ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

山寺のんびり日記

ページビュー
3930535

2016-12-07 研修会 迷子 月と蛇と縄文人



昨日は京都にて保護司になるための研修会に参加。



最近はいよいよ根気がなくなり座学の類が苦痛になり始めていて、(幸い?)最後列に座っていることもあってしばしば夢の世界に引き入れられた…



法事で長いお経を聴かされる檀家さんの気持ちが少し分かったような…




保護司の活動というのは知れば知るほど重責であり、また社会にとって有為なものでることも理解できた。



私のような新人が言うべきではないのかもしれないが、多くの方に保護司の活動に関心を持って頂ければと思う。



【更生保護ネットワーク】http://www.kouseihogo-net.jp/index.html






本日は西舞鶴で打ち合わせがありお約束の迷子になる。



待ち合わせ場所が…




“西舞鶴の公的な施設”



としか思い出せず…





西舞鶴駅→市民プラザ→西支所



を放浪…



しかも、西支所まで行ってから先方が最初に行った西舞鶴駅で待っておられたことが判明。



徒労…




市民プラザには『エフエムまいづる』というコミュニティFM放送局があり、本日からパーソナリティとしてデビューする友人が放送前にリハーサルをしている姿を見かけた。


【関連記事】http://ameblo.jp/rurutei/entry-12224160832.html




声をかけたかったのだが物凄い真剣なオーラが出ていたので遠慮した。



いずれ私もゲストとして放送に参加することになっているらしいがどうなることやら…




【エフエムまいづるhttp://775maizuru.jp/








先日読んだ「ヒョウタンの文化誌」が面白かったのでその余韻がまだ残っている。



パプアニューギニアなどでは男性の性器に装着するケース(コテカ)が有名だが、このケースの素材もヒョウタンであるという。




このケースは衣装であるだけでなく打楽器にもなるという。




衣装と楽器が兼用とは面白い。





日本には「ヒョウタンから駒」という諺がある。



ヒョウタンから駒(馬)が出るというのも不思議な話だが




中国の八仙人の1人である張果が各地を巡り歩くのに驢馬(ロバ)に乗っており、休憩中はそのロバをヒョウタンの中に入れていたという故事が日本で知られるようになったことが有力な語源とされる。




ヒョウタンの特性は中空の容器になるということで他の植物とくらべても際立った特徴なのだろう。




“器”という概念が人類にもたらした影響はとて大きなものだったのではないだろうか。





著者はヒョウタン粘土を塗ることが土器の始点になったと考えているが、土器という人間の手で作られた容器は単なる道具以上の意味を持っていたのではないかという気がする。




土器自体が聖性を持っていた可能性は多分にあるのではないだろうか。



私には容器とは古代人にとって子宮や女性器を意味し、“生成”や“多産”を意味していたように感じている。




月と蛇と縄文人

月と蛇と縄文人




パラ読みしている大島直行「月と蛇と縄文」。




表紙にギヨッとするような裸婦の写真が載っているように見えるがこれは緻密に描かれた油絵である。



恐らく著者の意図は写真とみまごう裸婦の絵と右に配置された土偶の対比にあるのだろう。



シンボルとレトリックで縄文の意識を読み解くことが本書のテーマであり、




縄文人が土偶によってシンボライズしようとしたことを現代人は写実的な表現で行おうとしている…というのが表紙のメッセージなのだろう。




著者は世界の様々な民族の習俗を手がかりに縄文人の意識を読み解こうとするが論旨が飛躍している気がするのが残念。






縄文人にとって月が不老不死や再生のシンボルであったというのが最も大きなテーマのひとつである。




著者は縄文土器の縄紋は蛇を表すと主張する。

蛇は脱皮を繰り返すことから再生のシンボルとしての月と結びついていたといういう。





“月”と“蛇”が縄文人のキーアイテムであるという主張は多分正しいのではないかという気がする。



蛇 (講談社学術文庫)

蛇 (講談社学術文庫)



