恐ろしさは血管への打撃や免疫低下によってあらゆる病気に羅患することにある。甲状腺癌染色体7番のq11領域遺伝子破壊されて発生する事が分かっている。白血病の原因は小腸の絨毛の損傷にあり、最大の原因は放射能であり、次いで薬剤である。

 甲状腺機能障害による脳機能低下、もしくは脳そのものへの打撃により、脳機能障害記憶力低下、精神症状、脳の萎縮、言語能力の低下、手足の動かす能力の低下が起きる。脳細胞再生せず放射能による影響を受けやすい。脳機能低下は知覚しづらいが、程度の差はあれ100%確率で発生する。

 放射線が体内に存在する酸素分子に当たると電子を吹き飛ばしスーパーオキシドやヒドロオキシラジカル等の活性酸素フリーラジカル)が発生し、タンパク質核酸に損害を与える。ミトコンドリア破壊が進むと、TCA回路クエン酸回路)が阻害され、筋肉エネルギー代謝ブレーキがかかり体が動かしにくくなる。症状が進むと極度の倦怠感が発生して社会生活が困難になる。いわゆる「ぶらぶら病」(慢性疲労症候群)である。

放射性核種ごとの対人影響

 米ワシントン州ハンフォード再処理工場は、近くのコロンビア川亜鉛65を含む放射性廃棄物を放流していた。400km下流のウィラパ湾で取れる養殖場のカキを常食していた労働者に、大変高い濃度の亜鉛65が検出された。海水中の濃度は低いレベルだったが、牡蠣はこの放射性核種を10万〜100万倍にも濃縮した。牡蠣は1日約300リットルもの海水を濾過する。他の生物よりも圧倒的に海水濾過量が多い。つまり、牡蠣は海の汚染を取り込んでしまう。

 イカの肝臓は、海水中の放射性銀(Ag-110m)(半減期250日)を数百万倍も濃縮する。軟体動物はヘモシアニン(人間ならヘモグロビン)が銀を集め、海水の6万倍に達する。人はヘモシアニンを持たないので、放射性銀がどこかの臓器に特異的に集積することはない。放射性銀の経口摂取もっとも線量を受ける臓器は、大腸下部壁である。魚はセシウムの値が1000bq/kgを超えていても放射性銀がNDである場合があるが、逆にイカはセシウムNDでも2桁の放射性銀が検出される事がある。Ag-110mは、Ag-109中性子捕獲することで作られる放射性核種である。βマイナス崩壊により、β線γ線を出して崩壊し、カドミウムCd110(安定同位体)になる。

 セシウムCsは体内に入っても後続摂取を断てば二年程度で排出される。ただし排出速度は遅く、膀胱中1リットル6bqの放射性物質が15年慢性の刺激を与え続けると腎癌膀胱癌になる。

 放射性ストロンチウムSrは二価結合でカルシウムと同じ性質を持ち、生物カルシウムと見分けることができず必須元素として摂取する。水溶性であり、とりわけ水棲生物生物濃縮を起こしやすい。Srが体内に入ると容易に骨沈着し、骨の成分となって死ぬまで代謝されない。Cs134の生物学半減期は90日だが、Srは実に50年である。糖尿病白血病を引き起こす。概算でストロンチウムセシウムの300倍の毒性を持つと言われる所以である。

 Sr90が核崩壊してイットリウム90ができる。イットリウム膵臓に濃縮される。β線被曝膵臓機能が低下して、インスリン分泌が低下して糖尿病が増加する。

 2011年7月に鶏の餌には法律で魚粉を混ぜる事が義務づけられた。魚粉とは魚の骨などでストロンチウムが入っている可能性がある。鶏卵や鶏の骨のSr汚染留意すべきである。

 原子力発電所が稼働すれば、アルゴンクリプトンキセノンラドンなどの放射性希ガス放出されるが、化学的にフィルタすることはできない。トリチウム水素同位体なので取り除けない。キセノンクリプトンなどの放射性ガスのエネルギーが、大気酸素窒素を反応させて、酸化窒素をつくる。原発の温排水酸化窒素だけでなく、酸素原子が三つくっついたオゾンも作り、藻の激増(赤潮発生)に繋がっている。

