スマートフォン用の表示で見る

カンジダ

 腸内・膣内の常在菌。ピル服用中や妊娠中によるホルモンの変化、風邪をひいたときやストレスなどによる身体の抵抗力の低下、抗生物質服用などから膣内に増殖し、おりものの増加・変色や外陰部のかゆみなどの症状を引き起こすことが、女性においてよくある疾患として知られている。性病ではない。