“蛇”で思い出すのは吉野裕子氏の著作である。



吉野氏によれば古代日本では“蛇”が崇敬と嫌悪の対象であった



吉野氏は蛇が脱皮(再生)すること、毒蛇がもっとも脅威ある存在であったこと、蛇が男性器の形状に似ていることなどを上げていたが、残念ながら牽強付会に感じる部分が少なくなかった。



古代人の精神について語るというのは容易ではない。



しかしそこに大きな魅力が存在しているのも事実である。





ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

QwanzanQwanzan 2016/12/08 06:19 FM聞きました。はじめは「舞鶴やし、聞かれへんな」とかradikoとか探してもみたのですが。。。昨日の朝facebookのリンクをたどるとインターネットで聞けることがわかって聞いてみました。 動画だと作業ができないんですが、音だけなら作業の邪魔にもなりませんし。
インターネットラジオなんだからもっとインターネットを活用したらいいのにと思いました。 番組専用のfacebookを開設したらどうでしょうかね 即時性を求めるならTwitterかな?

QwanzanQwanzan 2016/12/08 11:07 ラジオ+インターネット(スマホ)のハードの試みとしてこんなのやってます。(ハードとやり方 時代は変わってますねぇ)
https://wizy.jp/project/11/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20161207

2016-12-05 陽動 猫猫寺 カミとホトケ 

f:id:burogubou:20160831172443j:image



本日は好天。



そうじを手伝いにきてくれた妹とキッチンでコーヒーを飲んでいると



「大きなサルがいる!」という声が聞えた。




慌てて倉庫に入りオレンジのキャップ、オレンジのベスト、壊れたエアガンの“猟師コスプレ3点セット”を装着して追いかける、裏山で大きなサルの鳴き声はするのだが見当たらない




サルが見当たらないので倉庫に戻ると、倉庫に置いてあったミカンが食べ散らかされているのに気がついた。




やられた…陽動か…







知り合いが八瀬に猫のお寺があるというので調べたら



「猫猫寺」(にゃんにゃんじ)


というのが見つかった…



本尊は…



大日猫来(だいにちにゃらい)



真言宗系だろうか?テーマパークらしいが、なんだか頭が痛くなった…




【猫猫寺】http://www.nyannyanji.com/




【なかなか刺激的な内容です】




仏様と一口に言うが


如来、菩薩、明王、天(天部)

という4つの大きな区分がある。


天部が最下層ということになっていて、天部は護法神の性格が強く、インドの神など仏教以外の神が取り入れられたとされる。




武蔵坊弁慶が牛若丸に負けて家来になったようなものか…



ブラフマンインドでは最高神の位置にあっても仏教では梵天として天部のなかに位置する。



では…


日本の神はどうなるのか?


神道と仏教は並立しているように思えるが、日本の歴史では神道の神々もあたかも天部の如く仏教ヒエラルキーのなかに位置していた時代があったようなのである。



神道に関わる方には受け入れがたいだろうが、日本の神々が仏教のなかでは“ホトケ”よりもずっと低い立場に置かれた時代があったらしい。


仏教の歴史について調べているとごく一般的な仏教のイメージから逸脱した話が沢山出てくる。


それらを切り捨てていると仏教がとても狭いものになるように感じるが、現在の仏教の姿とうまく折り合いがつかなくて戸惑うことがある。



D

【参拝!御朱印GIRL…】



ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

QwanzanQwanzan 2016/12/06 07:28 コラコラッ御本尊様にお尻を向けて!!  って巫女? ダンスはヒンドゥ? っかい!! って これが真実なのかも。。。

山崎山崎 2016/12/06 18:14  猿が、武器を持った人間を相手に命がけの陽動作戦?
それが本当なら見上げた根性で、なまじ修行を積んだ我々より、普段から命を張って獲物を得ている彼らの勝!と、言えないだろうか?
 子供の頃、仏壇の前で遊んでいると「仏様の前で騒いじゃあいけん!」と、叱られたものです。
 若者の信仰心には 付いていけそうに有りません。