 水素宇宙線の影響でトリチウムになることがあり、トリチウムは人体の特定部位では濃縮されない。

 ウランは微量ながら海中に存在してきたが、生殖腺に溜まることが分かっており、劣化ウラン弾被曝より子供に影響が出ている。

 プルトニウム(Pu)239の半減期は2万4千年,ウラン(U)235は7億4百万年で、PuはUの約3万倍の被曝影響を与える。Puヨウ素セシウムに比べて経口摂取で11倍〜13倍程度、吸入摂取では6000倍〜16000倍、人体に与える被曝影響が強い。原子炉プルトニウム239の年摂取限度(酸化物のとき,各種同位体含む)は吸入摂取で一億分の2.8g=16000bq、経口摂取で一万分の1.4g=8100万bqである。福島第一原発3号機原子炉及び燃料プールには32帯ずつ9%のPuが含まれるMOX核燃料が使われていた。

 仮に放射線の影響を無視できるレベルになるのが半減期10回とすれば、Puに関しては24万年必要とする。使用済み核燃料の10万年保管は人類便宜上設定した一つの節目に過ぎない。

 2012年5月国土交通省は、東日本大震災被災地で発生したがれきなどの災害廃棄物の処理を推進する一環として、総合評価方式による直轄工事の入札で、災害廃棄物の焼却灰を原材料に加えたセメント再生セメント)を使用する建設会社を加点評価することを決めた。ホームセンター市販セメントを計測したという証言によると、Cs33Bq/kgと言う数値であり、他に鉛、ヨウ素ビスマス等が検出されたとの事だ。

2016-09-20 山口薫博士の公共貨幣論を通じて経済の改善方法を考える。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 金融緩和により日銀によるベースマネーの増大し、銀行金融業界は潤う。日銀銀行が貸出を通じて信用創造するマネー増加については直接的な影響を及ぼしていない。

 銀行信用創造に頼ったマネー供給体制景気変動に伴う信用乗数増減によって、景気変動の振幅を大きくする。景気が良くなれば過剰に融資が行われ、一部は金融投機不動産などに向かう。景気が悪くなれば「貸し剥がし」や債務返済による信用収縮が起きて、景気の悪化拍車をかける

 「1935年銀行法」(グラース・スティーグラ法)を1999年クリントン政権が廃案としたことにより、大銀行が高いレバレッジ(梃子)をかけたデリバティブ金融派生商品取引を増大させ、2008年リーマン・ショックの引き金を引いた。

 デリバティブ残高は2008年当時6京円と言われたが、2016年現在14京円程度に増加していると言われている。

マネーストック流通現金通貨)+預金通貨

2013年4月現在

政府貨幣 4.5兆円 0.8%

日本銀行券 74.7兆円 13.5% 銀行券民間銀行である中央銀行が発行

預金通貨 472.3兆円 58.6% 預金通貨民間銀行創造

銀行金融資本による貨幣支配する体制となっている。」

 シカゴプランと呼ばれる貨幣改革案

? 民間会社である連邦準備制度理事会(FRB)−米中央銀行−を財務省統合し、政府のみ貨幣を発行する。

? 無からお金を作り出す民間銀行信用創造禁止し、100%政府貨幣とする。

 2011年9月21日デニス・クシニッチ下院議員によって提出された、NEED法(国家非常事態雇用防衛National Emergency Employment Defense Act)は、シカゴプランの2つの条件に第3の条件を付け加えた。

? 経済成長必要貨幣は、政府が常時流通に投入する。

政府通貨を常時流通に投入する」に関して「米国貨幣法」明文化している点

 財務省議会に対して、アメリカ合衆国における、公共の福祉を促進するための交通農業水利用・確保、下水道システム医療教育、他のイン

ラストクチャシステムなど、実体経済近代化改善更新することができる、政府による直接的な資金提供の機会について報告する。

 前年度に創出されたマネーの15%に相当する金額を12ヶ月の期間にわたり、各州に対して、一人当たり経済力に基づいた付与額を与えるための指示を行う。

 アメリカに住むすべてのアメリカ国民に対する市民配当に関する提案を行う。財務省生産価格モラル、及び、他の経済財政上の要因を観察しながら、この配当効果に関する徹底した調査を行う。


雑感

? の中央銀行を完全国有化する利点は特定金融財閥による影響力を低下させる点にある。現在FRB100%株式民間に持たれている。金融財閥により中央銀行国有化議論は封じられる傾向にあると言える。

 歴史的民間銀行紙幣を発行する形式になっている。この理由政府財政破産したとき通貨価値を失わない為とされるが法定で価値を定める「法貨」時代現在では中央銀行資本民間にしても、あまり意味がない。

