ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

山寺のんびり日記

ページビュー
3860485

2016-09-28 深沙大将 志の輔のめい想パワー ルパン三世’80 その2


数日前に老僧が宝物殿に拝観者を案内したときに、突然…




「ミイラを見せてください」



と言われたそうだ。



当山には深沙大将の仏像があるが、同じく深沙大将の仏像を蔵する岐阜の横蔵寺にはミイラが安置されているので、混同されたらしかった。




本日は岐阜からグループで参拝された方々があった。




観光ボランティアとして活動されている団体で、横蔵寺を案内する関係で深沙大将に関心を持たれ、本日は同じく深沙大将を蔵する小浜の明通寺に参拝され、その後、当山に来られたとのこと。







帰り際に深沙大将の資料を頂いた。



f:id:burogubou:20160928210201j:image



こちらが横蔵寺の深沙大将。平安仏とのことだがどこかユーモラスな表情である。




180センチ余りの大きな像だという。

大変ご利益がるとして大勢のお参りがあるそうである。



横蔵寺の薬師如来は比叡山再建の際に横蔵寺から比叡山に移されて根本中堂の本尊になったというから、このお寺の由緒は大変なものがある。




f:id:burogubou:20160928210343j:image



こちらは明通寺の深沙大将。


横蔵寺よりさらに大きく250センチもあるというから大変大きな仏像である。


明通寺の創建は桓武天皇の時、征夷大将軍坂上田村麻呂蝦夷征伐に際して薬師如来を本尊創建したという。丹後の七仏薬師も地方の豪族征伐のために祀られたことと重なるように感じる。



【関連記事】

http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/rekisi/sekai_isan/Japanese/data/132.htm



仏像の写実性としては高野山にある快慶の深沙大将が一線を画す。



f:id:burogubou:20160928210432j:image

【なんという異形、なんという迫力。さすが快慶仏である。】


面白いは仏像の立っている台座が水のように見えること。



f:id:burogubou:20160928214328j:image


深沙大将は水に関わるという説がある。お不動様のように岩の上に立つ(座る)仏像は多いが、水の上に立つというのは極めて珍しい。深沙大将は興味の尽きない仏様である。









本日の「ためしてガッテン!」のテーマは瞑想。




とうとうガッテンで瞑想(座禅)が取り上げれるとは…とちょっと感無量。




「瞑想」ではなくて「めい想」となってましたが。




【関連記事】http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160928/index.html?c=health




瞑想が認知症、うつ、慢性痛、不安などにも効果のあることが内外で検証されつつある。




認知症対策はこれから大きな課題となってくるが、コストをかけず、予防的に認知症対策を行うためにも「めい想」の効果をもっととりあげてほしいと思う。








【昨日のルパン?世'80 の続き】

D


ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20160928

2016-09-27 誤字注意報 明るい奴隷制 ルパン三世’80 LIVE  



彼岸を過ぎて9月末になろうとしているのにひどく蒸し暑い。


午後から法務が1件あったが随分と暑い思いをした。


明日からしばらく天候不順の予報。





10月初旬に秋の法要があるのだが、それ以前に法要の案内を各家に出さなければならない。


そのことを…


すっかり失念していた!



慌てて法要の案内をプリントし、総代さんに配布をお願いしようとしたが、ふと最近、誤字が多いのを思い出して、念のため案内を読み直したら…



【日時】9月8日(土曜日)午後3痔



痔…って




危機一髪…(汗)