くろこまくろこま 2016/12/06 23:40 日蓮上人のいわゆる法華曼荼羅には天照大御神と八幡大菩薩
が勧請されていますが、四天王に比べて文字も小さく、
日蓮上人自身が伊勢神宮に参篭して尊崇の念は持っていた
ようですけど、書簡の中で「八幡神などの本朝の神々は
小神なり」と仏教神に比べて低く見ているようですね。
でもその後の日蓮宗においては三十番神信仰で日本の神々
が大事にされ、天照大御神=釈迦牟尼仏との解釈する派も
あったようです。
浄土真宗は神祇不拝ですね。親鸞上人の真意はともかく
ですけど。
一言に仏教と神道と言っても宗派やその宗派の中でも
考え方にすごい差がありますね。

empirestateempirestate 2016/12/07 18:53 タイでこういうテーマパークを作ったらすごく怒られそうな気がします。

burogubouburogubou 2016/12/07 23:06 Q様。神社仏閣混交でこれこそ神仏習合?(笑)イロモノの先を行ってほしいものです。

burogubouburogubou 2016/12/07 23:07 山崎様。子供の頃は敷居は親の頭と同じで乗ってはいけない、とか枕は粗末に扱わないなど禁忌が多かったです。人々はいろんなことを信じていたのでしょう。これからどんな時代になるのでしょうか…

burogubouburogubou 2016/12/07 23:45 empirestate様、タイ、イスラム圏では絶対アウトでしょう。日本が特殊なのかもしれませんね。

burogubouburogubou 2016/12/07 23:48 くろこま様。やはりお詳しいですね…確か八幡神は仏教に帰依して大菩薩という称号を得たとされたはずです。神仏を巡っては信じられないくらいの奇説もあり、なぜそのようにたくさんの言説が生まれたのかについても関心がわきますす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20161205

2016-12-04 ギミチョコ!! 迷路の女神 玉と石

 



D




少し前に娘が書斎に置いてある妻のPCでBABY METALの「ギミチョコ!!」という動画を繰り返してみていた。



隣で仕事をしながら…




アイドル×ヘビメタ


何じゃそりゃぁ?



…一体こんなバンドのどこが…どこが…



…ど…こ…が…



……ど……こ……が…


……



…結構イイネ!



…というわけで、3回聴いたらすっかり「ギミチョコ!!」にハマってしまった。






最近は時々頭の中で「ギミチョコ!!」が繰り返し鳴っている。



久々のハマり。皆さんもまずは3回聴きましょう。




BABYMETAL

BABYMETAL






一昨日は大阪梅田にて霊場会の会議に参加。




高速バスを降りてお約束の迷子になる…



目的地は北新地駅傍の貸会議室なのだが梅田駅周辺の複雑さには毎回お手上げである。



道を尋ねたバスの運転手さんとバスターミナルの係員さんまで間違えた道を教えるのである…



梅田駅周辺は複雑怪奇というほかないのである。








今回は会議の運営のお手伝い係なので会議前にデパ地下で昼のお弁当を買う。



豆腐専門店「梅の花」を見つけ『豆腐しゅうまいべんとう』を購入。







【梅の花HPhttp://www.umenohana.co.jp/





思いついて阪急デパートのサービスカウンターのお姉さんに道を尋ねたら詳細な地図2枚をくれたうえに丁寧に道を教えてくれたので大助かり。



地図を手渡してカラーペンで順路をなぞり、実に明快&スピーディー…お見事な道案内ぶり。



皆様も梅田で道に迷ったらデパートのサービスカウンターで聞かれてはいかがかと。




ちなみに『豆腐しゅうまいべんとう』は大変に美味しかったです。




月刊住職 2016年8月号

月刊住職 2016年8月号



今月の「月刊住職」が届く。



この雑誌はあまり一般の方に読ませたくない…



ものすごく立派なお坊さんの話と立派でないお坊さんの話と両方が載っているからだ。



前者はともかく後者はあまり一般の方に知られたくない。



今回感銘を受けたのは長年にわたり無住で檀家さんも少ないお寺に住職として赴任され、コツコツと布教活動に専念されている住職さん。




こういう話がすごく為になりますね…



この御住職が赴任されるとお寺の庫裏にトイレが無い。というので檀家さんの篤志や行政の援助でトイレを整備して、トイレの在り難さを語っておられる。




こういうのを読むをトイレがあることを当たりまえだと思っている自分にハッと気がつかされる。




一方…




本日のダメ住職は…



 住職が女子高生と援交

⇒見返りにお寺のコピー機で偽造した1万円札を渡す



オイオイ…(絶句)