よって、?は積極的に行われるべきである。

? については戦後の傾斜生産方式時代から高度成長期に近い状態と言える。銀行の貸出先については日銀が事細かに指導していた。

山口氏の懸念は取り付けによる銀行破綻である。?によって預金は全額政府が準備する状態にあるので、恐慌時の銀行破綻を防止できる。

?は事実上社会主義体制である。

?と当時に?も行われなければならないが、政府に的確な与信能力があるのか疑問がある。

先端技術の設備投資額や企業買収金額が「兆円」単位時代に、政府経済統制しながら国際競争力に勝てるのかという疑念もある。

仮に日本シカゴプラン実施された場合には、物的にはかなり供給が細ると想定される。共産主義時代ソ連邦中国に近くなる。

ただし輸入依存度は低下するので、社会の持続可能性は高くなる。

私の個人的意見としては、?は実施、??は実施せず、過度の与信やデリバティブ禁止する。かつての日銀窓口指導時代に戻す。一方、人民同士で情報共有を進め、個人レベルで不要産業への支出を減らして、淘汰させていく形が良いと思う。成熟した資本主義社会において、不要であったり、人に害をなす産業を、中長期的に縮小させなければ、幸福の最大化という観点から遠ざかり損耗が増えて不幸が増大する。

貨幣は材やサービス媒介する便宜的に存在するものであり、使い方次第で幸福にもなり不幸にもなる。

国家の統制で貨幣供給して経済を動かそうというの考え方は理想の一つではあるが、経済の停滞や社会の歪が増す可能性も考えなくてはならない。

(参考)

論文シカゴプラン(貨幣改革)とその電力・製造業への活用 -アベノミクスを超えて-」2013年

http://web.archive.org/web/20140223004723/http://www.muratopia.org/JFRC/sd/macrodynamics/ChicagoPlan.pdf

山口薫 (経済学者)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E8%96%AB_(%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E8%80%85)

ディスカッション・ペーパー・シリーズ同志社大学大学院ビジネス研究科

http://bs.doshisha.ac.jp/studygroup/discussion_paper.html

債務貨幣vs政府貨幣vs公共貨幣?』山口薫 AJER2014.6.2(6)

https://www.youtube.com/watch?v=LrDoGNHZN2A

日本未来研究センター理事長 山口先生講演「公共貨幣(シカゴプラン)で輝く日本未来

https://www.youtube.com/watch?v=lFIh-J5D800

2016-08-20 劣化ウラン弾の非人道性と日米核産業の関係 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 1991年湾岸戦争が勃発し、戦争中の劣化ウラン弾使用総量は800tに上った。琉球大学教授矢ヶ崎克馬によると「広島に落とされた原爆の14000倍から36000倍の放射能」にあたるとしている。1999年NATO軍コソボ紛争に介入した。米空軍A-10攻撃機が30ミリ砲弾31000発(劣化ウラン約8t相当)を発射した。2003年イラク戦争では米中央空軍報告書によると30mm弾311,597発を使用したされる。5発中4発は劣化ウラン弾であり,使用総量は劣化ウラン75tに相当する。

 

 劣化ウラン弾比重は鉛よりも1.7倍もあり、金属性装甲に対して強力な貫通力を有する。ウラン238自然発火性により戦車に当たった瞬間に高温になり爆発する。砲弾の70%は気化し、参加したウラン238の微粒子となる。微粒子の60%は直径5μ以下と極小であり、風に乗って何kmも運ばれる。地表に沈着した後も、再飛散が起きて広域を汚染する。

 日本原発必要な濃縮ウランは、資源エネルギー庁核燃料サイクル産業によると、国産150トンに加え、700トン輸入されており、そのうちの580トンは、米ウラン濃縮会社(USEC)製である。USECは米エネルギー省のウラン濃縮の民営化によって作られた企業である。

 2001年4月25日関西電力は「美浜・大飯・美浜原発に反対する大阪の会」との交渉で、USEC社に委託している、ウラン235濃縮過程で出てきた劣化ウランについて、その全量を無償で同社に譲渡していることを認めた。無償譲渡理由については、「いらないもの」だからとしている。2004年中部電力株主総会応答で、浜岡原発廃棄物である劣化ウランはUSEC名義で回収されていることを認めている。

 2001年1月20日通信社ロイター報道では、USEC社ケンタッキー州パデューカ濃縮工場およびポーツマス濃縮工場劣化ウランから劣化ウラン弾製造されているとされる。

 社民党北川れん子議員質問主意書によれば、関西電力によるアメリカへの劣化ウラン譲渡は、原子力基本法二条に定める基本方針原子力研究、開発及び利用は、平和目的に限」る規定に反し、先に述べた政府武器輸出三原則および憲法平和原則にも背反するのではないか、指摘している。