プロの写真家に仏像の写真撮ってもらったのだが、記録用写真のため、背景にいろいろなものが写りこんでいるのが気になる。




自分で加工しようと思って画像加工の参考書を買ったりしたががそれだけのために高価なソフトを買うのももったいないし、時間も無い…



『ココナラ』というサービスを見つけた。



『COCONARA』https://coconala.com/home



こちらのオファーに対して登録者のスキルとマッチングするサービス。




価格は500円から。



試しに画像の件を投稿してみるとあっという間に



3000円から始まって


1500円、1000円、500円…


結局1500円の対価を支払い、画像の処理をして頂いた。






登録者のスキルとマッチングするというのは理解していたが、どんどん値下げされるというのは予想外だった。




自分のスキルをワンコインで売る…



双方にとってメリットもある反面デメリットも大きいのではないだろうか。





自分のスキルや労働力を安くで売り始めると際限のない安売りになってしまうのではないだろうかという懸念である。




経済全体からみればお金が使われることで経済の循環が生まれるはずだからである。






100均ショップがどんどん規模や品質を拡大していまや日用品の多くが100均で手に入る。



これでは中小の小売業はまったく商売にならない。



さらに物を売り買いすることは経済行為であるだけでなく、コミュニティの継続でもある。



子供の頃は商店街が大いに賑わい、そこに物の流通だけでない人々の交流があった。



駅前のショッピングモールは反映しているが、そこにコミュニティは生まれていなのではないだろうか。




昔のように地元の商店でものを買う…それもいろいろな点で難しい。




人々はより安く、より選択肢の多いものを求めるからである。



ワンコインで自分のスキルを売る…



私はふと「明るい奴隷制」という言葉を思い浮かべた。



それは私の錯覚なのだろうか。






D

【本日、事務仕事のBGMはモーツアルト



D

【気分転換にルパン三世マリンバ打楽器のオジサンがカッコイイ】



ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

山崎山崎 2016/09/28 02:24  錯覚では有りません。東日本大震災でも復興のために集まったボランティアの多くは、真っ先に商店街に向かいショッピングモールは後回しにされたそうです。
 皆 何処かで、買い物は欲しい物を買う行為だけでなく、喜びや楽しさを得る行為として、あるいはコミュニケーションの手段として考えているのでしょう。

burogubouburogubou 2016/09/28 23:25 山崎様。最近はお金の多寡や安さばかりが強調されている気がします。コミュニケーションとしての経済に着目すればもっと違う流れが作れるかもしれませんね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20160927

2016-09-26 戦車薀蓄 陰山神道 商店街はなぜ失敗したか?

 




動物ネタ


数日前に家人がトイレのドアを開けたら


トイレの窓から蛇が体をのぞかせていた…


棒でつついて下に落としたと思ったのに、しばらくしたらリベンジして登ってきて再び窓から入ろうとしたとのこと。


どうやって高い窓にたどり着いたか不明…


窓のそばに塩ビの配管があるのでそこを登ってきたとしか考えられないのだが。





動物ネタ その2



妻が朝方、千年カヤの実を拾っていると


頭上の枝が風も無いのにザワザワ揺れる…


しばらくして子ザルがカヤの実を食べていたことが判明。


頭上の枝がザワザワ揺れて「ジュラシックパーク」で恐竜が出てくるところみたいだったとか。






秋も深まりに読書に最適の季節。



密林の古書ブックオフオンラインを天秤にかけて値段の安い方を買うというのが最近のパターン。



最近読んでいるのは以下の3冊。



戦車謎解き大百科

戦車謎解き大百科




斎木 伸生「戦車謎解き大百科 」(光人社



ここ数年、戦記に類するものを読むことが多いが、様々な局面で戦車の性能や運用など戦車の果たす役割が大きい。



写真はモノクロのみ。上田信氏によりカットが数百点掲載されていて、言葉では説明不能の部分を良く補ってくれる。パラ読みするのに調度良い。戦車の細かなネタが満載である。「謎解き」というタイトルは少々大げさか。





神道の神秘―古神道の思想と行法

神道の神秘―古神道の思想と行法



山陰基央「神道の神秘 古神道の思想と行法」(春秋社)


山陰基央(やまかげもとひさ)氏の手による古神道(山陰神道)の本である。


神道とは何か?から始まり、古神道の思想、霊学、他界観、行法、祝詞などが書かれている。


秘伝や口伝の部分以外は詳しく書かれていて、実践できる行法もすくなくない。


そこに著者の体験と信とにより一般的な神道の概説書とは一線を画す深さがあると感じる。



著者によれば神道は無教義、無戒律、無偶像、無教祖の宗教であるという。



宗教的対立の多くは教義や世界観の違いによりところが大きい。そこに民族の利害やエゴが重なる。



著者のいう神道の特性(無教義、無戒律、無偶像、無教祖)は宗教の素朴な姿であると同時に、未来の宗教のひとつの方向性を示すものではないかとすら思える。


宗教がその対立を和らげ、広く人類の意識の向上に貢献できたなら世界には平和と進歩が訪れるのではないだろうか。








ネットで木下斉(きのしたひとし)さんの地域おこし論を興味深く読んだので買ってみたのが木下斉「稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則」(NHK出版新書)。



まだ2割ほどしか読んでいないのだが冒頭のエピソードが印象に残った。

思わず腕組みして「う〜ん」と唸ってしまった。




新宿早稲田商店会という小さな商店会があり、予算も年間60万しかないという低予算のなかで活動していた。高校生だった著者は商店街のイベントに関わるようになる。


商店街は環境をテーマにしたイベントを行い大成功を収める。今でこそ環境やエコというのは新味はないが20年以上前には画期的な取り組みであった。



国や自治体補助金にたよらず、地元の商店が企業や大学を巻き込んでイベントを行い、やがて区、都、国、国連大学などが関わる一大イベントになり、その後も様々な事業が次々と成功を収めた。