お寺も住職も千差万別。


玉石混交である。


玉になれるか 石になるかは精進次第である。












朝方、珍しい海産物が進物として届いた。




御名前に記憶がないがとりあえず恵贈御礼の葉書を書いてから開封すると手紙が入っていた。



先月、何組か宝物殿の拝観をご案内したのだが、そのうちのお一方であった。



御本尊の前でお勤めを始めらたれてので、一緒に「般若心経」を上げさせて頂いたのだが、そのことがとても印象に残られたらしかった。



八十八ヶ所を二巡し、現在は三巡目だがこのような経験は初めてのことでとても嬉しかったとのこと。




純粋な気持ちを持ち続けておられる方のように感じた。





こういう方にお出会いできるのは妙味であり、喜びである。





ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

山崎山崎 2016/12/04 23:32 私にとって許せないのは、渡したお金が偽札だった事で、援助交際は住職と言えども認めてあげて欲しいです。
 まだ若い坊さんであれば、若い子の体に触れたくなるのも当然で、金を払わなければ純愛で、金を払えば援助交際と言うのも納得が行きません。つくづく恋愛が成立しにくい世の中に成ったと感じます。
 ギミチョコは一回だけ聞きました。ノリの良い曲ですね。これからはまるかもしれません。後ろのマリア様の像のようなものが気に成ります。 プロヂュースする人のセンスが羨ましいです。

QwanzanQwanzan 2016/12/05 17:02 [参拝!御朱印girl☆]が公開されました 笑)
https://www.youtube.com/watch?v=IuNXiUyQRZ0

burogubouburogubou 2016/12/06 00:03 山崎様。ギミチョコは最低3回聴いてください(笑)昔は純愛とか純潔という価値観がありましたがもう廃れてしまった用で残念です。

burogubouburogubou 2016/12/06 00:03 用<よう 失礼!

burogubouburogubou 2016/12/06 00:05 Q様。いつも御教示ありがとうございます。早速本日のブログにて引用させて頂きました。以前より御朱印が増えた気がします。ブームなのでしょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20161204

2016-11-30 阿弥陀様の涙 ヒョウタンの文化誌

 



知らない間に…




「日本仏像検定」なる資格ができていた。



ものすごくマニアックな問題がでるらしい(笑)



日本仏像検定A級を取得された政田マリさんの書かれた仏像探訪期を読んでいたら



【関連記事】https://kossmag.com/feature/hotokesama/hotokesama_01/



誓願寺の阿弥陀如来像に関して書かれていて、水晶の入った玉眼が光を反射して、潤んだ瞳が慈愛を表しているように見える…と書いてあって少しドキドキとした。



当山にある快慶仏も玉眼だが激しい憤怒の表情なので、往時のロウソクのゆらめく灯かりでは眼光が鋭く光ったであろう…と想像していたのだが、同じ仏像の玉眼でも阿弥陀如来であれば慈愛の涙のように見えるという指摘に想像を掻き立てられるものがあった。









ヒョウタンといえば…



子供の頃読んだ「西遊記」に出てくる金角、銀角兄弟の持つ<人を吸い込むヒョウタン>とか…


西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)

西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)


ジャッキー・チェン演じる「ドランクモンキー酔拳」の酒の入れ物がかなりお約束的なヒョウタンだったとか…


酔拳 (字幕版)

酔拳 (字幕版)


手塚治虫の作品に出てくる“ヒョウタンツギ”とか…



ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

“「ブッダ」ではブッダの最後の晩餐である毒キノコ料理がヒョウタンツギであるらしい”