 USECは当初、石炭火力発電所を電源にガス拡散法でウラン235の濃縮を行ったがこれを退役させ、巨大遠心分離器を用いた遠心分離法に失敗した。米連邦会計検査院エネルギー省(DOE)とUSECの劣化ウラン再濃縮事業に疑問を呈していた。

 USECは米国内に大量に貯蔵されていた兵器級高濃縮ウランに加え、ロシアで貯蔵されていた500トンの核兵器解体ウランを20年契約1994年から購入している。購入時には、兵器転用できないように低濃縮ウラン化されている。途中から自国劣化ウランを輸出して露核燃料輸送会社のテネックス社で混ぜて輸入した。しかし、USECを通さずに露テネックス社と直接契約する電力会社が増えて収益悪化した。

 2014年3月5日USECは米連邦破産法11条の適用申請により経営破綻した。破綻したUSECの後を継ぐのGE日立レーザー濃縮(GLE)である。パデューカ濃縮工場劣化ウランGE日立レーザー濃縮(GLE)を使って再濃縮しようとしている。翌月4月日本政府武器輸出解禁に踏み切った。USEC社による濃縮ウラン供給維持の為、米国意向により武器輸出は解禁された。

 米国におけるウラン濃縮に明確な安全基準存在しない。ウラン濃縮は天然ウランのみならず、サウスカロライナ州サバンナリバー核施設ワシントン州ハンフォードテネシー州オークリッジなどのプルトニウム生産原子炉から出たウラン再利用されている。

 これらの核施設から作られた劣化ウラン弾頭には、プルトニウム239、ネプツニウム237といった同位体汚染されている。これらはウラン238に比べて時間当たりの放射線量が多くより一層危険である。


参考元

狂気核武装大国アメリカ ヘレン・カルディコット 集英社新書 P173-

日本は濃縮ウランのOEM生産工場だった

http://link-21.com/atomicenergy/008.html

DoE uranium transfers in question

http://www.world-nuclear-news.org/C-DoE-uranium-transfers-in-question-1106147.html

劣化ウラン関連年表

http://www10.plala.or.jp/shosuzki/edit/ippnw/dunenpyo.htm

劣化ウラン及び劣化ウラン兵器

http://www.nuketext.org/du.html

2016-08-15 医療被曝問題 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 医療被曝寿命の短縮の関係はおおよそ胸部X線撮影で1.5日、胃透視で1.5年、CTスキャンで150日とされる。

 日本人口あたりのCT台数は、他の国の3.7倍である。全世界CT設置台数の3分の1以上が日本にあり、総保有台数は飛び抜けて世界一となっている。日本医療被曝の量は、世界平均の5倍に達している。X線CTスキャン被曝量は頭部CTで3mSv、腹部CTで8〜10mSv、腹部・骨盤CTでは1回20mSvと被曝量が多くなる。バリウムを飲んで行われる胃透視被曝量は15〜20mSvである。胸部X線撮影被曝量はCTの150分の1の0.06mSv程度の被曝線量である。移動式の検診車両で行われる胸部X線撮影病院などに設置されている直接撮影措置に比べて、被爆線量が3〜10倍多くなるが、CTスキャン被曝量に比べれば遥かに少ない。

 更に造影剤を血管内に注射してCTスキャンを取る事も行われており、造影剤なしと造影剤ありの2回スキャンが行われるので被曝量は2倍となる。

 癌検査においてはPET-CT検診という方法が使われている。PET-CTポジトロン核種フッ素18という放射性物質標識した薬剤を静脈注射して全身に行き渡らせ、その物質が出す放射線を体の外からCT撮影する方法である。PET-CTを行うとPET検査薬の被曝量4.4mSvにCTスキャン被曝量が加算される。しかし、内部被曝強要するPET検査有効性は確認できていない。

 日本検査漬け、薬漬け医療体制1980年代中曽根政権貿易赤字で苦しむ米国と、医療検査機器医薬品の輸入を合意してしまった事に起因する。

 私が得ている情報や近親者や知人の医療に対する関わり方とその弊害を勘案すると、定期的な検査そのものが不必要である事は明白であり、諸外国では定期的な医療検査を減らす方向にある。仮に何らかの症状が出て、体内に異状が有ることが確定的になった時に限り、対人影響の少ない手法検査を行うべきである。胃腸検査であれば、内視鏡カメラがあり、人体内の断層映像であれば、超音波検診が存在する。内視鏡超音波検診も性能が良くなっているので、放射線を利用する検診を行う必要性存在しない。仮に診察の上で人体断面画像必要なら、高磁場高周波を利用する磁気共鳴画像法(MRI)を利用した方が人体への打撃は少ない。