ところが…


この商店街は社会実験モデル地区に選定されいきなり国から数千万円の補助金が下りることになった。


それまで民間主導、行政参加、低予算ですすめた事業が一変した。


それまではやりたいことを提案した人が率先して動くというあり方から、従来にはなかった「予算をもとに何ができるか?」という議論が始まり、さらには自分の商売に有利なように予算を活用しようとする人々、予算を目当てした外部からの怪しげな人たちが加わるようになってゆく。するとそれまで善意で手伝ってくれていた人たちの士気が一気にさがり、地域のキーパーソンが離れてゆくようになった…


結局、お金がなかったときのほうが知恵が出て楽しかった。補助金は「麻薬」のようなものではないか。それまで真面目に生きてきても1度その味を覚えさせられると自立していた活動が一気に崩壊してしまう…というのが著者の主張である。



お金がないと知恵が出る。そこに善意も生きるが、何より潤沢な資金が補助金として与えられるとこれまでの取り組みが一気に変質してしまうというのが実に実にリアルな話である。本書はまだ2割しか読んでいないが続きが愉しみである。





ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

山崎山崎 2016/09/27 01:04  安倍さんは、これからの国会を「アベノミクス加速国会」と名付けたようです。しかし相変わらず安倍さんの地元の商店街では、閑古鳥が鳴いています。
 「国はもう金は出さない。自分たちで知恵を出し、やる気を起こして地域を活性化して欲しい。自分たちの力で、自分たちの町を豊かにしようじゃありませんか!」安倍さんが言いそうなセリフですが、これでは説得力が無い。 
 アベノミクスをいくら加速しても豊かさを実感できる人は、ごく一握りの人だけでしょう。そろそろアベノミクスは失敗だったと認めたら如何

burogubouburogubou 2016/09/28 00:26 山崎様。安倍さんのミスは拳法改正を急ぎすぎることだと思います。教育の正常化を行えば次の世代がやってくれるはずですから。一握りの富者が生まれるというのはアベノミクスに限らず、現代の資本主義の根本的な問題ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20160926

2016-09-24 お日柄 午後5時のレスキュー隊



昨日、いつもお参りにこられる女性に挨拶すると


「今日はとても良い日なんでお参りに来ました」


と言われた。


昨日は一粒万倍日と天赦日が重なる稀な吉日なのだという。


一粒万倍日は私も気にすることがあるが、天赦日というのは初めて知った。


ちなみに次の天赦日は12月8日である。














夕方、兼務寺院で1時間だけ草刈をしようと思い立った。




この日はあまり良いお日柄でなかったらしい。




夕方からやることなすことかみ合わず、草刈りに出発したものの忘れ物をして2回も山寺にもどる。時間のロスを気にして溜息…



あと10分ほどで目的の草刈ポイントというところまできたときに、三叉路の路肩に白い軽自動車が止まって、若い女性2人が立っているのが見えた。




よくみると車の前輪と後輪が側溝にはまって落ち込んでいる。



私1人ではどうしようもないし、携帯も持っておられるようだったのでスルーして先を急ごうとすると…前を走っていた軽トラックが止まって、旧知の檀家さん夫婦が降りてこられた。



事故車をレスキューするつもりらしい…となるとお手伝いしないわけにはいかないので、軽トラックのすぐ後ろに私も車を止める。



三叉路の周囲は檀家さんのお宅ばかりなのだが、いつの間にか1人、2人と人が集まり、通りがかりの軽トラックがとまったりして総勢6人の檀家さんが集まってワイワイと相談を始めた…