忘れてならない志賀直哉の名品「清兵衛と瓢箪」とか…


清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫)

清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫)


地元の地誌についてかかれたものを読んだときにヒョウタンを祀った神社があると書かれてあった記憶があるが、ヒョウタンは霊力を持つとも考えられたという。





海を航行した人々にとってヒョウタンは貴重な水の容器であり、浮きにもなったと何かで読んだ記憶がある。



ヒョウタンの霊力』…




その先にもう少し何かありそうだ…




と思っていたのだが、密林にて「ヒョウタンの文化誌」という岩波新書を見つけて古書で購入。








植物民俗学という視点から世界中のヒョウタンの利用法、歴史などが書かれている。



深く掘り下げた記述ではないが、実に広がりのある内容。


ヒョウタンは最古の栽培植物のひとつである。

実に1万年以上の栽培の歴史があり、人類との関係を簡単に記すことは難しいだろう。




縄文時代草創期〜前期の遺跡である福井県鳥浜貝塚からヒョウタンの遺物が発見された。



鳥浜貝塚三方五湖の周辺で当地にとってもご近所さんである。



鳥浜貝塚からは日本最古の丸木船(舞鶴で発見された“最古の丸木舟”と同時期のもの)や漆など興味ある遺物も発見されている。







よく紙の鍋で具財を煮る料理があるが、ヒョウタンも火にかけることができる。




著者の実験によればヒョウタンに水を入れて都市ガスの火で沸かすことも可能とのこと。




ヒョウタンを加熱用の容器として使う場合、粘土質の泥を表面に塗ると耐久性が増すが、ヒョウタンの器に粘土を塗った(あるいは偶然付着した?)ことが土器の始点になったのではないかと著者は推測している。




仏教と関わりでは日本で<宝珠>として表現されている意匠もそのもとは中国で生まれたヒョウタンだったものがあるという。



仏教では如意宝珠がよく出てくるが、これがヒョウタンに起源を持つ場合があるとは考えもしなかった…




ヒョウタンは中に空間を持ち、沢山の種子を持つ。



形状が丸みを帯びたヒョウタンは女性姓の象徴となり、縦長になると男性性の象徴となる。





この文章を書きながら考えていたのはヒョウタンは食用としてよりも中に中空をもつ構造から日常的な器や道具になり、その存在が日常化することで人間の様々な思考を刺激したのではないだろうかということである。



ではヒョウタン以外にこうした<中空の構造><容器性><空間性>を持つものはないか…と考えると、案外、貝や貝殻がこれに近いのではないかという気がする。



日本でも古代人は貝を常食したが、そのことは土器のような容器を製作するヒントになったのではないかという気がしてきた。



この本と前後して買った大島直行「月と蛇と縄文」(寿朗社)を読むのが愉しみになってきた。




ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

empirestateempirestate 2016/12/01 19:59 目に水晶をはめた仏像があるということを初めて知りましたが、そういえば能面も見る角度とか光の当たり方で表情が違って見えるとか聞いたような気がします。

山崎山崎 2016/12/01 21:03  ヒョウタンの形から、子供の頃のコカ・コーラの瓶を思い出し、スカートの形や女性のボディーラインと言った説を思い出しましたが、実際には、百科事典に出ていたカカオ豆の形からデザインされたそうです。
 知ってしまうと味気ないですね。

burogubouburogubou 2016/12/01 22:26 empirestate様。紙などで眼鏡を書きその上に水晶を置くので、人間の眼に酷似しています。木彫で造られた仏像よりも大変にリアルです。皮膚にも血管の走行が彫刻されているなど迫真性を追及した仏像が多いです。

burogubouburogubou 2016/12/01 22:32 山崎様。コカコーラのビンがカカオ豆の形に由来するとは初耳でした。でも魅力的な形だと思います。こか・コーラの相談室では「明かりがなくてもそれと分かるビンの形」が求められた結果、カカオ豆にヒントを得て作られたそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20161130