 原発事故による被曝量と医療被曝線量を比較して、原発事故被曝被害矮小化する話が流布された。原発事故場合外部被曝内部被曝となる上、主たる被曝要因は内部被曝である。PETを除けば外部被曝だけを勘案すれば良い医療被曝でさえも対人影響を考慮せざるを得ないのであるのだから、環境中に核分裂物質が飛び散ってしまった福島原発事故とは最悪の事態なのである。

 国際放射線防護委員会(ICRP)1990年勧告よると、公衆に対する線量限度は、1年あたり1mSvである。放射線作業従事者の線量限度は5年間の平均で年あたり20mSv、すなわち100mSv/5年である。

 であるから、CTスキャン被曝線量は低線量とは言えない。ICRPの年率1mSv以下の低線量放射線被曝でも安全ではなく、これまでの研究成果により低線量被曝による悪影響閾値存在しない事が判明している。1年1mSvを1時間単位にすると、空間線量は0.117μSv/hとなるが、これには半分は内部被曝を想定しているので、空間線量許容値は半分の0.0585μSv/hである。悲しいことに福島原発事故後は首都圏空間線量が0.05μSv/h以下の所は大深度地下鉄など特殊環境に限られる状態となった。被曝は累積するのである。我々は医療被曝に加えて原発事故による被曝が加算される状態有る。これにより様々な疾病発生要因となりうることを考慮すべきであり、医療被曝によって癌を製造している事を認識するべきである。

(参考)

15ヵ国のなかで、突出して医療被ばくが多い日本

https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/140805/

2016-08-13 残留放射能内部被曝対人影響隠蔽の歴史 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 広島型・長崎原爆研究開発及び製造を行ったマンハッタン計画の中心的科学者ロバートオッペンハイマーと、エンリコフェルミ研究段階から内部被曝の影響を認識していた。

フェルミヒットラー原爆製造を思い留まらせるには放射性物質ドイツ小麦畑に蒔くのが効果的だ」

オッペンハイマー「それには骨に沈着して離れにくいストロンチウム90が一番よい。ただし、50万人を殺せる確信ができるまではやめた方がいい」

オッペンハイマー原爆開発段階でストロンチウム90の対人毒性が高い事を見抜いていた。

 原爆投下を命じたトルーマン大統領は「戦争の長引く苦病を短縮し何百万もの若いアメリカ兵の命を救うために原爆使用した」と述べており、米国教育現場でも同様の事が教えられている。

 2014年6月フランスで行われたノルマンディー上陸作戦記念式典で、西側諸国の首脳陣とロシアプーチン大統領が列席した。「戦争」をモチーフにしたパフォーマンスで、巨大スクリーン広島原爆が投下される映像が流されるやいなや、会場に詰めかけた多くの米軍関係者や観客からは大きな拍手が巻き起こり、オバマ大統領はガムを食べながら一緒に拍手を送っていた。その一方でプーチン大統領は深刻そうな表情をしながら、哀悼の意を表するため胸元で十字を切った。西側諸国原爆投下対して、戦争を早期集結に結びつけた原爆投下肯定的である。原爆投下後に起きた直接的・間接的悲劇黙殺してきたからである。

 原爆投下の最大の理由人体実験である。広島の投下されたウラン型はプルトニウム型よりも先行して開発は完了していた。ガンバレル型という簡易な構造ゆえに起爆実験必要としなかった。米国ポツダム宣言における天皇制維持に関する態度を明確にせず、プルトニウム原爆製造完了まで終戦を引き伸ばした。1945年8月9日未明ソ連による対日参戦により、日本の敗北は確定的だったにも関わらず、米国長崎原爆を投下した。2種類の原爆を投して対人影響を調査するのが目的だったと言われている。2発目の原爆投下軍部や軍関係者の間では予測されており、小倉八幡製鉄所では「コールタールを燃やして煙幕を張った」との証言が出ている。八幡製鉄三菱化成は、煙幕による遮蔽装置を持ち、発令で点火することになっていたのである。また、小倉では射程が1万mあり精度も高い12インチ高射砲が放たれた。ゼロ戦10機もB29迎撃に向かった。一方、長崎大村飛行場にはB29撃墜能力を有する局地戦闘機紫電改」が駐機していたが、出撃命令は下らなかった。

 広島長崎原爆投下後、GHQ原爆惨状についての報道を統制した。ちなみに、国際赤十字が立ち入りを禁止されたのは広島長崎被爆地と、1989年12月米軍によるパナマ侵攻だけと言われている。パナマ侵攻ではレーザー兵器使用された。