狭い側溝に車輪が2つともはまり込んでいるのでどう考えてもJAF案件であるが(笑)、JAFは1時間半たたないとこないらしい。


「家からU字溝もってくるからタイヤの下に入れよう」

「車にジャッキ積んどるから降ろしてくる」

「いっそユンボ持ってきて吊り上げろ」


…どんどん相談がすすむ。


田舎では田んぼに農機が沈んで動かなくなることがあって大勢で引き上げることもあるらしく皆さん実に手際がいいし、楽しそうである。


私は真新しい軽自動車を無理して車体を傷つけないかハラハラしていたのだが、大勢であれこれやっているうちに…車体が持ち上がり、車を無事に道路に戻すことができた。


私は絶対無理だと思っていたので正直驚いた…


「ワシらのほうがJAFより上手い。ワッハッハッ」


とみんなで笑って解散した。


私はせめて30分だけでも草刈をして帰ろうとおもったのあだが、草刈を始めようとすると持ってきたはずの防振手袋が見つからない…


事故現場で車体が傷つかないように側溝と車の間に入れたところまでは思い出したので、現場に忘れたのかとおもって取りに戻るが見当たらない…



結局草刈はできなかったが気持ちのよい、親切な檀家さん達の様子を見て草刈ができたよりももっとさつぱりした気分になった。



そんなに悪いお日柄ではなかったらしい。





ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

山崎山崎 2016/09/24 22:48  昔ガソリンスタンドに勤めていた頃、「車が溝に落ちたので引き上げるのを手伝って欲しい。」と言われ、現場に行くと大勢の人が集まっていて「せいのお!」で引き上げました。そこで終わればめでたしめでたしなのですが、他の人は笑って帰って行くけれど、私は仕事だから、只では帰れません。申し訳なく思いながら出張費をもらって帰りました。お客さんの、(何時もガソリン入れているのにこのくらいサービスしてくれても)と、言った表情が心に突き刺さりました。思い出したくない事ばかり 思い出してしまいます。

burogubouburogubou 2016/09/24 22:54 山崎様。仕事なのだから有償というのは当然ではないでしょうか?相手の方も了解していたと思います。人間というのは身勝手なものだと割り切りましょう。傷ついたのは貴下の優しさい心です。

QwanzanQwanzan 2016/09/26 08:40 映画の紹介です
映画『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』
http://www.uplink.co.jp/seinaru/
ヨガはよくわかりません

burogubouburogubou 2016/09/26 22:45 Q様。いつも御教示頂きありがとう御座います。ヨガの映画とは珍しいですね…真言宗はヨガと深くつながっているはずですが表面的にはほとんどそのつながりがよくわかりません。ヨガは初心レベルですがとても良いと思います。1度挑戦されてみては?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20160924

2016-09-22 彼岸 イチロー讃

 



本日は彼岸の中日。




19日の彼岸の入りから始まった松尾寺の彼岸法要も本日で終わり。



午前中に地元の禅宗寺院も交えた法要を終え、夕方からは大師堂にて塔婆回向を行う。




 午前の法要を終えて山寺に帰ると、若い檀家さんから携帯に着信があった。




彼岸の意味をしりたいとのこと。




改めて尋ねられるとあやふやなこともあり少し焦ったが分かる範囲で説明した。




檀家さんが仏事に関心を持ってもらうのは結構なことだと思う。


その方は檀家さんであると同時に友人といっていい間柄だが、現在は正木晃さんの「お化けと森の宗教学―となりのトトロといっしょに学ぼう」という本を読んでおられた。「となりのトトロ」を切り口に宗教学を説いた内容であるらしい。






本日は庫裏のなかにある時計が3つも止まったり、故障したりして使用不能になっていた。


何か意味があるのかそれとも偶然なのか。










野球、サッカーなどのスポーツ観戦には興味がないのだがイチロー選手は凄いと思い尊敬している。




外国人選手ち比較すれば大人と子供ほどの体格の違いがあるにもかかわらずあれほどの成績を残し続けるというのは、尋常でない天分と努力を感じる。



天分に恵まれるというのは何だろうか?それはその人の前世での積み重ねた徳や努力の反映ではないかと思うのである。




ならば成功とはひたすらな精進努力に尽きるのかもしれない。




イチローという存在は自分を信じて前に歩む努力をするものを鼓舞してくれているようだ。




まっすぐ前にすすみなさい…と。





D


D



ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

山崎山崎 2016/09/24 22:41  成功出来ない人や、幸せを感じられない人は前世が悪いと言う事に成りそうですが、残念ながら人には生まれ持った器が有りますね。「いくつに成っても人の上に立てないような器では成功はしない。」と思っていましたが、先日 脚本家の向田邦子さんをテレビで拝見し、自分のやりたい仕事を極めると、こうも豊かに成れるのか?と驚きました。成功にもいろいろな形が有るようです。

burogubouburogubou 2016/09/24 22:56 山崎様。自分の関心のあることを極めるというのが成功のひとつのパターンかと思います。自分の嫌いなこと、苦手なことは長続きしません。人と比較するのはやめて自分らしく生きればいいのではないでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20160922
ページビュー
3860486