2016-11-29 川柳 お辞儀





シニアだが

リニアに乗るまで

生きてやる





サラリーマン川柳を読んで思わず笑ってしまった。




だが…



リニア新幹線も大事だが日本海沿岸を通る山陰新幹線も大切だと思う。




年内に北陸新幹線の伸線についての結論がでる。



敦賀大阪間のコスト試算では舞鶴経由のルートは最も投資効率が悪いことになるが、それはルートの終着を大阪にするからである。少しでも早く山口を終点とした山陰新幹線の開通を強く望む。



そうでないと日本海沿岸はどんどん下降の一途をたどるに違いない。









昔、随分熱心に取り組んだ太極拳を再開して半年ほどになる。




結局自分は何も出来ないし、何も分かっていなかったことを再確認しただけのような気もするのだが、良い機会を与えてもらったたと感謝している。




そして武術的な特別な“力”は長い、地道な訓練によるほかないということがよくわかった。




中国武術を“功夫”(カンフー)と表現することもあるが、“功夫”とは時間を意味することもあって全くその通りというほかない。



しばらく前に法事があって参加者のなかに親族の女の子(4歳くらい?)がいた。




父親が「ちゃんとご挨拶しなさい」とおだやかに促すと、女子は素直に上半身を曲げてお辞儀をしてくれた。



ごく当たり前の動作だが、私は心の中で叫び声をあげた。



私たち大人と何か本質的違う動きを見せられた気がしたのだ。



子供の体は大人の硬直した体と違って柔らかく、しなやかである。




だがそのお辞儀には何か身体が柔らかい以上の情報が含まれていた。




ただそれが何かは分からないでいる。



幼い子供の動きに時々ハッとさせられることがある。




私たちは努力や修練によって何かを得ようとしているが、それはもしかしたら間違いで実は余分なものを捨てて、もとの自分に還ることなのかもしれないと思うことがある。




女の子のお辞儀をみて思いがけず宿題をもらったような気分になったが、多分、そのことはこれからの太極拳のトレーニングとどこかでつながってくるような予感がしている。



ブログランキ
			ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←いつもご訪問ありがとうございます!

丹後の山寺の住職に応援のクリックをポチッとおねがいします(^人^)





.

くろこまくろこま 2016/11/30 07:43 リニア「新幹線」はまだまだ先の話ですけど、
浮上式のリニアモータカーは愛知に行けば
乗れますよね。「リニモ」。
リニア新幹線はその路線のほとんどがトンネルなんで
なんの面白みもないかと想像します。

burogubouburogubou 2016/11/30 16:28 くろこま様。さすがおくわしいですね…表現を「リニア新幹線」と訂正させt頂きました。「リニモ」は初耳!調べたら赤字で問題になっているとか…リニア新幹線は静粛性がウリのようですがトンネルばかりではもったいないですね。

burogubouburogubou 2016/11/30 16:33 t<て

山崎山崎 2016/11/30 19:21  もしかしたら、私が同じ動作を見ても、何にも感じなかったかもしれません。きっと優れた感性と問題意識を持って見ていたので、感じ取れたのでしょう。
 昔読んだ本の中に、大人は大きなモーターで動いているけれど、子供は体中の小さなモーターを、沢山使って動いていると書いて有った事を思い出しました。
 そういえば、幼い子供と接する機会がほとんどない事に気付きました。狭い人間関係を生きている気がします。

empirestateempirestate 2016/11/30 19:30 太極拳は剛柔、動静などの陰陽を合わせ持ちそれを調和させているとか聞いたことがあります。どちらかに偏ってしまうと硬直してしまうので、そうしたことにとらわれない柔軟さみたいなものが求められるのかもしれませんね。

burogubouburogubou 2016/11/30 23:44 山崎様。小さなモーターの話は古武術の甲野先生のお話に通じるものがありますね。貴下は大勢の患者さんに接しておられるので決して狭い人間関係ではないと思います。

burogubouburogubou 2016/11/30 23:46 empirestate様。太極拳は老荘思想とつながっていますが、そのなかには柔なるもの、幼なるものが強いとう考えがありますね。その真意についてはまだ到底計りえません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/burogubou/20161129
ページビュー
3930536