 原爆投下後の翌9月には被曝の影響を調査するため日米合同調査団が編成された。1947年3月には原爆傷害調査委員会(ABCC)が設立された。放射線による遺伝的影響を探るため、ABCC発足前年の1946年から広島市呉市助産師らと新生児調査の打ち合わせを重ねていた経緯を示す文書が、米国で見つかっている。放射線遺伝的影響をもたらすことは戦前動物実験では知られていたが、米国が早い段階から被爆調査を周到に準備していたことは、原爆投下前後に既に人体影響を予見していた証左の一つと言える。実際にABCCによって奇形児処分されたとの証言が出ている。

 ABCCは被爆者追跡調査のみに徹し、全く治療せずデータだけ取った。米国医師医師免許の都合上、日本での治療行為を行う事が出来ない為という理由が挙げられたが、実際には放射線医学生物学的な影響を調査する事が目的機関であるので、治療行為そのものを想定していない。

 原爆の対日使用目的被曝影響の「人体実験」に他ならない。1946年海軍省トルーマン大統領にABCC設立必要を訴える文章を送っている。

アメリカにとって極めて重要な、放射線医学生物学的な影響を調査するにはまたとない機会です。調査は軍の範囲を超え、戦時だけでなく平時産業農業など人類全体に関わるものです。」

この文章トルーマン自身サインをしている。

 1953年にはABCC生物統計部長ローウェル・ウッドベリーが内部被曝の原因となった「黒い雨」を調査する必要を訴えた報告書を提出している。予備調査が1年続けられたが、衛生状態悪化が原因とされて、調査打ち切りとなった。

 ABCCの米国側の主体は、原爆を投下した米国で核開発を担当するエネルギー省である。残留放射能内部被曝対人被害を認めれば、核戦略の前提が崩れてしまう。「人道的兵器」として核兵器保有行使力を保持したい米国国家戦略上、内部被曝を認める事が出来ない。

 ABCCは1975年放射線影響研究所名前を変え日米共同運営となった。放影研初代理事長731部隊出身者の重松逸造である。731部隊関係者研究資料GHQに提出する代わりに戦犯を免責されたと言われている。重松は国際原子力機関IAEA)のチェルノブイリ報告をまとめた人物でもある。現地には1泊しかしていないにも関わらずチェルノブイリ調査安全宣言を行い、後の被曝被害の拡大に繋がった。現地では怨嗟の声が上がっている。

 重松はチッソ有機水銀水俣病因果関係否定し、救済を十年は遅らせた。水俣病は現地の熊本大学研究弁護士達による告発が最終的に有機水銀説を国に認めさせることとなった。水俣病から日本政府は多くの事を学んだ。現地の大学病院疫学調査重要役割を果たす事を認識しており、損害賠償請求訴訟が起きた場合には疫学差によって因果関係認定される事も認識している。福島医科大学には重松逸造や二代目放影研理事長長瀧重信の弟子筋にあたる山下俊一が副学長として赴任している。 山下俊一は日本におけるチェルノブイリ事故による甲状腺障害研究第一人者ではあるが、自身の講演では笑顔放射線障害抑制できるなどと発言している。山下本質的には人心から放射能に対する不安を払拭し、国や核産業の思惑を反映させるだけの御用学者の一人と言って良い。

 2013年12月には「がん登録推進法」が成立して、既に施行済である。「がん登録推進法」は、癌登録業務従事者が当該業務に関して知り得た秘密を漏らしたときは、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処することとする、と規定している。これにより癌の統計数値が公表されることは無くなったと解釈できる。仮に原発事故被曝被害者が癌発生の疫学差を法廷証拠を明示しようにも、原本となる指標が得られない可能性が高い。福島原発事故水俣病の相似形として、膨大な人々が悲劇的な結末を迎える事が想定される。

 現在も、放影研被爆者に対する健康調査は続けている。2012年3月14日に、放影研は低線量の内部被曝影響を研究すると、方針転換を余儀なくされた。

2016-08-03 電通と原発 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 電通広告シェアは5割であり、原子力関連では8割の広告支配している。原発事故が起きると電通社員メディア側に報道自粛するよう要請する。電通経由の広告で成り立っているメディア側は電通意向に逆らえない。東京電力一社だけで年間260億円、電気事業連合会加盟10社で合わせて1000億円が、広告宣伝費として使われてきた。

 福島第一原発事故が起きて以後、原子力関連広告は減少したが、代わりに福島農産物広報する仕事電通は受注した。農林水産省2008年に「食料自給率向上に向けた国民運動FOOD ACTION NIPPON」という事業を立ち上げた。2011年の同事業予算は23億円「フード・アクションニッポン推進本部事務局運営」として、電通一般競争入札で受注している。電通は、米粉の消費拡大の広告なども受注しており、2011年の単年度で総額71億2千万円もの事業農水省から受注している。 「食べて応援しよう!」運動農水省委託事業として、電通が受注した広告事業であり、食糧自給率促進広告の一部なのだ。「FOOD ACTION NIPPON 推進本部事務局」は電通本社内にある。

 「食べて応援」の問題食品の安全担保されていない事にある。検査福島県農産物で1276点であり、その他の県はそれ以下である。全量検査ではない上に、検査結果は100Bq/kg以下ということしか情報開示されず何ベクレルだったのかという発表すら行われない。ドイツ安全基準大人8Bq/kg以下、子供4Bq/kg以下である。

 台湾2011年3月東京電力福島第1原発事故の直後に福島など5県からの食品輸入を禁止した。日本禁止解除を求めていたが、産地を偽装した5県の食品台湾流通していたことが2015年3月に発覚し、逆に規制が強化されることになった。産地の表示があっても偽装の疑いがあり、消費者安全指標を失った状態と言える。

2016-07-31 創作を通じた反核・反原発表現と統制 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 表現への統制は常に存在し、学芸員芸術活動を通じた反戦的な作品を取り締まる傾向がある。反戦反核芸術世界において格好のモチーフのはずである。確かに『原爆詩集』の挿絵で知られる画家の四国五郎や、埼玉東松山市にある「原爆の図」丸木美術館は著名であるが、芸術分野全体の創作量に比して、反戦反核の作品はあまりに少ない。昨今では、米国に従い戦争への道を進む日本の現況を「かまくら模型」に表現した中垣克久氏のアート東京都美術館から撤去された。戦争原発事故を扱った立体模型を展示した「ろくでなし子」は2度も警察逮捕され起訴されている。

 片やフィクション作品では世界観設定において核に関するものが幾つも存在する。古今東西、正面切って言論表現芸術表現意思表明すると厳しい制限を受ける。フィクション世界では強い作家性が発揮できる。反核意識のある作家サイエンス・フィクションファンタジーを用いて主張を盛り込んで表現を行ってきた。

 怪獣ゴジラビキニ水爆実験が行われた1954年水爆怪獣」として登場した。今となっては忘れ去られてまったが、ゴジラ水爆実験により変異した怪獣として銀幕に登場した。

 1970年山上たつひこが「週刊少年マガジン」誌上で『光る風』の連載を開始した。軍国主義の台頭とその恐怖を描いた内容は強い衝撃を与え、漫画という表現媒体政治サスペンスを先駆けて手がけたことで高い評価を受けた。軍国主義体制の恐怖描写は、ベトナム戦時下において同時代性があったが、現代日本への警句にも読み取れ、ネットで話題となり2015年再販された。「光る風」とは放射能雲の隠喩であり、作中には被曝による差別や、被曝奇形児として生まれた人物が社会への復讐を果たそうとする物語展開も含まれている。連載終了への圧力があったのではないかと推察されるほどに、終盤の展開は異様に早くなっている。『光る風』は松本清張第二次世界大戦後のGHQ占領下に起きた事件を記したノンフィクション日本黒い霧』の影響を受けており、作中に『日本黒い霧』の引用文が用いられている。後に山上小説家転向するが、『光る風』連載時、編集者に無断で台詞を書き換えられた事が原因だとされており、強く表現規制を受けていた事が伺われる。

 手塚治虫きりひと讃歌』(1970年)は風土病と戦う医師物語だが、小学館ビッグコミック掲載誌上においては、病原と覚しき水の分析過程で「放射能障害」「核物質」という言葉が使われていたが、単行本になり、版を重ねるうちに、これらの表現が一切消えた。病因の記述も、「一種の放射能障害による風土病」が「微量の結晶体の蓄積によってもたらされる骨変形をともなった一種の内分泌障害」に変更され、放射能関連の言葉が計14カ所削除された。

 内部被曝症状に関する描写は井伏鱒二原作1965年今村昌平監督映画黒い雨』(1989年)と中沢啓治漫画はだしのゲン』(1974年)で行われている。直接原爆の被害を受けなくても、原爆投下後に広島市に入った人々が喀血や下血、脱毛、倦怠感などの症状を訴えながら死んでいく様が様々に描写されている。『はだしのゲン』は今の少年ジャンプからは想像もつかないが、1972年月刊少年ジャンプに連載が開始された。被曝体験は原作者である中沢啓治実体験に即しているので、恐ろしく現実味がある。中沢上京後に被爆者に対する差別を身をもって実感していたので、自らが被爆者であることを隠していた。しかし、郷里母親が亡くなり、葬儀に立ち会った際に、火葬後に骨が残らなかった事に「原爆によって2度殺された」と憤怒し、『はだしのゲン執筆へと向かった。中沢原爆投下直後の被曝者に関する描写については抑制的に描いたにも関わらず編集部へ苦情が殺到し、作家として苦闘した様を晩年に述べている。『はだしのゲン』は単に被曝者としての体験談だけでなく、日本権力構造戦争動員に関する庶民の有り様や米国に対する批判までをも含んでいる。

 2012年8月島根県松江市市民から『はだしのゲン撤去を求める陳情書が提出され、12月校長会が『はだしのゲン』を閉架処置決定を行い、『はだしのゲン』全巻を保有していた39校全ての学校図書館において閉架された。その後、NHK報道により多数の自治体でも『はだしのゲン撤去陳情が行われている事が発覚したが、閉架に至った事が確認されたのは、大阪府泉佐野市だけである。図書館側に「閲覧記録を確認するなどして読んだ子を特定し、個別指導できないかと打診」があったとされ、「図書館利用者秘密を守る」という条項に抵触するので物議を醸した。

 井上智徳原作マンガCOPPELION』(コッペリオン)は2036年東京お台場にある原発過酷事故が発生し、東京都の広範な地域放射能汚染立ち入り禁止区域になったという舞台設定であった。2010年9月にアニメ化決定の発表がなされたが、東日本大震災を受けて延期となり、2013年10月に放送された。「東京都」は「旧首都」、「放射能汚染」が「汚染」、「原子力発電所で発生したメルトダウン」が「事故」へ変更となり、原作マンガでは克明に描かれていたお台場にある原発には雲をかけて原子炉建屋自体のアニメ描写すらも避けた。福島第一原発事故を受けて、放射能に関する表現が厳しく抑制された。

 雁屋哲原作漫画美味しんぼ』の鼻血描写と被曝関係記述した事が問題視される大騒動が起きた。急性の鼻血α線核種、慢性の鼻血β線核種が鼻腔内部に存在する疑いがある。急性被曝症状として鼻血は衝撃的で分かりやすいので、原発推進側としては最も隠蔽したい事象である。『美味しんぼ』の作中に登場する元福島県双葉町長井戸川克隆はフェイスブック上で毎日鼻血が出ている状態を写真入りで投稿した。『美味しんぼ』は雁屋哲福島各地の実地取材を敢行し各方面から証言をとって作品に盛り込んで説得力を持たせている。福島第一原発収束作業については「一番の印象は、破壊の程度が想像を遥かに超えていて、それに対する処置がすべて応急処置でしかない」と切り込み、原発事故責任東京電力だけに留まらず行政政治の責任にも言及している。

 『On your mark』という、宮崎駿CHAGE and ASKAが共労した原発事故後の世界を描いた短編映像作品1995年)がある。『On your mark』は2014年6月18日に予定されていた「宮崎駿監督作品集」に同梱される予定だったが、直前の5月17日に「CHAGE and ASKA」のASKA覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。これにより、当初予定は7月2日に延期され、『On your mark』はバンドルから外された。後に購入者には別送される対応となった。2013年報道ではASKAは以前から覚醒剤は止めており、逮捕はないとの見方が強かった。ASKA2016年現在閉鎖病棟を備えた精神科病院入院隔離されている。ASKA病院内で「深海魚セシウムをたくさん含んでいる。絶対に食べちゃダメだ」「国は大量の放射能漏れ隠蔽している」などと述べていると報じられた。原発問題認識としては的確であるが、現代では閉鎖病棟入を肯定するかのような言説として取られてしまう。閉鎖病棟思想犯隔離施設として使う手法普遍的に行われてきたが、現代日本例外であるとは言い難い。

 報道界では、被曝による甲状腺癌問題や除染作業の杜撰さを報じ、原発問題を厳しく追求していたテレビ朝日の岩路真樹ディレクターが、ホテル部屋ドアの「外側」四隅をテープで貼り、部屋の中でロープで縛られ椅子に座った状態で練炭自殺体として発見された。生前に岩路は「もし私が死んだら殺されたと思ってください」と述べていた。